December 18, 2004

ダイヤモンドと蛍光

61b48777.jpgダイヤモンドは紫外線により蛍光を発するものが多い。
蛍光とは、紫外線やX線などに晒されることによって、発光することを言います。詳しい説明はネットで(鉱物 蛍光)などのキーワードで探せばでてきます。ブラックライトの照明の下で、鮮やかに見えるものは蛍光しているのです。

この蛍光はダイヤモンドに限らず、多くの鉱物で見られますが、実はそれほど多くの鉱物が蛍光するわけではなく、むしろほとんどは蛍光しないと言えます。

蛍光はその物質そのものというより何らかの不純物が起因しており、ダイヤモンドも純粋な炭素であるタイプIIと呼ばれるものは蛍光しません。ちょっとだけややこしい話を入れておくと、カラーダイヤモンドの場合、着色の原因に分子の構造上の違いが関与してきます。専門的にはN3とか様々な名称がついていますがそれは後日ゆっくりと説明しますね。

ダイヤモンドはそのほとんどが青い蛍光を示します。稀に緑だったり、オレンジだったり・・・極稀には赤い蛍光を示します。またその蛍光も強さに幅があり、ダイヤモンドのグレーディングリポートでは[strong blue][faint]などと記載されています。今はあるのかどうかわかりませんが、ダイヤモンドをしきつめたパベリングのダイヤモンドを一部に強い白の蛍光のダイヤモンドを残りを蛍光の示さないダイヤモンドを配置し、「I LOVE YOU」などの文字を紫外線の元でははっきり見えるようにしたリングもありました。

実は少し前にネットで蛍光性の強いブラウン系の大きさも色もそろったダイヤモンドが売りに出ていました。この写真のダイヤモンドです。見ての通り地味で目立たなかったダイヤモンドが紫外線の元では鮮やかに様々な色で蛍光しています。

ダイヤモンドの蛍光はあくまでも特殊な環境でしか観察できず、日々楽しめるわけではありません。ただその環境におかれたとき、その美しさは正に幻想的という言葉があてはまります。

ダイヤモンドには様々な魅力があります。最も宝石屋に多く並んでいる宝石で身近な存在ではあるのだけれど、実はブルーダイヤなどIIbと呼ばれるダイヤモンドは半導体であり、今後の技術として注目されていたり、ダイヤモンドの熱伝導性の素晴らしさもまた注目されているのです。カラーダイヤに関してはいまだに、なぜ色がでるのか不明な色も存在していて長い時間をかけ研究されています。

ま〜難しい話はさておき、写真を見てください。(実物を見るともっといいのですが・・)ダイヤモンドの神秘はこんなところにもあるのです。


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by セレニテ・ボア   April 26, 2005 13:11
蛍光ダイヤのセット落札されたのはkaze様だったのですね〜。
凄い綺麗ですね。強蛍光ダイヤは欲しいものの一つです。
指輪にしたら、カラオケボックスで光りそうですね(笑)
2. Posted by 風   May 02, 2005 00:26
今、書き込みに気づきました^^;;
そうなんです私だったんですよ(笑)
どうしても欲しくなって頑張ったのですが、どうやら競い合った人は知り合いでした(自爆)
気をつけよう、熱い入札・同士討ち
3. Posted by serenite_bois   August 01, 2005 09:47
あれから数ヶ月…結局某店で蛍光ダイヤ漁りをやってしまいました。
ソーティングは無しですが。あと手に入れていないのは赤蛍光だけです。
形はできるだけばらけるようにしました。ハートとかもあります^_^

ペアシェイプのは面白くて、ひとつは暗い紫と青白い光が半々になっている
もの、もうひとつはワイトダイヤになれるかも、という感じのミルキーな
強黄色蛍光のものです。

ただ大きな問題は、うちにブラックライトが無いということ(爆)
4. Posted by 風   August 01, 2005 10:19
おお〜素晴らしい!
努力で報われる典型的なコレクションですが、稀に目をやられるので注意してくださいね。しかし、蛍光が半々やら、ホワイト系で黄色とは珍しいですね。またお会いしたら是非見せてください。結構好きなんです(爆)
5. Posted by serenite_bois   August 01, 2005 14:15
>努力で報われる典型的なコレクション

本当に、宝探しみたいでした(笑)
TLBのメレはかなり良い蛍光の宝庫でした。
いまそれの6色セットが手元にありますが、
うっすらと色がわかる時もあります。

イエロー蛍光のものは、地色がかなりミルキーなためか
蛍光もやわらかい感じでした。黄色にしては白っぽい、
でも凄く光っているというか…

蛍光セットはケースごとにまとめたので、持参は簡単です(笑

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