ブログネタ
☆海の幸☆刺身・寿司・海鮮丼・焼き魚など魚貝類料理 に参加中!
日本橋・つじ半「ぜいたく丼」

東京日本橋で、いつもと違う道を通ったら、朝11時前だというのに行列を発見。
 
「こんなところにラーメン屋か?」と振り返ると、ぜいたく丼の文字が。たしか『ぶらり途中下車の旅』で紹介されてたっけなーと思いつつ、一度は訪問先へ向かいます。用事を片づけて戻ってみると、行列はさらに増えて20人超。
私も「つじ半」の行列に並んで、ぜいたく丼の正体を探ってきました。 
日本橋・つじ半「ぜいたく丼」
 
開店直前(11時半)に列に加わり、席に着いたのは正午。メニューは「ぜいたく丼」の松・竹・梅+特上の4種類のみで、全員が「梅」980円をオーダーしてました。注文が散らばらないので、なるほどお客の回転が早いわけだ。

店内は、寿司屋のような高級感ある白木カウンター。その厨房で、職人さんがマグロ・甘エビ・イカ・キュウリなどをボウルに入れて、チャッチャと混ぜてます。これをご飯にのせて、海鮮ピラミッドを築けば出来上がり。

日本橋・つじ半「ぜいたく丼」
 
カウンターに「おいしいお召し上がり方」が置いてありました。
要約すると
 
1.黄身醤油にわさびを溶いて、まんべんなくかける。
2.別皿の刺身は、締めの鯛だし用に二切れ残しておく。
3.ご飯を食べ終わったら、鯛だしを楽しむ(ご飯追加OK)
4.鯛だしに残しておいた刺身を入れてどうぞ。
(あくまでも店主のお薦めするお召し上がり方ですので、お客様のお好みで…の補足付)

「こう召し上がれ」的な指南をされると、きちんと守りたくなる私です。 
 
日本橋・つじ半「ぜいたく丼」

この「つじ半」は、幼なじみだったつけめん「めん徳二代目 つじ」と天丼「金子之助」の両店主が共同経営しているそうです。
昨年オープンしたばかりで、「金子半次郎」先代店主が作っていた“まかないめし”をヒントに、まぜこぜ海鮮丼だけでの勝負(詳細は、日本橋経済新聞参照)。

日本橋・つじ半「ぜいたく丼」

食欲をそそるビジュアルです。なんか、嬉しくなっちゃった。マグロのなかおちがツナギとなって、渾然一体となった海のお宝に、用心深く黄身醤油をかけ回します。

最初こそ「これは何じゃろ?」と注意して食べますが、だんだん箸のスピードが上がって一心不乱にガツガツと。上品とは言えないけれど、元気にかっこむ丼メシってなぜに旨いんだろーか

P7258976

ぜいたく丼を完食した後は、ご飯も入れてもらって「鯛だし茶漬け」で〆。上品なあら汁といった感じで、口の中がリフレッシュされます。二度三度と楽しんだ気分になれて、ますますお得感UP。
 
うまいですねー、味も演出も。さすが人気店店主2人のアイディア合作と感心したのでした。

日本橋・つじ半「ぜいたく丼」

つじ半
食べログ 日本橋経済新聞

03-6262-0823
東京都中央区日本橋3-1-15 久栄ビル1F
11:00-21:00
日曜定休


大きな地図で見る