ラーメンに魅せられて・・

出張を利用して全国制覇を目論むサラリーマンの食べ歩きの記録。 2014年2月より東京から大阪に転勤。

image



尼ロック。

麺 ストレート
具 チャーシュー、穂先メンマ、ネギ
スープ 鶏清湯

町田から赤坂見附、そして尼崎。900円とは強気な。もちろん美味いのだが言わずもがなの巣鴨や早稲田、藤沢等超超ハイレベルな淡麗系の猛者共の洗礼を浴びた口には以前のような感動は・・。

image


こってりらぁめん+味玉(家族連れでサービス)

麺 中細
具 チャーシュー、メンマ、ネギ、海苔
スープ 鶏白湯+魚介

魚介プラス動物系のオーソドックスなスープですがなかなか。ウマイ。また接客がしっかりしているのが好感が持てました。

image



麺屋特製らうめん醤油


麺 細ストレート
スープ 鶏清湯+鶏白湯
具 炙りチャーシュー、ネギ、水菜

スープはまったりして いるもののソコソコ濃さで旨味十分。麺はサクサクした食感。チャーシューは食べた後にわかったが鶏だったらしい。ハムのような感じで素材感があまり感じられず自分の好みではなかった。

悪くはないんだけどメンマもないしこの具とスープで700円という価格はバランスがイマイチな気がする。

image


image



赤(激辛)

麺 極細ストレート
スープ 濃度高く胡麻の風味
具 チャーシュー、ネギ、モヤシ、挽肉

辣油によるものだと思うが唐辛子を焦がした風味が特徴的。ドロっとしたスープはかなり濃厚。味は美味しいと思うのだけど店内に漂う雰囲気と接客面で気になる点があったのが残念。また店頭に浅草開花楼の麺箱をこれ見よがしに飾っていながらそちらがデフォルトではなく50円追加しなければいけないってなんだかな。

同行者の黒は辛味のない胡麻らーめんと言った感じ。

image



ラン麺(激辛汁なし坦々麺)

麺 若干平打ち
具 粗めの挽肉

タレは色々な調味料が含まれているようでスパイシー。辛さはハバネロのようなものは使われていないようなので激辛と言えど苦もなく食べられるレベル。ウマイ。

image


image




あえめん(野菜大盛)

麺 中太
スープ 辛味噌
具 チャーシュー メンマ 野菜(大盛サービス) 生姜餡

野方の花道のセカンドブランド。
スープがそこそこ入っていてスープ少なめのらーめんのようにもみえます。濃いめの味付けとラードのパンチが効いて一気に食べさせる引力があります。ウマイ。

同行者の味噌ラーメンは純蓮インスパイアとのこと。純蓮の面影はあまり感じませんが美味しい味噌ラーメンだと思います。ただ油脂分で後半かなり重くなってきますね。


image


オリエンタルヌードル。

北野八番亭のセカンドブランドで坦々麺を主軸にしたお店。


辛さはもちろんですが花椒がガツンと効いてます。スープはベースは清湯で海老の香りが漂うもの。パクチーもアクセントになっていてかなり好みの味わい。

しかしながらこちらは7月末で閉店との告知が。。。
北野八番亭でこのメニュー継続してほしいな。

image


ラーメン小。鴇を再訪と悩んだもののやはりコレクターとしては未訪のお店は潰さねばということでこちらに。

久々の直系、さらに乳化系の二郎ということでコクもあって美味いです。満足。

image


辛口味、大辛味、激辛味、山椒味とあるので激辛好きとしては当然の如く激辛味。激辛と言えども辛いもの好きならまあ普通に食べられるレベル。ジャンク度は低く食べやすいです。ただ味付けがそれほど濃い訳ではなくヒキが若干弱いかな。まずまず。

image


大辛肉味噌麺。

蒙古タンメン中本から独立したこちらに。中本の北極に相当する大辛肉味噌麺を注文。
うん、これは北極ですね。それ以上でもそれ以下でもなく中本。中本蒲田店を食べていないが多分味は変わらないのでしょう。期待を裏切らない美味しさでした。

このページのトップヘ