金融日記

藤沢数希が運営するブログ。
金融・経済、Web関連ビジネス、書評、科学、恋愛工学などについて。

TOPIX: 1488.58, +2.0% (1w), -2.0% (YTD)
Nikkei225: 18620.75, +1.6% (1w), -2.6% (YTD)
S&P500: 2348.69, +0.8% (1w), +4.9% (YTD)
USD/JPY: 109.17, +0.5% (1w), -6.7% (YTD)
EUR/JPY: 117.01, +1.5% (1w), -4.9% (YTD)
Oil(WTI Futures): 49.62, -6.7% (1w), -7.6% (YTD)

 4月第3週(4/17-4/21)の日経平均株価は週間で1.6%高の1万8620円75銭で引け6週ぶりに反発した。ムニューシン米財務長官の強いドル容認発言などでドル円相場が1ドル=109円程度まで戻し円高への流れが止まったことで、輸出関連株などが買い戻された。北朝鮮情勢は軍事パレード後も特に何のアクションも起きなかったことから、相場のテーマとしてのピークは過ぎた。しかし、北朝鮮がアメリカ本土を攻撃可能な大陸間弾道ミサイルの開発を進めている、という点では根本的な問題は何ら解決しておらず、不気味なテールリスクとして残り続けるだろう。
 安倍政権はアメリカ抜きでTPPの発行を目指すことになると報道された。TPPは安倍政権の成長戦略のひとつの柱であり、外交的にもアジア環太平洋諸国の貿易のルール作りを日本が主導し中国に対抗する狙いがある。

●「強いドル、長期的には望ましい」…米財務長官
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20170418-OYT1T50046.html

●トランプ大統領、北朝鮮に「禁断のカード」切るか
http://jp.reuters.com/article/apps-northkorea-idJPKBN17005W?sp=true

●「TPP11」アメリカ抜きで発行目指す 狙いは「いずれ米を迎える」
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS22H0K_S7A420C1EA3000/

 今の相場のテーマはフランスの大統領選挙である。現在、4候補が微差でひしめき合っている。

フランス大統領選挙4候補

 世界経済にとって最悪のシナリオは、極右政党・国民戦線(FN)党首のマリーヌ・ルペン候補と極左の社会主義者であるジャン=リュック・メランションが決戦投票に残ることである。ルペンは移民排斥やEU離脱という極端な考え方を持っており、一方で、メランションは労働時間を1日6時間に規制、富裕層の最高税率を90%に引き上げるなどキチガイじみた政策を掲げている。どちらに転んでも地獄だ。決選投票に中道のエマニュエル・マクロン氏かフランソワ・フィヨン氏が残れば、彼らを支持していなかった層も極右、あるいは極左の当選を阻止しようと投票することになるので、フランス、そして世界は危機から脱することができるというのが大方の見方である。
 すでに投票ははじまっており、日本時間の月曜日の未明には第1回投票の結果が判明しているはずだ。極右vs極左という悪夢のシナリオになれば、ユーロは暴落し世界経済は大きなショックに見舞われることになるだろう。

●フランス大統領選挙 第1回投票を前に投資家が知っておくべき事
https://www.etf-gateway.jp/takao-hirose66/

●ルペン勝利より怖い仏選挙「最悪シナリオ」=田中理氏
http://jp.reuters.com/article/column-forexforum-osamu-tanaka-idJPKBN17N09C?sp=true

 米国に続き国内でも決算発表が本格化する。仮にフランスの大統領選挙で中道のマクロン氏勝利が読めれば、市場は安心して個別銘柄の業績に注目することになろう。25日にCaterpillarやAT&T、26日にキヤノンや米国のBoeing、27日はファナック、任天堂、野村、米国のIntel、Alphabet、Microsoft、Amazonなど、28日にはソニーやホンダなどが決算発表を予定している。
 トランプ相場が失速する中、個別銘柄の業績に期待したいところだ。

メルマガを購読 → noteブロゴス夜間飛行ブロマガまぐまぐ

日本株
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
出所: 日経新聞社

サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス(2017/4/14-4/21)
Chart20151114_Core30
出所: 東証、日経新聞社、セクター指数はTOPIX17業種

個別銘柄の週間パフォーマンス(2017/4/14-4/21)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 会社四季報、Yahoo!ファイナンス

FX
直近1年のドル円とユーロ円の推移
直近1年のドル円とユーロ円の推移
出所: セントラル短資

イールドカーブ(2017/4/21)
イールドカーブ
出所: Bloomberg.com

主要通貨の週間パフォーマンス(2017/4/14-4/21)
主要通貨の週間パフォーマンス
出所: セントラル短資

外国株とコモディティ
直近1年のS&P500と原油価格(WTI原油先物)の推移[USD]
直近1年のS&P500と原油価格(WTI原油先物)の推移[USD]
出所: Yahoo!ファイナンス、Bloomberg.com

