2015年02月24日

週刊金融日記 第150号 想像してごらん、他

今週号のメルマガの目次です。
noteでも購読できるようになりました。
初月無料です。
また、noteで実験的に、購読者じゃない方にも過去記事をバラ売りしています。
この機会にお試しください。

主要バックナンバー
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52021876.html

恋愛小説「ぼくは愛を証明しようと思う。」も連載中です。
https://cakes.mu/posts/6591

==============================
// 週刊金融日記
// 2015年2月24日 第150号
// 想像してごらん
// 日経平均高値更新
// 銀座の安くて美味しい江戸前鮨
// 間接的トモダ※※※
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。
 さて、今週はこのメルマガの創刊号でコンピ地獄を説明するために登場していただいたダルビッシュ有投手が、交際中のレスリング元世界王者の山本聖子氏が妊娠したことを発表して、世間を賑わせていますね。事実婚で、婚姻届は提出しないようで、今後は日本でもこのようなカップルが増えるのではないかと思います。

 連載中の小説が更新されました。

Chapter3-10 DVD鑑賞会
https://cakes.mu/posts/7753

 ところで次から性描写が多くなるということで、cakesの記事の無料公開期間が短くなるらしいです。無料公開中にバズってAppleに目をつけられるとcakesのアプリが審査に通らなくなる可能性があるとのことです。無料で読みたい人は、すぐに読んでください(笑)。

 それでは今週もよろしくお願いします。

1.想像してごらん

 好きな小説が映画化されて、映画館に足を運んだもののがっかりしてしまったという経験が、誰にでもあることでしょう。じつは、こうした経験は、人間の脳の働きの本質的な部分と関係しています。
 誰もが簡単に動画を撮影できて簡単に動画を送れる時代になっても、我々は昔ながらの活字を使ったコミュニケーションをますますするようになっています。TwitterやLINEなどの成功もあり、ラジオや電話などの音声メディアよりも、むしろテキストデータのほうが人間の通信手段としてますます盛んになっているのです。電子工学的には、(1)文字、(2)静止画、(3)音声、(4)動画と(1)→(4)の順番で圧倒的にデータ量が増大し、技術的に実現が難しくなりますが、我々の脳は逆に一番左の文字が一番情報を含んでいるように感じるのです。
 なぜでしょうか?
 それは人間の想像力にかかわっています。動画は情報量が多いからこそ、人に想像させる余地を残さないのです。ドラマでは登場人物は具体的な俳優や女優に置き換えられ、どんなルックスをしているのか、どんな声でどんな話し方をするのか想像の余地がありません。一方で、小説では、情報が文字でしか与えられないため、人は様々なことを想像しなければいけません。脳を最大限に働かせないといけないのです。それゆえに、文字情報は、読み手の過去の記憶と複雑な化学反応を引き起こし、豊かな世界を創り出していくのです。
 冒頭に戻りますが、なぜ小説が映画化されるとがっかりすることがとても多いのかが理解できるでしょう。自分の想像力で創り出した豊潤な世界が、想像の余地のない安っぽい現実の作り物に置き換わってしまうと感じるからです。
 同じように、美しい小説を書く作家が、小説が売れた途端に、テレビなどに出てきて薄っぺらいコメントをドヤ顔でしゃべりはじめれば、小説の世界そのものも色褪せてしまうことでしょう。
 たいていの現実は、想像の世界よりつまらないものなのです。

「理想の異性と素敵な恋愛をしているところを想像してごらん」

 こう言われると、読み手は色々なことを想像できるはずです。100人の読み手がいたら、100人の理想の恋人がいて100通りの理想の恋愛が創り出されるのです。しかし、理想の異性を作るために、どこかの俳優や女優をキャスティングして、どこぞの脚本家が理想の恋愛のストーリーを書いたとしたらどうでしょう。必ずどこかにケチがつきます。この俳優はイケメンだが私のタイプではない。こういう恋愛は素敵だけど疲れそう。そういえばあの俳優はこの前週刊誌に変なウワサが書かれていたわ……。
 たっぷりとお金と時間をかけて作る映像よりも、単なる文字列のほうがときに豊かな情報を読み手の伝えるのです。テキストデータは、そこにだけ情報があるわけではなく、読み手の心の中の情報を掘り起こす触媒のような働きをするからです。
 もちろん僕も一映画ファンとして、映像や音楽の良さは大いに認めます。しかし、数千年も前から存在するテキストメディアの力は、想像以上だということが言いたいのです。

