谷内 和俊 / KAZutoshi Taniuchi

ミュージシャン、俳優、モデル、小説家、音楽プロデュース、 そして述べ100万人以上をエスコートしてきた元コンシェルジュ・ドアマン 谷内和俊のオフィシャルブログ

プロデュース、モデル、役者、音楽(Live出演、各楽器の演奏、楽曲制作等)
お問い合わせやご依頼はコチラ♪
trumpetlilymusic★gmail.com
(★を@に変えて送信ください)

『離れられない…スペイン音楽の魅力☆』

7月19日(木)19:00開演
オペラシティ・リサイタルホールでの
アルバム『Requiem』発表記念コンサートに先駆け、
比石妃佐子さん(+谷内和俊)の記事がコチラです。


[産経新聞文化芸能12P]_20180713_2





今年は、“日本―スペイン国交150周年”。

この記念すべき年に、日本で比石妃佐子さんと
共演させていただけるなんて夢のようです!

産経新聞文化芸能12P_20180713

そして、こちらが共作させていただいたアルバム『Requiem』のジャケットです。

CDJK_Requiem_sRGB (1)
7月19日(木)、東京オペラシティ リサイタルホールで
スペインクラシックのスペシャリスト、
比石妃佐子さんとコンサートをやります。

ぜひいらしてください♪
チケットをご購入いただき、お越しくださった方みなさんに
最新アルバム『Requiem』をプレゼントします!!


---------------------------------------------
■比石妃佐子ピアノコンサート2018

〜スペインと日本を結ぶピアニスト〜

アルバム『Requiem』発表記念
---------------------------------------------

【日時】2018年7月19日(木)
 
 19:00開演(18:30開場)、20:30終演予定 


【チケット】全席自由¥5,000(税込)

すでにご予約の皆様、誠にありがとうございます。

※最新アルバム『Requiem』(¥2,500)
 をプレゼントいたします!!
(当日会場受付でお受け取りください。)



【会場名】東京オペラシティ リサイタルホール

[東京オペラシティタワーB1F]

https://www.operacity.jp/access/index.php


・会場への行き方

https://www.operacity.jp/access/floormap/recitalhall.php


住所:〒163-1403
東京都新宿区西新宿3-20-2

■一般のお問い合わせ

[東京オペラシティチケットセンター]

TEL 03-5353-9999


■主催

比石妃佐子後援会

■協賛

DAC Group

■後援

スペイン大使館
スペイン国営インスティトゥト・セルバンテス東京
日本スペインピアノ音楽学会


■公演内容

日本―スペイン国交150周年記念コンサートとして、
前半は、スペインクラシック音楽を代表する作曲家のピアノソロ。
後半は、比石のオリジナル曲を含むCDアルバム『Requiem / レクイエム』の
発売記念コンサート。
スペインクラシックとJ-popとの融合としてのフュージョンを
ピアノと歌で、比石の作曲作品とまじえてお届けします。



【比石妃佐子 YouTube公式チャンネル】

https://www.youtube.com/user/hisakohisekipiano


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 比石妃佐子 プロフィール
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

比石妃佐子 / Hisako Hiseki
------------------------------

京都市立芸術大学音楽学部卒業後、
ザルツブルク、モーツァルテウムのサマーコース、
ドイツ・ハノーバー音楽演劇大学独奏クラスを経て、
スイス・ウィンタートゥアコンセルバトリウム演奏家クラス、
演奏家国家試験に合格し卒業。

その後、スペインでアリシア・デ・ラローチャの
スペイン音楽マスタークラスを修了。

現在、バルセロナ在住。日本、オーストリア、
ドイツ、スイス、スペインで園田高弘、
H. ライグラフ、Ch.リースケ、A. デ・ラローチャ、
X. モンサルヴァッチェ、C. モンポウ、
V. クライネフの各氏に師事。

