2016年06月27日

年配のカップルセラピーつれづれ

16  今月シアトルパシフィック大学に招聘された際、シアトルのチフリーガーデンに行った時のものです。すっごく素敵だった・・・。

 久しぶりの更新となりました。
 この間、アカデミック業界人としてどっぷりと中堅になったものだという案件に翻弄されつつ、元気でやっております。アカデミック業界には暗黙の「お作法」があったりするが、その通りにやっていては時代の流れについていけないという側面もあり、従ったり無視したりという塩梅が実に微妙。。。

 
 年配のカップルセラピーに関するスーパーヴァイズをさせていただきまして。
なんだかブリーフセラピーの教科書みたいに面接がスパッときれいに展開しないという案件だったんですが、いや、それは熟年カップル面接にありがちな展開ですよ、という話になりました。

 根本的にやりなおしたい、でも人生終盤でいまさら生き方の方向転換はできない、という主訴は、すでに主訴そのものに“渋み”があるわけで、結果として“やはり”渋い所に着地していくことが多いです。
 不登校児が学校に!とか、死ねと思っていた母親といい感じです!みたいな、ドラスティックな案件は、やはり若い世代に多いかもしれませんね。
 
 上記のような渋みある案件には、経験を積めば積むほどこちらもソフトランディング型の渋い対応をしていくわけですが、初心者のフレッシュなカウンセラーがガッツリとドラスティックな変化を意図した介入をした場合・・・

 それはそれで、意外といい感じになってみたり!!!

 することもあるわけですから、SVとしては一見面接がうまく行っていないように見えても「そのままやったほうがいい」という場合もあるわけです。
 
 なんていうのかしら、スパッといける可能性がある若案件もいいけれど、逆に地味に渋くてもいいわけですよ。どうしていいかわからなくなったグダグダな面接はだめですが。
 事例論文にはしにくいし、本にも書きにくいのですが(初心者には理解しにくい)、地味なブリーフセラピーっていうのもいいものだよな〜と最近思っているということをブログに書きたくなりました(笑

kazokushinri at 18:58│Comments(1)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by まさみ   2017年01月27日 22:32
こんにちは。お久しぶりです。

NFBTの学術会議の発表でもありましたが、どんなゴールを目指すのか、
世間から見たら、こんなゴール?!
って思うようなものでも、CLさんが望むゴールならやっぱりそれが一番ではないかと…

先月、東先生のワークショップでロールプレイを見ました。
熟年カップルのセッションで東先生がどこに落としどころをもっていくのか、結論は1回では出ませんでしたが、やっぱり派手なところではないだろうなぁと思いました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