2009年10月

2009年10月07日

アルザスのミニクグロフ

クグロフ1


今年の6月に行った、フランスのアルザス。
おいしいものがたくさんあるアルザスを代表する食べ物がクグロフというお菓子です。
上の写真はクグロフ型を吊したお菓子屋さんの看板。んー、かわいい。
穴の空いた、分厚い陶器で焼く、パンのようなお菓子なのですが、これがとてもおいしいのです。

アルザスのお土産やさんには、様々な大きさのクグロフ型が売っていて、デザインも、色も素敵。
さすがに大きなクグロフ型は買えなかったですが、手の平サイズのミニミニクグロフ型があったので、置物のつもりで買ってきました。

けれど、お店のおじさんの、

「これでもちゃんとクグロフが焼けるよ」

という一言が忘れられず、この型でケーキを焼きたいな、と思っていました。

日本で、シリコン型のクグロフ型(これも小さめ)を買ったので、一緒に焼いてみました。




クグロフ2


手前のブルーの型がアルザスのクグロフ型です。
中身はクグロフではなくて、今が旬の秋映りんごと、レーズンを入れたパウンドケーキにしました。




クグロフ3


大きさが違うと、焼き加減が難しい・・・。
ケーキ型が小さい割に、中身のりんごが大きくて、形がいびつになってしまいました。小さい型で焼くときは、具を入れない方がきれいに焼けますね。




クグロフ4


一口サイズのケーキになりました。
小さいもの好きな私にとっては、かなりぐっとくるケーキです。


今日は雨、おまけに寒い日でしたが、アルザスの雲ひとつない空を思い出して、気持はほっこりでした。



クグロフ5


kaze3cc at 11:40|PermalinkComments(6)TrackBack(0)料理 | 日記・その他

2009年10月03日

今年も開催・北軽井沢クラフトフェア

クラフト1


10月3日(土)と4日(日)の2日間、北軽井沢のハイランドパークで、北軽井沢の杜・クラフトフェアが開かれています。
北軽井沢周辺や、近郊にお住まいのクラフト作家さんの作品が一堂に集まる、手作り好きにはたまらないお祭りなのです。

第一回目の昨年、フェアの様子をブログに書いたところ、実行委員会の方が、ブルーベリーまで案内のポストカードをたくさん送ってくださいました。
実行委員の方、ありがとうございました!

昨年入手したちいさな雑貨たち、時間がたつごとに味わいを増していました。

今年もずっと楽しみにしていて、お客さんのチェックイン前にこっそり行ってきました。

この日は朝から激しい雨音で目をさましてしまう程の雨模様。
10時の開始と共に小雨になったものの、ずらっと並んだ青テントの中には、もうすっかり魅力的な作品が並んでいます。

はやる気持ちをおさえつつ、ひとつひとつのテントへ。

雨の日の早い時間は、お客さんも少ないので、作家さん達も気軽に声をかけてくれて、お話しできるのがいいところ。
普段、素敵な作品を見ることはあっても、なかなか作家さんとお会いできる機会はないので、こういう機会は貴重です。

やはり、手作りのものというのは、作っている人そのものだなぁ、と思います。
作品と作家さんは、流れている雰囲気が同じ色なんですよね。

栃木県の益子から来ている陶芸作家さんも何人かいらっしゃいましたが、皆さんお若い。そして、益子焼きという伝統にこだわらずに、土も形も自由なオリジナルな焼き物を作っていらっしゃいました。

昨年、うちにやってきた鳥の置物を作っている山梨の作家さん、この方のお店には絶対行くぞ、と思っていると、人だかりのしているテントが。

今年も、出展されていました!

昨年の作品とはまた少しずつ違った形でしたが、精密で、ほのぼのとした雰囲気はそのままです。今年も鳥を一羽購入。

「去年も購入して、気に入っちゃったんです」
と、言うと、作家のお兄さんは、

「嬉しいなぁ。あの子は元気にしてます?」

「はい。おかげさまで。みんなの人気者です」

そうそう、この方は作品にこういう風に接する人だったなぁ、と思い出して、また嬉しくなったのでした。

帰り際、やっと太陽が顔をだしました。
気持がほっと温かかったのは、天気のせいだけではないようです。

10月3日の日曜日は、お天気も良いようです。
会場では、気軽に参加できる体験コーナーもありますので、
北軽井沢でアートに触れてみてはいかがでしょうか?

北軽井沢の杜クラフトフェア

クラフト2


kaze3cc at 15:14|PermalinkComments(8)TrackBack(0)北軽井沢 | 日記・その他