ブログネタ
■□■ B食限定!ご当地グルメ自慢 ■□■ に参加中!
甲府鳥もつ煮

昨今はいろんな目的で、たくさんの人が集まるお台場・フジテレビ界隈ですが、私のお目当てはもちろんB級ご当地グルメ。

お台場合衆国2011×B-1グランプリ」コラボレーション第4弾、昨年のゴールドグランプリを受賞した「甲府鳥もつ煮でみなさまの縁をとりもつ隊」の甲府鳥もつ煮を食べてきました。
とりもっちゃん

暑かったですよ、最高気温35度くらいになってましたから。

猛暑にも負けず、甲府鳥もつ煮のマスコット「とりもっちゃん」が出動してました。相変わらずお子さんに人気です。メタボなお腹を触ると、いいことがあるかもよー。

2011-08-11お台場・鳥もつ煮

左は盛りつけ中のホワイトいくお隊員。

お台場では、参加7団体が500円統一価格になっています。とりもつ隊が振る舞う「甲府鳥もつ煮」は、地元・山梨県と近郊では300円、ガソリン代がかかる遠征で400円。近郊の東京都で500円じゃ申し訳ないと、通常の2倍近い大盛りになってました。いつもの分量ならカンで盛るベテランのホワイト隊員も、今回ばかりは秤でグラムを計測してました。

右は、「協力職人」の奥藤本店・塩見大造社長と、サポートのグリーン角田隊員。

とりもつ隊の父(活動を最初に認めた人)である「とんかつ力」塩見順造さんの教え、「もつは素人がおもちゃにできる食材ではない。例え調理方法を覚えたとしても、プロの職人のいないところで作ってはいけない」を守っています。

甲府鳥もつ煮 with 生ビール

「甲府鳥もつ煮」の構成要素は、キンカン(生まれる前の玉子=オレンジ色のやつ)、砂肝、ハツ(心臓)、レバーの4種類。甲府に行ってもキンカンの入ってない店もときどきありますが、基本はキンカン入り。

今回は、とりもつ隊サポート職人会から「新鮮なもつを甲府から毎日運搬すること」という注文が入り、当番の隊員が毎朝、甲府市の肉屋・鳥桂さんからトラックで運んだそうです。

砂糖と醤油のタレをまとった甲府鳥もつ煮を、大盛りで出された日には飲まずにゃいられん。隣のブースで生ビール600円を調達。

午後2時46分、黙祷

午後2時46分、震災5か月の黙祷が行われ、お台場合衆国のすべてのブースが1分間休業しました。

「甲府鳥もつ煮でみなさまの縁をとりもつ隊」の担当は、8月12日(金)まで。
翌8月13日(土)から一週間は…。

浪江焼麺太国・八島太王

なみえ焼そば

やきそば太王・アイアン麺貞が率いる福島県浪江町の「浪江焼麺太国」です。うどんのような極太焼きそばを持ってお台場に登場します。