アルベニス《イベリア》、
グラナドス《ゴィエスカス》校訂楽譜を出版。
国際コンクール入賞、アルベニスメダル、
バルセロナ公館長賞受賞。

6枚のCDが特選盤、準特選盤、推薦盤、金賞に選ばれる。

スペインを中心にヨーロッパ、北米、南米で演奏活動をしている。
コンクルソ・アルジャウなどのコンクール審査員。

2011年には、アルベニスのピアノコンツェルト第1番を日本初演。


「アナザースカイ」(日本テレビ)、
「徹子の部屋」(テレビ朝日)、
「いつでもスタンバイOK」(NHK・BS)
「たけしの誰でもピカソ-たけしがほれ込んだガウディ・スペインの魅力-」(テレビ東京)
「ららら♪クラシック」(NHK・Eテレ)他に出演。


――――――――――――――



【Radio】MUSIC BIRD カノン『Sound of oasis』
7/14(土)21:00〜放送!!ラジオ番組にゲスト主演します☆

全国放送&「myTunerRadio」アプリで、
どこででも聴くことができますので、ぜひ聴いてみてください^^
 

kanon_sound of oasis
 
つい先ほど、そのラジオ番組の収録に行ってきました♪



スペインクラシックの巨匠
比石妃佐子/Hisako Hisekiさんとの
コラボレーションアルバム『Requiem』に
ついてたっぷりとお話ししてきました☆


そして、シンクロ・ミラクル!!!


なんと時を同じくして9日(月)の今日、
比石さんもスペイン全国放送の「Pati Interior」
というラジオ番組に出演しています♪


繊細で、
   甘美で、
      叙情的で、

情熱的なスペインクラシック(と僕の歌^^)

7/14(土)21:00〜放送!! カノン『Sound of oasis』、お楽しみに♪

 
kanon02


 アルバム11曲収録中、3曲が僕のVocal入りです。
そのうちの2曲を番組でご紹介いただきます!!


もちろん、Hisakoさんの天才的プレイ☆

アレグロ・デ・コンシエトロ/エンリケ・グラナドス♪

ぜひその美しさに耳を傾けていただければと思います。


--------------------------
☆ラジオの聴き方☆
--------------------------


【番組名】: sound of oasis

【放送日時】: 7月14日(土)21時〜21時55分

◆番組名「カノンsound of oasis」はお近くのコミュニティ放送でお聴き頂けます。

また、インターネットでもJCBAインターネットサイマルラジオよりお聴き頂けます。
パソコン・スマートフォン・タブレットより、
アクセス頂きこの番組を放送しているネット局の「LISTEN」を押して頂きますと、お聴き頂けます。

※JCBAインターネットサイマルラジオ(http://www.jcbasimul.com


カノンsound of oasisネット局はこちら↓

http://www.bgbcom.com/kanon/schedule/shosai/sound-of-oasis_housou.html

※また、地域によってはオンエア番組が変更されている場合もありますので、
詳しくはお近くのコミュニティ放送局のホームページをご確認下さい。




-----------------------------------
■比石妃佐子ピアノコンサート2018
〜スペインと日本を結ぶピアニスト〜
アルバム『Requiem』発表記念
-----------------------------------

【日時】2018年7月19日(木)

 19:00開演(18:30開場)、20:30終演予定 
 
【チケット】全席自由¥5,000(税込)

※番組を聴いてご来場いただいた方
 最新アルバム『Requiem』(¥2,500)
 をプレゼントします!

 直接僕にメッセくださいね。
 当日会場受付でお受け取りいただけます。


【会場名】東京オペラシティ リサイタルホール
 
[東京オペラシティタワーB1F]

 https://www.operacity.jp/access/index.php

 
■一般のお問い合わせ

[東京オペラシティチケットセンター]

TEL 03-5353-9999

■主催

比石妃佐子後援会

■協賛
 
DAC Group

■後援

スペイン大使館
スペイン国営インスティトゥト・セルバンテス東京
日本スペインピアノ音楽学会

 
■公演内容

日本―スペイン国交150周年記念コンサートとして、
前半は、スペインクラシック音楽を代表する作曲家のピアノソロ。
後半は、比石のオリジナル曲を含むCDアルバム『Requiem / レクイエム』の
発売記念コンサート。

