July 26, 2016

フクロウとキタキツネの森、ゴチム、ほか思いつくまま

フクロウとキタキツネの森:

札幌市南区にある動物園です。

フクロウなどの猛禽類や、キタキツネなどのキツネ類が中心の動物園です。

フクロウと人を隔てる檻や柵はなく、至近距離で見ることができるのが特徴です。

キタキツネへのエサやりや抱っこなどもできるんだとか。

普通の動物園では物足りない人にはいいかもですね。





カイロス:

むしタイプのポケモンで、クワガタに似た姿をしています。

相手にこうげきを下げられない「かいりきバサミ」や、相手の防御系の特性の影響を受けない「かたやぶり」の特性があります。

なんだか強引なイメージが強いですね。

通常の進化はしないですが、メガシンカしてメガカイロスになることができます。






ゴチム:

2つの進化形を持つ、エスパータイプのポケモンです。

ゴチムのときは小さな少女のような姿で、ゴチミルに進化すると少し成長した少女のような姿になります。

そしてゴチルゼルに進化するとさらに成長した姿になります。

いずれも白のリボンが特徴となっており、女性的な姿ですが、オスも存在するポケモンです。


続きを読む

kazoku11ne at 05:08|Permalink家族のおしゃべり 

July 20, 2016

北きつね牧場、チラーミィ、ほか思いつくまま

北きつね牧場:

「キツネの町」北見市にあるキツネ専門の動物園です。

温根湯温泉を代表する人気観光スポットなんだとか。

見学客は敷地内に張り巡らされた遊歩道からキツネたちの生態を観察するかたちです。

時にはキツネ自身が観光客のそばまで来ることもあるそうです。

かわいいですね。





ヘラクロス :

むし/かくとうタイプのポケモンで、カブトムシのような姿のポケモンです。

こんじょう/むしのしらせの特性を持ちます。

かくれ特性には「じしんかじょう」があります。

普通の進化はないですが、メガシンカすることができます。

こうげきが強いポケモンという特徴があります。






チラーミィ:

ノーマルポケモンの一つで、チンチラのような姿をしています。

進化形のチラチーノとともにメロメロボディやテクニシャンの特性をもちます。

運の要素も強いようで、ゲームの際には単純な数字では見えにくいお得なポケモンかもしれないです。

ちなみに進化の前後であまり外観が変わらないポケモンです。


続きを読む

kazoku11ne at 06:01|Permalink家族のおしゃべり 

July 14, 2016

ベア・マウンテン、ゾロア、ほか思いつくまま

ベア・マウンテン:

北海道上川郡新得町の狩勝高原にあるヒグマのテーマパークです。

バスでヒグマを見るサファリパークで、そのバスはベアウォッチングバスといわれています。

ここの熊たちは冬ごもりもします。

冬眠中の熊もしっかり飼育員が観察しているそうです。

すごく珍しいタイプの動物園です。





ミツハニー:

むし・ひこうタイプの、はちのこポケモンです。

「みつあつめ」という特性があります。

メスの場合、進化してビークインになることができます。

ビークインは女王蜂のような姿をしたポケモンで、四天王のリョウなどが使うポケモンです。

ヒワダジムリーダーのツクシも使います。





ゾロア:

別のポケモンや人に変身する能力が特徴のポケモンです。

あくタイプで、姿は濃灰色のキツネといったところです。

ブラック2・ホワイト2では、ホドモエシティで入手できるんだとか。

進化すると、同じあくタイプのゾロアークになります。

ちなみに「X・Y」から野生のものが登場するようになりました。


続きを読む

kazoku11ne at 06:08|Permalink家族のおしゃべり 

July 08, 2016

のぼりべつクマ牧場、ヤブクロン、ほか思いつくまま

のぼりべつクマ牧場:

登別市にある熊の動物園です。

ヒグマ博物館とアイヌ生活資料館を併設しています。

エゾヒグマ、ヒグマ、ツキノワグマ、エゾリス、エゾタヌキ等を見ることができるそうです。

ヒグマといえば北海道ならではという感じですね。

クマのショー、アヒルの競走などアトラクションも楽しめる層です。





スボミー:

