ブログネタ
■□■ B食限定!ご当地グルメ自慢 ■□■ に参加中!
桐生・志多美屋本店のソースかつ丼

群馬県でソースかつ丼といえば、桐生でソースかつを最初に出した店「志多美屋本店」は外せません。醤油タレカツ系の下仁田かつに舌鼓を打った翌日、今度は桐生へ。

すいません。私、桐生のソースかつ丼の人気をなめてました。反省
桐生・志多美屋本店

JR桐生駅から徒歩10分、分かりやすい道であっという間に志多美屋本店に到着。相手はかつ丼です。食べる時間を入れても駅から往復1時間で済むだろうと。

昼12時45分到着。店の前にはファミリー1組…と思ったのが大間違い。二重扉の内側(待合室)にも約10人、店内にも待ち席があって結局は約20人待ち。いくら「群馬ディスティネーションキャンペーン」最終日とはいえ、この人気ぶりはどーしたもんだ!?

席に着くまで30分以上かかりましたとさ

桐生・志多美屋本店お品書き

大正末年創業で、最初は定食もある普通の食堂だったそうですが、ソースかつ丼が人気メニューとなり、今ではソースかつ丼専門店となっています。

ソースかつ丼(ヒレ肉)は4個/870円が基本。待たされたもんで腹も減りました。ここは奮発して6個入り1070円をオーダーしましょう。

桐生・志多美屋本店のソースかつ丼

さらに待つこと15分。やっと「志多美屋本店」のソースかつ丼とご対面。キャベツがのってないソースかつ丼(全水没型)では、福井・ヨーロッパ軒総本店下仁田・鍋屋と肉が薄いタイプを2軒食べてきましたが、比べるとこちらは厚めカットでコロンとしてます。味噌汁、キャベツ、お新香付きです。

この店では蓋なしで登場、ウスターソースの香辛料の香りが鼻孔をくすぐります。食べやすいサイズのヒレかつを、ガブリと噛んでみると…。天丼などと共通する、サラリとした甘みの和風タレが口の中に広がります。もちろんソースの味も感じますけどね。

桐生・志多美屋本店のソースかつ丼

ローカル食選手権の「志多美屋本店」取材記事(残念ながら閉鎖)によれば、「醤油、みりん、ウスターソース、そして砂糖を少々加えた特製タレ」とのこと。昨日の下仁田かつ丼とは配合が違うのでしょうが、舌が感じるソフトな甘みに共通項も感じます。硬めに炊かれ粒々が立ってるご飯が、また旨い。たっぷりタレをかけても全然苦にならず。下手な天丼より、ずっと優しい味に仕上がってます。

そして衣がサックサク。一度タレに水没してるのに、カリカリ感が損なわれてません。肉をじっくり噛みしめてゆっくり食べてても、ご飯の湯気に負けずに最後までサクサク。そして味噌汁も、出汁がしっかりきいていて旨かった。明るくきれいな店内といい、全体的なレベルは「B級」じゃなくて、A級ご当地グルメという気もします。

桐生・上毛電鉄

結局、店に着いてから出るまで1時間15分以上かかりました。腹ごなしに上毛電鉄・西桐生駅まで歩いて、終点・前橋中央駅まで全線乗車したのですが…。
その後、夕方に桐生ソースかつ丼2軒目へ(続く)。

志多美屋本店(したみや・ほんてん)
食べログ

0277-44-4693
群馬県桐生市浜松町1-1-1
11:00-14:00 / 17:00-20:00
金曜日、第3木曜定休