2007年06月

2007年06月28日

電車から更新

夏の正統派新作に向けて、東方シリーズを再プレイしてます。
個人的には三部作では永夜〉妖々〉紅魔ですね。永夜と妖々の優劣は微妙な感じですが、やはり永夜の方がプレイ回数は多いです。
一応3つともEX(PH)クリア。ルナのノーコンクリアは全て未達成です。
永夜だけでも真面目にパターン組んでクリア目指して見るかなぁ・・・

ていうか今日からモンハンフロンティアのオープンβだった。帰ったら早速プレイせねば。

kazma50 at 11:47コメント(0)雑記 

2007年06月25日

心臓が痛いお


ヤンワロでメイ怒はじめますた。
コンセプトはふでぺん。ガジェットツールもふでぺん。
4コマor1P漫画は投げようがないところがいいね。

kazma50 at 05:22コメント(0)雑記 

2007年06月22日

あwせdrftgyふじこlp

上野公園についた我々は、一度西洋美術館前のベンチで休憩し今後の予定を決めることにした。
上野公園に到着した時点で16時を過ぎていたのだが、上野公園内の博物館美術館群はほとんどが17時に閉まってしまうのである。

困った。さすがに1時間もいられないのに入場料の\39800を払うのは気が引ける。
どうしようかと考えあぐねていると、上橋たんが不忍池でボートの乗ることを提案した。
確かにボートなら17時を過ぎてもやってるいだろう。早速不忍池のボート乗り場に向かうことにする。

ボート乗り場で順番を待っていると上橋たんがおずおずと切り出す。
「オデ…前から憧れてたんだ…不忍池でお兄ちゃんとボートに乗るの…」
顔を赤らめる2.3mモヒカンマッチョ。

やさしい気持ちになりながらボートを漕いでいると、上空に奇妙な形の鳥が飛んでいるのに気づく。
と、その鳥は見る見るうちにこちらに近づいてきた。
鳥ではない、人だ、それもスクリームマスクを被ったモヒカンマッチョだ。だが、服装は先ほどナンさんが着ていた服と同じものだ。もしやあれはナンさん一同なのか。そーなのかー†。
突撃してくるモヒカンマッチョを迎撃するために飛び出す上橋たん。
空中で戦いを繰り広げる2体のモヒカン。彼らはほっておいてボートを返却することにする。

そのあと秋葉原に帰ってメロソブックス見たりらき∬すたの踊りを踊る人たちを見たり盗んだバキュームカーで走り出したりしたよ。
後日ニュースで不忍池周辺で2体のモヒカンマッチョが死んでいるのを発見(ryというニュースやってたよ。最近は日本も治安が悪くなったわねー。やーねー。

バイバイ。


genesic

霧雨魔理沙。反論は受け付けない。

kazma50 at 03:09コメント(0)オフレポ雑記 

2007年06月20日

いけない!バオー先生

オフレポ後々篇だお。


「コホー…破壊するだなんて、お兄ちゃんひどいよぅ!」
涙目でイヤイヤをする2.3mホッケーマスクのモヒカンマッチョ。

そう、彼は肉体はモヒカンマッチョだがメンタリティは幼女そのものなのである。
僕は破壊する、といったことを後悔した。彼、いや彼女にとって僕はかけがえのないたった一人の兄のような存在なのだ。
僕が彼女を赦してやらねば、誰が赦してやるというのだろうか。

「僕が悪かったよ、さあフレッシュネ申バーガーでおいしいもの食べよ?」
そう言って、握力が片手で30t以上ある彼女の手を握った。
「うん!え、え、えへへ、お兄ちゃんと一緒のご飯うれしいな!」
そういって握り返してくる上橋たん。軽く握られただけで指の骨が粉砕骨折したが、僕は平気だ。
フレッツュネスバーガーまで手を握りながら歩く僕達。周りの人間には、「モヒカンAに連行される村人C」のように見えたであろう。もとい仲睦まじい兄妹のように見えたに違いない。