地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD](2017/4/14-4/21)
地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD]
出所: iShares: MSCI Japan (EWJ), MSCI Kokusai (TOK)、MSCI Core Europe (IEUR), MSCI All Country Asia Pacific ex Japan (AAXJ), MSCI Emerging Markets (EEM), GLOBAL REIT ETF (REET). Bloomberg.com: Oil WTI Futures (CL1), Gold Futures (GC1)

メルマガを購読 → noteブロゴス夜間飛行ブロマガまぐまぐ

今週のマーケット・イベント
4月24日(月)
独4月Ifo景況感指数
米3月シカゴ連銀全米活動指数
米4月ダラス連銀製造業活動
決算:KABU.COM、コクヨ、他

4月25日(火)
北朝鮮人民軍創軍85周年
日3月企業向けサービス価格指数
米2月S&Pコアロジックケース・シラー住宅価格指数
米3月新築住宅販売件数
米4月CB消費者信頼感指数
株式市場休場:豪、NZ
決算:シマノ、日電産、中外薬、米McDonald's、米Coca Cola、米Caterpillar、米AT&T、米Lockheed Martin、他

4月26日(水)
日銀金融政策決定会合(〜27日)
日2月全産業活動指数
ASEAN首脳会議・関連会合
決算:LINE、花王、ヤフー、GMOクリック、キヤノン、北陸電、日車輌、大ガス、米P&G、米Boeing、米PayPal、他

4月27日(木)
黒田日銀総裁会見
日銀「経済・物価情勢の展望」(展望レポート)
ユーロ圏4月企業景況感・消費者信頼感
ECB定例理事会(ドラギ総裁会見)
安倍首相 ロシア訪問
米3月耐久財受注
米3月製造業受注
米3月中古住宅販売仮契約
決算:松井証、川重、キッコーマン、積水化、野村不、協和キリン、NRI、サイバエージ、富士フイルム、JFE、富士電機、NEC、ファナック、日野自、信越ポリ、野村、JR東海、ドコモ、東北電、北海電、カプコン、オムロン、キーエンス、任天堂、米Ford、米Intel、米Alphabet、米Starbucks、米Microsoft、米Amazon.com、他

4月28日(金)
日3月失業率・有効求人倍率、家計調査、消費者物価指数
日3月商業動態統計、鉱工業生産
日3月住宅着工件数
ユーロ圏3月M3
ユーロ圏4月HICP
米1-3月期GDP(速報)
米4月シカゴ購買部協会景気指数
米4月ミシガン大消費者センチメント
米政府の暫定予算期限
決算:大東建、川崎船、デンソー、JPX、郵船、商船三井、日新製鋼、三菱電、シャープ、東武、京王、東ガス、山崎パン、キリン、サントリーBF、信越化、新日鉄住、神戸鋼、富士通、エプソン、ソニー、村田製、マツダ、ホンダ、大和証、JR東日本、JR西日本、ヤマト、JAL、ANA、関西電、中国電、九州電、TOTO、リコー、東エレク、日東電、中部電、Jパワー、小林製薬、スタートトゥ、マブチ、SBI、米General Motors、米Exxon Mobil、他

4月29日(土)

4月30日(日)

メルマガを購読 → noteブロゴス夜間飛行ブロマガまぐまぐ

第262号の目次です。

『損する結婚 儲かる離婚』が発売しました! Kindle版も、好評発売中です。


メルマガ主要バックナンバー
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52021876.html

==============================
// 週刊金融日記
// 2017年4月18日 第262号
// 日本の結婚市場が崩壊し若い女性は売春市場へ
// 核のポーカーゲーム
// 麻布十番で夜景が楽しめる定番二軒目
// 北朝鮮で戦争リスクが高くなっているのになぜ円高になるのでしょうか
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。
 北朝鮮情勢が緊迫していますが、桜は綺麗ですね。東京は散りはじめましたが、これから東北、北海道で咲きはじめます。青森の弘前公園や北海道の五稜郭など、北海道新幹線で花見に行きたいですね。

●弘前公園+桜 Google画像検索
https://goo.gl/cBZcG6

●五稜郭+桜 Google画像検索
https://goo.gl/LYQyCN

週刊金融日記 第210号 北海道新幹線で花見に行こう

 最近は景気がいいというか、少子高齢化がジワジワ効いてきて、人手不足が深刻になってきていますね。そして、都心では、飲食店やコンビニなどでは外国人が本当に多くなってきましたね。日本もすでにヨーロッパとさほど変わらない移民国家になりつつあります。
 僕は個人的には移民をどんどん受け入れる開かれた国にするべきだ、という意見ですが、政治的にいろいろ難しいことも理解しています。しかし、やはり経済的な要請というのは非常に大きな力で、すでに外国人実習生や留学などのチャンネルを通して、日本は実質的に移民政策を取りつつあるようです。
 必要だけれど政治的に難しいことをなし崩し的に進めるのは、日本の得意技であり、ベストなやり方ではないかもしれませんがそれほど悪いことではないでしょう。

