ブログネタ
今日の出来事 に参加中!
病院食:オーソドックスな朝食

期待してなかった…と書いたら失礼ですが、病院食が美味しくて助かりました。

カロリー控えめの給食スタイルですが、行事食が出たり、麺類ランチも。

……実は2週間ほど入院してました。人生ン十年にして初入院・初手術(外科)。

リハビリ以外はベッドの上でやることないので、病院食を記録してました。

病院食:豪華な「行事食」

許可とってないので病院名は伏せますが【10月の行事食】としてこんなご飯も。

・栗入り五目ご飯
・サバの黄身焼き
・さと芋まんじゅうのあんかけ etc.

病院食:里芋まんじゅうのあんかけ

居酒屋メニューでも十分通用するクオリティの「さと芋まんじゅうのあんかけ」。根菜の歯ごたえも楽しい料理でした。

カロリー計算されて、腹八分目のボリュームですが、舌は十分満足させる献立。出汁をきかせた料理が多く、塩分控えめでも不満なし(味濃い地帯の北関東ですが、私個人は薄味でもOK)。

病院食:そうめん+かき上げ

蕎麦アレルギーを避けてなのか、そうめん+かき揚げランチが登場した日も。

茄子キノコ炒めは、栃木ケンミン熱愛ちたけそば(記事コチラ)を意識したのかな?

病院食:立派な野菜かきあげ

野菜かき揚げも、上質な油でカラっと揚がっていて、立ち食いそば店と渡り合えるレベル。

6日目の昼に登場したのですが、工夫に感心して「次が楽しみ」になりました。

病院食:焼きうどん+カレーコロッケ

焼きうどん+かぼちゃコロッケなんて組み合わせもステキでした。

おかわり不可ですから、ひたすらゆっくり咀嚼、少しでも満足度UPを心掛けました。

朝陽が登ると…ご飯まだかな?

ところで今回の入院4日目、PCR検査を受ける羽目になりまして…。

入院直前、急に冷え込んで風邪気味に。入院受付時は36.5度の平熱でしたが、解熱剤が切れたら検温の度に37.5度オーバー。しかも1週間前に東京日帰りしたことは申告済でした。

執刀医は「熱があっても咳がない」「血液中の酸素濃度が良好(肺は正常)」と、予定どおり手術をしてくれました。

手術後の発熱はよくあることですが、私は手術前から37.5度が続き、4日目ついにフェイスガードに完全防備姿で、呼吸器科の先生が長い綿棒を持ってきました。

1時間後、師長が「判定はマイナス(陰性)でした」と笑顔で告げにきましたが…。

マジでビビった。95%覚悟したもんな、綿棒を鼻に入れられたときは。

改めて…コロナには気をつけましょう。

【追記】長い(笑)と誤字がありました。ご指摘感謝m(_ _)m

病院食:食パンとオムレツ

所見では「入院:3〜4週間」だったのですが、手術から丸2週間で退院できました。

2週間での退院は、私がやった外科手術では最短タイ記録らしいですwww。

病院食:納豆も出た

足の外科手術なので、自主トレ(自宅リハビリ)が残ってますが、まずは元気です。

この記事の写真は、LUMIX+ZUIKO17mmレンズで撮影しました。被写体から距離が稼げないベッドの上では、ちょっと広角系の17mm単焦点レンズが便利でした。

使いやすかった17mmレンズ

← クリック頂けると励みになります m(_ _)m