スペインクラシックとJ-popとの融合としてのフュージョンを
ピアノと歌で、比石の作曲作品とまじえてお届けします。

「織姫…ここに来るまでに、20年かかったよ…^^」(笑)

 
七夕の今日、一般発売・全国流通間近のニューアルバム

『Requiem』/ Kaz & Hisako が到着しました。


来週13日(金)、産経新聞に取材いただいた記事が掲載され、

 
14日(土)21:00〜、カノンさんのラジオ番組
『Sound of Oasis』にゲスト出演します!!
 CDJK_Requiem_sRGB (1)






☆★☆『Requiem』/ Kaz & Hisako ☆★☆

 
天国の母へ 

〜天使の旋律と情熱の叫び〜

 
スペインクラシックのスペシャリスト比石妃佐子と

シンガーソングライター谷内和俊による

二人の母に捧げた魂のコラボレーションアルバム。

 

バルセロナで比石のピアノを、
日本で谷内のヴォーカルをレコーディングし、

 

心に生きている天国の大切な人への想いが
奇跡の融合を果たす。

 

繊細で、甘美で、叙情的で、
情熱的なスペインクラシック+J-pop、

 

世界中どこを探してもこれほどラテンで
心弾むレクイエムはないだろう。


※11曲入り、解説付き


☆★☆『レクイエム』/ Kaz & Hisako ☆★☆


7月19日(木)オペラシティでお披露目となります^^

天使の旋律と情熱の叫びを、

ぜひ楽しんでくださいね。


-----------------------------------
---------------

■比石妃佐子ピアノコンサート2018


〜スペインと日本を結ぶピアニスト〜


アルバム『Requiem』発表記念

--------------------------------------------------

 

【日時】2018年7月19日(木)

  

 19:00開演(18:30開場)、20:30終演予定 

 
【チケット】全席自由¥5,000(税込)

 

※僕に直接メッセージくださった方

 最新アルバム『Requiem』(¥2,500)

 をプレゼントします!

https://www.facebook.com/realparadise.realparadise

 

当日会場受付でお受け取りください。

 

【会場名】東京オペラシティ リサイタルホール


[東京オペラシティタワーB1F]

 

https://www.operacity.jp/access/index.php

 

・会場への行き方

 

https://www.operacity.jp/access/floormap/recitalhall.php

 

住所:〒163-1403

東京都新宿区西新宿3-20-2

 

■一般のお問い合わせ

 [東京オペラシティチケットセンター]

 TEL 03-5353-9999


■主催

 比石妃佐子後援会


■協賛

 DAC Group


■後援
スペイン大使館

スペイン国営インスティトゥト・セルバンテス東京

日本スペインピアノ音楽学会

 

■公演内容

日本―スペイン国交150周年記念コンサートとして、

前半は、スペインクラシック音楽を代表する作曲家のピアノソロ。

後半は、比石のオリジナル曲を含むCDアルバム『Requiem / レクイエム』の

発売記念コンサート。

スペインクラシックとJ-popとの融合としてのフュージョンを

ピアノと歌で、比石の作曲作品とまじえてお届けします。

 

-----------------------------------


カノン

「Sound Of Oasis〜サウンドオブオアシス」

https://www.facebook.com/kanon.oasis
 

CDを取り外すと、

Hisakoさんからスペイン語で

メッセージが届きます^^


スペインクラシックのスペシャリスト
比石妃佐子 / Hisako Hisekiさんの来日コンサートをやります♪


*オレも出演します^^


■公演名 


比石妃佐子ピアノコンサート
スペインと日本を結ぶピアニスト 交流150周年を祝して

(副題) アルバム『Requiem』発表記念



【日時】2018年7月19日(木)

19:00開演(18:00開場)、20:30終演予定 


【会場名】東京オペラシティ リサイタルホール



[東京オペラシティタワーB1F]
https://www.operacity.jp/access/index.php


・会場への行き方
https://www.operacity.jp/access/floormap/recitalhall.php


住所:〒163-1403
東京都新宿区西新宿3-20-2

■一般のお問い合わせ

TEL 080-3724-4263(オフィスヒセキ)
 