●外国人純流入、最大13.6万人 人手不足で増す存在感
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO15358730V10C17A4EA3000/

●移民問題、日本も当事者 年間34万人、世界第5位
https://www.nishinippon.co.jp/feature/new_immigration_age/article/316447

 今週も面白い投稿がいくつもありました。見どころは以下のとおりです。

―北朝鮮で戦争リスクが高くなっているのになぜ円高になるのでしょうか
―佐々木希の結婚について
―内藤忍さんが押している中古ワンルームマンション投資はどうですか
―婚約の解消に伴う法的リスクとその対処方法について
―幸せな結婚についてのバックナンバー
―浮気され村上春樹の小説の主人公のように女性に冷めてしまいました
―Tinder経由でやや太めのルワンダ人にゴールできました
―30過ぎピュア童貞でしたがナンパした25歳OL相手に卒業し女子大生と会ったその日にセックスできました
―恋愛工学のおかげで女医さんで童貞卒業できました

 それでは今週もよろしくお願いします。

1.日本の結婚市場が崩壊し若い女性は売春市場へ

 ブログのほうに、梅毒感染者数が急増していることと、その背後にあるマクロ経済環境の変化についての考察を書いた。

●日本の結婚市場の崩壊と梅毒感染者の急増 ―売春婦に転じる日本人女性たち
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52108107.html

 まず、現在わかっていることをいくつか補足しておこう。幸いなことに、急増しているのは20代の女性の梅毒だけであり、クラミジアや淋病といったより一般的な性感染症はそれほど増えていない。

●性感染症報告数 厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/topics/2005/04/tp0411-1.html

●若い女性の梅毒増加 LINEによる出会いが理由との指摘も
http://www.news-postseven.com/archives/20160426_406349.html

●梅毒感染、20代女性で急増 42年ぶり高水準
http://www.asahi.com/articles/ASK1F5773K1FUBQU00B.html

●梅毒が大流行、42年ぶりの感染拡大 20代女性で急増、厚労省は「危機的な状況」
https://www.buzzfeed.com/kotahatachi/baidoku-kyuzo

 なぜ梅毒だけが急増し他の性感染症はそれほど増えていないのか、その理由ははっきりとしない。仮に病原菌の変異などの何か特殊な要因があれば、個人売春が流行っていることの証拠とすることは難しくなる。しかし、僕はその可能性は低いと考えている。ひとつ目は、詳細は明かすことはできないが、こうした事情に詳しい人たちからの確かな情報を得ていることだ。そして、梅毒流行ははっきりと20代女性と彼女たちと性交渉をする20代〜40代男性で顕著なことだ。さらに、梅毒だけが急増した背景には、クラミジアや淋病などの他の性感染症はコンドームで効果的に防ぐことができるが、病変が性器にあるとは限らない梅毒ではコンドームによる予防があまり有効ではない、という事実が挙げられる。おそらく、日本では“パパ活”などの個人売春を含めて、セックスワーカーが正しくコンドームを使っているケースが多いのだろう。これは不幸中の幸いであった。
 このような考察から、日本人女性たちが急激に、セックスを結婚を使って長期独占契約で売るというビジネスから、バラ売りの売春に業態をシフトさせたことはほぼ間違いないと考えている。

●梅毒はコンドームで予防できる? 専門家、厚労省の啓発に疑問の声
http://withnews.jp/article/f0151210001qq000000000000000W02j0401qq000012830A

週刊金融日記 第83号 HIV感染リスクを考える

 さて、恋愛工学研究所としては、また一つ日本の若い女性たちのマクロ動態予測を大きく誤ったことを反省しなければいけない。前回のミステークは若い女性たちのモビリティに関して、過小評価していたことだ。

週刊金融日記 第252号 地方ナンパと恋愛市場の地理的効率性について

 若い女性は親元を離れないので地方に残り続け、一方で男性は職を求めて東京に集まってくるため地方は男性有利、東京は女性有利の恋愛市場である、という誤った結論を我々は導いていた。じつは・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → noteブロゴス夜間飛行ブロマガまぐまぐ

2.今週のマーケット

●トランプvs金正恩 核のポーカーゲーム(金融日記 Weekly 2017/4/7-4/14)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52108065.html

 週明けから日経平均株価は小動きな展開が続いている。本日・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → noteブロゴス夜間飛行ブロマガまぐまぐ

