読書散歩  1057歩


P8270071

こうえん
ジェイムズ・ステーブンソン 作
千葉茂樹 編訳


何気ない風景を 細やかな観察眼で言葉にすると「詩」になる

『ニューヨーカー』のニンンキラストレーターによる詩集絵本。

「空飛ぶ円盤」
空飛ぶ円盤なんか、信じてないって?
アルドのピザ屋に いってみな
空飛ぶ円盤が アルドの真上を
くるくる まわりながら 飛んでいるさ


「カエルの会話」
ねえ きょうってあつい?
でてくりゃ わかるだろ



観察すると詩が生まれる のね

見ているつもりで 何も見えていないのかも 



・・ ・・ ・・

ご訪問 ありがとうございます

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