かぜ〜の航海日誌

福岡のソルトルアーフィッシング・管釣りなどなど釣りに関する色々です

久ナマ4

台風が接近しつつあります、梅雨末期の福岡。。
でありますが、カフェオレ増水(そのぐらいで済むか?)になる前にと、
久々に鯰人とRYOGAをひっぱり出しまして、
43加工













聖なる川に向かってみました。
まだ明るいうちに、いきなり本命ポイントの様子をと・・

〔写真削除しました m(__)m〕

前々日の雨の影響が少し残っているようで、
マッディな水質ではありますが、
まぁいい感じに流れております。




当然のごとく明るいうちはまったくの無反応です。
下の子にキャストの練習させておりました。
44加工







 とりあえず、まだ時間ありそうなので、大きく移動しまして、
数年前の特級ポイントの様子を見に行ってみることに。。。
(移動)
期待膨らませて・・・おや?・・おや?・・は?
ここどこ?・・・
ってくらい大きく変更ww

〔写真削除しました m(__)m〕

ナンデストー!


がっくりですね・・工事入ってました(泣)
周辺をとりあえず引いてみるも・・
釣れる気しねぇしw
ってかもうこの辺りにはいませんねきっと。
完全にポイント潰れてます。
引き返します。。
薄暗くなってきました。
本命ポイント(最初に入ったところ)に向かう手前(下流)
1kmぐらいからスタートです。
このスタート地点、数年前は5月ごろの本命ポイントでした。
産卵場みたいな茂みが多数存在しています・・・が・・
ここも、さきほどの場所ほどではありませんが、様子がだいぶ変わっております。
ここだけではありません、中間地点他、いたるところで護岸整備されたみたいで
その様子を大きく変更されております。まったく泣けてきます。
しかたがないので、藪コギして前進するも・・そこは・・コガネムシ?たちの
楽園でしたw・・・いたるところ(草のくきとか葉っぱとか)で交尾・交尾・交尾・・・
そしてその周りを無数にまたコガネムシ?たちが飛び回り鑑賞中w
終いにゃ威嚇されたりします。何匹かは叩き落してやりましたが・・
あまりの敵の多さに退散やむなし・・
ということで、すっかり暗くなりましたので、本命ポイントに戻ることに。
さすがにモスキッドはどのような状況下でも健在のようで、
虫除けをもってきてない故、一発勝負になりそうですw
本命ポイント。
まずは本流の流れの中をアップクロスで、ほとんど巻かずにただ流しつ〜感じで流して
いきます。ルアーはラトル入りのキャスピー(チャート)です。
反応なしです。まだ夏パターンではない模様。
今度は、ゆるい流れにのせ、ベントのほうに流してみました(春パターン)
ベント入り口付近の浅瀬でジャボンっ!という水面割る音と共に、
あのなつかしい・・愛おしい・・心地よい・・バフっ!という捕食音!
が・・弾かれてしまいました。
フックにふれた気配はなかったので、ダウンクロスでもう一度同じ場所を
通してみます。すると・・狙いどおりバフっ!がきました。
今度はしっかりフッキング。とりあえず2014年初物をゲットです。
10加工
58加工57加工











だいたい40Cmくらいのこの川ではスタンダードサイズ。
まぁ初物ですので、よしです。
写真撮ってると、対岸付近の本流でも捕食音!
サービスタイムっ!キタこれ!
軽快にジャンプして足場移動!のつもりが、軽く落水ww
ひざ下びしょびしょ・・どころかドロドロ(ヘドロ)w
しかも死にそうに・・・香る orz
もうこうなったら完全戦意喪失。はい。もうやってられません。
iPhoneのバッテリーも残すところ25%を切ってましたので、
サービスタイムを完全無視で撤収!となりました。
と、非常にわかりずらいので、とりあえず明るいうちに撮った写真にて
説明しときます。
これです。

〔写真削除しました m(__)m〕


写真でみるより実際はもっとハードなんですよっ!
ってか、オレも年とったなぁ・・・
思ったより飛べない・・ww


【釣行データ】
釣日◆2014年7月5日(土)
天候◆曇り
場所◆聖なるナマズ川
区分◆ナマズ
気温◆27℃(予想最高気温)
水温◆不明
風速◆微風
時間◆17:30〜21:00
水揚◆ナマズ1匹(レギュラーサイズ)
道具◆
1.メインタックル
ロッド◆SMITH 鯰人 NAZ-62ML
リール◆Daiwa RYOGA 1016HL
ライン◆2.0号(PE) リーダー3.0号(フロロ)
ルアー◆SMITH キャスピー・チャート
同行◆コウスケ
潮汐◆知らん






初めまして。ナマZ号!

