金融日記

藤沢数希が運営するブログ。
金融・経済、Web関連ビジネス、書評、科学、恋愛工学などについて。

TOPIX: 2624.73, +2.6% (1w), +10.9% (YTD)
Nikkei225: 38487.24, +4.3% (1w), +15.0% (YTD)
S&P500: 5005.57, -0.4% (1w), +4.9% (YTD)
USD/JPY: 149.95, +0.5% (1w), +6.0% (YTD)
EUR/JPY: 161.53, +0.4% (1w), +3.2% (YTD)
Oil(WTI Futures): 79.19, +3.1% (1w), +10.5% (YTD)

 週間で約19%も上昇した東京エレクトロンなどが牽引し、日経平均株価が史上最高値に迫っている。バブル経済絶頂期の1989年12月29日につけた3万8915円87銭(終値ベース)が史上最高値だ。ここを超えれば、いよいよ失われた35年が終わる象徴的な日となるのかもしれない。
 21日水曜日には、これまでの日米の株価ラリーを先導してきたNVIDIAの決算が発表される。もちろん業績的には好決算が予想されるが、市場の期待も過剰なだけに、どう転ぶかわからない。ここで過剰な期待に答えられないと、株式市場全体も調整局面になるかもしれない。
 アメリカ人はインフレだと価値が減る前に早めにドルを使ってしまおうと思うが、日本人はインフレだと節約で乗り切ろうとするようだ。結果、消費不振になり、日本のGDPは二期連続マイナスで、一般的な定義でのリセッションとなった。
 日銀がまた日経新聞に記事を書かせており、リセッションでもマイナス金利解除、必要なら追加利上げもする、とほのめかして円の下落に対して牽制しているようだ。

●東京エレクトロン株急伸、需要急回復で投資家買い増し
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFL131VP0T10C24A2000000/

●株価一時700円以上値上がり 史上最高値に迫る その背景は?
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240216/k10014360441000.html

●史上最高値圏で神経質、米エヌビディア決算次第で値幅も=来週の東京株式市場
https://jp.reuters.com/markets/japan/funds/TVFM3ZD7UVKGNMV6N2OKGWGNXI-2024-02-16/

●GDP年率0.4%減で2期連続マイナス 10-12月、消費不振
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA1339O0T10C24A2000000/

●日銀、GDP連続減でも揺るがず 追加利上げも視界に
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB157A10V10C24A2000000/

米個別銘柄の週間パフォーマンス(2024/02/09-2024/02/16)
米個別銘柄の週間パフォーマンス
出所: Google Finance, Yahoo!Finance

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

日本株
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
出所: 日経新聞社

サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス(2024/02/09-2024/02/16)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 東証、日経新聞社、セクター指数はTOPIX17業種

個別銘柄の週間パフォーマンス(2024/02/09-2024/02/16)
個別銘柄の週間パフォーマンス
出所: 会社四季報、Yahoo!ファイナンス

直近1年のドル円とユーロ円の推移
直近1年のドル円とユーロ円の推移
出所: セントラル短資

イールドカーブ(2024/02/16)
イールドカーブ
出所: Bloomberg.com

主要通貨の週間パフォーマンス(2024/02/09-2024/02/16)
主要通貨の週間パフォーマンス
出所: セントラル短資

外国株とコモディティ
外国株とコモディティ
出所: Yahoo!ファイナンス、Bloomberg.com

地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD](2024/02/09-2024/02/16)
地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD]
出所: iShares: MSCI Japan (EWJ), MSCI Kokusai (TOK)、MSCI Core Europe (IEUR), MSCI All Country Asia Pacific ex Japan (AAXJ), MSCI Emerging Markets (EEM), GLOBAL REIT ETF (REET). Bloomberg.com: Oil WTI Futures (CL1), Gold Futures (GC1)

今週のマーケット・イベント

2月19日(月)
日12月機械受注
休場:米国(プレジデントデー)

