KAZのおさんぽ2

移り行く季節の中で美しい表情を見せる花や虫たち、 みんなに会いにきょうもおさんぽです

10月26日は朝までには雨も上がって、日中は曇り時々晴れのお天気になりました。昼前頃には青空も見えて来たので、テレワークの昼休みに近所のポイントへ行ってみました。クマソの個体数は少なかったものの、かなり青い♀がいて良い被写体となってくれました。(クロマダ ...

10月24日の日曜日も前日に引き続いて気持ちの良い秋晴れの一日となりました。予報では来週は曇りの日が多いようなので晴れのうちにもう少し撮っておこうかと前日と同じ場所へ。前日と同じ場所ですから蝶も同様の顔ぶれですが、この日は低温期らしいクマソの♀が出て来て ...

10月23日は24節季の霜降、文字通り峠道などでは霜が降り雪の舞う時節となってきました。里ではそろそろ樹々の葉も色づき始め、公園の陽だまりでは越冬シジミたちの日光浴も始まる頃。風が強いものの快晴となった土曜日は、クマソの確認がてら越冬シジミたちの様子を見 ...

今年は9月に気温の低い日が続いたせいかツワブキの花がもう咲いています。ツワブキの花にはクロマダラソテツシジミが吸蜜に来るのでテレワークの昼休みに覗いてみました。ここ数日気温の低い日が続いていますが、まだ完全な低温期型は見られませんでした。(ツワブキとクロ ...

ついこの前までは25℃以上の夏日が続いていましたが、急に真冬並みの寒気がやって来ましたね。北海道では平地でも雪が積もり本州でも山は各地で雪となったようです。こう寒くなって来ると花咲き蝶の舞う季節もそろそろ終焉、野に咲く花たちもそろそろ見納めですね。きょう ...

10月15日は時折雲がかかるものの概ね気持ちの良い秋晴れの一日となりました。ここ最近街中の花壇の蝶やクマソばかり追いかけていたので久しぶりに郊外へと出掛けてみました。郊外ではもう樹々の葉もやや色づき始め、野菊やアワダチソウも咲いてすっかり秋らしくなってい ...

10月10日は朝の内曇っていましたが、10時を過ぎる頃から青空が広がってきました。朝の内曇っていたせいか気温はあまり上がらず、花壇に集まる蝶たちも前日よりは多い様子。前日あまり良い写真の撮れなかったコスモス花壇を中心に蝶たちの吸蜜を狙ってみました。(ツマ ...

今年は9月は涼しかったもの10月になって連日30℃近い夏日が続き秋の蝶も出遅れ気味。ここへ来てようやくキタテハやウラナミシジミも少し増えてはきましたが例年よりはまだ少なめ。公園のコスモスの花壇では例年ならヒメアカタテハ等でいっぱいですが今年はまだ閑散とし ...

8月頃から発生の始まった千葉市付近のクロマダラソテツシジミはその後あちこちに拡散し、9月20日頃からはどこへ行ってもソテツがあればクマソが群れ飛んでいるような状態でした。ところがここへ来てソテツが新芽を出す時期も終焉の様子で餌となるソテツが見つからなくな ...

今週末は土日とも仕事が入っているので30日と1日に休みをもらいました。30日は台風もまだ遠いので午前中は何とか晴れ間が覗きました。この時期はもう雑木林や川沿いなどは蝶も少ないので街中の公園の花壇で蝶を追いました。(アオスジアゲハ 2021/9/30 千葉市 α58/S ...

23日の祝日は朝の内少し雲がかかりましたが9時頃には澄んだ青空が広がりました。彼岸花はもうほぼ終わってしまったのでこの日はクマソのポイントを何カ所か回ってみることに。真夏日となったせいかあまり開翅は撮れませんでしたが吸蜜や吸水などを撮ることが出来ました。 ...

気持ちの良い秋晴れとなった9月20日は彼岸花のアゲハの撮影に房総方面へと向かいました。ところが現地に着いてみるとヒガンバナはもう終わりかけでいまひとつ冴えません。おまけに一昨年の台風の影響を引きずっているのかナガサキアゲハが不作の様子。それでも何とか粘っ ...

週末はどうやら関東にも台風がやって来そうですね。そろそろヒガンバナがちょうど良い感じになって来ましたが、雨風で倒されませんかね。月曜日に晴れたらヒガンバナに来るアゲハたちの撮影に行ってみたいですが・・・。さて写真の方は少し前に撮影した灯火の蛾、なかなかヤ ...

9月15日は曇り時々雨の予報でしたが青空がどんどん広がって良いお天気になりました。梅雨時や秋雨の時節は予報が難しいのかどうも最近天気予報が当たりませんね。これだけ天気が良ければ新しいクマソも羽化して来るのではとお昼頃に発生地を覗いてみました。(クロマダラ ...

9月14日は2ケ月に一度の通院日でお休みでした。ちょうど10年前に再発した膀胱ガンの2度目の手術をしてから10年になりました。以前は毎月細胞診検査と年4回の内視鏡検査をしていましたが、それももう回数は半分になりました。10年間再発しなければ概ね大丈夫のよ ...

↑このページのトップヘ