フレッシュヌスバーガーに入ると、僕はフライドポテトを注文した。ここのフライドポテトは肉厚でポテトの味が感じられて美味しいのである。
次の注文は上橋たんだ。何を注文するのかと聞き耳を立てていると「い、いますぐここにある食料をオデの元に全部持ってこい、こぬと死」とのこと。
なんという世紀末救世主伝説。無想転生した。

レジのお姉さんは恐慌状態に陥っており、まったく動くことが出来なくなってしまっている。
それを見て要望が聞き入れられなかったと思ったらしい上橋たんがレジのお姉さんの顔面に掌底を入れる。
飛び散る血飛沫、脳漿。あたりは血の海と化した。
これでは僕の注文したポテトも食べることが出来ないのではないか。お金の払い損だ。

逃げるように店を後にすると、これから何をするか決めていないことに気づく。
「ゴホー…そ、それならさ、上野公園に行こうよ!オデ博物館とか見てみたいな!」と上橋たん。
村人から食料を強奪することしか頭に無い彼女が博物館を見ても理解できない気がするが、反論するとレジのお姉さんの後を追うことになりかねないので黙って従うことにする。

そのころ…残骸だったナンさん達の死体が徐々に一箇所に集まり再生していくのであった…


次回愛と感動のグランドフィナーレ。


どみ

某作品応援絵2つ目。色々怪しいところがあるけどほっといてください。
半年振りにベジェを使った。理由は「コカコーラゼロのボトルを直接手に持って見ながら描いてたら、残ってた液体が原稿にこぼれてペン入れ出来なくなったから」とかではない。
カルピス版


うみねこのなく頃に紹介ページ
推理・ミステリヲタから完全に見放されてるのにまたエセミステリ路線継続か。
キャラクターが命の作家なのにこれはヤバい気が…

今から22歳女子大生が閉店間際のペッ○ーランチで夜食 (情報元GAKI@DAMA!!!)
なんという勇気ある心。本当の勇気の力を見た。



kazma50 at 04:35コメント(0)オフレポ雑記 

2007年06月16日

急用が出来たので

オフレポ後篇だよ。

駅で上橋さんと落ち合う。休日なこともあり、駅前はすごい人ごみだったが上橋さんは目立つのですぐ見つかった。
ホッケーマスクにモヒカン頭、2.3Mのガチムチボディの人間は日本中探しても上橋さんぐらいしかいないのではないだろうか。
胸にべったり血のりがついていたので何気なくそれについて尋ねると、「フゴー…電車でオデのファッションを笑った奴がいたので大胸筋で圧殺した…」とのこと。
なんという殺人鬼。さすが「10倍に拡大コピーしたチャッキー」の二つ名を持つだけのことはある。
それはともかくナンさん達がゲームセンターで待っているので、上橋さんを連れてすみやかに向かうことにする。

実はナンさん達は全員上橋さんとは今回が初対面だ。どんな反応をするのかとワクワクしながら引き合わせてみる。
「キャァァァァァァァ!」
「ち、近寄らないでください!警察を呼びますよ!」
「あんたなんでこんな化け物連れてくるのよ!」
「この肉の塊なぁに?」
「めどう暗殺拳壱式『脂肪吸引』ッ!」
てんやわんやである。
と、言いたい放題言われた上橋さんがキレてナンさん達を殺害しだす。
僕が必死に止めるも上橋さんがようやく落ち着いたときには「ナンさん達であったもの」の残骸がそこかしこに散らばっているだけであった。

なんということだ!紫月飴さんに続いてまたもやネコミミ幼女が上橋さんの手によって殺されてしまった!
僕の怒りは頂点に達した。
「上橋さん…俺は…貴様を…破壊ッ!するッ!」

