監督:
出演:綾瀬はるか 小出恵介 
製作:公式HP





◇綾瀬はるかちゃん舞台挨拶

そう、綾瀬はるかちゃん目当てで鑑賞です。

上演開始に間に合わなかったんだけど、舞台挨拶は上映後で。座席は1番前のエリアから通路挟んだ所の最前列。

するとなんと、スクリーン前まで一般の人が使う通路を通るではありませんか

手を伸ばせば届きそうで、今思えば得意の「握手」求めれば良かった
その代わり帰りには手を振ってもらい、癒されました。

舞台挨拶の内容はというと、鑑賞後なのでかなりネタバレしてました。大雑把に言うと、撮影秘話とか。

「サイボーグ」って事で無茶な動作とか沢山あり、CGを使ったり実際に身体を張った所もあったそうです。

映画の完成まで2年半かかったそうで、よろしくお願いしますと笑顔で言われてました。




ブログランキング・にほんブログ村へ rank2 ←よろしくです♪



◇感想 ネタバレバレ注意!!





とりあえず、スクリーンで観る「綾瀬はるか」ちゃん、とってもかわい〜です。その「はるか」ちゃんが無表情だったり、怪力だったりで面白い。

あと「小出恵介」さんは韓国俳優さんみたい!!!「猟奇的な彼女」の監督さんだけに、台詞も韓国語の和訳っぽい所もあったりして、途中から「韓国映画」のリメイクを観ているような感じになりました。

まぁ、はるかちゃんがかわいいからいいんですが。

あと、主人公のお友達でドラマ「タイガー&ドラゴン」で岡田准一くんの友達「チビT」を演じていた俳優さんが登場していたのが嬉しかったです。

物語は後半になるにつれ、「凶悪事件」の現場にサイボーグである「彼女」が現れて事件を解決したり、ちょっとシリアスな部分も出てきます。

そんな「彼女」を本気で好きになる「ジロー」。やきもちを焼かせたくて失敗し、逆に「顔も見たくない」と追い出してしまいました。
人間なんだから、あんなにかわいい「人」が近くにいたら感情移入しますよね〜。

そして「彼女」が本当にいなくなり寂しさを感じていた頃「大事件」が!!!!
この映像は恐かったです。「天災」だから起こりうることだし、人事とは思えず。

最後は未来に時はうつり、「ジロー」が再生した「彼女」が登場。そしてさらに「運命の出会い」となる訳ですが、その辺はちょっとやりすぎのような感じでした。