なんのことかわからんですねw
5月半ばに納車予定だったDio110が、
なぜか納期早まり、去る4月26日に無事手元に届きますた!

急遽早まったもんで、Todayとお別れする心の準備が・・w

ということで、納車ぁぁ〜♪
516_1






さっそく、乗車前インプレからっす。
あっ・・ちなみに名前は「二代目ナマZ号(ナマズィ号)」と命名しました。
途中で変わる可能性は多いに大ですw
仮にコイツで、エギング行くようになったら「初代エギ蔵」と変名すますw
なこたぁどうでもよく・・・インプレいきます(あくまでオレの主観ですから)

●デザイン(外観)
前から見ると、鳩胸・・つかモロに鳩。ポッポ号と名づけようかと思ったくらいです。
ウィンカーの下にポジショニングランプがついている・・はずなんですが・・
ないです。海外向け仕様のブリーズ110ですか?・・こちらにはついてる模様。
なので、レンズがデカすぎる感ありです。採点40点。
516_2











リヤから見た姿は抜群です。キレ味鋭いナイフのようでかっちょいいっす。
この角度がいっちゃん気に入ってます。採点100点。
残念なことにリヤに取り付けたボックスがおっちゃん臭を醸し出しています。
自分で取り付けといて何言ってるんでしょうか?おっちゃんだからいいんです。
516_3






14インチホイールと、パールホワイトの膨張色が、車体を一回り大きく感じさせます。
ちびっちゃいので、まずまずのバランスかと。
PCXと並べても見た目変わらない大きさに感じます。

サイドスタンドは後付けです。
一応、純正品を取り付けました。社外品もあります。
純正品は、サイドスタンドを下ろすとエンジンストップです。
これウザイです。暖気するときはセンタースタンド立てなければなりません。
なので、ここんとこ(エンジンストップの機構)ブッコ抜きましたw
これでエンジンストップはなくなりました。
そもそもオプションってのが気に入らんですが、あると非常に便利です。
少し傾きすぎのような気がしますが・・

つ〜ことで、外観は総合的に70点で合格です。

●収納
最悪です。AraiのRX-7(RR3ですけど)がギリギリ入りましたが・・
シートを閉めるのにかなり力入れて押し込まなければ閉まりません。
なので、カギを開けると勢いよくシートが跳ね上がりますw
ちと心配ですので、安物のジェットヘル購入しました。
このジェットヘルとタオル1枚ぐらいで満員

というような収納状況でしたので、定番GIVIのトップボックスを取り付けました。
容量は30リットルです。これで8リットルサイズのクーラーボックスなら
入る?と思われます。

てなわけで、初顔合わせ的には、まずまずの合格点いただきましたぁ~w

さて、それでは乗ったみた感想です。
本日現在、走行距離は100キロ程度です。慣らし真っ最中の状況ですので
過激なライディングはできません。。。ってかそもそもそんな技量はありません。

出だしのもっさり感。あると言えばある。ないと言えばない。
普通に乗る分にはネットで言われてるほど気になりません。
信号待ちからのスタートで乗用車を軽くリードするくらいの余裕もありますので
十分実用的かと・・
ウエイトローラーを軽くして、チューニングする方々もおられるようですが、
燃費を悪くしてまでする必要はないかと・・自分は思います。

中速の伸び・・ってか気づけば大体60キロ程度まではすぐ到達してます。
このあたりが一番安定して走れる気がします。
70キロぐらいまでいくとやはり風圧が気になります。
まだ余裕はありますが、自分的にはここがリミットラインと感じてます。
普通に乗るなら70キロはまず出さないっすよね?
なので十分です。高速も走れないし・・

タンデム走行。
とりあえず、家族全員乗せてみました。
嫁さん・・身長162センチ・・体重・・?キロ・・
まっ・・中肉中背ですw
やはり出だしのもっさり感が少し目立ってきますが、走り出せば
重さを感じさせません。ぜんぜん実用的です。
しかしながら長い上り坂なんかはキツイかもです。
まだ走ったことありません。

上のおねぇちゃんは嫁さんとだいたい同じなので割愛。

下の子。
身長140Cm、体重32キロ。
ほとんど空気ですw。乗ってることすら忘れますww
たぶん一番一緒に乗ることが多いでしょうから、こいつが基準ですw

ということで、走り的には完全点あげていいくらいです。
コーナリングや取り回しも楽々です。
多少の長距離でも楽々な気がします。
あっ・・自分の場合、多少の長距離ってのは30〜40キロ(片道)
程度ですので・・はい。

んで、思ったのは・・・
エギング行けるんじゃね?・・ということです。
下の子タンデムでも辛うじていけそかなと。

自分のホームグランドである筑前大島まで、片道30キロ程度?
なんか挑戦したくなってきますた!

ということで、続きは次回にでもっ!