■主催

比石妃佐子後援会

■後援
  
スペイン大使館
スペイン国営インスティトゥトセルバンテス文化センター東京
日本スペインピアノ音楽学会


■公演内容

日本―スペイン国交150周年記念コンサートとして、
前半は、スペインクラシック音楽を代表する作曲家のピアノソロ。
後半は、比石のオリジナル曲を含むCDアルバム『Requiem / レクイエム』の
発売記念コンサート。

スペインクラシックとJ-popとの融合としてのフュージョンを
ピアノと歌で、比石の作曲作品とまじえてお届けします。



■出演者プロフィール

比石妃佐子 / Hisako Hiseki
------------------------------
京都市立芸術大学音楽学部卒業後、
ザルツブルク、モーツァルテウムのサマーコース、
ドイツ・ハノーバー音楽演劇大学独奏クラスを経て、
スイス・ウィンタートゥアコンセルバトリウム演奏家クラス、
演奏家国家試験に合格し卒業。

その後、スペインでアリシア・デ・ラローチャの
スペイン音楽マスタークラスを修了。

現在、バルセロナ在住。

日本、オーストリア、
ドイツ、スイス、スペインで園田高弘、
H. ライグラフ、Ch.リースケ、A. デ・ラローチャ、
X. モンサルヴァッチェ、C. モンポウ、
V. クライネフの各氏に師事。

アルベニス《イベリア》、
グラナドス《ゴィエスカス》校訂楽譜を出版。

国際コンクール入賞、アルベニスメダル、
バルセロナ公館長賞受賞。

6枚のCDが特選盤、準特選盤、推薦盤、金賞に選ばれる。

スペインを中心にヨーロッパ、北米、南米で演奏活動をしている。
コンクルソ・アルジャウなどのコンクール審査員。

2011年には、アルベニスのピアノコンツェルト第1番を日本初演。

「アナザースカイ」(日本テレビ)、
「徹子の部屋」(テレビ朝日)、
「いつでもスタンバイOK」(NHK・BS)
「たけしの誰でもピカソ-たけしがほれ込んだガウディ・スペインの魅力-」(テレビ東京)
「ららら♪クラシック」(NHK・Eテレ)他に出演。


心を込めて歌います。

Kaz


    
_1050676

2006年に天国に旅立った母。
時を同じくして小さなデビューを果たした僕。


12年の節目に、バルセロナの青い空に誓う。


「天使の舞と情熱への証」





 
スペインクラシックのスペシャリスト
比石妃佐子 / Hisako Hisekiさんとの心のコラボレーション―



「どこよりも誰よりもラテンで心弾むレクイエム、


 こんなアルバムは世界中どこを探してもないだろう…」

by プロデューサーK.T





 




『ファンクショナルサウンド』とは苫米地英人博士が開発し
30年以上研究し続けている“特殊機能音源”のこと。


IQアップや集中力、リラックスや夢実現など
脳に特定の効果を与えるスペシャルな音楽だ。

kaz02特殊音源取材




初めて手にしたのは約5年前、
書籍の付録CDだった。

独特の世界観や臨場感に魅せられ
今となっては新企画やプロモーションに携われるようになった。

そしてこの映像のような貴重なマスタリング作業現場へ
取材に行くこともできて、大変光栄だ。


音楽が果たす役割の未来、

つまり

「未来の音」があると僕は確信している。
特殊音源Kaz写真4

去る2017年10月末、

敬愛するスペインクラシックの巨匠
比石妃佐子 / Hisako Hisekiさんの元へ
レコーディングをしに行って来た。

ありったけのレコーディング機材を詰め込み
日本から遥々20時間。

10月のバルセロナは、夜はジャケットが必要だが
昼間は半袖一枚。

地中海の風に吹かれて、
2006年に初めてセルフリリースした
『Never too late』を歌った。

_1060398






 





