乾燥バジル


DSC_0930バジリコのパスタは美味しい。新鮮なバジルは高価だし栽培には手間が掛かりますし、灰汁もかなり強くて毎食と言う訳には如何なものでしょうか。 乾燥バジルはあまり普及してないかもしれませんが、業務スーパーには大きな袋入りで販売されてます。 以前はエジプト産でしたが現在はトルコの品が出回っているようです。  以前はパスタに使ったのですが訳が在って炒飯に使っています。 粒胡椒もあります、今は神戸物産が扱っていますが、以前はハッチ食品の品を見かけたんですが販売量が増えたんでしょうかね。胡椒の類は古き時代には金と同等の価格で取引されたそうです、確かに血流は良くなるので手足の先まで巡りがよくて冬にも冷え性になりません。 蕎麦喰ってると便秘にならず脚気にもならんですのはビタミンバランスが良いからです。 新鮮なバジルには敵わないですが乾燥バジルは使い勝手が良いです、緑のよいババがたっぷりでます。 ちょっとばかし都合があって古米を炊いて食べているんですが、蕎麦に比べてお通じが悪いですし、 古米特有の臭いも気になるので炒飯にすると多少良いです。 コロナもあって仕事も其れなり老人の体もあまり都合よく動いて呉れないこともあります。 燃料タンクの残り量が少なくなった時のように人生の残り量が気になるのです。 寿命がいつ来てもまぁ当然な年齢になりましたね。 もう少し子供がでかくなるまで傍にいてやりたいですが、できれば赤ん坊の世話をもう何人かお手伝いできる機会はないものでしょうか。  今日は知り合いの膵臓癌のオペなんですが無事に成功している事を祈っています。  

ジクサー150とか高燃費車輛


ジクサー150ホンダカブ系が好調らしいが原付二種であったりして自動車専用道路走行はできない。 次男が物言うにはスズキジクサー150はカブよりも安価で高性能、 12Lガソリンで500㎞走行すると言う。   燃費リッター40㎞越えは素晴らしい、12馬力120㎞/hの性能は実用充分です。 AX1は29馬力だが140㎞/hでは20㎞/Lしか走れない、どのようなバイクも最大馬力で走ると燃料消費量は多くなるのは当然にして必然。燃費で言えば旧型よりも燃料マネジメントの優れたフューエルインジェクションが優れている。 キャブレターが劣るのでもないが30年前の軽二輪はリッター30㎞も走れば正常なのだろう。  年取ったせいか眩暈がすることもある、 重いデカいバイクだとひっくり返りそうになるんだがカブなどの小型であればまだ制御ができる。 なんとも歳は取りたくないもんだが此の世の理、此ればかりは避けては通れぬ。  我が家の次男はバイクに興味があるようだ、 40万円もするホンダカブ号よりも35万円でジクサーを供給するスズキは優秀な企業だ鈴木修は偉い、などと言う。 爺はあまり豪くないのでジクサーを買うことはできないが現在のバイク世相は1980年の頃とは違う、 バイク人口平均年齢が還暦世代に近いので比較的に小排気量にも人気が集まる。 高校生にとっては大馬力4気筒が貴ばれ、二気筒などは見向きもされないこともあった。 だが二気筒の軽量性能やコストを考えると良いバイクになる可能性はとうぜんにある。 200馬力越えのバイクは立派だが全開走行は当然できない、 なのでGB350 やジクサー150が売れる背景もある。 ただ走れるのならば軽量で高性能燃料節約ができるバイクはよろこばれるのは当然なのだ。





MD90


DSC_0891DSC_0900MD90はC50とはエンジンがまったく違う、凝った造りは良いが台湾及びアジア系カブ部品の利用恩恵に与かれないのは残念なり。 けど低速大馬力60㎞までの大トルクで重積載年賀状80㎏をぐいぐい加速急停車する様は圧巻だ。 分解して判ったのは新聞カブよりもブレーキ系統は酷使されている事、 ドラムの摩耗は著しい。 エンジンのカム駆動チェーンテンション装置も変わっていてフィックス構造、定期的に調整を必要とする。 ジャラジャラカムチェーーンを鳴らす郵便カブは十分な整備を受けていなかったのだなぁ、 そんな郵便カブは当たり前によく見た。 ホンダ設計サイドは郵便局の雇われバイク屋は調整してくれるもんだと思い込んでるらしいが、現実は頼まれなけりゃなんもしてくれんバイク屋は山ほど存在するというか調整出来ない知らないのであろうなぁ寂しいことに。 なのでアルミシリンダーになった110郵便カブでさえチェーンば伸びきってシリンダーに穴を穿つ、そしてオイル漏れが始まったときには交換しないと直らんようになっているらしい。 まぁ 自分のバイクは整備しましょうという事らしい。 AA01プレスカブと違い フロントブレーキの具合が良い。 効き具合しっかりしてるのはレバー関連の構成剛性が充分なのだと推測する。 前後サスの具合も宜しいのは流石過荷重状態利用を前提に設計されているカブならではと感じます。 
記事検索
プロフィール

あるちゅう

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