「私はこの映画が大好きです

そんなふうに真っ直ぐに言える物語は少ない気がします。

「アヒルと鴨のコインロッカー」

は、まさにその一つです。この映画が大好きです。

瑛太君目当てで見たのは言うまでもないが、物語も映画の空気感も好きです。

本当は、映画を見る前に伊坂孝太郎さんの原作を読もうと思って買ったのですが、

どなたかの感想文で、「小説を先に読むとトリックが解ってしまうから、映画の後に小説を読んだほうがいい」

というのがあり、
本を読むのはやめてDVDを買って見ました。
「ミステリー」の所にあった作品。最初はどんな内容か全く解らないので…

主役が濱田岳君と瑛太君というので、コメディっぽいのかと…思っていました。
しかし期待を、良い意味で裏切ってくれる作品で、

ぐいぐいと、劇中に引き込まれてしまい、後半は切なくて切なくて、ずっと泣きそうに目を緊張させながら見ている自分に気がつきました。

前半はゆる〜い感じの中にも、濱田君の天然っぽさがおかしくて笑え、
濱田君と瑛太君とのからみが、絶妙なんだけどどこか滑稽で、
後半のビックリな展開を、これっぽっちも予想出来ずに見ていました。

本音を言うと…私は瑛太君の "ちょっととぼけたキャラ"が可愛くて好きだったりするので、この映画の中で登場した時には、あまりにもカッコいい〜少しワイルドなキャラで、一瞬少しひいてしまったのです。(瑛太君ごめんね〜)
でも、映画全体を通しての、少し物悲しい表情や 佇まいには、心打たれました。(結局好きなのだ)


濱田岳君も、元々好きでしたが、ますます応援したくなりました。いいですよね〜。

たしかに、ミステリーでもあるけど、ヒューマンでもあり、「謎が気になる」というより、この物語が持つ不思議な世界観の中で、気が付くと酔わされていたそんな感じでした。

物語は「死」とか「外国人差別」とか「因果応報」とか、少し絶対重くなりがちな事がテーマとしてあるはずなのに…
本も映画も重たさを感じなかった。不思議です。

原作ファンの方からみても、原作の世界観をそのままに面白い映画になっている!という感想を沢山読みました。

一度映画を見てから、本を読んでみましたが、本は本としてとても面白かったです。伊坂孝太郎さんの他の小説も読んでみたいと思いました。

映画を見て本を読むと、映画を一度見ただけじゃ解らない事が沢山解って、本を読んだ後にもう一度映画を見ると、また違った映画に感じてより深く楽しめました。2回目はかなり泣いてしまいました。

一粒で二度美味しいなんて、お菓子の誉め言葉ですが、この映画は一本で何十回も美味しい感じです。何度見ても楽しめそうです。
この映画のこういうのはキャッチコピー?と言いますか?

「神さま、この話だけは見ないでほしい」

という…。なんだかいいですよね。
そして劇中、二度
「神様を閉じ込めて、なかった事にしてもらおうよ」

というようなセリフがでてきて。すごく好きなセリフなんです。かわいいじゃないですか。

二度目のこのセリフ、原作と映画では言う人が違うんですよね。

私は映画のが好きです。2人の友情を感じとれるからです。。
最後の駅のシーンで、椎名(濱田君)と別れた後の改札での瑛太君の表情が…
なんとも言えず、泪してしまいました。

関めぐみさん。勇気ある女性の役を、ほどよく逞しく、可愛く演じられていて、とても好きになりました。

濱田君、謎が解ける時の瑛太君とのシーン。泪……。
DVD特典で、このシーンを、
「僕はこうとしか演じられない」と言っていた、濱田君のお芝居への姿勢に感動しました。
本では泣かなかったけど、映画では私も泪しました。濱田君の気持ちがわかったみたいで、嬉しかったです。
椎名役ピッタリでしたね。

瑛太君も河崎役、ピッタリというか、凄すぎます。
お芝居上手な方だとは思っていましたが、期待以上の驚きと感動をもらい、改めて大好きになりました。

これからも応援してます。

そして…私はどうして、この映画に懐かしさを感じてしまうのか?

解りました。音楽です。昔、よく聞いていた、ボブ・ディランの「風に吹かれて」。
これでもかってくらい劇中流れます。また、この映画の空気感によくあっていて…切なさを煽ります。


あと…「終わり方」が良い映画ってあんまりない気がするけど、この映画 終わり方も好きなんです。

「終わり方」って、結構大事なポイントですよね。

そして…
もう一つのキャッチコピー?
「人生を変えるほどの切なさが、ここにある。」

本当に…
人生を変えるほどの切なさ、ここにありました。

心に何か、ちゃんと残してくれる作品だと思います。。

ぜひ見てみて下さい。
こういう、好きな映画に出会うと、新たな感性を手に入れたような…幸せな気分になります。

ありがとう