2月20日(火)
日1月首都圏マンション発売
決算:Walmart、他

2月21日(水)
日1月貿易収支
日1月訪日外国人客数
FOMC議事録(1/30-31開催分)
決算:Nvidia、他

2月22日(木)
米2月製造業購買担当者景気指数
米1月中古住宅販売件数

2月23日(金)
独2月IFO企業景況感指数
休場:日本(天皇誕生日)

2月24日(土)

2月25日(日)

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

第613号の目次です。

●週刊金融日記 重要バックナンバー(夜間飛行)
http://yakan-hiko.com/PU14

●週刊金融日記 重要バックナンバー(まぐまぐ)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52160749.html

●週刊金融日記 重要バックナンバー(note)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52021876.html

==============================
// 週刊金融日記
// 2024年2月12日 第613号
// ビットコインは2024年末までに1000万円超えます
// ARM暴騰!どこまでも金に愛される孫正義
// 香港で美味しい蛇スープを食べました
// 東京中学受験戦記
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。
 中国は春節(=中国の正月で今年は8連休)が始まり、不動産バブル崩壊で羽振りが悪くなっていて節約志向なのか国内や香港や日本などの近場を旅行する人が多いようです。東京では世界一成功(=金持ち)している歌手でありエンターテイナーのテイラー・スウィフトさんのコンサートが開催され、そこに中国からの観光客もたくさん来ていたようですね。というより、明らかに中国の春節にぶつけて、日本と中国と両方から集客する作戦でしたね。22万人が高額なチケットを買ったそうです。天文学的な売上ですね。

●テイラー・スウィフト 観客大絶叫に「ワオ!」 海外女性アーティスト史上初東京ドーム4日連続公演へ
https://www.daily.co.jp/gossip/2024/02/08/0017308568.shtml

 中高生の頃に定期試験の前日に急に部屋の掃除を始めたり、北斗の拳を全巻読み始めたような経験は誰もがあると思います。いろいろ原稿の締め切りがあってストレスが溜まっていた時、Amazonのサイトを見てみると、おやおや、沈黙の艦隊の実写ドラマがプライムで見れるじゃないですか。第1話をポチッと見たら、ついつい止まらなくなり、あるやつをぜんぶ見てしまいました。全世界同時公開らしいので、日本発のドラマですが、これは海外でも売れるかもしれませんね。

★沈黙の艦隊にハマってしまいました。
https://twitter.com/kazu_fujisawa/status/1755858706531795112

●ドラマ『沈黙の艦隊』シーズン1 東京湾大海戦
https://amzn.to/3SE8ihc

 それこそ中高生の頃に僕は原作の漫画を全部読んでいました。当時も面白かった記憶がありますが、なんせ30年以上も前の作品なので、そんなには覚えていませんでした。だからネタバレにもならず、ドラマも楽しめました。そして、これが、いま見ると非常に新しく重要なテーマになっています。
 当時は米ソ冷戦がまだ終わっておらず、世界は核戦争の恐怖に怯えていました。日本は米国との日米安全保障条約に依存し(リアリズムでは、これは米国の二重封じ込め戦略で、日本の軍事力をアメリカ依存に変えて無効化し、その封じ込めた日本を前線として仮想敵国の中国とロシアを封じ込めるのが狙いです)、ずっと事実上の属国のままでいいのか、米国の核の抑止力が本当に日本を守れるのか、などと当時の日本の政策担当者や政治家たちが真剣に考えていたことが窺えます。いまは良くも悪くも平和ボケだし、「政治主導」になり、目先の選挙しか考えない政治家と、その政治家に反抗しない官僚ばかりになってしまい、そういう深刻なことを考えるのをみんなやめてしまいました。
 そして、この作品がなぜいま新しいのかというと、リアリズムの世界を描いているからです。良くも悪くも、冷戦終結後はアメリカひとり勝ちで、日本を始めアメリカの同盟国も非常に強かったので、世界はリベラリズム主導で、ミアシャイマーなんかのリアリズムは忘れさられていました。それが、中国の軍事大国としての台頭、ロシアやグローバルサウスの経済成長などで、アメリカの相対的なパワーが低下し、ウクライナ戦争やガザでのパレスチナ人虐殺などで、また、リアリズムが支配する世界になってきたわけです。

