ブログネタ
◆◇◆ 辛いはウマい。担々麺 ◆◇◆ に参加中!
池袋・楊2号店 汁なし担担麺

ミーハーで申し訳ないm(_ _)m。
BSジャパンで「孤独のグルメ」第3話・豊島区 池袋の汁なし担担麺が放送された翌日(1月25日)、池袋で用事があったついでに、舞台となった中国家庭料理・楊2号店へ。3年ぶりの再訪問です(前回コチラ参照)。 
きょうの俺は、3年ぶりに四川のシビレを求めていたのだが…。
池袋・楊2号店の賑わい

到着した13時20分はすんなり入れたものの店内ほぼ満員。逆に帰るとき14時には待ちが数名。BSジャパンの視聴者数では、さほど影響ないと思ったんだけど、予想がはずれました。かなりの混雑。

池袋 楊2号店 ランチメニュー

店内ほぼ全員が汁なし担担麺と餃子(焼き餃子、水餃子)を頼んでます。ランチメニューからは「拌三絲(バンサンスー)」が落ちていたけど、もしもあったら何人が頼んでいたことやら。たはは。 

山椒の量が多く激辛のため、初めてのお客様は「辛さ控えめ」をお勧めしますという注意書きは以前と同じ。玉子スープ、サラダ、デザートがついて100円アップの880円になりました。麺類は半ライス無料サービスあり。 

池袋・楊2号店 汁なし担担麺

辛さ普通でオーダーした楊2号店の「汁なし担担麺」。
四川山椒、特製ラー油、芝麻醤(ごまダレ)を入れて軽くかきまぜたタレの上に、茹であげた麺、青菜、砕きナッツ、肉味噌をのせるいうビジュアルは初訪問以来変わっていません。

このタレが100%麺にからむように、全体を徹底的にまぜまぜするのが美味しく食べるコツ。スパゲティーのような真っ白な茹で麺が、みるみるうちに赤に変わります。ドラマ「孤独のグルメ」を見てて感動したのは、まぜる時のねっちゃりした音がテレビから流れてきたこと。食べたことある方はご存知のとおり、あの粘着系の音(?)を立てながらまぜていくわけです。

豊島区 池袋の汁なし担担麺

ドラマでの五郎さんは三口目で悶絶してたけど、最初のひと口でズドン!と来なかったっけ? 初体験のときは私も辛さにヒーヒー言ったし。

食べ始めたら意外に優しい味でした。山椒バッチリ利いてるけど、予想比20%減くらい。舌がしびれるけどイタイとこまではいきませんでした。辛さ控えめverと間違えられたかも。もちろん山椒の効果は絶大なので、半分くらい食べたときには、毛穴開いて汗が吹き出してきましたけどね。

池袋・楊2号店 水餃子

具がぎっしり、大きめで主食タイプの水餃子450円。「味はついてます。そのままか、ラー油で」だそうです。以前、楊さんには黒酢でどうぞと言われたけど、今回は素直に従いました(笑)。

男性でも一口で食べるには大きなサイズです。時にアツアツ出来立てを一気に頬張ると、汁が飛び出て火傷します(冷めたら一口でも大丈夫)。肉が多めでしっかり味付けしてあるので、半分はそのまま。2個はラー油付けて、最後の1つは黒酢を少し。

カウンター席に座ったので後ろのテーブル席の様子は分からなかったけど、ホール係は休む暇なく働き続けてたし、2時過ぎでも行列途切れないほどの人気ぶり。落ち着いたころ再訪問して、辛さも調整してもらおっと。

中国家庭料理 楊・2号店
食べログ

03-5391-6803
[月〜金] 11:30〜15:00(L.O.14:30) / 17:30〜23:30(L.O.22:30)
[土日祝] 12:00〜15:00(L.O.14:30) / 17:00〜23:30(L.O.22:30)
無休


大きな地図で見る