 ビートルズのジョン・レノンは、「想像してごらん。人々がみんな平和に生きている世界を」という歌詞を歌い、世界中でこの曲を大ヒットさせました。

 Imagine - John Lennon http://youtu.be/dq1z1rkjw-E

 世界中で紛争が起こり、ちょっとした民族や宗教の違いでお互いに憎しみ合っていました。平和な国であっても、人々の争いは絶えません。血の繋がった家族同士でさえ、ときに憎しみ合っています。そんな世界に対して、ジョンは、平和な世界を想像してごらん、と語りかけたのです。そして、人々はそれぞれに平和な理想の世界を心の中に思い描き出しました。ジョンはなんて素敵なことを言うのでしょうか、とみなが思ったのです。
 実際のところ、ビートルズは仲間同士で編曲などの些細な方針でいがみ合い、得られた印税の分配などでもいざこざを起こし、そして、最後にはメンバー同士が法定で争いながら解散してしまいました。こうした現実を冷静に見つめるなら、世界平和を願う前に、まずは自分のバンドの平和だろ、と思わなくもないのですが、ジョンは類まれなその作詞家としての才能によって、人々の心に平和な世界というものを鮮明に描かせたのです。

 この人間の想像力にこそ、ACSモデル攻略の鍵が隠されていると言ってもいいでしょう。
 たとえば、Attractionフェーズ・・・
・・・
続きはメルマガを購読 → noteまぐまぐブロゴス夜間飛行ブロマガ

2.今週のマーケット

※ 2015年2月13日-2015年2月20日の週間パフォーマンス

TOPIX : 1500.33 (週間 +3.5%, 年初来 +6.6%)
日経225: 18332.30 (週間 +2.3%, 年初来 +5.1%)
S&P500 : 2110.30 (週間 +0.6%, 年初来 +2.5%)
FTSE100: 6915.20 (週間 +0.6%, 年初来 +5.6%)
USDJPY : 119.01 (週間 +0.2%, 年初来 -0.6%)
EURJPY : 135.41 (週間 +0.2%, 年初来 -6.5%)

 2月第3週の日経平均株価は週間で2.3%高の1万8332円30銭で引け、続伸となった。ギリシャ情勢がリスク要因であったが、企業業績の改善に対する期待感が週を通じて相場を支えた。19日にはITバブル期の2000年5月以来の高値を付けた。金融株が大きく上昇し、ふくおかFGや千葉銀、横浜銀などの地銀株が日経平均株価を押し上げた。
 18日に公表された米国FOMC議事録(1/27-28開催分)ではドル高についての言及が多く、米国の利上げの前倒しの可能性は低いと見られており、ドル円相場は1ドル=120円手前で円安の勢いが鈍る展開になっている。これまで円安で上昇してきた輸出関連株の上値は抑えられやすく、金融株の過熱感も出てきている。

 24日月曜日の日経平均株価は134円62銭(0.7%)高の1万8466円92銭で引け、4日続伸。20日に、ブリュッセルで開かれていたユーロ圏財務相会合で、ギリシャが財政改善に取り組むことを条件に金融支援を4カ月延長することで合意したことを受けて、ギリシャ政府が来月にも資金繰りに行き詰まるとの懸念が後退したことが市場で好感された。・・・
・・・
続きはメルマガを購読 → noteまぐまぐブロゴス夜間飛行ブロマガ

3.ブログではいえないお店 #150

―銀座の安くて美味しい江戸前鮨

 一時期、銀座の鮨にハマっていて、毎週のように通っていたおかげで、高級鮨の相場感ができました。鮨を食べた後に自分でプライシングしてその価値を算定してみます。お勘定で、その価値より値段が安ければオススメ店で、上回ればボッタクリ店と評価しています。もちろんここでわざわざボッタクリ店を晒したりしませんが。ある程度の絶対的な美味しさの水準がありますが、価値に対して価格が割高では決して評価しません。やはり料理は、適切なプライシングを含めて楽しむものだと思います。
 僕は銀座界隈にお気に入りの鮨屋が5〜6軒ぐらいあって、これらが常に値段を上回る鮨を出してきますから、最近、いい鮨屋にいっても、残念ながらメルマガで紹介できる所はそれほど多くありません。
 しかし、先日、久々にヒットしたお店がありました。大変めずらしく・・・
・・・
続きはメルマガを購読 → noteまぐまぐブロゴス夜間飛行ブロマガ