週刊金融日記 第607号 リベラリズムが終わりリアリズムの世界到来とS&P500vsオールカントリー

 今週も読者から興味深い投稿がいくつもあります。見どころは以下のとおりです。

-勝間和代氏のテスラ批判についてどう思われますか
-AI革命はIT革命に匹敵するほど世の中を大きく変えますか
-同じオルカンでも基準価格がぜんぜん違います
-姪が偏差値に釣られ遠距離通学の学校を選んでしまいました
-息子と東京の中学受験に参戦しましたが家族全員で楽しめる最高のエンターテインメントでした

 それでは今週もよろしくお願いします。

1.ビットコインは2024年末までに1000万円超えます

 1月17日付のメルマガ第609号に、僕はクリプトに対して宗旨替えをしたことを述べました。以下、引用します。

+++++++++++++++++++++++++++
【追記】

 ブログの方に書き忘れたが、クリプト界隈のビッグニュースがあった。米国でとうとうビットコイン現物が中身のETFが承認された。クリプト界隈では、ニュース発表前から、すでに織り込み済みで、過剰に買われていた。一方で、ビットコインは今どきすでにどこでも買えたので、ETF承認を機に新たにビットコインを買いたい、という新規の投資家は限定的で、需給的には、短期には崩れそうである。
 一方で、多くの国で上場株は税制の優遇があり、ETFは上場株として扱われることが多いため、そうした税制面でのメリットからの買い手は増えそうである。また、間違いなく、長期的にはクリプトの信頼が増しているわけで、プラスになりそうだ。
 筆者は、これまでクリプト全般には非常にネガティブなビューを持っていたが、最近はビューが変わっている。その理由などは、近々、考察を書こうと思う。

●SECがビットコインの現物ETF(上場投資信託)を承認
https://www.nri.com/jp/knowledge/blog/lst/2024/fis/kiuchi/0112

『週刊金融日記 第609号 ビットコインETFが米国市場に上場』より引用
+++++++++++++++++++++++++++

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

2.今週のマーケット

●ARM暴騰!どこまでも金に愛される孫正義、春節で中国人がテイラー・スウィフトを見るために訪日(金融日記 Weekly 2023/2/2-2024/2/9)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52228682.html

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

3.ブログではいえないお店

-香港で美味しい蛇スープを食べました

 香港も2月はそこそこ寒いのですが、寒い香港で旬で美味しい(と言われている)食材が蛇です。英語でSnakeです。香港のセントラルになんと100年以上続いている老舗の中華料理屋があり、ここの蛇スープが名物です。と言っても、なんら高級な感じのお店ではなく、その辺の広東料理のふつうの小さいレストランと言った風情ですね。まあまあ流行っていて、先日訪れた時も、8割ぐらいの席は埋まっていましたし、となりでは香港の有名なインフルエンサーの女子がスタッフとたまたま撮影しておりました。

★こちらは2020年11月に訪問した時です。看板が赤いネオンで「蛇」の漢字がありますね。
https://twitter.com/kazu_fujisawa/status/1335925320164069379

★2022年11月訪問の時の写真もありました。
https://twitter.com/kazu_fujisawa/status/1589954085889150976

★そして、先日も蛇のスープを食べてきました。具が多いスープなので「飲む」ではなく「食べる」ですね。・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

