ブログネタ
蕎麦 に参加中!
蕎遊庵・桜切り

織物のまちとして栄華を誇った栃木県足利市には、かつて旦那衆を唸らせた美味から庶民派グルメまで、多彩な食べ物が残っています。いつもは焼きそば(コチラ)など後者に走る私ですが、今回は品よく江戸前の蕎麦を。

蕎麦好きには有名な「おりひめ茶屋 蕎遊庵(きょうゆうあん)」で、桜の香りを閉じ込めた桜切りを手繰ってきました。ツルリとした喉越しも見事でした。
足利織姫神社

リツヤ夫妻とアチコチ出没した2日半、やっと最終日です(ただしこの日が一番密度濃い)。
佐野市で小佐野ドッグスクールの嫁をやってる同級生・ハンナちゃんに会いに行ったら、「美味しい蕎麦屋さんがあるから足利に行こうよ」。

P4121197

足利市内が一望できる織姫山の山頂にある織姫神社。その神社に向かう石段の中腹に「蕎遊庵」があります。営業は11時〜14時の3時間のみ(火曜定休)。閉店後の14時半からは、手打ちそば教室を開講しているそうです。

おりひめ茶屋・蕎遊庵。おせいろ

「上品なお蕎麦は量が少ない」のは世間の常識。蕎遊庵も例外ではありません。しかし…

 ・おせいろ 550円(上)
 ・田舎そば 550円
 ・十割そば 750円

良心的価格なので、しっかり昼食を…いう方は最初から2枚頼むくらいでよろしいかと。

おりひめ茶屋・蕎遊庵。桜切り

季節の変わり蕎麦「桜切り」750円です。
小さい器2つに盛られていたのは、きれいな桜色を見せる演出だったのかもしれません。

桜餅(長命寺)や、桜の塩漬けが入ってるアンパンを思い出してください。蕎麦を啜った途端、口の中にあの桜の香りがどっかーん♪と広がります。

おりひめ茶屋・蕎遊庵

混雑前の時間帯だったので、注文が重ならないよう工夫して食べ比べ。

汁の味は基本的に同じですが、太さや香りの違いでカエシを微調整しているのか、濃いめ・薄めがあったことは何とか気づきました。

おりひめ茶屋・蕎遊庵・あんみつ

手作りあんみつ350円も人気です。
窓際の席に座れば、足利市内から関東平野も一望できる蕎遊庵でした。

おりひめ茶屋・蕎遊庵

おりひめ茶屋 蕎遊庵(きょうゆうあん)
公式サイト 食べログ 栃ナビ!

0284-21-6818 
栃木県足利市西宮町2549
11:00-14:00
火曜定休
※祝日営業、翌日代休


大きな地図で見る