2008年04月

2008年04月23日

本格的ガチムチオフレポレスリング2試合目

「どうぞ_______」

座っている上橋さんの傍にコーヒーを置く。

「ありがと。…あの子達と会うのも3ヶ月ぶりね、みんなどうなってるかな」
「たったの3ヶ月間ですからね、相変わらずの調子でしょう」
「どうかな…『たった3ヶ月間』は二十歳を過ぎた私達の感覚、14歳のマッ長ちゃんが変わるのに3ヶ月は十分すぎるほどの時間だと思わない?」
「うーん、そんなもんですかね」
「ふふふ、会ってみたら目も覚めるような美人になってて、カズヤくんが一目惚れしちゃうかもね」
「………」

上橋さんの言葉に裏がないのは分かっている。…でも、心の奥がチクリと痛む。

それを誤魔化すため、違う話題を切り出す。

「アシスタントの仕事はどうですか?やっぱり噂に聞くように泊り込みで作業したり…とかなんでしょうか」
「泊りがけとかは無いよ、先生によってはそういうところもあるみたいだけどね。私のアシ先の先生は結構時間に余裕をもって仕上げるタイプだし、強行軍で作業しなきゃならないような状況にはそもそもなったことが無いよ」
「そうなんですか。今はネットを介してアシをするやり方も普通になってきてるみたいですけど、そういうのはしないんですか?」
「うちの先生は『顔をつき合わせて指示しないと細かい部分が伝わらない』って考えなのよ。ネット経由のアシの方が楽なのはたしかだろうけど、私は今の先生の下での仕事に満足してるから、ね」
「なるほど…」

上橋さんは今、同人活動を縮小して漫画家のアシスタントに力を入れている。
アシスタントとはいえ、以前は『同人王』の二つ名で呼ばれていた女性(ひと)だ。相当の実力を持っている。
アシスタントとは名ばかりで、実際はアシ先の漫画家と対等に意見を交わして漫画を作る二人三脚状態らしい。
対等に近い関係なのは、その漫画家が僕と同じ歳のデビューしたばかりの新人ということも理由の一つだろうが…

その漫画家に関しては僕も写真では見たことがあるが、爽やかな好青年といった感じだ。
泊まりがけで無いにしろ、彼は上橋さんと同じ部屋でいつも漫画という共同作業を行っているのだ。仲睦まじく。

……正直言って嫉妬する。いや、不安になるといった方がいいだろうか。
いつもは意識して気に留めないようにしている。だが自分の部屋でベッドにもぐりこむ時、たまに二人が同じ部屋にいる場面を想像してしまい怒りと不安が入り混じった感情を抑えきれなくなることがある。
女々しいことは自分でも分かっている。しかし、だからといって沸きあがる感情を制御できるわけもない…

______前回のオフ、1月のあの日、僕は上橋さんに想いを伝えた。(※前回のオフレポ参照)
だが……彼女の答えは沈黙だった。受諾でも拒否でもないその返事を、僕はどう受け止めたらいいのだろうか。

客観的に考えれば「関係を壊したくないという緩やか拒否」だろう。でも当事者の僕はそうは思えない、思いたくない。
……こんな気持ちを抱え続けるぐらいなら、いっそはっきりと拒否してくれた方が良かったのかもしれない。
でも決定的な拒絶は怖い。それになぁなぁの状態の今から少しずつでも関係が好転するとも信じたい。
…結局どっちつかずが良いのは僕も同じなのだ。

僕は……どうしようもない奴だ…。


________続く


※ヒント:参照先を見ても分からないと思うよ、投げたから書いてないし。
※ヒント2:登場人物は全員ガチムチ黒人マッチョです。読んだ貴方の想像した容姿は間違い。

kazma50 at 07:06コメント(0)オフレポ雑記 

2008年04月19日

カズヤVS吾作

4/13の朝、僕は立川駅前で上橋さんを待っていた。
今日は正月のオフのメンバー5人で再びオフ会を行う予定である。
全員で集合するのは中央線の武蔵小金井駅、その前についでということで近場の僕の家に上橋さんが遊びに来ることになったのだ。
彼女が立川に来るのは初めてなので、駅前で待ち合わせすることになっている。
__________待っているとすぐに上橋さんは来た。