4.藤沢数希の身もフタもない人生相談

-姪が偏差値に釣られ遠距離通学の学校を選んでしまいました

アラフィフ医師です。
第611号「なぜ受験生は偏差値の高い大学を目指すのか」を読みました。
身近に見た実例を紹介します。

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

TOPIX: 2557.88, +0.7% (1w), +8.1% (YTD)
Nikkei225: 36897.42, +2.0% (1w), +10.3% (YTD)
S&P500: 5026.61, +1.4% (1w), +5.4% (YTD)
USD/JPY: 149.26, +1.9% (1w), +5.5% (YTD)
EUR/JPY: 160.85, +1.0% (1w), +2.8% (YTD)
Oil(WTI Futures): 76.84, +6.3% (1w), +7.2% (YTD)

 相変わらず日米の株式市場が好調である。生成AIブームにより先端半導体需要増加で、孫正義氏が見い出し買収したARMの株価が一日で約50%も上昇し、時価総額が18兆円ほどになった。これの9割をソフトバンクGが保有しており、孫正義氏は中国のアリババに続き、莫大な利益を生み出す世紀の投資をまたもや成功させた。2022年に米国のインフレから急激な利上げが起こり、ハイテク株などが総崩れする中で、孫正義氏の肝いりのビジョンフォンドが大きな損失を出し、多くの評論家がバカにしていたが、結果的にはARMで大逆転し、あっぱれである。孫正義、どこまでも金に愛されいている男である。
 また、台湾のTSMCなどの株価も大きく上昇した。TSMCはトヨタ自動車などからも出資を受け、熊本県で大規模な半導体製造工場を建設中だ。
 現在、中国・香港は春節(=中国の正月)で大型連休である。日本も月曜日は建国記念日の振替休日で休みだ。中国人は不動産バブル崩壊で羽振りが悪くなっており、近場の国内旅行で済ませる人が多く、また、日本入国はビザの問題などもあり、中国からのインバウンド観光客は例年ほどではない。とはいえ、春節に合わせて、世界一金を稼ぐエンターテイナーであるテイラー・スウィフトのコンサートが東京で開催され、多くの中国人観光客が訪日したようだ。

●週刊金融日記 第534号 孫さんが金融のプロにカモられ損した話とAIの未来について、他
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52207306.html

●株価 小幅な値上がりも 一時 3万7000円台 約34年ぶりの水準に
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240209/k10014353051000.html

●TSMC、熊本に第2工場 トヨタ2%出資 27年稼働へ、先端半導体量産 2.9兆円投資発表
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO78291480X00C24A2MM8000/

★ARM大暴騰でソフトバンクGに天文学的な含み益がもたらされた。
https://twitter.com/kazu_fujisawa/status/1755437793868746773

●英アーム売上高・利益が予想超え、AI分野で収益拡大 株価急騰
https://jp.reuters.com/markets/japan/424SHXXQNJOB5IMBQTS4VL37OY-2024-02-07/

●ソフトバンクG株が続伸、9割保有のアームが米国時間に48%高
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2024-02-09/S8K60ST0AFB400

●「春節商戦」訪日客が多様化 中国人半減、東南アが補う
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC314VH0R30C24A1000000/

●テイラー・スウィフト 推しの経済効果“1.5兆円” 米国人「日本で見たほうが安い」
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000336540.html

米個別銘柄の週間パフォーマンス(2024/02/02-2024/02/09)
米個別銘柄の週間パフォーマンス
出所: Google Finance, Yahoo!Finance

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

日本株
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
出所: 日経新聞社

サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス(2024/02/02-2024/02/09)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 東証、日経新聞社、セクター指数はTOPIX17業種

個別銘柄の週間パフォーマンス(2024/02/02-2024/02/09)
個別銘柄の週間パフォーマンス
出所: 会社四季報、Yahoo!ファイナンス

直近1年のドル円とユーロ円の推移
直近1年のドル円とユーロ円の推移
出所: セントラル短資

イールドカーブ(2024/02/09)
イールドカーブ
出所: Bloomberg.com

主要通貨の週間パフォーマンス(2024/02/02-2024/02/09)
主要通貨の週間パフォーマンス
出所: セントラル短資

外国株とコモディティ
外国株とコモディティ
出所: Yahoo!ファイナンス、Bloomberg.com

地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD](2024/02/02-2024/02/09)
地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD]
出所: iShares: MSCI Japan (EWJ), MSCI Kokusai (TOK)、MSCI Core Europe (IEUR), MSCI All Country Asia Pacific ex Japan (AAXJ), MSCI Emerging Markets (EEM), GLOBAL REIT ETF (REET). Bloomberg.com: Oil WTI Futures (CL1), Gold Futures (GC1)

