ブログネタ
スイーツ に参加中!
かのこ庵謹製・スカイベリー苺大福

「女峰」「とちおとめ」を開発し、生産量日本一・いちご王国となった栃木県。とちおとめは今も人気品種ですが、保護期間が満了したため、栃木県以外でも自由に栽培できるようになりました。

とちおとめ後継品種として期待されているスカイベリーは、上品な酸味と爽やかな甘さを持つ、大粒いちごです。直径5cm級のスカイベリーを使ったプレミアムいちご大福を、栃木市・かのこ庵で買ってきました。

【注】後述のように数が少ないので、電話予約がお薦めです。
かのこ庵謹製・スカイベリー苺大福

開発秘話を公開したかのこ庵ブログ・お菓子な「庵主の酔眼日記」より

【栃木県産「スカイベリー」は栃木県が商標登録をしておりまして、勝手にその名称を称することは出来ないのです。そこで、栃木県から正式に許諾を得ての「スカイベリー」を表示した、未加工のフレッシュな苺一個使用した大福を発売しました】

ブログ記事中に量販店のこと(ヨークベニマル)が出てきますが、スカイベリーの酸味が強くなってきたのでベニマルでの販売は終了しました。現在はかのこ庵のみの販売で、いちごの味を考慮しながら4月中旬まで作る予定だそうです。

かのこ庵謹製・スカイベリー苺大福

白あん大福はでしゃばらず、スカイベリーの爽やかな甘さをひき立てるようバランスが保たれています。羽二重粉の柔らかい餅と、元気な歯ごたえの果肉とのコントラストも鮮やか。

横浜から友人が墓参に来たので、前日に電話予約。受け取りに行ったら、ご主人が出てきて説明してくださいました。

「予約頂ければ、お渡しの時間にあわせて1日何度でも作れるんですが、急にいらっしゃると(材料がなくて)お断りせざるを得ない場合もありまして…」

味にバラツキがない粒揃いなスカイベリーを毎日手に入れるのは、今シーズンはまだ難しかったようです。
かのこ庵・栃木市

かのこ庵
公式サイト 栃ナビ! 店主ブログ
 
0282-23-0111 
栃木県栃木市薗部町1-1-25 
09:00-18:30 
水曜定休