ブログネタ
@@@ インスタントラーメン、カップ麺あれこれ 2 @@@ に参加中!
セブンプレミアム・中華蕎麦とみ田2012 (1)

セブンイレブン限定のカップ麺「セブンプレミアム 地域の名店シリーズ 中華蕎麦とみ田」の2012年リニューアル版が、9月26日に全国発売されました。なかなかの出来ばえだったので、288円だけど6つ買いだめしてしまいました。
セブンプレミアム・中華蕎麦とみ田2012 (2)

「セブンプレミアム 地域の名店シリーズ」は、2〜3か月に1回のペースで新製品(リニューアル品)が出ています。先行の「博多だるま」「もちもちの木」の2012年版も出来がよかったので期待していたんですが、期待どおりの出来ばえでした。

今回の大きな変更点は「とみ田専用粉『心の味』使用」(小麦粉中4%)。

セブンプレミアム・中華蕎麦とみ田2012 (4)

先日のエントリー「大つけ麺博2012 日本一決定戦!!直前情報」のときに富田さんに話を聞いたら、今回のリニューアルは「カップ麺としては、まあ美味しく出来たと思うんですけど」。

湯を注ぐ前の乾燥麺を見ただけで、テンションが上がってしまいました。うねりのある麺のフォルム、かなり再現できてます。さすがに本物とは比べられないけど、芸が細かい。

セブンプレミアム・中華蕎麦とみ田2012 (3)

カップに入っている袋は4つ。湯を注ぐ前に入れる「かやく」は、メンマ・なると・青い部分のネギ・チャーシュー。

ふたの上にのせて温める「液体スープ」、サバ粉末など魚介系だしの素「粉末スープ」、白ネギの「あとのせかやく」は、お湯を注いで5分後に投入です。

セブンプレミアム・中華蕎麦とみ田2012 (5)

チャーシューは薄切りベーコンみたいにペラペラだし、メンマもピラピラだし、カップ麺の限界を感じると部分が多々あることは事実です。

でもサバ・イワシ・カツオ・アジなどを使用した芳醇な魚介のコクと酸味、かなりイイ線いってるんじゃないでしょうか。動物スープの重厚さ(脂分)は抑え気味ぎみだけど、魚介側は頑張ってます。

セブンプレミアム・中華蕎麦とみ田2012 (6)

去年のバージョンはピンとくるものがなかったんですが、今回は私のツボをつつきまくりです。ゆったりとウエーブのかかった太麺の啜り心地は、カップ麺としては★4つ半をつけてもいいかと(5点満点で)。

魚介が濃すぎるので、あっさり醤油ラーメンが好きな方にはオススメしません。あくまで濃厚好きな方への情報ということで。

セブンプレミアム 地域の名店 中華蕎麦とみ田(全国のセブンイレブンで発売)