2010年02月03日

★フェイバリット・アーティスト

僕の血肉。
愛すべき本物たち。

ボブ・ディラン
ザ・ビートルズ
ブルース・スプリングスティーン
銀杏BOYZ
ザ・クロマニヨンズ
ザ・ブルーハーツ
ZAZEN BOYS
ゆらゆら帝国
東京スカパラダイスオーケストラ
佐野元春
detroit7
GO!GO!7188
吉田拓郎
荒井由実
遠藤賢司
友部正人
高田渡
エレファントカシマシ
憂歌団
RCサクセション
忌野清志郎
勝手にしやがれ
ニューエスト・モデル
ソウル・フラワー・ユニオン
チャットモンチー
東京事変
椎名林檎
ザ・ローリング・ストーンズ
ジョン・クーガー・メレンキャンプ
リッキー・リー・ジョーンズ
トム・ウェイツ
ザ・クラッシュ
エリック・クラプトン
ポリス マディ・ウォーターズ
ジョン・レノン
リンダ・ロンシュタット
ロバート・ジョンソン
ラモーンズ
ザ・ジャム
ドアーズ
ソニー・ロリンズ
クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル
クリーム
ジェームス・ブラウン
ジャクソン・ブラウン
ハウリン・ウルフ
オーティス・レディング



そして、旅は続くのです。

kazan00001 at 11:07コメント(0)トラックバック(0) 

2008年05月27日

いたよ・・・すごい音楽に出会いました。

5月25日の大和ハギンズビーを終えて

吉田カンタさんに出会いました。

45歳。40歳の時に、捨ててあったアコギに出会って、音楽を始めたという。
もともと少年〜青年の頃は、ロック〜JAZZの世界でベースプレーヤーだった。
日本の音楽なんてと、まったく興味のなかった弾き語りの世界に、40歳から飛び込んで、この5年で150曲ほどの楽曲を作り、都内〜近郊で毎週音楽活動をしていると。

すごい音楽でした。
純音楽家がそこにはいました。

出番は僕のひとつまえだった。
出番を待ちながら耳を傾けていた。
吸い込まれた。
言葉が、物語がす〜っとココロに入ってくる。

引き込まれて聞いていた。
魂こめて聞いてしまった。
聞き入ってしまったために、自分の出番でスタミナ切れになってしまった。
(そのくらいすごかった)

吉田さんからプレゼントしていただいた、CD2枚。
30曲以上。
CDにお金を払います。という僕の言葉に、僕はプロじゃないからお金は要りません。とのお気持ちをいただいた。
自分の音楽に対する誠実な姿勢を感じた。

今日、出勤中にいただいたCDを聞いた。
言葉がどんどん入ってくる。
気持ちいい物語。
うそのない。
本物の吉田カンタという音楽。

気持ちよく晴れた表参道を歩きながら、吉田カンタが流れる。
ぜったいにマッチしそうにないけど、ズバっとはまっている。
リアリティ。そんな言葉だ。

いい音楽に触れながら町を歩くと、景色の輪郭がよりハッキリするよう感覚。
そんな感覚が僕は好きだ。
吉田カンタの音楽にはそのちからがある。

なんだ。
すっかり吉田カンタファンになってしまった。

いいじゃないか。
すてきな音楽なんだもの。


いい曲がかける気がする。
きっと、いい曲。
吉田カンタさんとの出会いの曲だ。



45歳。仕事も充実。二人の子供は、大学生と高校生。
毎週の音楽活動。
仕事中の作曲活動(これはウケた。この余裕が大人ならでは。)。

僕は42歳。
本気で音楽活動を再開してまだ3年。
毎月ライブをはじめてまだ半年だ。
また今日から、仕事も家族も友人も音楽もその他の活動も、すべてに魂を込めてはじめよう。

2兎を追うものは1兎を得ず。
ということわざがある。

力があるなら、10兎でも100兎でも追え。
という、勇者の言葉に出会った。

僕は、10兎、100兎くらいやりたいことがある。
力をつけていこう。
10兎、100兎を魂こめて追える力を。
10兎、100兎を追いながら、力をつけていこう。


吉田カンタとの出会いは、そんな僕の、超電撃を食らった、超衝撃的な思い出となった。



kazan00001 at 09:51コメント(1)トラックバック(0)できごと 

2008年05月26日

2008年06月08日@神奈川県小田急相模原【TROCKS】


とてもゆったり見ていただける場所です。

アコースティックで情熱と感動をお届けします。
熱いものに触れたいあなたに届けたい。
友情と愛情あふれた音楽を届けたい。

興味がございましたらメールにてご連絡ください。
無料チケットをプレゼントしています。
x2kai65@gmail.com

Good Music Live House【TROCKS】
http://t-rocks.jp/


kazan00001 at 23:30コメント(0)トラックバック(0)ライブ告知 

2008年05月13日

2008年05月25日@神奈川県大和市ハギンズビー

興味がございましたらメールにてご連絡ください。
無料チケットをプレゼントしています。
x2kai65@gmail.com


神奈川県大和市ハギンズビー
二階堂タケオ(the4969)
毎月ライブ出演しているホームグランドです。

泣ける曲。情熱的な音楽をお求めなら、迷わずアクセスしてください。
お客様の満足度100%を現在維持中!
感動をお届けしてます。


kazan00001 at 16:18コメント(0)トラックバック(0)ライブ告知 

2008年05月07日

いい天気だ

ボブ・ディランの伝記映画「アイム・ノット・ゼア」を見た。
ボブ・ディランってなんてかっこいいんだろう。
あこがれちゃうんだ。やっぱり。

自分の音楽について考えた。
この前のライブは、素晴らしい雰囲気だった。すごく幸せな気持ちになったんだ。

送り手の僕だけがひとりよがりなのはヤバいけど、最高のオーディエンスのみなさまと一緒に作り上げた感じで出来たんじゃないかなぁと。

で、ライブの音源を聴きまくった。

実際はどうだったのか?

いいところも悪いところもある。
すごく悪いところが気になる。あぁ。最悪・・・って気分になる。
でも、ちゃんと向き合わなくちゃ。
向き合うことで、次にどうすればいいのか明確にできるんだ。
ベストなものなんて、演奏が終わった段階でなくなってしまうんだろう。
作品作りが終わった段階でなくなってしまうんだ。

終わりは始まり。いつもそうだ。

ブルーススプリングスティーンっていうアーティストが、1年がかりで作り上げたアルバムのデモプレス版を聞いて、気に入らなくってプールにそのデモプレス晩のLPを捨ててしまったんだって。「世に出したくない」って言うブルーススプリングティーンを、プロデューサーもディレクターも懸命に説得して、なんとか発売されることになったって。

僕も、今回のライブの音源に満足できていない。
でも、それでいいんだ。満足できなくていい。
次、もっといいものにするために、努力していこう。

いい曲を作ろう。

ただそれだけだ。



kazan00001 at 10:59コメント(0)トラックバック(0) 
月別アーカイブ
楽天市場
livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