4 .藤沢数希の身もフタもない人生相談

―学生の彼と結婚を前提に付き合っていますが最近素敵な男性との出会いが多くて悩んでいます

こんにちは。
いつも楽しみに読んでいます。
20代後半の女性です。
女性の浮気、というか恋愛の在り方についてご相談させてください。

現在、付き合って2歳年下(学生)の彼がいます。
結婚前提でお互いの両親にも紹介していますが、彼はまだ学生で来年就職後に結婚する予定です。
今までも現在も彼には何の不満もなく、うまくいっていると思いますが、最近素敵な男性との出会いが多く悩んでいます。
乗り換える気持ちは全くないにもかかわらず、
「きちんと仕事をしている人はいいな」
「素敵だと思う男の人に口説かれるのは楽しいな」
という気持ちになります。
ただ、その一方で、どの人ともきちんと向き合わないと結局はすぐに飽きてしまうだろうし、複数人と真剣に向き合うのは精神的に負担が大きいです。
(読者の方には散見されますが、そういう意味で複数人の女性を相手にしている男性は本当にすごいエネルギーだと思います)

藤沢さんにお聞きしたいのは、女性が幸せになるためには、一人の男性を愛し続けるべきなのか、常によりよい男性を探し続けるべきなのか、それとも他に方法があるのか?ということについてです。
女性の恋愛の在り方についてお聞きしたいです。

メルマガのほとんどは目を通していると思いますが、もし既出でしたらご容赦ください。

―藤沢数希の回答
・・・

続きはメルマガを購読 → noteまぐまぐブロゴス夜間飛行ブロマガ

2015年02月17日

週刊金融日記 第149号 恋愛工学のビジネスへの応用、他

今週号のメルマガの目次です。
noteでも購読できるようになりました。
初月無料です。
また、noteで実験的に、購読者じゃない方にも過去記事をバラ売りしています。
この機会にお試しください。

主要バックナンバー
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52021876.html

恋愛小説「ぼくは愛を証明しようと思う。」も連載中です。
https://cakes.mu/posts/6591

==============================
// 週刊金融日記
// 2015年2月17日 第149号
// 男女の本能を理解する簡易モデルと恋愛工学のビジネスへの応用
// ギリシャ問題
// 広尾の老舗フレンチ
// 結婚という宗教を考える
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。
 個人事業主やサラリーマンでも2000万円以上稼いでいる人たちは、確定申告のシーズンですね。僕は税理士にやってもらっていますが、それでも領収書を仕分けるのがけっこう大変です。ところで、クレジットカードなどの記録は過去半年程度しかウェブでさかのぼれなかったりするのですが、マネーフォワードなどを使って、クラウドで統合して保管しておくとかなり便利になります。

クラウド家計簿ソフト マネーフォワード
https://moneyforward.com/

 未来的には、物理的な貨幣を廃止し全て電子マネーにして、中央銀行は金融政策でいくらでも金利をマイナスにできるような世界になると素晴らしいかと思います。ずっと前に書いた記事で、僕のアイディアでもありませんが。

日本の経済問題をいっぺんに解決する貨幣廃止
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/51613000.html

 さて、小説『ぼくは愛を証明しようと思う。』が好評連載中です。

Chapter3-9 3度目のレストラン
https://cakes.mu/posts/7752

 今週号の人生相談コーナーの見所は以下の通りです。

―「婚前契約書」についてのバックナンバーを教えて下さい
―名古屋のデートコースの紹介
―脳に電極を刺したサルとモテてガールハントが上手いサルはどっちが幸せか
―大学受験に失敗しました
―お互いに与え合い満たし合う理想の関係を築いていけますように

 それでは今週もよろしくお願いします。

1.男女の本能を理解する簡易モデルと恋愛工学のビジネスへの応用

問い 次のみっつの状態で、一番女に愛されるのはどれか?

