谷内 和俊 / KAZutoshi Taniuchi

ミュージシャン、小説家、音楽プロデュース、そして述べ100万人以上をエスコートしてきた元コンシェルジュ・ドアマン 谷内和俊のオフィシャルブログ

プロデュース、モデル、役者、音楽(Live出演、各楽器の演奏、楽曲制作等)
お問い合わせやご依頼はコチラ♪
trumpetlilymusic★gmail.com
(★を@に変えて送信ください)

去る2017年10月末、

敬愛するスペインクラシックの巨匠
比石妃佐子 / Hisako Hisekiさんの元へ
レコーディングをしに行って来た。

ありったけのレコーディング機材を詰め込み
日本から遥々20時間。

10月のバルセロナは、夜はジャケットが必要だが
昼間は半袖一枚。

地中海の風に吹かれて、
2006年に初めてセルフリリースした
『Never too late』を歌った。

_1060398






 





 比石さんが密かに大切にしている景色をバックにジャケット撮影や
サグラダファミリアをバックにドキュメンタリーの収録もすることができた。

そして来年夏頃完成予定の
アルバム『Requiem』を無事にレコーディング。


_1050465

スペインクラシックとJ-Popのコンビネーションに
現地のマネージャーも興味を示してくれている。




なぜ歌い続けるのか―

その理由を求めた旅は、

それ以上のものを僕に与えてくれた。


答えはひとつ。

良い音楽を聴いているとき、
人は争わない…。


音楽で平和を求めるならば
少しでも良い歌を届けること。


いつもそばにあった音楽の真実が
地中海の風に吹かれて

改めて僕の身体に染み込むようだった。


----------------------------------------------------------

【KAZutoshi Taniuchi  ●Facebook】

https://www.facebook.com/realparadise.realparadise


【KAZutoshi Taniuchi  ●Profile】

https://www.tunecore.co.jp/artist?id=174911






スペインクラシックのスペシャリスト
比石妃佐子さんの貴重なドキュメンタリー映像を届けます。


2016年にエグゼクティブ・コーディネーターを
務めさせていただいたことがきっかけとなり、

バルセロナレコーディングが決定。


クラシックのプロデュース、
そして共演は人生初の試みだが、
深い縁を感じている。


2004年、初めて僕の曲がサウンドトラックに起用されたとき
ロックではなくて、

日本コロムビア、J-roomという
クラシックの部署からのリリースだった。


当時、本田美奈子.さんのプロデューサーに拾われ、
井上鑑さんのサウンドプロデュースで楽曲はリリース。


『白紙の中の海』というオリジナル曲を
13年の時を経て再びバルセロナでレコーディングできたのだ。


比石妃佐子さんが手がけるスペインクラシックで
新しく息を吹き返した心の歌を
ぜひ楽しみにしていてほしい。




IMG_2679


僕が密かに
13年間書き続けている
このブログへようこそ♪

谷内です。

来る、2017年8月11日(金)祝日
オープン17:15〜 スタート18:00〜

「新大久保クォーターノート」

にてライブ出演します。
------------------------------

谷内和俊 / KAZutoshi Taniuchi
率いる奇跡の2人組ユニット

その名も

『オープニング・アクターズ』

略して

O.A.S


(??)


驚きましたか??(笑)
冗談ではありません。

実は僕、

オープニングアクトしかやらないんです!!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

「えっ??」

ホントです!


オープニングアクト、つまり
“前座しかやらないユニット”なんです。


どんなにメインアクトを頼まれても
オープニングアクト(前座)しかやりません。

メインアクトさんが最高に素晴らしい
パフォーマンスができるよう

完璧に温めておく、
オープニングアクト専門ユニットなのです。


おかげさまで、最近、たくさんのオファーを
いただけるようになりました☆

----------------------------------
21歳の頃は全国ツアーし、
渋谷ON AIR EASTでは
856人を集客しました。

オセロさんや
足立区花火大会では山田まりやさん
と共演したこともあり、
レギュラー番組も持っておりました。


ですが32歳の時、
ライブハウスに来てくれたのは
たったの

8人。


それでもありがたいことです。



しかし!!音楽人生大逆転!!