3ヶ月ぶりにあった彼女はほんの少し髪が長くなり、そして少し痩せて見えた。

「ひさしぶり、カズヤくん」
「お久しぶりです。…痩せましたね」
「そう?……ま、色々あったからね」

それだけ言葉を交わすと歩き出す。
家への道中、しばらく会話がないまま歩き続ける。

沈黙に耐えかね、僕から会話を切り出した。
「そういや、最近はどんな感じですか?」
「いつもと同じつまらない繰り返しよ、アシスタントして同人描いてドライブして寝る、それだけ」
「ははは…でも休みの間中ニコニコに動画を投稿してばかりいた僕よりはよっぽど充実してますよ」
「ふふ、そうね」
「それで、あの……」
「……」
「…返事は…まだ貰えませんか」
「………」

上橋さんの沈黙が続いたまま家の前に着いた。

「着きました、ここです」
「へぇ、結構いいところに住んでるのね」
「場所が場所ですからね、安普請の家じゃ怖くて住めませんよ」
そんな他愛もない会話をしつつ鍵を開けドアを開く。

「さあ、どうぞ入ってください」
先に入り上橋さんを招き入れる。

「部屋も広いんだねー、家賃もそれなりにするんじゃない?」
「そうですね、そこそこの金額です。そうだコーヒーを淹れますけど上橋さんも飲みます?」
「ええ、お願い。________景色も良いね、昭和記念公園が一望できるよ」

そう言って窓をあけ外を見つめる上橋さん。風が部屋に入るたび、彼女の明るい色の髪が春の風に吹かれる菜の花のようにふわりと揺れる。
そして風とともに、いつもはコーヒーと醤油の匂いしかしない僕の部屋に上橋さんの香りが広がってゆく____。

続く


また嘘オフレポ。しかもまた長丁場→投げのコンボ確定。まー、投げるまでお付き合いください。



新日暮里
最後に色付き絵を描いたのが1月22日だから約3ヶ月ぶり。ちんちんは歪みねぇな。気持ちいいもの…ッ、気持ちいいものッ!変な乳してゲリ臭い!あぁ…ッ!



濃っぺえラーメン食うネコ、喰うねマラ。卑しく、糞詰まりボーイズ。いいちこは12時から熱い!たらこ2000円高ぇんだよ!安くて50円だ!アンチエイジング・ベネジエフ。見ろ!電池ヤバいッ!
映画ボラットの1シーン。ネタそのものの面白さは兄貴以上。まー、エンターテイメントとゲイポルノを同じ土俵で評価するの自体が間違ってるかもしれんが。

kazma50 at 09:16コメント(2)雑記オフレポ 

2008年04月11日

わいわいチャーハン?巻いて食えやプーさん?カズヤ!

わいわいチャーハン

ローゼンメイデンの蒼い人VS緑の人。
女のケツよりカズヤのケツの方が綺麗に決まっておる。

追記:↑の絵をpixivに上げたら、上げてから15分で9評価87点コメ2ブクマ3…
お前らどんだけガチムチが好きなんだ!


MONER SPECIAL 〜VIPPERの逆襲〜
久々に全クリしたフリーRPG。不謹慎ネタ、というか時事ネタ満載。
こういう不謹慎ゲーは往々にして一発ネタ重視の乱暴な作りだけど、
このゲームはかなり丁寧に作られている。
不謹慎ゲー、2ch系ゲーの枠内だけでなく、
フリゲ全体としてみても作りこまれているレベル。
時事ネタが好きな人にオススメ。何でもかんでも本気に取っちゃう人意外。
あ、あとMOTHER2がベース(?)になってるからMOTHER好きにもオススメ、かも。

kazma50 at 17:33コメント(0)雑記漫画・絵 

2008年04月09日

オフレポ

オフレポ書かなきゃいけないみたいだからかくよ。
まずマンセー橋近くで上橋さんと第一種接近遭遇。すぐさま橋の手前のトイレに連れこまれる。アッー!ぁん?あんかけチャーハン?最近だ(ry
その後いつものハッテン場に行く。そこでは「輪になって連結したまま精子するオフ」をやっていた。家でやれ。
そのままそのハッテン場でイチャイチャしてたらナンさんを迎えにイく時間になる。秋葉原駅に迎えにいくとナンさんが発狂して通り魔していた。ヴォースゲー。
次回に続かない

kazma50 at 14:48コメント(2)雑記 
  • ライブドアブログ