 (1) 誠実にその女のことだけを愛している状態
 (2) 浮気しながら、そのことを隠している状態
 (3) 浮気してしまい、正直にそのことを打ち明けた状態

答え ・・・
・・・
続きはメルマガを購読 → noteまぐまぐブロゴス夜間飛行ブロマガ

2.今週のマーケット

※ 2015年2月6日-2015年2月13日の週間パフォーマンス

TOPIX : 1449.38 (週間 +2.3%, 年初来 +3.0%)
日経225: 17913.36 (週間 +1.5%, 年初来 +2.7%)
S&P500 : 2096.99 (週間 +2.0%, 年初来 +1.9%)
FTSE100: 6873.52 (週間 +0.3%, 年初来 +5.0%)
USDJPY : 118.72 (週間 -0.1%, 年初来 -0.8%)
EURJPY : 135.17 (週間 +0.5%, 年初来 -6.6%)

 2月第2週の日経平均株価は、週間で1.5%高の1万7913円36銭と反発。12日の場中には2カ月ぶりに1万8000円台に達し、リーマンショック前の水準にまで回復した。ドル円相場は、良好だった米雇用統計を受けて、12日には約1カ月ぶりに1ドル=120円台に乗せたが、米国の小売売上高などの指標が低調だったことや日銀関係者の話として追加緩和は日本経済にはマイナスとなると報道されたことなどで118円台に戻した。
 12日、巨額の債務を抱えるギリシャがEUに対して財政緊縮策の見直しを求めている問題で、急進左派連合のチプラス党首率いる新政権のバルファキス財務相が初めてユーロ圏財務相会議に参加したが、結論は持ち越された。ギリシャは、債務返済を求めるドイツ政府に対して、第二次世界大戦時のナチス・ドイツの占領による損害への賠償請求を検討しており、依然としてギリシャ問題は不透明である。
 ウクライナのポロシェンコ大統領とロシアのプーチン大統領は、調停役のドイツとフランスを交えた4か国の首脳会談を受けて、15日からの停戦を合意した。
 ギリシャ問題で先が見えない欧州から、日本へ世界の投資マネーが流れる展開もあろう。

 16日月曜日の日経平均株価は91円41銭(0.5%)高の1万8004円77銭で引け、2007年7月以来はじめて終値で1万8000円台に乗せた。取引開始前に内閣府が発表した昨年10−12月期の日本のGDP速報値は、前期比年率2.2%増と、市場予想の3.7%増は下回ったものの3四半期ぶりのプラス成長となった。・・・
・・・
続きはメルマガを購読 → noteまぐまぐブロゴス夜間飛行ブロマガ

3.ブログではいえないお店 #149

―広尾の老舗フレンチ

 広尾のXXXは、いつも満足できる料理を出してくれる正統派フレンチです。店内はパリにある地元客が通ういいレストランという感じですね。ジビエなどの季節の食材にじっくりと火を通して、フレンチ独特の濃厚なソースに絡めて頂くのは、なんとも美味しいものです。そして、ここはお値段もリーズナブル。ランチはサービス料込みで3900円で、美味しいコースを楽しめます。前菜を二品にしても5500円(サービス料・税込み)。これはなかなかのコスパです。
 ディナーもひとり1万円ちょっとでワインも楽しめます。・・・
・・・
続きはメルマガを購読 → noteまぐまぐブロゴス夜間飛行ブロマガ

4 .藤沢数希の身もフタもない人生相談

―「婚前契約書」についてのバックナンバーを教えて下さい

匿名おじさんと申します。
30代、経営者、年収3000万。
プレイヤーとして20歳頃からずっと活動しているのですが、この度結婚しようとしています。
事実婚も考えましたが、それは通じなさそうで。
まだまだ日本だと若くて高スペックな女性に事実婚は通じない気がします。

本題です。
「婚前契約書」を考えているのですが、以前、人生相談で弁護士の方が述べている号があったと思うのですが、探しきれなくて、その号を教えてもらえないでしょうか。
もしくは詳しい、得意な弁護士さんいたら教えて欲しいです。
会社の利益を合わせると1億以上なのですが、100%自分が株主の会社だと会社の利益、資産も財産分与の対象になる認識で合っているのでしょうか?
これからもプレイヤーでい続けたい&会社も右肩上がりなのでとても慎重になっています。
よろしくお願いします。

