すでに強調したように、尋問技術の要諦は、尋問者の質問とそれに対する本人、証人の応答の全てをコントロールできること、コントロールできない応答がなされる可能性のある質問はしないということにある。

主尋問では、本人、証人の応答はすべて予想の範囲内にあるはずである。有利な事実だけでなく、ときには主尋問のなかで、こちらに不利な間接事実について先回りして質問し、それに対する的確な回答(反論)を引き出しておくべきである。相手方の弁護士は、自分がせっかく準備した反対尋問の論点がつぶされてしまい、がっかりするだろう。不利な間接事実に対する弁解を主尋問でする場合と反対尋問でする場合を比べると、主尋問で弁解する方が容易であることは明らかである。反対尋問では決して弁解させてはくれないし、暖かく弁解を受け入れてくれることはないからである。

なお、こちらに不利な事実を主尋問で指摘して弁解させておく、という方法は、刑事事件の情状弁護における被告人質問、情状証人に対する尋問でも有効である。練達した刑事弁護人は、被告人の身勝手さを峻厳に批判する質問をして被告人を叱りながら(しかし、決して皮肉や当てこすりを交えることはない)、最後には包容力をもってその弁解を受け入れる、という微妙なテクニックを心得ている。これをやっておけば、検察官の意地悪で感情的な質問に被告人や情状証人を延々と曝すという法廷場面(これは無意味で野蛮である。刑罰は峻厳に、しかし、理性的に下すものである)を少しは防げるだろう。

反対尋問において、本人、証人の応答をコントロールするということは、質問に対する本人、証人の応答を可能な限り予想し、どんな応答がなされても、更に追求できる材料をもっている論点に絞って質問するということである。これは容易なことではないが、陳述書の提出が実務慣行として定着するようになった現在、十分、可能なことであるし、陳述書の効用はまさしくそれを可能にすることにある。もし、相手方の本人、証人の尋問の中で、予想していなかった不利な事実が突然、引き出された場合はどうするか。そのような事実は、争点整理において、少なくとも、陳述書において予告されるべきものであるから、事前に陳述書に記載されず、突然、法廷で飛び出した経過の不自然を弾劾できるだろう。重要な事実であれば、陳述書に記載がなかったことを理由にその点に関する調査と反証の機会を裁判所に求めるべきである。

反対尋問に成功するためには、周到な準備、相当な時間を必要とする。反対尋問の準備では、全ての主張、証拠を再度、吟味して頭の中に叩き入れ、尋問中は記録中からいつでも必要な材料を引っ張り出せるようにしておくこと(問題にする主張や証拠を探すために記録をあちこち探すのは時間の無駄であり、尋問の流れを阻害する)、予想される応答とそれに対する質問をできる限りシミュレーションし、質問する事項と順番を選別し、相手方から異議の出ない質問のしかたを工夫することに費やされる。

反対尋問をする弁護士は、本人、証人よりも精神的に優位に立っていなければならない。これは、決して尋問者が尊大に振る舞うということではなく、むしろ逆である。あなたは、周到に準備して法廷に臨み、事件の全体像を誰よりも自分が把握しているという自信をもっているはずであり、その自信をもつために周到な準備をするのである。その自信こそが「精神的優位」という意味である。精神的優位にあるあなたは、相手方本人や証人がどんな虚偽を述べようとも弾劾する準備をもっているから、丁重で礼節を保った態度で尋問できるはずである。尋問中に横柄な態度をしたり、感情的に振る舞う弁護士は、準備不足のために相手方本人や証人の回答に不安をもっているからである。反対尋問とは、あくまで恭しい態度を保ちながら、相手方本人や証人が「嘘つき」であることを婉曲に暴露する場である。

弁護士になったばかりのあなたは、依頼者の正義を守るため反対尋問に張り切って臨み、相手方本人や証人の不誠実な供述に対して、怒りの感情をもって尋問するかもしれない。しかし、反対尋問では、相手方本人や証人の回答をコントロールするだけでなく、自分自身も完全にコントロールしなければならない。法廷で自分を抑制できず、感情的に振る舞うことは法廷弁護士の恥と心得るべきである。法廷弁護士が尋問中に怒りの感情を見せるとしても、それは慎ましく、抑制した演技でなければならない。

反対尋問に成功したとき、あなたは法廷弁護士としての達成感を感じるだろう。法廷で自分が正義の一部になったような陶酔感である。映画「Philadelphia」で、法廷弁護士である原告が、次のように質問に答えているように。

Q. All right, um, are you a good lawyer, Andrew?
A. I'm an excellent lawyer.
Q. What makes you an excellent lawyer?
A. I love the law. I know the law. I excel at practicing.
Q. What do you love about the law, Andrew?
A. I.. Many things. What do I love the most about the law?
Q. Yes.
A. It's that every now and again, not often, but occasionally, you get to be a part of justice being done. That really is quite a thrill when that happens.

しかし、法廷弁護士として反対尋問の経験を積み重ねていくと、いつしか、あなたは虚偽を述べて自分を守らなければならない相手方本人や証人に対して、怒りよりも哀しみの感情をもつようにだろう。たとえ反対尋問に成功しても、高揚感よりも戦士としての悲哀を感じるようになるだろう。