オフレポ後々篇につづく。


11遊星主

某作品応援絵。
3ヶ月ぶりにちゃんと色塗り。おっぴろげたかったけどBBSに乗せる絵だしねぇ。


くそー、久々に妖々夢したらエキストラがクリアできなくなってる。
コックリさんの契約が最高。あと一息なんだけどなー。

kazma50 at 17:12コメント(0)オフレポ雑記 

2007年06月15日

生きる

オフレポ中篇だよ。

11時過ぎにじゅむさんと合流する。
ゆきさんから「赤い美女」という前情報を聞いていたが、情報のとおりルビーレッドのキャミソールを着た美女登場。
軽い挨拶の後、先ほどのカレー屋に向かうことに。カレー屋への道中ブーツカットジーンズにピッチリ包まれたじゅむさんの尻がずっと目の前にあり、性的に昂ぶってきた。

その後、カレー屋到着とほぼ同時に雨脚が猛烈な勢いになる。
カレー、ナン共に美味だった気がするが雨が気にをとられていたせいかほとんど味を覚えていない。覚えているのは「このナンおいしいね!」というナンさんに対して「俺は目の前にいるナンを食べたいよ…」とモーションをかけてみたところ、「私エド以外の男に興味ないの」とすげなく断られてしまったことだけだ。
なんという少年嗜好愛読者。絶望した。

コーヒーを飲み終わるころ、ちょうど雨脚が弱まってきたので会計を済ませ出ることにする。
会計ではナンさんが「あんたみたいな貧乏人じゃ食事代もろくに払えないでしょ、私が払ってあげるわよ。で、でも今回だけなんだからね!」といいつつ僕の分の代金も払ってくれた。なんというツンデレ、絶頂した。

雨が止んでいる内に屋内に避難するという案が総員一致で可決され、結局またゲームセンターに舞い戻ることに。
ゲームセンターに入るなりナンさんがアイドルマスターをプレイしだす。なんでも、今までずっとプレイしたかったらしいが住んでいるパリには一台も置かれていなかったらしい。

ニヤニヤしながらプレイするナンさんはほっておいて僕とマッ長さんはエロ同人を探しに街に繰り出すことにする。
マッ長さんはグレンとらきすたが目当てならしく新刊を手に取っているようだ。僕は僕でドアラのエロ同人を探すために古本コーナーを漁る。
僕のほうは欲しかった「ドアラモンの性的訴訟」がすぐ見つかったので、買ってから店の前でマッ長さんを待つことにする。
と、しばらくしてマッ長さんが出てきたがなにやらしきりに毛繕いしている。
なんでも欲しいものが見つからなかったらしい。しかもイライラすると噛み付いたり毛繕いしたくなったりするそうだ。噛み付かれるのは嫌なのでペディグリーチャムミキサーで機嫌をとることにする。

マッ長さんが落ち着いたところでゲームセンターに戻ってみると、ゆきさんがオフに合流していた。
ロリすぎる。何歳?と聞いてみると「さんしゃい」との答えが。これは犯罪オフの予感。
オフメンバーがマンセーポリスに次々と射殺される映像が頭をよぎるも、ゆきさんがナンさんの膝の上に乗り仲良くプレイする姿を見て一安心する。これなら周りに人間も親子連れでゲームセンターに来ていると思ってくれるだろう。
その後10分ほどたったらいつのまにかめどうさんが傍に立っていた。ナンさんとは対照的に陰のある美少女だ。なんでも職業は暗殺者らしい、なるほど納得。
と、めどうさんと挨拶を交わしたところで上橋さんが秋葉原駅に到着する時間が来たので迎えに行くことにする。

中篇終わり、後篇に続く。


アッー!