3.ブログではいえないお店

―麻布十番で夜景が楽しめる定番二軒目

 そういえば、XXXXXをまだ紹介していませんでした。麻布十番で夜景が楽しめる定番レストランです。ジャンル的にはフレンチとイタリアンでしょうか。XXXXXXXXXXにありますが、まずは8階が受付でベランダにリア充っぽい小さな・・・

 ・・・

・・・予約は割りと簡単に取れます。毎日ガヤガヤしてるぐらいは適度に混んでいますね。
 照明も暗く、隣同士で座れるカップルシート的なテーブルもたくさんあり、ここは、そういうデートのためのお店です。レストランもまあまあオススメですが、ここは麻布十番での2軒目のバーとして使うと力を発揮しますね。
 ディナーは22時までで、お酒も入れてひとり1万円ぐらいの予算でしょうか。22時以降がミッドナイトメニューになり、簡単な食事とお酒になります。
 
★深夜の特製ビーフカレー。まあまあ美味しいです。

 この辺で・・・

 ・・・

続きはメルマガを購読 → noteブロゴス夜間飛行ブロマガまぐまぐ

4.藤沢数希の身もフタもない人生相談

―北朝鮮で戦争リスクが高くなっているのになぜ円高になるのでしょうか

いつもためになるメルマガありがとうございます。
早速ですが今回質問したいのは、北朝鮮の有事のリスクが高くなっているのになぜ円高になるのか、ということです。
北朝鮮で有事が起こった場合日本もとばっちりを受ける可能性が高いです。
普通に考えたら円は売られると思うのですが、最近は110円を割ってきました。
これはどういうことなんでしょうか?
藤沢さんのお考えをお聞かせください。
よろしくお願いします。

―藤沢数希の回答

何か世界にショックが起きると、円が買われることはよくあります。
リーマンブラザーズの破綻、ユーロ危機なんかもそうですし、イギリスのEU離脱でも円高になりました。
世界どころか、東日本大震災のように日本が直撃を受けても、基本的に円が買われます。
こうしたメカニズムは、すこし古いですが、この本にわかりやすく・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → noteブロゴス夜間飛行ブロマガまぐまぐ

僕はさまざまな要因から、結婚によってメリットを受けられる女性は一握りで、それゆえに未婚化、少子化が進んでいる、と指摘してきた。そして、そのひとつの解決策として、結婚して子供を産み家族を作る or 生涯未婚で子無し、という極端なふたつの選択肢しかない現状に対して、欧州の先進国のように、事実婚などが増え、家族の多様性が当たり前になればいいのではないか、と提案した。

『損する結婚 儲かる離婚』藤沢数希

女性が自分より所得が低い男と結婚するメリットはなく、男女の所得格差がなくなれば、婚姻率が下がっていくのは当たり前のことなのだ。女性がもっと社会進出し、男女平等をますます推進していく、というのは先進国では当たり前のことであり、また、僕の願いでもある。大臣の数、企業の役員の数などでも、日本は男性の方が多く、いまだに女性差別が残っている。本来、これらは北欧などの進んだ国がそうであるように、男女で半々になるべきものだ。婚姻率がどれだけ下がっても、日本でジェンダーフリーを推進していくことを止める、という考えは絶対にありえないのだ。

このような背景から、僕の本は、女性たちの背中をポンと押し、欧米では当たり前のリベラルな社会へと堰を切るきっかけになると考えていた。もう、伝統的な(単にキリスト教の影響を受けた西洋の家族法を輸入しただけのものだが)結婚にこだわる必要もないし、所得格差がなくなった以上、メリットのある結婚をすることはますます困難になっているのだから、日本人女性たちはもっと自由になればいい、と応援したかったのだ。

しかし、日本の女性たちは、僕の想像を超えて、はるかに先を行っていたことがわかった。先日、性風俗や個人売春など、日本の性産業に造詣が深い経営者や編集者の人たちと、最近の社会情勢について議論する機会を得た。その際に、いま日本で起きている驚くべき現象を、僕は知ることとなった。

20代、30代の日本人男性の年収は300万円程度であり、サービス業がさかんになり女性の労働者のほうが人気がある昨今では、多くの若い女性と所得が同程度か逆転してしまっている。こうした状況で、年収300万円程度のふつうの男性と結婚する女性はほとんどいない。その結果、何が起こったかというと、驚くべきことに、個人売春業が活況を呈することになったのだ。

つまり、男性との所得格差がなくなった以上、女性たちは、セックスを長期独占契約で売る結婚にまったくメリットを感じなくなり、その代わりに、セックスのバラ売りをはじめたのである。そのやり方はさまざまである。本番行為のないソフトな性風俗店でアンダーザテーブルで顧客から金をもらい本番を行うというものから、女子大生たちの間で流行っているいわゆる「パパ活」と呼ばれる中高年男性との月締めの売春契約、富裕層へのAV女優の斡旋など、形態は非常に多岐にわたる。しかし、ボリュームという点で最も多いのは、出会い系アプリなどを使った、個人取引であると思われる。

