まぁ~、前回の記事からどんだけ空いちゃったんだろ

そりゃもう、この間に色んな事があったけど、あんま生産的な事は無かったかなぁ…

ただ演奏に関しては、なかなかイイ感じ

前にも書いたけど、ここ1~2年は自分に合った色んな法則を発見したりが多かったんだけど、その一つ一つがだいぶシッカリ身に付いてきたみたい。

こんなジジイになって、こんなにも飛躍的に進歩するとは思わなかったよ

前はフルセットの練習台でも、苦しい基礎練習を毎日永遠とやってたけど、今はソロやフィルインや複雑なフレーズの練習位しかやんないし、基礎的な練習はTVとか観ながらパッドでOKな感じですもん

もちろん他のドラマーにも共通する事も色々有るんで、講師としての授業にも還元したいんだけど、アンサンブルやリズムキープ、表現の仕方とか、メンタルに関する深いモノが多いんで、中級者以上に役立つ内容ばっかで…

今の生徒は、まだ初心者クラスの子達だからなぁ

でも、こんなブログでも覗きに来てくれる人達のために、これからそういう内容も小出しにしていきますで



とりあえず、今試しているのがグリップの改造です。

前にも書いたけど、私の場合シングルストロークにコンプレックスが有るので、そこを改善するために指の使い方に変化をつけようと思ってます。

ダブルストロークを多用することが多いので、小指まで全部の指をキッチリ使ってたんだけど、シングルストロークや速いレガートでは、あえて小指を使わない奏法をお試し中です。

今のところハッキリとした結論は出てないし、結局はその時の体調やニュアンスによって使い分ける事になりそうな感じなんだけど、一つ言える事は実際の演奏で妙な力みがとれて脱力の助けになるっつう事かな

パッド上とドラムセットでの本番の演奏とでは全然違うんで、思わぬ発見でした


あとは、スティックと指の接地面が少なくなるんで、スティック自体が鳴る感覚も増える様な…

まぁ、元々小指は立てた状態で、ホントに指先だけでグリップしてる状態が多かったんで、気持ちの問題かもだけど

この辺の事も、もう少し検証してからまた報告いたしますで


ほな、今年はあんまりサボんないで、更新するように努力いたしま~す