今週のマーケット・イベント

2月12日(月)
米1月財政収支
休場:日本(建国記念日振替)

2月13日(火)
日1月国内企業物価指数
日1月工作機械受注
米1月消費者物価指数
独2月ZEW景況感指数
決算:JT、アサヒ、INPEX、シマノ、日清食、鹿島、出光興産、他

2月14日(水)
決算:ソニーG、東京海上、MS&AD、第一生命、SOMPO、クボタ、バンダイナム、キリン、ヤマハ発、楽天G、電通G、SUMCO、他

2月15日(木)
日10-12月期GDP
米1月小売売上高
米1月輸出・輸入物価指数
米1月鉱工業生産
米1月設備稼働率
米2月NAHB住宅市場指数
米12月対米証券投資
米2月ニューヨーク連銀製造業景気指数
決算:サントリーBF、他

2月16日(金)
米1月生産者物価指数
米1月住宅着工件数
米1月建設許可件数
米2月ミシガン大学消費者態度指数
日12月第3次産業活動指数

2月17日(土)

2月18日(日)

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

第612号の目次です。

●週刊金融日記 重要バックナンバー(夜間飛行)
http://yakan-hiko.com/PU14

●週刊金融日記 重要バックナンバー(まぐまぐ)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52160749.html

●週刊金融日記 重要バックナンバー(note)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52021876.html

==============================
// 週刊金融日記
// 2024年2月5日 第612号
// 日本でも本格的な#MeToo時代到来とその傾向と対策について
// サッカー日本代表イランに完敗
// 成田空港の高級フードコートがボッタクリではなかった件
// アメリカの高校生の受験戦争
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。
 また、香港に帰ってきました。香港にしばらくいてから日本に帰ると、安い寿司とかめちゃ美味しい!と最初の一週間ぐらいは幸せを感じます。しかし、特に最近は冬ですし、しばらくいると、なんか日本は特に東京の都心は清潔すぎて、ちょっと息苦しいな、と思ってきたりもするものです。そしたら、香港に戻ると、中華料理が美味い!そして、街がゴミゴミしていて人が多いし、その辺にゴミもたくさん落ちてるし、これがいいんだわ、と思うわけですね。これを繰り返すと、幸せな時間が長くなるライフハックです。

 水清ければ魚棲まず。

 と、いうことわざを思い出します。これの英語の対応することわざは以下になります。

 The morally upright have a hard time making friends.

 最初の"The morally upright"ですが、これはThe+形容詞で、総称的に名詞化しています。The poorで貧しい人々みたいになります。Uprightは素直な、正直な、という意味です。つまり、道徳的に(morally)正しすぎる人々は、友達を作ることが難しいのだ、と言っているわけですね。なんだか、最近の日本社会のように感じます。

 中学受験もとうとう峠を越して、これから大学受験の本番ですね。受験生がいるご家庭は、風邪を引かないように最後までがんばってください。

『コスパで考える 学歴攻略法』
https://amzn.to/3fXY2kl
https://a.r10.to/hUHpZS

 今週も読者から興味深い投稿がいくつもあります。見どころは以下のとおりです。

-やはり一般男性が美人をつかまえるにはナンパしかないんでしょうか
-都内のマイホーム購入の話で意見が合わず離婚まで発展しそうです
-アメリカのハイスクールの子供の親ですがこちらの進学事情を解説します