要するに、男女格差の縮小により、日本の結婚市場が崩壊し、セックスを長期独占契約で売る結婚から、一回ずつのバラ売りである売春に、日本人女性のビジネスが急激にシフトしていったのが、この2、3年に日本で起きていることなのだ。当然、これらは地下経済であり、公式の統計には現れないが、こうした仮説を裏付けるいくつかの強力な証拠がある。

里見ゆりあまずは、税務当局による直接の摘発である。人気AV女優であった里見ゆりあ氏に2億4500万円の所得隠しが発覚した。本人は単に貢がれた、と主張したが、東京国税局の調査官たちは売春業による所得と認定したのだ。これは氷山の一角であり、業界ではこのようなビジネスが広く行われていることをうかがわせる。

●人気AV嬢「里美ゆりあ」が2億4500万円の所得隠し “貢がれた”と異議(デイリー新潮)
http://www.dailyshincho.jp/article/2016/09171600/?all=1

しかし、もっと強力な証拠がある。いま若い女性たちの間で、性病感染者が急増しているのだ。すこしググれば、各県の自治体などが梅毒やクラミジアの蔓延などを警戒しているニュースが出てくる。たとえば千代田区のウェブサイトにいけば、梅毒届け出数が女性は5年で約15倍に上昇していることが報告されている。

梅毒患者数推移千代田区
出所:千代田保健所健康推進課感染症対策主査

●若い女性の「梅毒」感染が急増。医師も危惧する異常事態(日刊SPA!)
https://nikkan-spa.jp/1181393

こうしたエビデンスや、また、実際に性産業を定点観測している記者たちの話を総合し、日本人女性たちが結婚というビジネスから、セックスのバラ売りである売春業に、急激に業態を変化させたことは間違いない、と僕は見ている。

さて、今週のメルマガでは、性病感染者数データのさらなる分析とともに、このように荒廃する日本の恋愛市場、結婚市場でいかに立ち回るべきなのか詳細に議論することにしよう。

メルマガを購読 → noteブロゴス夜間飛行ブロマガまぐまぐ

TOPIX: 1459.07, -2.1% (1w), -3.9% (YTD)
Nikkei225: 18335.63, -1.8% (1w), -4.1% (YTD)
S&P500: 2328.95, -1.1% (1w), +4.0% (YTD)
USD/JPY: 108.63, -2.2% (1w), -7.1% (YTD)
EUR/JPY: 115.28, -2.1% (1w), -6.3% (YTD)
Oil(WTI Futures): 53.18, +1.8% (1w), -1.0% (YTD)

 4月第2週(4/10-4/14)の日経平均株価は週間で1.8%安の1万8335円63銭で引け5週連続の下落となった。トランプ大統領による「ドルは強すぎる」との口先介入とシリアや北朝鮮情勢で地政学的リスクが高まる中、円の上昇が続いた。金や原油価格も同様に上昇した。また、トランプ大統領が約束した大規模インフラ投資や税制改革も実行できるのか不透明感が増し、これまでの上昇トレンドが反転したことが明らかになってきた。

●米外交 通貨を武器に トランプ氏「ドル強すぎる」
http://www.nikkei.com/article/DGXKZO1530186014042017EA2000/

●北朝鮮有事の円相場シミュレーション=佐々木融氏
http://jp.reuters.com/article/column-forexforum-tohru-sasaki-idJPKBN17B13U?sp=true

●消えた「トランプ効果」―下げ止まらぬ米国債利回り
http://jp.wsj.com/articles/SB10433057978138953778204583084310769112992

 北朝鮮情勢であるが、15日には故金日成主席の生誕記念日「太陽節」を記念する軍事パレードが平壌の金日成広場で開催された。トランプ大統領は、原子力空母カール・ビンソンをはじめとする空母打撃群を朝鮮半島に向かわせ、これ以上のミサイル実験を行った場合、先制攻撃も選択肢のひとつだと示していた。それに対して、金正恩はパレードで新型の大陸間弾道ミサイルを披露し、「米国が挑発を仕掛けてくれば即時に壊滅的攻撃を加え、全面戦争には全面戦争で、核攻撃には核攻撃で対応する」と対抗姿勢を鮮明にした。
 ポーカーでいえば、トランプ大統領のレイズ(=掛け金の引き上げ)に対して、リレイズ(=さらなる引き上げ)したことになる。これは単なるブラフなのか、トランプ大統領は試されている。アメリカ本土を攻撃可能な大陸間弾道ミサイルの開発を容認すれば、北朝鮮を中国やロシアと同じく不可侵の国家として対峙していかざるをえなくなる。