非接触型水温計

来る!アオリイカ撲滅週間に向け。。
新兵器をふたつほど散財して手に入れてきました!のでご紹介です。
ひとつめは、
Casio のスポーツギア(フィッシュタイム)AQW-101J-1AJF
単なる腕時計です。
釣り用のG-SHOCK売払らったんで、格安で購入しました。

釣れる時間になったら、
お魚マークが出現しアラームが鳴り響いてお知らせしてくれるという
頼もしい機能付です!
感覚では大潮周りの上げ3分、下げ7分ぐらいにアラームのようです。
なんとも基本に忠実です。
はっきり言ってまったくと言っていいほどアテにはならんでしょうw
ただちょっと期待してヤル気がでる・・かも・・(単純なので)

それに気温計もついております!
腕に巻いてると気温10度以下でも、常に26〜28度安定です。
きっと体温を超えるような気温の時だけ有効になることでしょう!
試しに装着したまま風呂に入ってみました。40度になりました。
正解のようです。

月の状態も表示してくれます。満ち欠けですね。
見てもふーん・・ぐらいです。だから何だということですね。
毎日ほとんど変化がないので、飽きますw

時間は正確!ってか・・まぁまぁ正確です。月に±30秒くらいです。
今使ってるロレの1日+2秒よりはかなりいいですね。
もちろん電波時計ではないです。

この強い味方がお供に加わります。

そしてもうひとつですが。。。
タイトルのとおり非接触型水温系です。
釣りにおいて、水温はかなり有効なデータです。
しかしながら、
釣り場によっては接触型だと測ることが難しいところも多々あります。
この非接触型だと、水面に向けてポチっとボタンを押すだけです。
なので表層面の水温ということになりますね。
水面からの距離があればあるほど面での計測となるようです(平均値)
近づいて点で計測するか、離れて面で計測するか。
自分としては面で計測するほうが良いかと思うんですが・・どうでしょう?

どうやって測るかというと。。。放射がどうたらこうたら・・
まっ理論はどうでもいいんです。作るわけじゃないですからww
知りたい人は自分で勝手に調べてくださいw
問題は、正確かどうかです・・ってか使えるのか使えないのかぐらいの正確さです。
だいたい合ってるぐらいでいいんです。かけ離れるのは困ります・・ぐらい。

で試してみました。
まずは普通に、車のボディに向けポチ・・・
9.5度・・・
もう一回・・10.1度・・
もう一回・・8.2度・・

合ってるのでしょうか?ww
まぁかなりバラバラですが、概ね10度ってことで・・

で・・この日外気温は10度ぐらいなので、
外気温イコール表面温度ってとこでしょうか?
ご・う・か・くぅぅぅ!(無理やり?)

続いてフロ。
ちなみに、42度の設定でお湯をはってます。
直後に計測(1m)。
41.0度・・おおっ!
2mぐらい離れて計測・・41.2度・・おおおっ!
水面10Cmくらいに近づいて計測!・・42.2度・・おおおおっ!
5mぐらい離れて計測!・・・18.6度・・・おおおおおっ!・・??
離れすぎて水面にあたってませんでしたww・・単なるネタです。

接触型で測ってみましたが、40度ぐらいで、ほぼ同じです。
風呂では結構使えますw

といことでですね、このあたりで気がついたんですけどね。。
確かに水温は重要なファクターであることは間違えないでしょう!
しかし・・適温ってのはあるんでしょうが、それよりも変化のほうが大事だと。

つまり。。例えば昨日と比べてどうなのかということ。
上昇傾向にあるのか、下降傾向なのか?それとも変わり無しの安定なのか?
これがやはり重要です。狙い目は適温に向けてゆるやかに上昇傾向のとき。。かな。。
もしくは安定傾向のとき。
ということはですよ、毎日ちゃんと同じ場所で計っておかないと、
意味半減以下ですねww

その日計って、おおっ!適温とか言ってもたぶんあまり意味はない。
急激に上がって適温になったのかもしれませんし、逆もあり。
上がるにしろ、下がるにしろ、急激は良くない。。と思う。

・・とかいうことも考えたわけですが・・
1日の傾向を考えればいいわけですから、釣り始めからどのように変化していくか
を測定して、先を予測しここぞというときに集中するでいいじゃないかと。。

まぁ・・でもですね、オレのことですから良くて朝1回測って終わりですよw
ジャンくさいとか言って、きっと測らんですよ。。
オレのことですから。。よくわかりますw。。
つ〜ことで、なんの役にもたたんですけど、持ってるだけで安心安心と。

ちなみに Daiwaの水温チェッカーってやつです。
よかったお供にどうですか?ww

livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
アクセスカウンター

    ご訪問ありがとうございます!

    累計
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:




    • ライブドアブログ