 それでは今週もよろしくお願いします。

1.日本でも本格的な#MeToo時代到来とその傾向と対策について

 6、7年前ぐらいから、欧米では#MeToo旋風が吹き荒れてきました。発端は、映画業界のプロデューサーのハーヴェイ・ワインスタイン氏が、継続的に女優やスタッフに性加害していたことをニューヨークタイムズ誌のジャーナリストが報じたところ、いろんなところで、私も(#MeToo)やられた(そして仕事が欲しいので黙っていた)と、ソーシャルメディアで女性たちが次々と声を挙げはじめたことです。ワインスタイン氏は、次から次へと楽しんでいて、大物らしく、ある意味で業界からも容認されていたのですが、表に出て騒がれはじめると、あれよあれよと言う間にキャンセルされ、実際に実刑になり、20年以上も刑期があり事実上の終身刑になってしまいました。
 その後も、次から次へと、芸能界などの大物がキャンセルされたり、刑務所に入っていきます。僕も、ケビン・スペイシーさんとかが急にキャンセルされて、残念に思いました。ちなみに、ケビン・スペイシーさんは、キャンセルされて、撮影中だったドラマなどもすべて降板したり、無理やり終わらされたのですが、後の裁判では、すべてが無罪になりました。もちろん、キャンセルされたままです。とほほ。

●#MeToo(Wikipedia解説)
https://w.wiki/549x

●米俳優スペイシー氏に無罪評決 男性4人への性的暴行疑惑で英裁判所
https://www.bbc.com/japanese/66321445

 さて、#MeTooについて、まずは僕らのChatGPT先生に要約してもらいました。

+++++++++++++++++++++++++++
-ChatGPTの回答

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

2.今週のマーケット

●米雇用統計上ブレで金利上昇もMeta株暴騰、米軍が親イラン武装勢力に報復開始、サッカー日本代表イランに完敗(金融日記 Weekly 2023/1/26-2024/2/2)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52228449.html

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

3.ブログではいえないお店

-成田空港の高級フードコートがボッタクリではなかった件

 今回は成田空港からのチケットが安かったので、都心に近い羽田ではなく、成田空港から香港に帰ってきました。ところで、皆さん、成田エクスプレスなんかの特急券をいまだにみどりの窓口で並んで買っていませんよね? 情弱ですよ。えきねっとで買えば、並ばなくてもいいどころか、割引で買えますからね。

週刊金融日記 第587号 JRの特急券はネットで買うに限ります

 さて、成田空港で飛行機を待ってる間、僕は免税店でヨーロッパのボッタクリのブランド物とか、まったく興味がなくなってしまって(昔もことさらに興味があったわけでもないですが)、そういうお店をスルーして、ぷらぷら歩いていたら、和食のフードコートが新しくできていました。どれどれ、とエスカレーターを下って、そのフードコートにやってきました。
 フードコートにしては、広々としていて、テーブルもなんか日本っぽい木製で高級感がありました。しかし、メニューをいろいろ見てみると……。

●第2ターミナル本館 JAPAN FOOD HALL<出国手続き後エリア>
https://www.narita-airport.jp/jp/shops/japan_food_hall

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

4.藤沢数希の身もフタもない人生相談

-やはり一般男性が美人をつかまえるにはナンパしかないんでしょうか

藤沢さん、はじめまして。
Twitterでの学歴コスパの話から藤沢さんを見つけて、著書もいくつか拝読しました。
そして、メルマガもとても面白いので、購読しています。
自分はアラサーですが、早く美人、もしくは頭の切れる女性を捕まえて、結婚したいです。
現在付き合っている彼女が居るのですが、性格、内面はとても素敵な方です。
もう数年付き合っています。
ですが、外見と論理的思考力といった知性の部分がどうしても満足できません。
これらは子供への遺伝的な影響が大きそうなので、どうしても今の彼女との結婚に踏み切れません。
どうするのが一番よさそうでしょうか?
結局、やはり美人をつかまえるには、ナンパしかないんでしょうか?
自分のスペックは、・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

↑このページのトップヘ