ブログネタ
栃木のラーメン に参加中!

麺屋はじめ 大金 濃厚和風らーめん UP

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ああ、これが食べたかった。濃厚和風らーめん


昨年10月、「濃厚和風らーめんは全国区を狙えるんじゃないでしょうか」と書いたのが栃木県那須烏山市の「麺屋はじめ」さん。機会あるごとに「あれはンまかった」と言っていたのですが、グッチさんぼすぶらっくさんが非常な興味を示してくれまして…。

以下、私は「濃厚和風らーめん」を絶賛してますが、これね、私のツボの味なんですよ。もうメロメロ。なので、私と好みの異なる方の印象とはかなり違うと思います。いつもより「取り扱い注意」でお読みください。

麺屋はじめ 県道10号の旧道沿い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


夏の予定だった「麺屋はじめツアー」が諸般の事情で遅れまして、やっと行けたのが11月11日。ラーメンとなると盛り上がってしまう三ばか大将の長距離ドライブが幕を開けたのでした。

はっきり行って遠いです。元・栃木県民の私でも遠いと思う。そんな場所に、開店時間には15人以上が行列。人気ぶりはスゴイもんがあります(行列の写真は、ぼすさんのブログ参照)。

上の写真を撮影したT字路から右のほうを見渡しますと…。


麺屋はじめ 右をみるとこんな風景

 

 

 

 

 

 

 

 

 




言っちゃ悪いけど、とってもカントリー(田舎)なわけですよ。十字路の表示になってるけど、後ろは庁舎。交通上はT字路(地図)。

ぼすさん、当日気合入れすぎです〜。だってさ、途中で道を間違ったにも関わらず、午前10:40ちょいに現場到着(間違わなかったら10:20着だぞ)。開店は11:30ですから

我々到着直後、すぐ家族連れ3人さんが来たけど、ほとんどの方は開店15分前くらいから集まってきました。小雨降る寒い日曜日、45分も震えて待ってた私たちって、ほ〜んと三ばか大将だわさ


麺屋はじめ 大金 濃厚和風らーめん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


これが、ありそうでない、ここまで行かなきゃ食べられない味

看板メニュー、濃厚和風らーめん750円です。最初にガツンとくるのは、節の粉などと思われる魚介味。魚粉といえば六厘舎派の私たちには慣れ親しんだ味なんですが、似てるかな?と思うのは最初の2口ぐらい。ベースのスープが違うんです。

スープは10数時間煮込むという鶏白湯(トリパイタン)。これが煮干しと節の魚介スープと合わさると、すごいオリジナリティー溢れる風味になります。あ〜、こうやって書いてても、また食べたくなってきた


麺屋はじめ 大金 濃厚和風らーめん 箸入れ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そして、麺がまたウマかった。去年もウマかったけど、今回は「この食感、ほかで食べたことない」領域でした。

ヘンな例えだけど…。マリモようかんって知ってます? 楊枝で刺すとペロンとむけるってやつ。あれってゴムの袋の中に、パンパンにようかんを注入してるじゃないですか? 

何が言いたいかというと、「パンパンに膨れ上がってる」みたいな弾力性があったんです。すすり込んだときの快感を「じゃじゃ馬娘みたいな元気よさ」って表現をしたことがあるけど、これはじゃじゃ馬娘でも16歳級。お肌ツヤツヤで元気いっぱい。近くにあったら毎週通いたい〜


麺屋はじめ 大金 濃厚和風らーめん めんま

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



パーツにも手抜きなし、よく出来てるんです。じっくり味付けした大ぶりのメンマも、シャクシャクの歯ごたえが残ってます。


麺屋はじめ 大金 濃厚和風らーめん お肉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



お肉も、箸じゃ持ち上がらないぞってくらいトロトロでございました。

自分で読み返していても「こんなに褒めていーのか?」と思うのですが、メロメロなんですから許してください。一目惚れに近いもんがあります、この味は。

他のメニューも食べたので、それは明日の後編にて




麺屋はじめ 
栃ナビ livedoor北関東グルメ 

0287-88-0623
栃木県那須烏山市田野倉497 地図 
昼の部 11:30-14:30
夜の部 17:30-19:00(夜は土曜・日曜・祝日のみ)
水曜定休
※毎月最終週は水曜・木曜連休

最寄り駅:JR烏山線大金駅
去年の訪問記はこちらをご参照ください。

栃木のラーメン - livedoor Blog 共通テーマ