●「強力な艦隊」派遣とトランプ氏、北朝鮮は核攻撃を警告
http://jp.reuters.com/article/trump-north-korea-armada-idJPKBN17E0GF?sp=true

北朝鮮新型ICBM
●北朝鮮、新型ICBMか 軍事パレードで米けん制
http://www.sankei.com/photo/story/news/170415/sty1704150017-n1.html

●北朝鮮ミサイル、発射直後に爆発か パレードでは新型公開も
http://www.cnn.co.jp/world/35099837.html

 東芝は11日、2016年4〜12月期の四半期決算を2ヶ月遅れで発表した。監査法人の「適正意見なし」の異例の決算となった。今後は、基幹ビジネスである半導体事業の売却により約6200億円の債務超過を解消し、上場廃止の回避を目指すことになる。

●東芝の四半期決算、適正意見なしで強行突破 東証、上場廃止を含め判断へ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL11HE3_R10C17A4000000/

●東芝「上場廃止リスク」残る2つの壁とは?
https://zuuonline.com/archives/147185

●東芝の半導体事業売却手続きは「合弁契約に違反」、WDが抗議書簡
http://jp.reuters.com/article/toshiba-wd-idJPKBN17E0NK?sp=true

●東芝社債奇妙な安定 売れぬ国内勢、海外勢は強気
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGD14HAR_U7A410C1EN2000/

 18日から、ペンス副大統領が訪日し日米経済対話会合が行われる。安倍政権の円安政策への非難が明確になれば、円高要因になり得る。米国では主要企業の決算発表が本格化する。トランプ相場が失速する中、企業業績が市場に安心感を与えることができるか注目される。日本の株式市場も、日経平均株価のPERが15倍にまで低下し割安感は出てきており、下降トレンドが反転することが期待される。23日日曜日には、フランス大統領選挙の第1回投票が行われる。

●ペンス米副大統領 18日訪日 日米経済対話初会合に出席
https://mainichi.jp/articles/20170407/k00/00m/010/146000c

●フランス大統領選まで1週間 混戦の様相
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170416/k10010950101000.html

メルマガを購読 → noteブロゴス夜間飛行ブロマガまぐまぐ

日本株
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
出所: 日経新聞社

サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス(2017/4/7-4/14)
Chart20151114_Core30
出所: 東証、日経新聞社、セクター指数はTOPIX17業種

個別銘柄の週間パフォーマンス(2017/4/7-4/14)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 会社四季報、Yahoo!ファイナンス

FX
直近1年のドル円とユーロ円の推移
直近1年のドル円とユーロ円の推移
出所: セントラル短資

イールドカーブ(2017/4/14)
イールドカーブ
出所: Bloomberg.com

主要通貨の週間パフォーマンス(2017/4/7-4/14)
主要通貨の週間パフォーマンス
出所: セントラル短資

外国株とコモディティ
直近1年のS&P500と原油価格(WTI原油先物)の推移[USD]
直近1年のS&P500と原油価格(WTI原油先物)の推移[USD]
出所: Yahoo!ファイナンス、Bloomberg.com

地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD](2017/4/7-4/14)
地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD]
出所: iShares: MSCI Japan (EWJ), MSCI Kokusai (TOK)、MSCI Core Europe (IEUR), MSCI All Country Asia Pacific ex Japan (AAXJ), MSCI Emerging Markets (EEM), GLOBAL REIT ETF (REET). Bloomberg.com: Oil WTI Futures (CL1), Gold Futures (GC1)

メルマガを購読 → noteブロゴス夜間飛行ブロマガまぐまぐ

今週のマーケット・イベント
4月17日(月)
中国1-3月期GDP
中国3月小売売上高
中国3月都市部固定資産投資
中国3月鉱工業生産
米4月ニューヨーク連銀製造業景気指数
米2月対米証券投資収支
株式市場休場:英、香港、欧州など(イースターマンデー)
決算:米Netflix、他

4月18日(火)
ペンス副大統領と日米経済対話会合(日本)
米3月住宅着工件・建設許可件数
米3月鉱工業生産・設備稼働率
決算:米Johnson & Johnson、米Bank of America、米Goldman Sachs、米IBM、他

4月19日(水)
日3月訪日外客数
ユーロ圏3月HICP
米ベージュブック
決算:米Morgan Stanley、米American Express、他

4月20日(木)
日3月貿易統計
ユーロ圏4月消費者信頼感
米4月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数
米3月CB景気先行総合指数
G20財務相・中央銀行総裁会議(ワシントン、〜21日)
決算:安川電、他

4月21日(金)
日2月第三次産業活動指数
ユーロ圏4月製造業・サービス業PMI
米3月中古住宅販売件数
決算:米GE、他

4月22日(土)