オープニングアクト専門ユニットになってから

100人規模以上のライブ出演を
バンバン可能にしていったのです。

これはすべて、メインアクトさんのおかげです。

よって僕らは全力で場を盛り上げます


するとお客さんも開演時間に
遅れることなく来てくれる人が増え続け

メインアクトさんにありがたがられまくるのです^^


そんな音楽業界の

隙間産業ロック

ぜひ見に来てください!


強制的に心に響く音楽をあなたに届けます♪

-------------------------------


37歳で超遅咲きデビューした谷内は

“谷口”とよく名前を間違えられながらも

検索ではトップに出ます!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
世界にたった一人!?

特技が多すぎて
あまりに
回り道しすぎたアーティスト
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


遅咲きにはわけがある。
実は僕、

[音楽活動]
・作詞
・作曲
・編曲(アレンジ)

[楽器演奏]
・ギター
・ベース
・キーボード
・ドラム

[録音]
・レコーディング・エンジニア
・ミックス
・マスタリング

[CD制作]
・ジャケットデザイン
・CDパッケージ化

[プロデュース]
・音楽プロデューサー
・楽曲制作ディレクター

[コーディネーター]
・スペインクラシック・コーディネーター
・クラウドファンディング・コーディネーター

[執筆]
・小説家
・コピーライター

[芸能]
・俳優
・レポーター
・インタビューアー
・モデル(現在テリーシファージュエリー専属モデル)




これらすべてひとりで手がけているのです。

なぜこれだけのことに挑戦しまくっているのかは
これからじっくりこのブログで明かしていきますね^^

バンド仲間が次々夢を諦める中
僕は一人ぼっちになってしまった。

なら、ひとりで全部演奏してみよう!!
そして録音もしてCD出してみよう!!
これがきっかけだったんです。


気づくと特技が多すぎて
回り道しすぎてしまいましたが(笑)

ついにシンガーソングライターとしての
ライブ活動をバリバリやっていくことを
決意しました!!


フェイスブックには、
今回のメインアクトさん

Die Milch / ディミルヒ

日本初映像インタビューもあります!!

世界ツアーを成功させている
Die Milch / ディミルヒさんとの

最高のライブイベントにします!

ぜひ来てくださいね^^



「たにうち取り置き」

「カズ取り置き」


これを受付にお申し付けくだされば
前売り料金になります!!


当日やっぱり行ってみよう〜〜

こう思ったらなおさらきてね!

もちろん予め予約してくれたら


↓↓



26歳の時リリースした
幻のアルバムプレゼント!!!!


その名も、

江原啓之さんの隣のブースで
レコーディングされた
幻のアルバム

です。


今はなき、新宿スタジオテイクワン
最後のアーティスト、レコーディングが、

江原啓之さんのスピリチュアルメッセージアルバム

そして、

僕の亡き母に捧げた

メモリアルアルバム

『Never too late』3曲 + 短編小説

なのです。


フェイスブックにメッセージくだされば
予約完了!
アルバムプレゼント!!

「いくよ!」

この一言を送っていただくだけでOK!
もちろん、リクエスト大歓迎です☆
ぜひお待ちしてます!!