 比石さんが密かに大切にしている景色をバックにジャケット撮影や
サグラダファミリアをバックにドキュメンタリーの収録もすることができた。

そして来年夏頃完成予定の
アルバム『Requiem』を無事にレコーディング。


_1050465

スペインクラシックとJ-Popのコンビネーションに
現地のマネージャーも興味を示してくれている。




なぜ歌い続けるのか―

その理由を求めた旅は、

それ以上のものを僕に与えてくれた。


答えはひとつ。

良い音楽を聴いているとき、
人は争わない…。


音楽で平和を求めるならば
少しでも良い歌を届けること。


いつもそばにあった音楽の真実が
地中海の風に吹かれて

改めて僕の身体に染み込むようだった。


----------------------------------------------------------

【KAZutoshi Taniuchi  ●Facebook】

https://www.facebook.com/realparadise.realparadise


【KAZutoshi Taniuchi  ●Profile】

https://www.tunecore.co.jp/artist?id=174911






スペインクラシックのスペシャリスト
比石妃佐子さんの貴重なドキュメンタリー映像を届けます。


2016年にエグゼクティブ・コーディネーターを
務めさせていただいたことがきっかけとなり、

バルセロナレコーディングが決定。


クラシックのプロデュース、
そして共演は人生初の試みだが、
深い縁を感じている。


2004年、初めて僕の曲がサウンドトラックに起用されたとき
ロックではなくて、

日本コロムビア、J-roomという
クラシックの部署からのリリースだった。


当時、本田美奈子.さんのプロデューサーに拾われ、
井上鑑さんのサウンドプロデュースで楽曲はリリース。


『白紙の中の海』というオリジナル曲を
13年の時を経て再びバルセロナでレコーディングできたのだ。


比石妃佐子さんが手がけるスペインクラシックで
新しく息を吹き返した心の歌を
ぜひ楽しみにしていてほしい。




IMG_2679


僕が密かに
13年間書き続けている
このブログへようこそ♪

谷内です。

来る、2017年8月11日(金)祝日
オープン17:15〜 スタート18:00〜

「新大久保クォーターノート」

にてライブ出演します。
------------------------------

谷内和俊 / KAZutoshi Taniuchi
率いる奇跡の2人組ユニット

その名も

『オープニング・アクターズ』

略して

O.A.S


(??)


驚きましたか??(笑)
冗談ではありません。

実は僕、

オープニングアクトしかやらないんです!!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

「えっ??」

ホントです!


オープニングアクト、つまり
“前座しかやらないユニット”なんです。


どんなにメインアクトを頼まれても
オープニングアクト(前座)しかやりません。

メインアクトさんが最高に素晴らしい
パフォーマンスができるよう

完璧に温めておく、
オープニングアクト専門ユニットなのです。


おかげさまで、最近、たくさんのオファーを
いただけるようになりました☆

----------------------------------
21歳の頃は全国ツアーし、
渋谷ON AIR EASTでは
856人を集客しました。

オセロさんや
足立区花火大会では山田まりやさん
と共演したこともあり、
レギュラー番組も持っておりました。


ですが32歳の時、
ライブハウスに来てくれたのは
たったの

8人。


それでもありがたいことです。



しかし!!音楽人生大逆転!!

オープニングアクト専門ユニットになってから

100人規模以上のライブ出演を
バンバン可能にしていったのです。

これはすべて、メインアクトさんのおかげです。

よって僕らは全力で場を盛り上げます


するとお客さんも開演時間に
遅れることなく来てくれる人が増え続け

メインアクトさんにありがたがられまくるのです^^


そんな音楽業界の

隙間産業ロック

ぜひ見に来てください!


強制的に心に響く音楽をあなたに届けます♪

-------------------------------


37歳で超遅咲きデビューした谷内は

“谷口”とよく名前を間違えられながらも

検索ではトップに出ます!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
世界にたった一人!?