4月23日(日)
仏大統領選挙第1回投票

メルマガを購読 → noteブロゴス夜間飛行ブロマガまぐまぐ

第261号の目次です。

『損する結婚 儲かる離婚』が発売しました! Kindle版も、好評発売中です。


メルマガ主要バックナンバー
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52021876.html

==============================
// 週刊金融日記
// 2017年4月13日 第261号
// なぜ人は同じことをまったく反対に解釈するのか 〜人はみんな合理的
// 金正恩は大陸間弾道核ミサイル開発を加速させる
// 広尾のオサレなビストロ
// セブ留学で韓国語を覚えました
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。
 東京は桜が咲き乱れておりますね。東北・北海道はまだこれからで、時間ができたらまた、弘前公園や函館の五稜郭なんかに行きたいですね。

★桜が見頃です。

●さくら開花予想 2017
http://sakura.weathermap.jp/

 先日、井戸さんと対談というかトークをしてきました。男女の出会いについて、出会い系アプリから街コン、バー、クラブ、そして、バス停(笑)について話してきました。そして、井戸さんの会社がはじめた出会い系スタンディングバーのステマです(笑)。

●井戸実×藤沢数希、恋愛トーク「男女の出会いはそこら中にあふれている」
http://www.mag2.com/p/news/245829

 ちなみに、トークの中で出てくる、東京に比較的近い他県では若い女子がじつは東京に吸い寄せられているというリサーチの詳細は以下のバックナンバーにくわしく書いてあります。

週刊金融日記 第252号 地方ナンパと恋愛市場の地理的効率性について

 ネットでは米航空会社ユナイテッドが、オーバーブッキングの不手際ですでに搭乗していた乗客を無理やり引きずり出した様子がスマホで撮影されTwitterで世界中に拡散され、大炎上しておりますね。

●米ユナイテッド航空はなぜ乗客を引きずりおろしたのか
http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-39562378

 しかし、これは世間が騒いで裁判が有利に運べば、アメリカだと懲罰的損害賠償という考えがありますので、とんでもない金額を取れるチャンスのわけで、そうなったらけっこうオイシイですね(笑)。

★じつは被害者はかなりの腕のポーカープレイヤーだったそうです。

★こちらも真偽の程は確かではありませんが、医師免許停止をされていた過去も……。

 今週も面白い投稿がいくつもありました。見どころは以下のとおりです。

―37歳の既婚プレイヤーですが新規の20代女子との戦い方がわからなくなってしまいました
―アラフォー金融マンですがSクラス・20代前半女子がキャバクラの体入に行くとほざいています
―いったんは別れた女子大生の愛人にまた非モテコミット
―男が苦労して稼いだ金をぶちこんでも女性の心には全く響かないことを再認識
―セブでのフィリピン語学留学で韓国人女子大生にゴールしました
―不動産投資と法人を使った財産分与・コンピ負担低減スキーム
―サラリーマンがリスクを取って敗れた後はどのような行動をするべきか
―『サピエンス全史』を何時間で読めますか
(速読というのはインチキだという話)
―31歳女性ですがセックスレスの彼がキャバクラや風俗に通っているようです
―オ・モ・テ・ナ・シにより国際Aマッチに勝利しました
―そこそこいい暮らしで女の子たちと楽しく過ごすのもいいけどそんなことでは燃えないんだ

 それでは今週もよろしくお願いします。

1.なぜ人は同じことをまったく反対に解釈するのか 〜人はみんな合理的

 離婚裁判の資料を見ていてとても面白かったことのひとつは、同じ出来事を夫と妻がまったく正反対に解釈しており、それぞれがそのまったく同じ出来事を相手の否を証明することに使っていることだ。たとえば、ある日、専業主婦が掃除や洗濯をしなかった。そのことが夫の準備書面にも妻の準備書面にも書いてある。夫はとうぜん家事放棄について指摘するし、妻はそんな些細な出来事で怒る夫の人格の異常性や言葉の暴力についてとうとうと書いてある。他には、ある買い物のことで口論になったとしよう。夫の書面には妻がいかに金銭感覚がない人物か書いてあり、妻の書面には夫は自分に金を渡さない異常に金に執着心を持った人物かが書かれている。立場が違えば、こうも見方が違うのだ。
 これは小さな夫婦の問題だが、国家間の問題でも同様である。先日、シリアが化学兵器を使った疑いで、アメリカは突如、50発以上のトマホークミサイルをシリア政府の空軍基地に撃ち込んだ。一線を超えた場合(=化学兵器の使用や核開発)、アメリカのトランプ大統領は容赦しない、というメッセージを送ることになった。これは核ミサイルの開発を急いでいる北朝鮮に釘を刺す狙いがある。アメリカ政府や多くの識者の見方では確かにそうなのだが、北朝鮮の金正恩はまったく逆に受け止めているはずだ。「一刻も早くアメリカ本土を攻撃できる大陸間弾道核ミサイルの開発に成功し、そのことを示さなければ、俺はアメリカに消されてしまう」
 また、ちょっと別の話ではあるのだけれど、福島県で起きた原発事故をめぐっては反原発派とそうでない者たちの間に非常に大きな隔たりが生まれた。一部、というかかなりの人たちが放射能の危険性を煽った。実際に日本の放射能から逃れるために海外に移住する人もいたのだ。そして、驚くことに、事故とはぜんぜん関係ない日本中の原発が止まってしまったのだ。それがあまりにも不経済だし、科学的な態度とは思えなかったから、僕は本まで書いたのだけれど。