ドアラエロ漫画をヤンワロに描かざるを得ない。超短編で4Pぐらいにまとめたい。
やられ役はライナ(ライオンズ)とパオロン(ドラゴンズ)だよ。


ドアラ 京セラドーム大阪に立つ!! 〜完全版〜(ニコニコ)
これの完全版。ドラゴンズの信者になった。


怪しい伝説(ニコニコ)
ディスカバリーチャンネルの怪しい伝説シリーズ。地味に面白い。

kazma50 at 04:03コメント(0)オフレポ雑記 

2007年06月13日

ドアラオフ

ということでオフレポ書いたよ。3部作だよ、今回は前篇だよ。ちなみに苦情は一切受け付けないよ。

6月10日曇り。
9:20に秋葉原駅の電気街口にてナンさんと合流。
3年ぶりだったが相変わらずのさわやか美少女っぷりで僕の肛門も閉鎖されそうです。
3年ぶりの再開に臆面もなくはしゃぐナンさん

集合時間の9:30になってもマッ長さんがこない。
ナンさんの話によると、乗る電車を間違えて逆方向にいってしまったそうな。
あからさまに不審な言い訳だ。これは間違いなく電車内で周りのオッサンに凄い勢いで痴漢されているに違いない。

その後マッ長さんから「現在品川にいる」とのメールが来る。そうなると秋葉原到着時間は10:00前後になってしまうだろう。
だが僕は、それがまわりの男に脅されて書かされた嘘メールであることを知っている。
実際は今頃泣きながらトイレで色々拭いているに違いない。なんというサンダーバード号、絶望した。

結局10時前にマッ長さん到着、予想通りネコミミ美幼女だった。
オフ会でネコミミ幼女に会ったのは二回目だ。
ネコミミ幼女は絶滅危惧種に指定されているらしいが、本当に絶滅しそうなのだろうか。疑わしい。この絶滅危惧種指定はネコミミ幼女を独占しようとするフリーメーソンの陰謀だと思われる。
毛繕いをしているマッ長さん

その後昼食を食べるためカレー屋に向かうことにした。が、なんと行ってみるとオープンは11:00からだった。
カレー屋の情報を持ってきたのはマッ長さんなのにこれはどうしたことだろうか。
やはりこれは僕がご主人様に値する人間かどうか試しているのだろう。
是非ともネコミミ幼女のご主人様になりたいので、「はっはっは、しかたないなぁ、お腹がすいたろうモンプチをあげよう」と余裕ある男であることをアピールしつつマッ長さんにペティグリーチャムをしこたまぶつける。
ペティグリーチャムでデロデロになりながら、「はぅー、こんなドロドロの姿で街中歩くなんて頭がフットーしそうだよおっっ、それはともかくこの戦争が終わったら…」と頬を染めるマッ長さん。
これはフラグがたった予感。フラグはフラグでも死亡フラグでないことを祈りつつ店を後にする。

その後駅前のゲームセンター「タイトーHEY」に入る。
しばらく自由行動をしていると、ナンさんがクレーンゲームでテニプリの人形を必死に取ろうとしているのを目にする。なんという腐女子、絶望した。
と、思ったらこんどはアイドルマスターのクッションを狙っている。趣味の範囲がよく分からない。だがそんなところもステキだ。

今度はマッ長さんのプレイしているゲームを覗いてみると龍虎の拳をやっていた。なんでも今朝のネコ占いで「服の破れる格闘ゲームをプレイして、キャラクターの服が破れる瞬間自分の服も破けば運命の相手と出会えわざるをえないニャン」言っていたそうだ。ネコの価値観は理解に苦しむ、ご主人様になる自信がなくなってきた。
とはいえ裸でゲームセンター内をうろつき回られては、間違いなく秋葉原名物マンセーポリスが出撃してくるだろう。
仕方ないので三角締めで絞め落としておとなしくさせる。と、ちょうどそのときじゅむさんが秋葉原駅に到着したとの連絡がくる。
じゅむさんと合流するため、失神した半裸のネコミミマッ長さんを担いで駅を目指す我らがH(ひデブ)チーム。道行く人々に不審の目を向けられているような気がするが気のせいだろう。


