May 21, 2016

子供の水いぼ、ダルマッカ、ほか思いつくまま

子供の水いぼ:

子供がかかりやすいそうで、ウイルス性の皮膚病なんだとか。

そのため、保育園などでもらってくるケースもあるようです。

痛みや痒みはないようですが、どんどん広がっていく特徴があるので、早く病院にかかることが大事です。

アトピーがある子だと相まって症状がひどくなる可能性があるそうです。





サンダース:

でんきタイプのポケモンで、イーブイから進化したポケモンです。

黄色い体で、常に電気の弾ける音を発しているんだとか。

状態異状の時、すばやさが上がる「はやあし」のかくれ特性を持ちます。

まひ状態でもすばやさが下がらないそうです。

また、「ちくでん」の特性も持ちます。





ダルマッカ:

短い手足とダルマのような姿のダルマッカは、ほのおタイプのポケモンです。

そのダルマッカは一つ進化形があり、それがヒヒダルマです。

ヒヒダルマは瞑想して動かないダルマモードというのがあります。

そのダルマモードの時は、ほのお・エスパータイプとなります。

リゾートデザートの砂漠の城にいるのがそれですね。


続きを読む

kazoku11ne at 05:07|Permalink家族のおしゃべり 

May 15, 2016

アトピーと赤ちゃん、メグロコ、ほか思いつくまま

アトピーと赤ちゃん:

アトピー性皮膚炎では顔や手や足などの体に赤い湿疹が出ます。

かゆくて、かいてしまうと膿を持ったり、ますます症状が治りにくくなります。

アトピーは、その赤ちゃんの発疹により処方される薬が違うようです。

かならず専門医に相談することが大事です。

簡単に治るようなものではないので、生活面も注意しつつじっくり取り組むことが大事です。






シャワーズ:

みずタイプのポケモンで、イーブイから進化してなることができます。

姿は哺乳類と魚類のハイブリッドな感じです。

みずタイプの技を受けるとHPを少し回復する「ちょすい」の特性があります。

他にも水を操る能力、雨を察知する力など、とにかく水が得意なポケモンなのでした。





メグロコ:

砂の中で生活するとされるメグロコは、ワニの姿をしたポケモンです。

ワルビル、ワルビアルに進化し、いずれもじめん・あくのポケモンです。

ワルビルやワルビアルになると目の黒い部分がサングラスのような形になり、よりワルそうなビジュアルになるのでした。


続きを読む

kazoku11ne at 05:06|Permalink家族のおしゃべり 

May 09, 2016

赤ちゃんの息、チュリネ、ほか思いつくまま

赤ちゃんの息:

普段と違う赤ちゃんの様子で、ゼーゼーとしているときがあります。

健康上の問題がないこともありますが、小児喘息による場合もあるそうです。

気になるときには病院で診てもらうことが大事です。

喘息はアレルギー性のことも多く、その場合は時間をかけた治療になります。






イーブイ:

見た目はキツネのようなポケモンです。

大きな耳と襟巻のような首周りの毛が特徴です。

タイプはノーマルですが、進化することで様々なタイプに変ることができます。

他のポケモンではない特徴です。

そのため、しんかポケモンという分類がされています。

「にげあし」の特性があります。





チュリネ:

体と頭で構成される姿が苗木のようなチュリネはくさタイプのポケモンです。

チュリネにオスはいなんだとか。

だからもちろん進化したドレディアにもオスはいないです。

ドレディアは姿は人型で、ロングスカートをはき、頭には赤い大きな花飾りがあります。

オスがいたら変な感じですね。



続きを読む

kazoku11ne at 05:02|Permalink家族のおしゃべり 

May 03, 2016

障害の有無、モンメン、ほか思いつくまま

障害の有無:

赤ちゃんのうちは障害が分かりにくいです。

他の子より成長が遅れているからといってもかならずしも障害とは限らないです。

一方で普通に思えていたのに、後で検査をしたら障害が見つかることも。

見た目には判断が難しいことも場合も多いので、なかなか気づきにくいです。






ピィ:

フェアリータイプの星形のポケモンで、進化してピッピ、ピクシーに変化します。

いずれも体がピンク色で、耳の先が黒いのが特徴です。

マジックガードやメロメロボディの特性を持ちます。

またピクシーだけ、かくれ特性として「てんねん」があります。

ゲームでは必ず逃げられるという「ピッピにんぎょう」なるアイテムもあります。






モンメン:

くさ・フェアリータイプのポケモンです。

ホワイト・ブラックのときは、くさタイプでしたが、X・Yからフェアリーも追加となりました。

綿毛をまとった小さい木綿の種子の姿をしたポケモンです。

でも進化するとエルフーンとなり、手足のある人型のポケモンになります。


続きを読む

kazoku11ne at 06:05|Permalink家族のおしゃべり 

April 27, 2016

赤ちゃんとリンパ節、フシデ、ほか思いつくまま

赤ちゃんとリンパ節:

リンパ節に症状が現れることもあります。

首の後ろや耳の近く、あごの下、脇の下などにはリンパ節があります。

腫れると触った時の手ごたえとして知ることができます。

リンパ節の腫れは心配がいらないものもあります。

でもそうでないものもあり、例えば、あごの下のリンパ節が腫れる場合は、発熱することもあります。






ミミロル:

うさぎポケモンで、タイプはノーマルです。

進化するとミミロップになります。

2頭身のミミロルが、進化で人型のスリムな姿に変ります。

進化によって特性にも違いがあり、「にげあし」がなくなり「メロメロボディ」になります。

「まひ」状態にならない「じゅうなん」のかくれ特性もあります。






フシデ:

フシデは2つの進化形をもつ、むし・どくポケモンです。

進化形はホイーガとペンドラーです。

いずれもむし・どくタイプのままですが、大きさはかなり変わります。

ホイーガは丸まってタイヤのような形になってます。

ペンドラーは大型のムカデのような姿となります。

体格の割に素早い動きが特徴です。




続きを読む

kazoku11ne at 05:47|Permalink家族のおしゃべり 

April 21, 2016

赤ちゃんの顔色、クルミル、ほか思いつくまま

赤ちゃんの顔色:

赤ちゃんの健康状態の異変に気付くひとつに顔色があります。

とはいえ、普段と違う顔色だからといってすぐ病気とはいえないので、その判断のための知識も必要です。

チアノーゼが出たり、泣きだしたとき顔色が真っ青になったりというのは医師の診察を受けたほうがいいでしょう。

食欲など他の症状との組み合わせも考慮して判断することも大事です。






エネコ:

猫のようなポケモンの一つで、糸のような細目が特徴です。

進化形もあり、エネコロロになります。

いずれもノーマルポケモンです。

自分の繰り出す技が全てノーマルタイプ扱いになる「ノーマルスキン」という特性を持ちます。

アニメ版にもちょこちょこ登場しています。






クルミル:

クルミルは「むし」と「くさ」のタイプのポケモンです。

2つの進化形をもつので、育てるのが楽しみなポケモンですね。

最初の進化で、クルマユになります。

そして次はハハコモリ。

いずれも、むし・くさタイプは変わらないです。

アニメのサトシもクルミルを持っていて、クルマユに進化しています。


続きを読む

kazoku11ne at 06:01|Permalink家族のおしゃべり 

April 15, 2016

小児科医、ダゲキ、ほか思いつくまま

小児科医:

赤ちゃんや子供の病気の時、お世話になる小児科のお医者さんです。

ではどんなお医者さんがいいのでしょうか。

しっかり話を聞いて相談に乗ってくれるお医者さんは評判がいいですね。

問診の時間が短かかったり、説明が分かりにくいのは、どうなのかなと思うのでした。






イワーク:

岩が連結して蛇っぽい形のポケモンです。

いわ・じめんタイプで、一撃必殺の技を受けない「がんじょう」の特性を持ちます。

進化するとタイプも変わり、はがね・じめんタイプのハガネールになります。

ジムリーダーのミカンや、四天王のシバなどが使うポケモンです。

メガハガネールはメガシンカ後の姿です。





ダゲキ:

黒帯を腰に締め、空手着を着た、空手家のような姿のポケモンです。

細型の体型、そして体の色は青色なので、太型・赤色のナゲキとは対照的なのでした。

かくとうタイプのポケモンで、進化はしないです。

見た目では、片方の眉がないことが、なにかと気になるのでした。


続きを読む

kazoku11ne at 06:07|Permalink家族のおしゃべり 

April 09, 2016

伝染性単核球症、ナゲキ、ほか思いつくまま

伝染性単核球症:

ウイルス感染によって、リンパ球が異常に増加してしまう病気です。

このウイルスにはほとんどの子供が感染すると言われています。

でも意外と発病することはほとんどないんだとか。

高熱が出て首のリンパ節が腫れたりするそうです。

他にも症状がありますが、風邪にしては少し感じが違うなどと違和感を覚えたら病院に行くことが大事です。





ベトベター:

どくタイプのポケモンで、廃棄物質からできたポケモンの一つです。

一つ進化もできて、進化するとベトベトンになります。

臭いポケモンです。

セキチクジムリーダーのキョウが使うポケモンの一つでもありす。

持っている道具を相手に奪われないという「ねんちゃく」の特性があります。






ナゲキ:

かくとうタイプのポケモンで、いつも柔道着を着ています。

太めの体格で、赤いからだをしています。

進化はしないですが、仲間にすると頼もしいポケモンです。

四天王ではレンブが使うポケモンのひとつです。

強い柔道家のように、柔道着には黒帯をしめているのでした。


続きを読む

kazoku11ne at 06:06|Permalink家族のおしゃべり 

April 03, 2016

血友病、オタマロ、ほか思いつくまま

血友病:

先天性の血液凝固障害と言われています。

些細な出血でも止血しにくくなってしまいます。

根本的に治すことは、今の時点では難しいと言われています。

血液凝固因子を注射する方法が治療方法となるそうです。

血友病といえば血液製剤によるエイズや肝炎ウイルスの感染が問題になったことでも記憶にありますね。






ズバット:

こうもりポケモンということで、姿は小さなコウモリです。

相手にひるまされない「せいしんりょく」という特性を持ちます。

どく/ひこうタイプのポケモンで、進化形が二つあります。

最初の進化で、体がかなり大型化し、ゴルバットになります。

次の進化ではクロバットになります。





オタマロ:

眉毛が特徴で、おたまじゃくしっぽい、みずタイプのポケモンです。

水たまりの近くでゲットすることができます。

最初はみずタイプですが、進化したガマガルや、さらに進化したガマゲロゲは、みず/じめんタイプとなります。

じめんタイプの特性もあわせ持つので一緒にいると心強いポケモンなのでした。


続きを読む

kazoku11ne at 05:08|Permalink家族のおしゃべり 

March 28, 2016

血管性紫斑病、ドッコラー、ほか思いつくまま

血管性紫斑病:

安静にしていれば特に治療せずとも回復が期待できる病気の一つなんだとか。

血管内の壁に炎症がおこり、そのために出血をしてしまい紫の斑点ができてしまう病気です。

アレルギー性のものが多いんだとか。

なお腎臓障害を起こすと、肝炎になるとも言われているので注意も必要かな。






コラッタ:

ノーマルのねずみポケモンで、体は30センチくらいと小さいです。

進化するとラッタになり、体も大きくなり、色も薄紫色から茶色と変わります。

野生ポケモンとの戦闘でかならず逃げられる「にげあし」の特性があり、ちょっと強いところに足を延ばすのもできるのかも。





ドッコラー:

灰色の体にピンクの血管のようなものが浮き出た姿のかくとうタイプのポケモンです。

角材を持ち戦いに使うんだとか。

進化してもかくとうタイプで、ドテッコツになります。

さらに強靭な姿にかわります。

ところが、もう一つ進化してローブシンになると、見た目は老人です。

強くはなっているようですが、進みすぎな気もします。


続きを読む

kazoku11ne at 06:02|Permalink家族のおしゃべり