―藤沢数希の回答
・・・

続きはメルマガを購読 → noteまぐまぐブロゴス夜間飛行ブロマガ

2015年02月10日

週刊金融日記 第148号 既存の文系学問はなぜダメなのか、他

今週号のメルマガの目次です。
noteでも購読できるようになりました。
初月無料です。
また、noteで実験的に、購読者じゃない方にも過去記事をバラ売りしています。
この機会にお試しください。

主要バックナンバー
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52021876.html

恋愛小説「ぼくは愛を証明しようと思う。」も連載中です。
https://cakes.mu/posts/6591

==============================
// 週刊金融日記
// 2015年2月9日 第148号
// 既存の文系学問はなぜダメなのか
// ウクライナとギリシャ情勢
// 青山のバスク料理のお店
// 名古屋のデートコース
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。
 先々週に週刊Spa!に掲載した記事がウェブにもアップされました。日本株の大株主の話です。最近では、ベンチャー企業に投資するファンドを省庁が作ったり、いったいこの国はどうなってしまうのでしょうか。

日本株の筆頭株主はGPIF、2位は日銀。日本は共産主義国家になるのか?
http://hbol.jp/23973

 連載中の小説が更新されました。

Chapter3-8 水辺の散歩
https://cakes.mu/posts/7751

 今週も人生相談コーナーは盛り沢山です。時間のない読者のために重要トピックをリストアップします。

―これがどん詰まりの31歳中年童貞です
―名古屋のデートコース紹介
―住宅ローンを組む予定ですが金利を動かす要因について教えてください
―高学歴学生の人気就職先と医学部の人気
―愛のあるセックスがこの世に溢れますように

 それでは今週もよろしくお願いします。

1.既存の文系学問はなぜダメなのか

 学問をふたつにわけると、自然(nature)を研究対象とする自然科学(natural science)と、人間の作り出すもの(arts)とそれを可能にする人間の本性(human nature)を研究対象とする人文科学(humanities)になる。また、社会(society)を人間(human)と対比させて研究対象とする社会科学(social science)のカテゴリーを作ると、学問を自然科学、人文科学、社会科学に三分することができる。
 具体的に人文科学を挙げると、哲学、倫理学、宗教学、歴史学、考古学、地理学、文化人類学、民俗学、言語学、文学、芸術学、教育学、心理学などであろう。これに対して社会科学は、社会学、政治学、経営学、法学、経済学などである。
 また、日本では、文系(人文科学+社会科学)、理系(自然科学+工学+医学)に分けることもよく行われている。
 もちろん、学問を厳密に分類できるわけではなく、これらはあくまで便宜的なカテゴリーに過ぎない。

 さて、このような細かい学問の「博物学」は別にして、僕が常々思っているのは、哲学、文学、社会学などの文系学問は、中世の時代からなんの進歩もしておらず、ほとんど意味のないものになっているのではないかということだ。実際、いまでも大学の講義で、中世の時代に書かれた書物をありがたがって、ああでもないこうでもないと読んでいる。もうね、アホかと。馬鹿かと。
 心理学なども、もっともらしいレトリックを重ねて何かをわかった気にさせる星占いと何ら変わりない。
 このような文系学問が、一見、高度な理論があるかのように見せかける術は、占星術とそっくりだ。

 最近では、「イスラム国」に関する説明を見ていても、やはり文系学問はピンと来なかった。
 宗教学者は、キリスト教とイスラム教の対立の歴史、そしてイスラム教の中で、過激な思想として広がってしまったグローバル・ジハードなどの文脈でこうした問題を説明しようとするが、肝心の「イスラム国」の戦闘員の大半はイスラム教のことをよく知らない。ロンドンで逮捕された、イスラム過激派のテロリストの自宅からは、Amazon.comで注文された「サルでもわかるイスラム教入門」と「サルでも読めるコーラン」が発見された。
 オスマン帝国領がサイクス・ピコ協定により欧米列強が分割したことも、アラブ諸国のほとんどの子供は知らないだろう。日本人が第二次世界大戦のことなど誰も気にしていないように、シリアやイラクの子供には目の前の生活があるだけで、100年前に起こったことなど誰も知らないのだ。
 社会で何か大きな事件が起こると、文系学問の学者はテレビに出てきて、「心の闇」や「社会のひずみ」のせいだと言う。これでは何も説明していないに等しい。

