ブログネタ
青森県のグルメ、食べ歩き情報 に参加中!
八戸・館鼻岸壁朝市。軽トラ炭火焼魚

鮮魚野菜から雑貨、骨董まで約350軒のブースが並び、日本最大級の朝市と呼ばれている青森県八戸市・館鼻岸壁朝市(コチラ)

NHK-BSプレミアム『ニッポンぶらり鉄道旅』(コチラ)で、岸壁朝市の名物、軽トラックに回転式いろりを積んだ「かつら工房」が紹介されていました。たぶん世界で1つのオリジナル囲炉裏で、魚が美味しそうに焼かれていきます。その姿が面白くて、私も何度か立ち寄りました。

『ニッポンぶらり鉄道旅〜JR八戸線』は、明後日11月26日(水)正午から再放送。
八戸・館鼻岸壁朝市

夏の写真ですが、朝6時半でこの混み具合。既に完売して、帰り支度を初めていたテントもあったのには驚きました。

私のような観光客もいるけど、大半は地元客。野菜や鮮魚を「1週間ぶんの買い出しですか?」という勢いで、買っていく家族連れの姿も。

八戸・館鼻岸壁朝市。軽トラ炭火焼魚

焼き魚の実演販売も何軒かありますが、ひときわ目立つ軽トラ屋台。

ドーナッツ形で把手が付いてる囲炉裏は、店主のオリジナルアイディアとか。取材では「長い囲炉裏だったら、焼き具合を見るのに自分が動かねばならない。丸い囲炉裏なら回せばいいので、そのぶん楽できる」と、笑いながら語ってました。

八戸・館鼻岸壁朝市。軽トラ炭火焼魚

魚も貝も全部串刺し、ドーナッツ囲炉裏のまん中の炭火で焼かれていきます。

「魚の味付けは塩だけ、素材の味で」というのがこだわり。貝には醤油だれ。

八戸・館鼻岸壁朝市。軽トラ炭火焼魚

脂、のってるでしょー。

そのまま食べても絶品だけど、白ご飯が欲しいぞ。でも朝市では、山菜おこわや赤飯、炊き込みご飯しか売ってません。朝7時からビール飲むのも憚られるから…、うーん何だか悔しいぞ(笑)。

八戸・館鼻岸壁朝市。軽トラ炭火焼魚
 
館鼻岸壁朝市(たてはながんぺきあさいち)
公式サイト

青森県八戸市新湊三丁目
毎週日曜 夜明け〜09:00
※3月〜12月開催(詳細公式サイト参照)


大きな地図で見る