【フェイスブック】
▼▼▼
https://www.facebook.com/realparadise.realparadise




【Youtube】どんな音楽やってるのかわかります♪
*I love youカバーや自作PVなど、本気の音楽です。

https://www.youtube.com/user/trumpetlilymusic/


【プロフィール】


http://www.tunecore.co.jp/artist?id=174911&lang=ja


【ウェブフライヤー】


S__32129026


海の向こうを見に
どこまでも旅に出たくなる
Pirates

撮影で使わせていただいたその夜、...
最後のお別れをした。


でも、いつかきっと
奪い返しに行きたい…(笑)


そんな気持ちにさせる
Pirates

kaz


テリーさんご本人がいつも身に付けている
ブレスレットだからか、不思議な装着感だった。

あれだけ刀をぶん回して撮影したのに
一瞬たりとも外れる様子がない。



めぐりめぐって、小指にしている
「蓮 / Lotus」リングが
僕のところにやってきてくれるとは
夢にも思わなかった。



---------------------------------------
002

現在新曲を絶賛レコーディング中♪

70sフォークロックを再現した
この時代には珍しいタイプの曲になるかもしれない。

もちろんそれだけではない。

驚くべきことに、今回の新曲は
オレが自らすべての楽器を生演奏している。

まずはドラムから。

001


DTM(デスクトップミュージック)の時代だから、
「デスクトップじゃできないこと」やろうぜ☆


こうご期待!!


@@@@@@@@@@@@@@@@@@
今出ているこのアルバムでは
作詞作曲編曲はもちろん、

ドラムのみプログラムで
残るパート、

ギター、ベース、シンセ、コーラス、
すべてを弾き倒しレコーディングした。

ひとりグルーヴや
多重コーラスを楽しんでもらえたらうれしい。


☆★☆ Special Gift EP_from Heaven's Doorman ☆★☆

Produced by KAZutoshi Taniuchi

Listen!!

http://www.asteroid-cp.com/kazutoshi-taniuchi-disco

1230TS_0340【天国に咲く花】

「蓮 / Lotus」Ring
 
ギリシャ神話で、
現世を忘れ夢心地になれると
言われる実をつける―

---------------------------------
 
 「蓮」の花は、仏教では
“極楽浄土に咲く花”だそう。
  
 花言葉は「清らかな心」。
 
 泥水を吸い上げながらも
美しい花を咲かせる―
 
水面から長い根をたらし
深いところから栄養を
吸い上げる姿に由来している。
  
  
沼一面に咲き乱れ、浮いているのを見て
最初に蓮の花を発見した人は
 
 「ここが天国なんじゃないか…」
  
そう錯覚したのかもしれない。
  
  
蓮の花の特徴として

昼、咲いた花は

夕方、には閉じてしまう…



その前に刀を抜いてしまおう…

小さく叩けば小さく鳴り。
大きく叩けば大きく鳴る。
1230TS_0534

坂本龍馬の格言の一部であるが

テリー・シファーさんのジュエリーはまさにそう。
身に付ける者の呼吸に応えてくれるジュエリーなのだ。


この日、撮影用でお借りした
すべてのジュエリーを身に付けたラストショット…

Terry Schieferさんの
世界観に浸れた至福の瞬間だった♪


またぜひご本人と楽しく人生を語り合いたい!!

自分が成しとげるものとは何ながか、
今探さんと、私は一生見つけられませんき!

-   坂本龍馬




今回の撮影は数多く撮るよりも

ワンショット入魂!!


宮地プロデューサーとタッグを組み
TERRY SCHIEFERジュエリーを
いかに武士の捉え方で表現できるかに挑戦した。



ただ、このショットだけはちょっと違う。
1230TS_0489

一枚くらいはリラックスした
ポーズも入れようということで

「さあ旅に出るか!」

そんなイメージで撮ったものだ。


------------------------------------
おかげさまでアルバムも順調です♪
次回ライブを準備中です!!

