August 19, 2016

日高ケンタッキーファーム、シキジカ、ほか思いつくまま

日高ケンタッキーファーム:

1978年に開園した観光牧場です。

北海道沙流郡日高町にありましたが、経営が思わしくなく2008年に閉園しました。

乗馬やアーチェリーやパターゴルフなどもたのしめたそうです。

ちなみに、引退した競走馬や、種牡馬を引退した往年の名馬らも繋養されていたそうです。






ノズパス:

常に北を向いている青いモアイ像みたいな外観のポケモンです。

ものすごくインパクトがありますね。

いわタイプのポケモンで、カナズミシティのジムリーダー・ツツジが使います。

しんかするとダイノーズとなり、手足がなくなり、いわ・はがねタイプのポケモンになります。






シキジカ:

小鹿のような姿で頭の花が特徴的なポケモンです。

進化すると大人の鹿のようなメブキジカになります。

どちらもノーマル・くさタイプのポケモンで、季節によって姿が変わります。

でもX・Yでは季節によって変化するシステムがなくなりいつも春の姿です。

ようりょくそ、そうしょくの特性を持ち、けっこう頼もしいポケモンです。



続きを読む

kazoku11ne at 04:37|Permalink家族のおしゃべり 

August 13, 2016

ジョイランド樽前、バニプッチ、ほか思いつくまま

ジョイランド樽前:

苫小牧市に以前あった温泉とレジャー施設が併設された動物園です。

動物公園は、シロクマやライオンなどを放し飼いにしていたそうです。

北海道内初の「自然動物公園」として注目されたこともあったんだとか。

苫小牧東部開発計画の失敗に連鎖する形で入場者数が伸びずに閉鎖に追い込まれたようです。





ポワルン:

ポケモンの中ではタイプ的にかなり変わった特性があります。

というのも、基本はノーマルタイプなのに、状態によってタイプが変わります。

ほのおタイプの「はれ」、みずタイプの「あめ」、こおりタイプの「あられ」などに姿を変えることができます。

進化はないです。






バニプッチ:

バニプッチ、バニリッチ、バイバニラといずれもソフトクリームの形をしたポケモンです。

見た目どおり、こおりタイプで、特性はアイスボディ、かくれ特性に、くだけるよろいがあります。

バニリッチはセッカジムのハチクが、バイバニラはアデクやNが使うポケモンです。



続きを読む

kazoku11ne at 05:17|Permalink家族のおしゃべり 

August 07, 2016

ノースサファリサッポロ、コアルヒー、ほか思いつくまま

ノースサファリサッポロ:

札幌市南区にある動物園です。

動物とのふれあいをテーマに、ペンギンやエゾタヌキの抱っこなどが体験できる珍しい動物園です。

動物のいる柵の中に人が入っていくスタイルが特徴で、ウォーキング・サファリと呼んでいるそうです。

動物のストレスの考慮から時間は限定されたりはするそうです。





コアルヒー:

みずどりポケモンに分類されているように、みず・ひこうタイプのポケモンです。

アヒルのような姿をしてる、かわいい感じのポケモンです。

進化すると同じタイプのスワンナになります。

スワンナはハクチョウのような姿ですが、結構強いポケモンで、仲間にいると頼もしいです。





コアルヒー:

みず・ひこうタイプのポケモンです。

姿はアヒルで、水色の鳥ポケモンです。

防御を下げられない「はとむね」という特性や、「するどいめ」という特性があるようです。

するどいめはフィールド移動中にレベルの低い野生ポケモンが出にくくなり、ゲームが進行しやすくなります。

進化形があり、進化すると白鳥のようなスワンナになります。


続きを読む

kazoku11ne at 06:07|Permalink家族のおしゃべり 

August 01, 2016

昭和新山熊牧場、ユニラン、ほか思いつくまま

昭和新山熊牧場:

北海道有珠郡壮瞥町の昭和新山にあります。

入園者が餌をあげられるクマの動物園なんだとか。

近距離からの観察できるように「人のおり」もあるそうです。

大牧場、こぐまの幼稚園、くまのアパート、若くま牧場、あらいぐま牧場などの施設があります。

洞爺湖から車で10分程度とのことで、行くなら両方でしょうね。





ブイゼル:

オレンジ色のイタチみたいな姿のポケモンです。

進化するとフローゼルになります。

いずれも、みずタイプのポケモンであり、うみイタチポケモンに分類されます。

進化前も進化後も、天気が「あめ」の時、自分の「すばやさ」が2倍になる「すいすい」の特性があります。





ユニラン:

四天王のカトレアが最終進化のランクルスを使っており、存在感のあるポケモンです。

その特異な姿も目に留まりやすいですね。

ユニランもその進化のダブランも、さらにランクルスも、スライム状のものに包まれています。

最初は卵っぽくて、進化するごとにだんだん人型になっていくのでした。


続きを読む

kazoku11ne at 06:05|Permalink家族のおしゃべり 

July 26, 2016

フクロウとキタキツネの森、ゴチム、ほか思いつくまま

フクロウとキタキツネの森:

札幌市南区にある動物園です。

フクロウなどの猛禽類や、キタキツネなどのキツネ類が中心の動物園です。

フクロウと人を隔てる檻や柵はなく、至近距離で見ることができるのが特徴です。

キタキツネへのエサやりや抱っこなどもできるんだとか。

普通の動物園では物足りない人にはいいかもですね。





カイロス:

むしタイプのポケモンで、クワガタに似た姿をしています。

相手にこうげきを下げられない「かいりきバサミ」や、相手の防御系の特性の影響を受けない「かたやぶり」の特性があります。

なんだか強引なイメージが強いですね。

通常の進化はしないですが、メガシンカしてメガカイロスになることができます。






ゴチム:

2つの進化形を持つ、エスパータイプのポケモンです。

ゴチムのときは小さな少女のような姿で、ゴチミルに進化すると少し成長した少女のような姿になります。

そしてゴチルゼルに進化するとさらに成長した姿になります。

いずれも白のリボンが特徴となっており、女性的な姿ですが、オスも存在するポケモンです。


続きを読む

kazoku11ne at 05:08|Permalink家族のおしゃべり 

July 20, 2016

北きつね牧場、チラーミィ、ほか思いつくまま

北きつね牧場:

「キツネの町」北見市にあるキツネ専門の動物園です。

温根湯温泉を代表する人気観光スポットなんだとか。

見学客は敷地内に張り巡らされた遊歩道からキツネたちの生態を観察するかたちです。

時にはキツネ自身が観光客のそばまで来ることもあるそうです。

かわいいですね。





ヘラクロス :

むし/かくとうタイプのポケモンで、カブトムシのような姿のポケモンです。

こんじょう/むしのしらせの特性を持ちます。

かくれ特性には「じしんかじょう」があります。

普通の進化はないですが、メガシンカすることができます。

こうげきが強いポケモンという特徴があります。






チラーミィ:

ノーマルポケモンの一つで、チンチラのような姿をしています。

進化形のチラチーノとともにメロメロボディやテクニシャンの特性をもちます。

運の要素も強いようで、ゲームの際には単純な数字では見えにくいお得なポケモンかもしれないです。

ちなみに進化の前後であまり外観が変わらないポケモンです。


続きを読む

kazoku11ne at 06:01|Permalink家族のおしゃべり 

July 14, 2016

ベア・マウンテン、ゾロア、ほか思いつくまま

ベア・マウンテン:

北海道上川郡新得町の狩勝高原にあるヒグマのテーマパークです。

バスでヒグマを見るサファリパークで、そのバスはベアウォッチングバスといわれています。

ここの熊たちは冬ごもりもします。

冬眠中の熊もしっかり飼育員が観察しているそうです。

すごく珍しいタイプの動物園です。





ミツハニー:

むし・ひこうタイプの、はちのこポケモンです。

「みつあつめ」という特性があります。

メスの場合、進化してビークインになることができます。

ビークインは女王蜂のような姿をしたポケモンで、四天王のリョウなどが使うポケモンです。

ヒワダジムリーダーのツクシも使います。





ゾロア:

別のポケモンや人に変身する能力が特徴のポケモンです。

あくタイプで、姿は濃灰色のキツネといったところです。

ブラック2・ホワイト2では、ホドモエシティで入手できるんだとか。

進化すると、同じあくタイプのゾロアークになります。

ちなみに「X・Y」から野生のものが登場するようになりました。


続きを読む

kazoku11ne at 06:08|Permalink家族のおしゃべり 

July 08, 2016

のぼりべつクマ牧場、ヤブクロン、ほか思いつくまま

のぼりべつクマ牧場:

登別市にある熊の動物園です。

ヒグマ博物館とアイヌ生活資料館を併設しています。

エゾヒグマ、ヒグマ、ツキノワグマ、エゾリス、エゾタヌキ等を見ることができるそうです。

ヒグマといえば北海道ならではという感じですね。

クマのショー、アヒルの競走などアトラクションも楽しめる層です。





スボミー:

小さく丸い体の、くさ・どくタイプのポケモンです。

つぼみポケモンに分類されます。

進化形があり、ロゼリアやロズレイドに進化します。

進化してもタイプは変わりませんが、いばらポケモンのロゼリア、ブーケポケモンのロズレイドと、分類には成長を感じるのでした。





ヤブクロン:

緑色のビニール袋に茶色い粘着性っぽい腕のポケモン。

いかにも廃棄物といった姿です。

タイプは見た目の通り、どくタイプです。

有毒のガスを吐き出し、その有毒性はヤブクロンとの相性の良さに反比例するんだとか。

進化形もあり、進化するとダストダスになります。

こちらも、どくタイプのポケモンです。


続きを読む

kazoku11ne at 04:02|Permalink家族のおしゃべり 

July 02, 2016

おびひろ動物園、アーケン、ほか思いつくまま

おびひろ動物園:

1963年に開園した道内2番目の歴史の動物園です。

園内には、植村直己の業績を称える氷雪の家があります。

帯広市の緑ヶ丘公園内にある帯広市立の動物園です。

観覧車やゴーカートなどの遊具もいろいろあります。

周辺には北海道立帯広美術館、帯広百年記念館などもあります。





ナックラー:

アリジゴクのようなポケモンで、一見むしタイプかなと思いますが、じめんタイプです。

乾燥した砂漠に生息しているそうです。

進化形があり、進化すると、じめん・ドラゴンタイプになります。

ビブラーバ、そしてフライゴンへと進化します。

「ふゆう」の特性があるので、じめんタイプには強いかも。





アーケン:

ブラック・ホワイトでは、「はねのカセキ」から復元されることで手に入れることができます。

とりポケモンの先祖とされ、始祖鳥のような姿をしています。

飛行はできないけど、滑空はできるとのことでタイプは「いわ」と「ひこう」です。

進化したアーケオスは飛行もできますが、でもどちらかというと歩行のほうが得意なんだとか。


続きを読む

kazoku11ne at 05:06|Permalink家族のおしゃべり 

June 26, 2016

釧路市動物園、プロトーガ、ほか思いつくまま

釧路市動物園:

1975年に開園し、その当時は国内最大の面積だったそうです。

国内最東端の動物園という特徴もあります。

アカシカ、マーモット、オタリアなど様々な動物の繁殖に成功しています。

タンチョウ保護増殖センターもおかれています。

観覧車やメリーゴーランドなどの乗り物もあります。






サンド:

砂漠地帯に住むといわれているポケモンのひとつです。

ねずみポケモンに分類されるものの、その姿はアルマジロっぽいです。

進化形があり、進化するとサンドパンとなります。

いずれも、じめんタイプのポケモンです。

天気が「すなあらし」の時「すばやさ」が上がる「すなかき」のかくれ特性があります。





プロトーガ:

海でも陸でも活動できるポケモンで、ウミガメのような姿です。

進化するとアバゴーラになります。

そのとき後脚がヒレから歩脚となることで、直立できるようになり、さらに陸も得意そうになります。

いずれも、みず・いわタイプのポケモンです。

絶滅した古代ポケモンの設定で、化石から再現されるのでした。


続きを読む

kazoku11ne at 06:01|Permalink家族のおしゃべり