特技が多すぎて
あまりに
回り道しすぎたアーティスト
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


遅咲きにはわけがある。
実は僕、

[音楽活動]
・作詞
・作曲
・編曲(アレンジ)

[楽器演奏]
・ギター
・ベース
・キーボード
・ドラム

[録音]
・レコーディング・エンジニア
・ミックス
・マスタリング

[CD制作]
・ジャケットデザイン
・CDパッケージ化

[プロデュース]
・音楽プロデューサー
・楽曲制作ディレクター

[コーディネーター]
・スペインクラシック・コーディネーター
・クラウドファンディング・コーディネーター

[執筆]
・小説家
・コピーライター

[芸能]
・俳優
・レポーター
・インタビューアー
・モデル(現在テリーシファージュエリー専属モデル)




これらすべてひとりで手がけているのです。

なぜこれだけのことに挑戦しまくっているのかは
これからじっくりこのブログで明かしていきますね^^

バンド仲間が次々夢を諦める中
僕は一人ぼっちになってしまった。

なら、ひとりで全部演奏してみよう!!
そして録音もしてCD出してみよう!!
これがきっかけだったんです。


気づくと特技が多すぎて
回り道しすぎてしまいましたが(笑)

ついにシンガーソングライターとしての
ライブ活動をバリバリやっていくことを
決意しました!!


フェイスブックには、
今回のメインアクトさん

Die Milch / ディミルヒ

日本初映像インタビューもあります!!

世界ツアーを成功させている
Die Milch / ディミルヒさんとの

最高のライブイベントにします!

ぜひ来てくださいね^^



「たにうち取り置き」

「カズ取り置き」


これを受付にお申し付けくだされば
前売り料金になります!!


当日やっぱり行ってみよう〜〜

こう思ったらなおさらきてね!

もちろん予め予約してくれたら


↓↓



26歳の時リリースした
幻のアルバムプレゼント!!!!


その名も、

江原啓之さんの隣のブースで
レコーディングされた
幻のアルバム

です。


今はなき、新宿スタジオテイクワン
最後のアーティスト、レコーディングが、

江原啓之さんのスピリチュアルメッセージアルバム

そして、

僕の亡き母に捧げた

メモリアルアルバム

『Never too late』3曲 + 短編小説

なのです。


フェイスブックにメッセージくだされば
予約完了!
アルバムプレゼント!!

「いくよ!」

この一言を送っていただくだけでOK!
もちろん、リクエスト大歓迎です☆
ぜひお待ちしてます!!


【フェイスブック】
▼▼▼
https://www.facebook.com/realparadise.realparadise




【Youtube】どんな音楽やってるのかわかります♪
*I love youカバーや自作PVなど、本気の音楽です。

https://www.youtube.com/user/trumpetlilymusic/


【プロフィール】


http://www.tunecore.co.jp/artist?id=174911&lang=ja


【ウェブフライヤー】


S__32129026


海の向こうを見に
どこまでも旅に出たくなる
Pirates

撮影で使わせていただいたその夜、...
最後のお別れをした。


でも、いつかきっと
奪い返しに行きたい…(笑)


そんな気持ちにさせる
Pirates

kaz


テリーさんご本人がいつも身に付けている
ブレスレットだからか、不思議な装着感だった。

あれだけ刀をぶん回して撮影したのに
一瞬たりとも外れる様子がない。



めぐりめぐって、小指にしている
「蓮 / Lotus」リングが
僕のところにやってきてくれるとは
夢にも思わなかった。



---------------------------------------
002

現在新曲を絶賛レコーディング中♪

70sフォークロックを再現した
この時代には珍しいタイプの曲になるかもしれない。

もちろんそれだけではない。

驚くべきことに、今回の新曲は
オレが自らすべての楽器を生演奏している。

まずはドラムから。

001


DTM(デスクトップミュージック)の時代だから、
「デスクトップじゃできないこと」やろうぜ☆


こうご期待!!


@@@@@@@@@@@@@@@@@@
今出ているこのアルバムでは
作詞作曲編曲はもちろん、

ドラムのみプログラムで
残るパート、

ギター、ベース、シンセ、コーラス、
すべてを弾き倒しレコーディングした。

ひとりグルーヴや
多重コーラスを楽しんでもらえたらうれしい。


☆★☆ Special Gift EP_from Heaven's Doorman ☆★☆

Produced by KAZutoshi Taniuchi

Listen!!

http://www.asteroid-cp.com/kazutoshi-taniuchi-disco

このページのトップヘ