少し思い出し考えたよな種子島
IMG_20201019_115144_312
昨日はsayacurryの日、本当に毎回違う味、コンセプトをもってくる、そして美味しい(●´ω`●)
素晴らしいの一言、これは言葉で言うより食べてね!それしかない.。゚+.(・∀・)゚+.゚

最近、風間君頑張るね~っと声をかけられることが多い。本当に有り難いお言葉なんですが、ふと頑張るってなんだろうと考えてみた。
自分は15歳で高校を飛び級して卒業Σ(´д`;)で社会に出て、和食の板場に入った。普通に12時間労働だった。周りの十代の友達が遊んでいる時間は仕事だった。
羨ましいと思いながらも働いていた、親に甘えられる状況では無かったし働くしか無かった。
って書くとキツいだけのようでしたが本当にキツかったよ昔の和食の板場はΣヾ( ̄0 ̄;ノでも大人の世界を沢山知った(笑)書きませんが遊びもねΣ(`□´/)/

その後色々した後(勿論書きませんが笑)自分で店を出したいと思い、経営を勉強したいと思って大手飲食店に入った、当時はそこまで大きくなかったけど給料が良かった。
14時間労働が普通、休みが無くなるのも普通、俗に言うブラック企業大賞な会社ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!
同期は誰も居なくなった、けど結果を出せば役職も上がり給料も上がった、学歴も何も無い自分にとっては、最高の環境だった。頑張る!?そんなもんじゃない、やらなきゃやられる世界(((( ;゚д゚)))
会社も大きくなるにつれて、勉強を沢山させて頂いた。間違いなく学校にいたときよりも社会に出てからの方が勉強したし、自分自身を成長させる為に一生懸命だった。
冗談??本気でブラックブラックなんて言っていますが、私個人は本当に金銭的にも人間的にも成長させて頂いて感謝しかありません。

だから種子島に来て自分で好きな事をしている今の環境はそれ以上に幸せだ。
頑張るって言うより自分にとっては当たり前の事を当たり前にしているだけ、いや少し甘えているのかも知れないぐらいだな~っと感じている。
頑張るって人それぞれだと思うから、頑張って心や身体を壊さない様に皆が出来ればいいよねと思う。

でそんな事を考えていたら、昔勉強したクレーム対応三原則をふと思い出した。
飲食店、しかもお酒を扱っているお店の苦情、クレームはたちが悪い(笑)
そんな時には基本が大事。勿論クレームを出さないって言うのが当たり前ですが、起きてしまって対応が難しい時の原則として。
①時を変える
お酒を飲んでいる人の苦情は大変です、その場で解決出来ない場合は翌日に時間を変える等の対策をとる。案外次の日になったら、あんだけ怒っていた人も普通になって終わることも多い。
②場所を変える
違う場所、周りに誰も居ない奥の席等に対応場所を移す。そうすると人は意外と変わる。やっぱり周りに誰か居ると引っ込みが付かない方も多かったりする。
③人を変える
私では対応出来かねますので、上司にご連絡します等。クレーム対応をする人を変えることで納得できる場面が多々ある。

昔店長になりたての頃、ヤ〇ザのいちゃもんクレームで6時間以上も閉店してから対応していた事があったな~自分より後ろには誰も居ないぐらいの気持ちでやっていたから、誰にも言わず1人で対応して、技術もテクニックも無かったからひたすら、すいませんだけで相手が折れるまで対応(笑)
あの時は頑張ったな~(●´ω`●)

ってなんでこんな事を思ったかというと、人生色々あるから悩んだり苦しんだりしている人にとってもこの三原則は使えますよって事を言いたかった。
①時を変える
苦しい人は今苦しい原因になっている、生活習慣になっている事を止める、そして新しいことをやる、時間の使い方を変えてみるって大事ですよね。苦しかったり悩んだりしている原因はその時間の使い方に問題があるわけでそれを止めて、新しいことを始めれば間違いなく変わります。
②場所を変える
会社を辞める、転職する。引っ越しをする、住んでいる場所を変える。環境を変えれば変わることは多いです。都会から種子島へ~なんてね(笑)
③人を変える
人間関係の悩みも多いですよね、友達、恋人、家族等々付き合う人を変えれば間違いなく変わります。

と人生もこの三原則で、変わりますね本当(●´ω`●)

誰もが希望をもって幸せになることを願って頑張っている。
と言うことで何を言いたいのか分からなくなってきたので、まだまだ私も頑張ります~(●´ω`●)