第八話 真壁語り人 柳田隆さん第十話 真壁のまちづくり その五(ひなまつり)

2007年10月12日

第九話 真壁のまちづくり その四(ひなまつり)

人が動くとものごとが動きます。

平成15年2月に、数名の有志の思いから真壁町を一変させるような出来事が起きるとは、誰も想像し得なかったことでしょう。その出来事というのが「蔵の街真壁のひなまつり」です。

平成14年の暮れ、「寒い中、真壁に来てくれる人をもてなせないか」という一言から、「街中にお雛様を飾ろう」という発想になりました。
そして、有志たちは「お雛様を通して、和の文化・和む心・人の和が広がってほしい」と、その思いに「和の風」と名前を付けることにしました。
何の計画もなく、来てくれた人に喜んでもらおう・・・これが真壁のひなまつりの原点です。
翌15年1月下旬、有志たちがお雛様を飾っていると、それを見ていた人たちも自主的にお雛様を飾りはじめ、いつの間にか約40軒にお雛様が飾られました。2年目以降も、お雛様を飾る家や店は次々と増え、5年目となる今年(平成19年)は約160軒に飾られるようになりました。
まるで風が吹いたかのようにひとりでに広がっていくことに物語を感じた有志たちは、2回目を第二章、3回目を第三章と呼ぶことにしました。

さてさて、このようにして始まったひなまつりではありますが、自慢したいことがいくつかあります。
さあ、それはなんでしょうか。

まず1点目は“3つのない”です。3つのないは“会を作らない”“補助金を貰わない”“人に頼らない”という“ない”です。
従来の、実行委員会を作り、補助金を貰い、誰かにお願いするというやり方とはまったく逆の発想です。ちなみに、1年・2年目のひなまつりの経費(主にマップ紙代)は、心ある住民や役所職員たちのポケットマネーで賄いました。
余談になりますが、この“3つのない”が功を奏し、誰もが自由に参加できる雰囲気を醸し出しました。もちろん、「主体がはっきりしない、責任の所在がわからない」という批判もありましたが、後に観光協会や商工会が中心となり、ひなまつり開催支援会が作られ、裏方を支えるようになりました。
開催支援会としたのは、言うまでもなく、“ひなまつりの主役(主体)はお雛様を飾った皆さん”というスタイルを大切にしているからでした。

二つ目は・・・と書きたいところですが、今宵はこれまで。次回へ続く。




kaze_artist at 20:50│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
第八話 真壁語り人 柳田隆さん第十話 真壁のまちづくり その五(ひなまつり)