 僕は既存の文系学問は、大きな欠陥を抱えていると思う。
 それは何か?
 これらの人文科学が人間の本性とそれが作り出すものを理解すると謳いながら、ふたつの基本的な要素がまるでこの世に存在しないかのように扱われているのだ。・・・
・・・
続きはメルマガを購読 → noteまぐまぐブロゴス夜間飛行ブロマガ

2.今週のマーケット

※ 2015年1月30日-2015年2月6日の週間パフォーマンス

TOPIX : 1417.19 (週間 +0.1%, 年初来 +0.7%)
日経225: 17648.50 (週間 -0.1%, 年初来 +1.1%)
S&P500 : 2055.47 (週間 +3.0%, 年初来 -0.2%)
FTSE100: 6853.44 (週間 +1.5%, 年初来 +4.7%)
USDJPY : 118.83 (週間 +1.2%, 年初来 -0.7%)
EURJPY : 134.50 (週間 +1.4%, 年初来 -7.1%)

 1月第1週の日経平均株価は週間で0.1%安の1万7648円50銭で引け、小幅ながら反落した。ウクライナの地政学リスク、ギリシャ問題に対する不透明感があり、方向がはっきりしない展開になっている。また、原油価格が下げ止まり、海運や空運、電気・ガスといった原油安メリット業種が軟調だった。
 ウクライナは、親ロシア派武装勢力との戦闘から、東部の戦略的重要地域から住民を避難させることになり、再び緊迫化してきた。欧州連合(EU)はロシアに対し新たな制裁を課す可能性がある。欧州中央銀行(ECB)は4日、救済に伴う公約を順守するギリシャ国政府の姿勢に懸念が生じたとし、ギリシャ国債への適格担保ルールの適用除外解除を発表した。
 国内では、6日までに上場企業の約7割が第3四半期決算を発表、主要企業を中心に決算シーズンの峠は越えた。ソニーは4日、第3四半期の営業利益1625億円と増益で着地し、株価は12%上昇した。4日、トヨタ自動車は2015年3月期の営業利益が2兆7000億円と過去最高となる見通しを発表したが、すでに織り込まれていたため、株価は小幅ながら下落した。
 米労働省が6日に発表した1月の雇用統計は、非農業部門雇用者数は前月比25万7000人増となり、事前のエコノミスト予想の中央値22万8000人増から上振れした。また、前月分も上方修正された。雇用統計を受け、早期の利上げ開始観測から米2年債などの金利が上昇し、為替はドル高円安に動いた。

 週末の米雇用統計、為替のドル高円安を受けて、9日月曜日の東京株式相場は続伸し、日経平均株価は63円43銭(0.4%)高の1万7711円93銭で引けた。・・・
・・・
続きはメルマガを購読 → noteまぐまぐブロゴス夜間飛行ブロマガ

3.ブログではいえないお店 #148

―青山のバスク料理のお店

 青山学院大学のすぐ近くにある安くて美味しいバスク料理のお店を紹介しましょう。XXXです。バスク料理というのは、スペインとフランスの国境にある山岳地帯に住むバスク人たちが発展させてきた料理です。スペイン料理とフランス料理が混ざっていて、世界有数の美食地帯になっています。
 東京で美味しいバスク料理といえば、やはり青山の骨董通りの路地裏にあるXXXですね。第26号で紹介しました。・・・
・・・
続きはメルマガを購読 → noteまぐまぐブロゴス夜間飛行ブロマガ

4 .藤沢数希の身もフタもない人生相談

―愛のあるセックスがこの世に溢れますように

藤沢さんへ

アラフォー既婚女性です。
藤沢さんのメルマガを読んでどうしてもいつも違和感を感じていることがありまして、私の若い頃からの経験もふまえ投稿させていただくことにしました。

とはいえ、モテない男性が大多数の世の中で売れるメルマガにするためには、こういう内容になるのは致し方ないのかなとは思っていますが、それでも、読者のみなさんに「本当に魅力的な男になることができれば、女性とのセックスの流れは全然違う」ということをお伝えして、単に雌豚とセックスに至る為のテクニックを磨くのではなく、更なる男性としての魅力向上の努力をしてもらえたらとも思っています。