小さく丸い体の、くさ・どくタイプのポケモンです。

つぼみポケモンに分類されます。

進化形があり、ロゼリアやロズレイドに進化します。

進化してもタイプは変わりませんが、いばらポケモンのロゼリア、ブーケポケモンのロズレイドと、分類には成長を感じるのでした。





ヤブクロン:

緑色のビニール袋に茶色い粘着性っぽい腕のポケモン。

いかにも廃棄物といった姿です。

タイプは見た目の通り、どくタイプです。

有毒のガスを吐き出し、その有毒性はヤブクロンとの相性の良さに反比例するんだとか。

進化形もあり、進化するとダストダスになります。

こちらも、どくタイプのポケモンです。


続きを読む

kazoku11ne at 04:02|Permalink家族のおしゃべり 

July 02, 2016

おびひろ動物園、アーケン、ほか思いつくまま

おびひろ動物園:

1963年に開園した道内2番目の歴史の動物園です。

園内には、植村直己の業績を称える氷雪の家があります。

帯広市の緑ヶ丘公園内にある帯広市立の動物園です。

観覧車やゴーカートなどの遊具もいろいろあります。

周辺には北海道立帯広美術館、帯広百年記念館などもあります。





ナックラー:

アリジゴクのようなポケモンで、一見むしタイプかなと思いますが、じめんタイプです。

乾燥した砂漠に生息しているそうです。

進化形があり、進化すると、じめん・ドラゴンタイプになります。

ビブラーバ、そしてフライゴンへと進化します。

「ふゆう」の特性があるので、じめんタイプには強いかも。





アーケン:

ブラック・ホワイトでは、「はねのカセキ」から復元されることで手に入れることができます。

とりポケモンの先祖とされ、始祖鳥のような姿をしています。

飛行はできないけど、滑空はできるとのことでタイプは「いわ」と「ひこう」です。

進化したアーケオスは飛行もできますが、でもどちらかというと歩行のほうが得意なんだとか。


続きを読む

kazoku11ne at 05:06|Permalink家族のおしゃべり 

June 26, 2016

釧路市動物園、プロトーガ、ほか思いつくまま

釧路市動物園:

1975年に開園し、その当時は国内最大の面積だったそうです。

国内最東端の動物園という特徴もあります。

アカシカ、マーモット、オタリアなど様々な動物の繁殖に成功しています。

タンチョウ保護増殖センターもおかれています。

観覧車やメリーゴーランドなどの乗り物もあります。






サンド:

砂漠地帯に住むといわれているポケモンのひとつです。

ねずみポケモンに分類されるものの、その姿はアルマジロっぽいです。

進化形があり、進化するとサンドパンとなります。

いずれも、じめんタイプのポケモンです。

天気が「すなあらし」の時「すばやさ」が上がる「すなかき」のかくれ特性があります。





プロトーガ:

海でも陸でも活動できるポケモンで、ウミガメのような姿です。

進化するとアバゴーラになります。

そのとき後脚がヒレから歩脚となることで、直立できるようになり、さらに陸も得意そうになります。

いずれも、みず・いわタイプのポケモンです。

絶滅した古代ポケモンの設定で、化石から再現されるのでした。


続きを読む

kazoku11ne at 06:01|Permalink家族のおしゃべり 

June 20, 2016

旭山動物園、デスマス、ほか思いつくまま

旭山動物園:

北海道旭川市にあり、日本最北の動物園といわれています。

でも最北という理由だけじゃなくこの動物園は有名です。

動物の行動や生活を見せる「行動展示」を導入したことで注目を受けました。

他の動物園は見習うほどに人気を博する動物園です。

国内で初めて飼育下での自然繁殖に成功した動物としてホッキョクグマ、アムールヒョウ、コノハズクなどがあります。






グレイシア:

イーブイの進化形の一つであり、こおりタイプの、しんせつポケモンです。

体温をコントロールすることで周囲の空気を冷やすんだとか。

ダイヤモンドダストも降らすことができるとされています。

天気が「あられ」の時には、回避率が上がる「ゆきがくれ」の特性があります。






デスマス:

図鑑によると「生前は人間だった」とされるゴーストタイプのポケモンです。

赤い目で黒い姿、そして人面の仮面を持っています。

進化形があり、進化すると姿は棺桶のようになり、仮面は見当たらなくなります。

進化したポケモンはデスカーンです。

戦う相手をミイラにしてしまうけっこう面倒なポケモンなのでした。


続きを読む

kazoku11ne at 06:57|Permalink家族のおしゃべり 

June 14, 2016

円山動物園、シンボラー、ほか思いつくまま

円山動物園:

札幌市中央区の円山公園の中にある動物園で、札幌市が運営しています。

ホッキョクグマの繁殖に成功したことで注目された動物園です。

父のデナリと母のララが、メスのツヨシとピリカ、双子のオスのイコロとキロル、メスのアイラ、双子のメスのマルルとポロロなどを誕生させました。





リーフィア:

イーブイが進化した時、くさタイプの場合はこのポケモンです。

しんりょくポケモンという分類となっています。

争いを好まない温和な性格なんだとか。

ちなみに天気が「ひざしがつよい」の時、自分の「すばやさ」が上がる、「ようりょくそ」のかくれ特性があります。





シンボラー:

古代の象形文字がポケモンになったような姿のポケモンです。

タイプは「ひこう」と「エスパー」です。

シルエットにすると鳥のような姿のため、とりもどきポケモンとして分類されます。

ちなみにX・Yでは、ヒャッコクシティジムリーダーのゴジカが使うポケモンの一つです。


続きを読む

kazoku11ne at 06:06|Permalink家族のおしゃべり 

June 08, 2016

子供と薬、ズルッグ、ほか思いつくまま

子供と薬:

子供に薬ってけっこう大変です。

水に溶かしたり、何かの飲み物に溶かしたり。

工夫してもなかなか飲めないことも少なくないです。

また、飲めたと思ったら、吐き出してしまうことも。

子供の気持ちもかなり影響してくるので、メンタルから元気づけることも大事です。






ブラッキー:

イーブイの進化形の一つで、あくタイプのポケモンです。

月光の波動を受けて突然変異・進化するそうで、げっこうポケモンという分類でもあります。

イーブイが進化する時間に依存するようです。

相手にひるまされることがない「せいしんりょく」のかくれ特性があります。





ズルッグ:

あく・かくとうタイプのポケモンのズルッグはアニメではサトシのポケモンの一つでよく知られてるポケモンの一つです。

ズルッグはかわいい感じもあるのですが、進化したズルズキンはトサカがモヒカン刈りみたくて、ワルっぽさアップです。

ホワイト・ブラックでは四天王のギーマのポケモンです。


続きを読む

kazoku11ne at 06:09|Permalink家族のおしゃべり 

June 02, 2016

赤ちゃんの看病、イシズマイ、ほか思いつくまま

赤ちゃんの看病:

赤ちゃんは言葉をいえないので、看病するときには、様子の変化に注意することが大事です。

様子を確認するひとつに体温があります。

体温はもともと赤ちゃんは高めですし、泣いたり興奮したりすると上がりやすいのでタイミングも大事です。

それと耳式など時間をかけずに測れる体温計が便利です。






エーフィ:

エスパータイプに進化したイーブイの進化形のひとつです。

エーフィへの進化には、なつき度と時間が条件となります。

姿では二又に分かれた尾が特徴的で、猫又っぽい印象も。

戦闘中には、つねに「マジックコート」状態になるという「マジックミラー」のかくれ特性があります。






イシズマイ:

体の上に貝ではなく、石を背負ったヤドカリみたいな姿のポケモンがイシズマイです。

石に住んでいるという姿どおりの生ですね。

たいぷは、むし・いわです。

アニメではデントのポケモンの一つでもあります。

進化するとかなり大きくなりますが、やはりヤドカリのような姿をしたイワパレスになるのでした。


続きを読む

kazoku11ne at 06:08|Permalink家族のおしゃべり