【Special Gift EP_from Heaven's Doorman】

 KAZutoshi Taniuchi


Listen!!

http://www.asteroid-cp.com/kazutoshi-taniuchi-disco

Archangel Michael Ring.
(大天使ミカイールの指輪)
ミカイル










撮影がひと段落し、あがってきた写真を見ています☆
テリーさんに改めて各コレクションのシリーズ名を聞いてみた。


なんといっても、こちらの公式HPにも載っていない
テリーさんの超貴重な私物をお借りしての撮影だったのだ。

http://www.terryschieferxinxin.com/


そういう意味では、本当にありがたい限りで、
日本初のモデルが、この僕ということになる。

-----------------------------------------------------------
【ちょっとだけ深い話】


・ここから先は興味がわいた人だけ読んでね^^
-----------------------------------------------------------

サムライ×テリー・シファーのポージングには
実はそれぞれ意味があって、

撮影当日、不思議と打ち合わせせずとも
一番ピタッとハマったのがこのポーズだった。

上目使いしすぎてコンタクトが外れそうに(笑)

それは置いといて、刀を抜ぬシーン。

戦いの直前。
リングはミカイール。



神に最も近い天使の中の天使・ミカイールは、
知力だけでなく、武勇にも優れたと語り継がれている。

ヨハネの黙示録で悪魔の化身ドラゴンを退治し、
神に反逆を企てたサタン(悪魔)を
退治したことでも知られている。

また、神の意思を遂行する重要な任務の一つに、

死者が天国に行けるか、地獄に落ちるか判決を下すのが
ミカイールとされている。


天使の羽とスカル、
天国と地獄、

抜かれる刀。



数々の奇跡を起こした真の「神の使い」。
守護者としてのイメージから

「鞘から抜かれた剣」が
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ミカエルのシンボルとして定着し、


ルネサンス期以降のミカエルの絵画や像の多くは、
燃える剣を手にした姿で絵画や像に表現されている。


誰が指示したわけでもないこのポーズ、

この伝説を知ったのは
撮影から一か月半も経った今日だった。


---------------------------------------------------------
【Special Gift EP_from Heaven's Doorman】 / KAZutoshi Taniuchi

Listen!!

http://www.asteroid-cp.com/kazutoshi-taniuchi-disco

IMG_4767
額の汗も忠実に再現!!
このあとの居合ムービーで本当に汗だくになるのですが、
静止画撮影中は、ヘアメイクの亀田さんが
化粧水や乳液を使って武士の汗まで見事に再現してくださいました^^


うっすら後ろのモニターにも映っていますが
TERRY SCHIEFER ジュエリーは、西洋のイメージでありながら
ものすごく「和」のスピリットにも通ずるものがある!!


今までスタッフとしての経験も含めると、
それなりに場数を踏んできたつもりですが、

みんなのスピリットがこれほどまでに
ひとつになる現場ってなかなかないものです。

シャッターを切る一つ一つの瞬間が
本当に最高でした!


まだまだつづく♪


=====================

おかげさまでアルバムも順調です!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

◆Special Gift EP _ from Heaven's Doorman◆

〜時空を超えて届けられた
 天国のドアマンからの贈り物〜 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

・5曲入りチャリティーアルバム(DL Ver.)
・スペシャル“タイムスリップ”エディション

ぜひ試聴してみてくださいね♪
http://www.asteroid-cp.com/kazutoshi-taniuchi-disco


いざ出陣!!
海風になびいている様子まで
完璧に再現されたサムライ・ヘア。
実はかなり頭皮をグイッと持ち上げてます(笑)
IMG_4771


そして、帯でガシッと腰を締め付けると
めちゃくちゃ気合が入る!

きものを着るお着換え中の写真はありませんが(笑)
スタイリストのManamiさんに、映画で
織田 裕二さんを担当された時の話を聴きました。

オールジャンルをこなすスタイリスト、Manamiさん。
特にきものの着付けは
本人に接近するというより、密着!

とても気さくな方で、かつ気遣いがあり
数々の有名人の中でも、最もジェントルな方だったそうです^^

そんな話を聴きながら、

袖を持ち上げる白い帯を
肩から背中に巻いてもらうと、

おお〜
自然に刀に手が……

IMG_4772

つづく
-----------------------------------------

【ミュージシャン・KAZutoshi Taniuchi】_ プロフィール

Asteroid Creative Production

このページのトップヘ