ブログネタ
丼パラダイス!カツ丼・親子丼・天丼・牛丼・鉄火丼、等々 に参加中!
新橋・岡むら屋 肉めし

日経トレンディが「牛丼戦争に新たな刺客!」なんて煽ってるしテレビ露出も多いので、気になって寄ってきました。東京・新橋の肉めし「岡むら屋」です。
若い方にはニュータイプ牛丼かもしれませんが、先祖帰りした「すじ肉牛丼+豆腐のせ」ってのが私の素直な感想です。 
新橋・岡むら屋 メニュー

「岡むら屋」の基本メニューは3種類。
肉めし490円、玉子肉めし540円、ねぎ玉肉めし590円で、煮込み豆腐1切れ50円で増量可能です。

新橋・岡むら屋 肉めし

カッパ(牛の腹部外側のスジ肉)を角切りにして、コンニャク、玉ねぎと煮込んでます。下町の飲み屋の煮込みをご飯にぶっかけた感じがするのは、私だけでしょうか?

新橋の昼食ラッシュアワーの時間帯に入ったら、角切り部分も一部あったけど、ほとんど煮崩れてとろとろになってました。それはそれでヨシです。

新橋・岡むら屋 肉めし

豆腐を追加するほど癖になる(メディアによる)という人気の煮込み豆腐。こういう豆腐を、飯と混ぜてかっこむのは楽しいですね、下品だけど。

味噌メインのつゆで煮込まれ、濃い味だけどしつこさは控えめ。米粒が100%着色済に盛大なツユだくだくで、吉牛ツユだく派の私もこれにはびっくり。ここで好みが分かれるかも。

「このツユだくだくは、中和要素が必要!?」と思ったら、半分以上が「玉子肉めし」「ねぎ玉肉めし」のオーダーでした。基本の肉めしではひと味足りなくて、のせモノ系が人気なようです。

今はなき「牛めし げんき」

牛めし+豆腐といえば、新橋駅ガードで2010年まで営業していた「肉めし げんき」を、ふと思い出したのでした。 

肉めし 岡むら屋 
公式サイト 食べログ

03-5510-7201
東京都港区新橋2-15-1 ニュー新橋ビル1F 
10:00-22:30(L.O)
基本無休


大きな地図で見る