明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

と誰に言っているんだろう。

なんかブログのデザインかわいすぎだし・・

歌舞伎に行った。
好きなわけではない。
けど、嫌いなわけでもない。
要するに興味の範囲の外なのだ。

だから
今まで3回しか行ったことないけど
全て頂いたチケット。
そして行った動機がもったいないからってやつ。

そういう根性で行ってるから
やってしまった、部分的大爆睡。
見終わったあと睡眠不足解消してたし。
今回は一列目。まじヤバイ。
でも花道の外の凄い端のほうだったから
まあ、セーフだ。ということにしておこう。

演目が4つ。
って、演目っていうんだったけ。
1つ目が松竹梅
2つ目が俊寛
3つ目が勧進帳
4つ目が貴撰

踊りが中心なのはやっぱだめだ。
始め凄くうまいなって感動するけど・・
日本舞踊とか全く知らないから
見るところが解らなくて
そのうち気持ちよくなって
違う世界に跳んでいる。

2つ目の俊寛。これは近松門左衛門の作らしい。
話しが凄くよく出来ている。
見せ場が幾重にもかさなり
初めの見せ場が後の見せ場の
布石になっている。
始めねそうになったが
だんだん入ってしまっって
最後不覚にも涙がポロリ・・してしまった。

3つ目の勧進帳はあのよくしってるあの勧進帳だ。
幸四郎の演技が凄くてドキドキ。
関所の一番エライ人・・役職はなんていうんだっけ・・忘れたが
名は富樫左右衛門。渋くてかっこいいな。
が、ちょこっとピーターパンとも
戯れてしまった。

4つ目の貴撰。勘三郎と玉三郎。
テレビで見たことある人だから
なんかウレシイ。単細胞丸出し。
玉三郎はやっぱり頂いたチケットで
お踊り見たことあったけど
そのころと変わってなく美しい。
勘三郎もやっぱすてきだ。
だが、踊りが中心なので
かなりピーターパンの世界にいたようだ。

昔N響聴きにつれて行かれて
始まったと思たら
終わっていた。
始まった瞬間に
凄く良い気分になって爆睡したみたいだ。

豚に真珠って
きっとこういう事となんだろ〜

民夫さんのイージュー☆ライダー 聴きたくなったな