このメルマガでは、女子にクリタッチである程度無理やり襲い掛かるような、そして女子もそれを承知で、「いやよ」と言葉ではいいつつ本当は受け入れる、なぜなら雌豚だから、みたいな流れが基本となっていますが、実際は本当に魅力的な男が相手であれば、女の行動は違うと思います。
別の言い方をするなら、雌豚を相手にしている時点で、雌豚の方も雄豚のほうを搾取する相手くらいにしか思っていないと思います。

それより、本当に好きな相手から手をつながれてキスをされたら、あとは、2人で自然とホテルなり部屋なりに入って、2人で自然にもう一度キスをしてから抱き合って自然と服を脱いでしまうものではないでしょうか。
そんな瞬間の甘美な時間の流れは、それはそれは素敵ですよ。
藤沢さんの経験的にもそうじゃないですか?

そのあと2人の関係を継続させるテクニックとしては藤沢さんのポストSP理論は素晴らしいと思っています(お世話になりました!)。

以前のメルマガのサウザーなんとかさんのいう、”パンスト桶狭間の戦い”とか、あほらしいです。

とはいえ、かくいう私もそんな”パンストの戦い”的な事をしていた時代もありましたが、今思うと、それって、自分にとってたいして魅力的じゃない男だけど、搾取できるところまでは搾取したいという女のズルい思いがあるから、そうなるんですよね。
私自身は、そういう経験をいくつか重ねた結果、魅力のない男から搾取するために自分の性を使うことが嫌になりました。

パンストの戦い=魅力を感じてない男からギリギリまで搾取したいズルい女vsなんとか女とセックスしたい男の戦い、と思います。

男性も女性も自然と服を脱いで同時に抱き合えるような愛のあるセックスがこの世に溢れますように。

―藤沢数希の回答
・・・

続きはメルマガを購読 → noteまぐまぐブロゴス夜間飛行ブロマガ

2015年02月04日

週刊金融日記 第147号 恋愛工学で読み解くイスラム国、他

月曜に送ったメルマガの目次です。
noteでも購読できるようになりました。
初月無料です。
また、noteで実験的に、購読者じゃない方にも過去記事をバラ売りしています。
この機会にお試しください。

主要バックナンバー
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52021876.html

恋愛小説「ぼくは愛を証明しようと思う。」も連載中です。
https://cakes.mu/posts/6591

==============================
// 週刊金融日記
// 2015年2月3日 第147号
// 恋愛工学で読み解くイスラム国
// 決算シーズン
// 南青山の安くて美味しいフレンチ
// コスパ重視の推奨レストラン・リスト
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。
 今週号は、イスラム国について書きました。イスラム国の蛮行は決して許してはいけません。しかし、彼らの組織形態には、これからのインターネットビジネスのヒントが詰まっているように思いました。インターネットを駆使して、分散型のネットワーク構造のコミュニティを作るというのは、とても現代的です。恋愛工学と同様に、ビジネスモデルや組織形態自体に善悪はありません。それを使う人間により、善にもなるし、悪にもなるということです。

 連載中の小説が更新されました。

Chapter3-7 バックトラック
https://cakes.mu/posts/7750

 今週号の人生相談コーナーの重要トピックは以下のとおりです。

―コスパ重視の推奨レストラン・リスト
―独身30代前半女性・彼氏ありですが浮気相手から奥義STコンボを喰らっています
―第146号で聖帝十字撃を決めたにもかかわらず、パンスト桶狭間の戦いで一敗地にまみれた方へ
―藤沢さんが取っているメルマガを教えてください
―東京ディズニーシー・ストナンプロトコルの結果報告

 それでは今週もよろしくお願いします。

1.恋愛工学で読み解くイスラム国

冒頭の記事の一部は公開中

続きはメルマガを購読 → noteまぐまぐブロゴス夜間飛行ブロマガ

2.今週のマーケット

※ 2015年1月23日-2015年1月30日の週間パフォーマンス

TOPIX : 1415.07 (週間 +0.8%, 年初来 +0.5%)
日経225: 17674.39 (週間 +0.9%, 年初来 +1.3%)
S&P500 : 1994.99 (週間 -2.8%, 年初来 -3.1%)
FTSE100: 6749.40 (週間 -1.2%, 年初来 +3.1%)
USDJPY : 117.43 (週間 -0.3%, 年初来 -1.9%)
EURJPY : 132.68 (週間 +0.6%, 年初来 -8.4%)