中篇に続く。


ドアラーズブートキャンプ(ニコニコ)
2:34ごろからシャオロンがつられておかしく

Akiba Noodle さくら(情報元gigazine内記事)
面白そう。というかオフの日上橋さんと歩いてるとき見た気が…

kazma50 at 21:31コメント(0)オフレポ雑記 

2007年06月12日

心臓停止

久々にGA見返してました。やっぱあのユルギャグテイストが一番肌に合うぽ。

それとニコニコで宇宙海賊ミトシリーズ観てました。
王道SF系エブリデイマジックものでテイストとしては天地無用!あたりが一番近いかも。ハーレムものでは無いけど。
キャラデザも含め「古き懐かし」なタイプのアニメだけど、ストーリーテーリングが丁寧で安心して観れる。懐アニ好きは是非。
2ndシリーズは保志が女子高生役でなんというアッー!
ちなみにアニメーション制作はマッドハウスの分家筋。うーんマッド万歳。

ウ僧だッッ!! - ひぐらしのなく頃に(ニコニコ)
ハマりすぎ


さー、オフレポでもかくかー。

kazma50 at 20:04コメント(0)雑記 

2007年06月11日

ワッショイワッショイ

今月のイチオシ・ディアボロの大冒険(超激辛ゲームレビュー)(情報元上橋ブログ)
あーあ、こりゃ祭になるなー。

実はこれのレビュー書きかけてて途中でリミットがきちゃったんで結局送るの諦めたんですが、今回に限っては送らなくて正解だったかも…
あとこれだとESさんより上位に或野さんのレビューを乗せてるから管理人の評価が或野さんのレビューだと思われても仕方ないような。

超激辛は面白い作品を紹介するページであって作者に噛み付いたりファンを挑発したりするためのページではないですし、
著作権を保護しろ!という主張をしたいのならフリーゲーム紹介サイトではなく自分のサイトでやればいいと思うんですがねぇ。
ていうか叩きたくなるほど不愉快な作品ならレビューしなきゃいいのに、別にレビューは義務じゃないんだから。
ムカツく作品叩いてレビューと称するなら初代が衝突してたシュラークベルクのやり方と同じぽ。
まーESさんが責任持って載せてる上、参加もしてない僕らがガタガタ言うようなこっちゃないのは承知してますが。

あ、ちなみに書きかけのレビューは当然10:10:10:で30点満点です。

kazma50 at 17:44コメント(0)雑記 

2007年06月01日

ハムスターが共食いしますた

某マッスルボマー氏とのメッセ会話で既に取得済みのSakuraのHPを拠点とした活動を薦められたので試しにやってみます。

その瞬間、あっと驚く森嬢
アッー!

歌声りっぷ
ボーカル曲のオリジナルとカラオケ版を入力すれば、差分を計算してボーカルのみを抽出できるソフト。
暇つぶしに使ってみたけど思ったより全然精度が高い。

第24回ご長寿早押しクイズ名人戦(ニコニコ)
破壊力高すぎ。

アーツビジョン騒動関連まとめwiki
>アイムアーツ・・・売れてる声優は全員黒 中原千和檜山保志

高見沢

なんという高見沢…
顔を見ただけでインタレスティングギターをかき鳴らしてしまった
食った奴は間違いなく坂崎

名人

なんという高橋名人…
顔を見ただけで16連射してしまった
食った奴は間違いなく毛利名人

ジェネシックガオガイガー

なんという勇者王…
顔を見ただけでクラッシャーコネクトしてしまった
食った奴は間違いなくソール11遊星主

メジャーリーガー

なんという前原圭一…
1500秒で鉄平を撲殺してしまった
食った奴は間違いなく高見沢 中原麻衣宮レナ 騎士07

後半は嘘、と思いきやアッー!

kazma50 at 06:34コメント(0)雑記 
  • ライブドアブログ