ブログネタ
青森県のグルメ情報 に参加中!

十和田バラ焼き タマネギをほぐす

牛バラ肉とタマネギを炒めた「バラ焼き」を、本場の十和田で食う。しかも案内人・十和田バラ焼きゼミナールの皆さんが目の前で焼いてくれるという、貴重な体験をしてきました。
十和田バラ焼き3連戦、まずは焼き方を紹介しながら、人気店「金龍食堂」をリポート。

金龍食堂

昭和の雰囲気漂うアーケード横丁「昭和小路」の入口右側にあるのが「金龍食堂」。毎日のように常連さんが詰めかけていて、かなりの人気店で賑わっているとか(noricoさんの旧ブログ参照)。

バラゼミの食べ歩きサイトの紹介によると
ちょっと頑固な親父さんが一人で切り盛りしている店に入ると冷蔵庫から自分で瓶ビールをとってきて、栓を抜くのが金龍の暗黙のルール。グラスも自分でとってこなければならない。注文もとりにこないので自分からお願いする必要がある。
常連さんが多く、ちょと変わった店なので、初めて訪れた人は戸惑うかもしれないが、この金龍ルールを覚えておけばダイジョウブ。

予約ができないため、先発隊お2人が6時頃から場所取りをしていてくださった。雪のためとはいえ、40分も遅れてもーしわけございません。

豚たん 1人前500円

「これも十和田の名物なんだ」と出されたのが、1cmオーバーの分厚さにカットされた豚タン。バラゼミがB級グルメで町おこしが考え出したとき、バラ焼きと共に候補にあがったとか。料理を提供している店の数の差でバラ焼きに軍配が上がった経緯のある名物料理だそうな。これが1人前500円。写真は3人前だったと思うけど…かなり多いので数量不明としておきます。持ち帰り(生をテイクアウト)する客も多いんだって。

舌校長とバラゼミ教授会

豚タンを焼くのは、使い込まれたジンギスカン鍋。小あがりに4人、入りきれないオフィスマネージャー(左)は椅子を借りてきて合計5人で宴会スタート。とにかく乗せて焼けるのを待つ。

豚たん 焼けました

色が変わって両面に焼き目がついたら出来上がり。塩だれで味付けされてるので、後はハフハフ言いながら口に運ぶだけ。がっしりした歯ごたえなので、クニュクニュと噛みしめるほどに味が出てくる。こりゃビールが進みます、おかわり!

十和田バラ焼き タワー焼きのスタンバイ

真っ白なタマネギに牛バラ肉をのせた鉄板で「バラ焼き」登場。タマネギと肉をタレで一緒に混ぜるやり方もあれば、タマネギの上に肉を乗せてタレをかける方法も。このへんは店によるバリエーション。
十和田の焼肉店では「焼き肉食べて、シメにバラ焼き」する客が多いらしいけど、金龍食堂では「豚タン食べて、次にバラ焼き」のコース。ちなみにこのバラ焼きは1人前500円。2人前か3人前でこのボリューム。

十和田バラ焼き 準備完了

鉄板が温まってタマネギから水が出始めたらバラバラにほぐす。火が通りやすいバラ肉は、鉄板に直接触れないようタマネギの上に避難しておくのが「タワー焼き」の秘儀!?
タマネギの水分、バラ肉の脂、秘伝のタレがぐらぐら沸き立って、やっと「準備完了」状態。この作業を、あーでもない、こーでもないとワイワイ言いながら一緒に鉄板を囲むのが楽しい。これもバラ焼きの魅力。

バラゼミの“大失敗のデビュー戦”黒石のイベント秘話から、1年も経たずして2009横手B-1エキシビションに参加した経緯などを聞きながら、鉄板をじっと見つめる私。

十和田バラ焼き 豆腐投入の秘儀

ここで金龍食堂オリジナル、オプションの豆腐300円が登場(豆腐はバラ焼きと一緒に頼むのがお作法。タレの量が違うらしい)。

バラ焼きにチャレンジしようという人は、まだ肉に赤い部分が残ってるところに注目。湯気で蒸されてかなり色は変わってるけど、基本的に鉄板に触れてないのでまだレア状態。ここから最終行程の「焼きしめ」に入ります。

豆腐に焦げ目がついたら食べごろ

再び沸騰してタレや脂の混じった水分が、タマネギに染み込んだら完成間近。飴色になるまで根気よく箸を動かしましょう。

食べたことない人に味を説明するなら、牛丼に入ってる“くたくたタマネギ”特上版。何が特上って、旨味の牛エキス含有率が違います。エキスを吸い込み焦げ目付きの焼き豆腐も、これまた美味しゅうございました。

最初は「せっかく遠くから来たんだから、ちょっとずつバラ焼き食べて10軒はしごしてタレの違いを味あわないと」なんて言ってた畑中・舌校長だけど、結局この店が看板になるまで4時間の長逗留。瓶ビールを続々空けて焼酎飲んで、それで御会計が7500円ちょっと。奇跡的な安さにビックリでした(^^;ゞ

十和田の夜は静かにふけていく

トイレは共同で、新宿思い出横丁みたいな「昭和小路」。アーケードに守られたここは、普通ならお客も多いのでしょうがこの日は大雪。でも「金龍食堂」はなかなか賑わっていたのでした…。

と、ここで終われるはずもなく、2軒目に強制連行されたのでした。続く。

金龍食堂(きんりゅうしょくどう)
バラゼミのリポート 参考ブログ1 参考2

0176-23-4967
青森県十和田市西一番町21-9
月〜土曜 17:00-23:00
日〜祝日 17:00-22:00
基本無休


大きな地図で見る

金龍食堂 ( 十和田市 / 焼肉 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