にほんブログ村 映画ブログへ

 『武士の一分』*舞台挨拶付試写会


監督:山田洋次
出演:木村拓哉 



公式サイト



キャナルだから舞台挨拶(キムタク)来るかな!?ちょっと期待しつつ、ハガキで応募。
当日電話で確認しても、無いとの事。が、監督・檀れいさん御来場!教えてくれてもいいのに。

檀れいさん、さすが宝塚小顔でかわい綺麗でした。

司会者が「こんなに華やかなのに地味な役で」と言われてたけど、実際の映画観ると地味じゃなかった・・・。かわいすぎる。

映画出演が始めてという事ですが、「宝塚では外人の役が多かったので、普通に日本人役が新鮮」と言われてました。

監督は木村拓哉さんに関して「同じ歳くらいだったら、友達になりたかった」「いい奴ですよ」と言われてました。美男美女じゃないと駄目だったので、2人をキャスティングしたそうです。


◇ストーリー

下級武士であり、お殿様の「毒見役」をしている「三村新之丞」(木村拓哉)。
妻の「加世」(檀れい)、父親の代から仕える「徳平」(笹野高史)と共にほのぼのと暮らしていた。

だが、不運にも「毒」にあたり失明した事から、生活は暗転。

敷金礼金0も アパマンショップ

********以下ネタバレあり********

◇感想

キムタクの方言に驚き。鑑賞後に『スマステ』を観たらたまたま山田監督3部作の話もあり、時代考証をちゃんとして「地方の下級武士」(今で言う一般のサラリーマン)をリアルに表現したとの事で、納得です。

妻役の檀れいさんは、地味な格好をしてもやはり小顔で綺麗過ぎる

新之丞毒にあたって失明してしまう訳ですが、武士として役に立たないと「自害」しようとします。すると加世は「あとを追います」と引き止める。

失明した前後の夫婦のやり取りは、お互いを思いやっていていいなと思いました。



◇舞踏家「田中みん」さん迫力でした『たそがれ清兵衛』



◇こちらも武士です、岡田准一くん演じる『花よりもなほ』



ブログランキング・にほんブログ村へ rank2 ランキング♪よろしく


【自動更新】スタイルカタログ125*125

◇失明後・・・。

しかし、失明して失業してしまった訳で今後の生活をどうするか。親戚筋はどこも引き取り手はなく、加世が働くといえば「由緒正しい家なのに恥」という。

すがる所は、何時でも来なさいと声をかけてきた「島田様」しかなく、親戚達も挨拶に行けと言う。再会した時も怪しい雰囲気ぷんぷんだったのに。
案の状、助ける代わりに「加世」を求めた「島田様」。それで口利きしたならまだしも、何の手助けもなし!!有り得ません。

そんな「島田様」が許せず、果し合いを申し込む。自分の為じゃない所がいいです。

そしてラスト。ほっとしましたが、どうだろう。当時許される事だったのでしょうか、加世のした事は。本人同士が納得してるんだからいいんでしょうね。