AX

April 20, 2010

ひとりで聴きたいロックバラード 小山卓治

ひとりで聴きたいロックバラード 小山卓治。

小山卓治。
この人も古い人。もう25年ぐらいになるのではないだろうか?
けれど 知らない人の方が多いかもしれない。
ストーリー性のある曲を書いたらピカイチだと思う。
しかも「裏」を踏まえたうえでの「表」を歌う、ある意味シニカルなアーティスト

曲の根底にあるものは人としての「やさしさ」だったり「せつなさ」だったり
「弱さ」をどうにか「強さ」に変えようともがいていたり
我々一般人目線で物事を見て、
ちょっとロマンチックでセンチメンタルだったりしている。
そんな小山卓治である。

1 WEST 72 STREET NY NY 10023


Yellow Center Line



あなたにも感じてもらえたら光栄です。



 Party! 25th Anniversary Live [DVD]

kazeutai3 at 03:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ひとりで聴きたいロックバラード 

ひとりで聴きたいロックバラード 浜田省吾

ひとりで聴きたいロックバラード 浜田省吾。

浜田省吾の曲は 自分の中では
「堕ちてしまいそうになっていた自分」を救ってくれた恩人であり
悲しいときや辛いとき、嬉しいときやノッているとき
いつでもそばにいてくれた友人でもある。

そんな「ハマショウ」の曲である。

人によっては「ハマショウ」を「暗い」とか「軟弱」とか言う 
”ものの本質をわからない人”もいるけれど、そんな輩は放っておいて
浜田省吾のロックバラードをピックアップしてみようと思ったのだが
「いい曲」が多すぎて絞りきれない 笑

そんな中であえて2曲取り上げてみた。

昔 読んだ雑誌にこんなことが書いてあった。

「ハマショウってさあ、俺のこと歌ってるんだよ。
ハマショウの曲って どれ聴いても まるで俺のことそのままなんだ・・・」

そう感じている人はけして少なくないと思う。
自分もそのひとりである。

ミッドナイト・ブルートレイン

歌詞をかみ締めるとよりあなた自身のことになるはず。

家路




あなたにも感じてもらいたいロックバラードです。


ON THE ROAD 2005-2007 “My First Love”(通常盤) [DVD]

kazeutai3 at 02:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ひとりで聴きたいロックバラード 

ひとりで聴きたいロックバラード ヒートウェイヴ

ひとりで聴きたいロックバラード ヒートウェイヴ。

ヒートウエィヴ。
知らない人が沢山いると思う。
そういう自分も最近は少し彼らの情報に疎くなっている・・・反省

サウンドはR&R。
ボーカル兼ギターの山口洋はアコースティックと
グレッチのセミアコギターを使い分け弾き倒す。
それがものすごくかっこいいのだ。
そしてそれ以上に彼のボーカルがいい。
歌というより語りであり叫びである。
「魂の歌」という表現はは山口洋のためにあるのではないだろうか。

 その「証明」がこれである



そんな数々のートウエィヴの曲でも
どうしても泣けてしまう曲がある。
「人と人の繋がり」「絆」ってどうすればつむいでいけるのだろう・・・?
そんなことを思い悩むとき 自分はこの曲に涙を流してしまうことがある。
もちろん、この歌に「答え」など書いてあるわけではない。




そしてもう一曲。


多くは語らない。
「人の這い上がる力」を信じたくなるような曲。

満月の夕



あなたにも感じてもらいたい曲たちです。



 LONG LONG WAY-1990-2001-

kazeutai3 at 02:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ひとりで聴きたいロックバラード 

ひとりで聴きたいロックバラード 佐野元春

ひとりで聴きたいロックバラード 佐野元春。

佐野元春の曲は難しい・・・
これが自分の印象である。かなり考えられて創り込まれた曲たちで
歌詞や曲がもつポリシーみたいなものも「人が生きる」上で普遍的な
テーマであることも感じる。
けれど 自分には難しい表現である。

だから自分の、佐野元春についての「理解」が、
もしかして間違っているかもしれない。

けれど、「いい曲」はやはり「いい曲」だと感じるのでここに取り上げた。

今 自分はオーバー40のおやっさん世代ではあるが
今聴いても 聴きほれてしまう「佐野元春バラード」がある。

まだどこへ向かっていいのかも見えない・・・
けれど今 何かを一生懸命感じようとしている
「生きる」とは何かを感じようとしている20代前半の人たち。

かつて自分もそんな時代をすごして来た。
今は その時よりはちょっとはいろいろ見えてきてはいるけれど
それでも「探している」ことはあまり変わっていない気がしている。
きっと死ぬまで探し続けるのかもしれない 笑

話を戻し・・・

そんな若い連中の恋や「生き方」を見事に歌っている気がする曲がある。

ハートビート


ロックンロールナイト



あなたにも是非感じてもらいたい曲たちです。


ライブ・アンソロジー1980-2000 [DVD]

kazeutai3 at 01:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ひとりで聴きたいロックバラード 

ひとりで聴きたいロックバラード 甲斐バンド

ひとりで聴きたいロックバラード 甲斐バンド。

甲斐バンドがどんなに素敵でカッコいいバンドであったかは
ミドルエイジ以上の人ならわかっているだろうと思う。

(とりあえず、「甲斐バンドって何?」という人はこちら【ウキペディア】をどうぞ)

彼らの曲のイメージはやはり「硬派なサウンド」で
どちらかというとアップな曲だと思うが
自分は甲斐バンドのバラードこそ、実は名曲が多いと思っている。
歌詞といい、メロディーといい、アレンジといい
そのすべてから せつなさとともに
心が浄化されるような感覚になることがよくある。

ひとりで ふと寂しさにとらわれてしまう夜
甲斐バンドの曲たちが心に灯火をともしてくれる。


最後の夜汽車     


ブルーレター 




安奈

是非 あなたにも感じて欲しい名曲たちです。



Never End [DVD]

kazeutai3 at 01:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ひとりで聴きたいロックバラード