『反原発の不都合な真実』 http://amzn.to/2oyibRi

 こうやって同じことをまったく違うように見ている人々は、お互いに相手のことを合理性がない頭のおかしい人だと思っている。たとえば、原発問題などで顕著なのだけど、いわゆる放射脳の人たち(=放射能を極端に怖がり日本にいると奇形児がたくさん生まれるとか言っている人たち)は、そうでない人から「科学の素養がない」「論理的思考力がない」などと罵倒される。
 僕は原発問題に関して、本まで書いたぐらいだから、こういう人たちがなぜそう考えるのか、かなり研究した。その結果、わかったことは、科学的素養も論理的思考力もこの問題を考える上で、じつはあまり関係ないということだった。これは意外な発見であった。
 まずは、よく言われる科学的素養というものを流行りの水素水を題材に考えてみよう。

●伊藤園 進化する水 水素水 (ボトル缶) 410ml×24本 http://amzn.to/2oyDaDN

 結論からいうと、どれだけ科学を勉強しても・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → noteブロゴス夜間飛行ブロマガまぐまぐ

2.今週のマーケット

●米国のシリアへのミサイル攻撃で金正恩は大陸間弾道核ミサイル開発をさらに急ぐことに(金融日記 Weekly 2017/3/31-4/7)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52107567.html

 12日水曜日の日経平均株価は続落し・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → noteブロゴス夜間飛行ブロマガまぐまぐ

3.ブログではいえないお店

―広尾のオサレなビストロ

 フレンチはじつはそれほど高くなく、野菜の多い前菜とメインひとつとグラスワインぐらいなら、それほどヘビーでもなく、もちろん美味しいので僕は好きなのですが、どうも東京はレベルの高いフレンチの供給が多すぎるせいか、けっこういいお店でもあんまりお客さんが入っていなかったりします。
 その点、先日行ってきた広尾のオカダは、ちょっと遅い時間でしたが満席で、ハイスペ女子たちの女子会やデートなどでガヤガヤしておりました。いかにも広尾のオサレなビストロという感じです。
 前菜2皿とメイン1皿にデザートをメニューから選ぶコースがひとり7000円ほどで人気です。ふたりで全皿別メニュー、つまり6種類頼んでもまったくOKと言ってました。この日はサラダ的なものを二皿とノドグロとウニのリゾット、鮑とキノコのソテー(このお値段なので小ぶりです)の計4皿の前菜と、メインはフランス産の鳩のローストを注文しました。

★ノドグロが添えられたウニのリゾット、そして、メインの鳩のローストです。美味しゅうございました。

 いっしょに・・・

 ・・・

続きはメルマガを購読 → noteブロゴス夜間飛行ブロマガまぐまぐ

4.藤沢数希の身もフタもない人生相談

―セブでのフィリピン語学留学で韓国人女子大生にゴールしました

藤沢さん、いつもメルマガ楽しみにしております。
現在セブで語学留学中のXXXXと申します。
現在2X歳でもともと日本で研究職としてXXXXX企業で働いておりましたが、大企業特有の古い就業文化に嫌気がさし退職し、現在キャリアアップのため語学留学に来ております。
現在2ヶ月が経過し、あと1ヶ月滞在後、別の国での就職を予定しております。
藤沢さんも過去に短期でセブ留学をされていたように、セブでの語学留学はとても人気があります。

週刊金融日記 第220号 セブのホテルとレストランを一気に紹介
週刊金融日記 第221号 フィリピン英語短期留学事情と英語の勉強法

大きな理由は価格の安さにあると思いますが、リゾート地でもありますので勉強というよりは観光気分で来ている人も多くいます。
週刊金融日記の読者の方々は英語学習にも積極的だと思われますので、今回は私の経験と注意点をシェア出来ればと思います。

(1) 日本人と韓国人がかなり多い

学校にもよると思いますが

・・・

続きはメルマガを購読 → noteブロゴス夜間飛行ブロマガまぐまぐ

↑このページのトップヘ