 1月最終週の日経平均株価は週間で0.9%高の1万7674円39銭で引け、続伸となった。本格化している主要企業の昨年10−12月期の決算発表が、全体的に良好であった。利益が市場予想を上回った日清製粉やアドバンテストなどの好業績銘柄を中心に買われ、原油安を受けて空運や電気・ガスなどのセクターが上昇した。米国ではマイクロソフトやキャタピラーなど主要企業の決算が下振れし波乱の展開になったが、日本株はGPIFと推測される資金も入り、米国株の下落を打ち消したようだ。
 2月第1週には、米国でISM製造業・非製造業景況指数、ADP雇用統計、労働省による雇用統計など重要経済統計の発表が相次ぐ。国内でも主要企業の決算が本格化するが、その中でも、トヨタ自動車が今後の相場を占う上で重要だろう。

 2日のTOPIXの終値は前週末比6.32ポイント(0.5%)安の1408.75、日経平均株価は116円35銭(0.7%)安の1万7558円4銭で引けた。30日に発表された米国の昨年10−12月の実質GDPが前期比2.6%と、3%の事前予想を下回っていた。・・・
・・・
続きはメルマガを購読 → noteまぐまぐブロゴス夜間飛行ブロマガ

3.ブログではいえないお店 #147

―南青山の安くて美味しいフレンチ

 南青山に安くてオシャレで美味しいと評判のフレンチが・・・

・・・

 しかーし、あれよあれよという間に人気店になって、食べログ4点以上です!・・・
・・・
続きはメルマガを購読 → noteまぐまぐブロゴス夜間飛行ブロマガ

4 .藤沢数希の身もフタもない人生相談

―独身30代前半女性・彼氏ありですが浮気相手から奥義STコンボを喰らっています

はじめまして。
XXXと申します。
独身30代前半女性・彼氏ありです。

第146号 サウザーさんの奥義STコンボについての寄稿を読んで、まさに自分がSTコンボで長期トリガー(Long-Term Sex Trigger, LTST)を引かれた状態にあることを認識しました。
思い当たる節があり過ぎて、ずっと見られていたのではないかというくらいのタイミングでした。
彼氏が長期出張で遠隔地にいる期間に、別の男性との不倫関係を持ちました。

初回は、酔った勢いでした。
生理2日目で、あまりよい状態ではなかったのですが、相手は気にしなかったようで、挿入。
最初は酔ってて射精せず、少し寝て朝方の再トライで射精(初回のセックスで挿入・射精クリア)。
(…この再トライのときにも私はグダグダを繰り出しましたが、トモダチ○コされたよ、確かに…)

その3日後(間6日)、お互い初回の一夜が忘れられず、夜中ホテルで落ち合って2回目の夜を過ごしました。
(=初回セックス直後にSTST強制発動する3日〜7日の短期セックストリガー期間中に、2回目のセクアポを完遂)

年末年始の休みを挟み、年明けて最初の金曜にお互い会おうとするも夜中過ぎて会えず(物理的に遠かった)、残念な思いをし(これが間13日)、その翌週半ばに3回目(2回目の夜からだと間18日、且つ初回から26日目)の夜を過ごしました。
この後間を9日間おいて、4回目の夜を過ごしております。

厳密に照らし合わせると「28日以内に計4回均等に」には当てはまらないものの、十分長期トリガー(LTST)効果が発動されて、見事に素直で従順な子犬ちゃんになった自覚があります。
ちなみにこの間、彼氏とは一度わざわざ遠隔地で会っているものの、生理が来てしまいセックスはしませんでした(上書きされていない)。

現在ですが、私は以前から決まっていた・・・

・・・

・・・三ヶ月後です。

ここで、質問というより、今後の予測を・・・

続きはメルマガを購読 → noteまぐまぐブロゴス夜間飛行ブロマガ

2015年02月03日

サルでも3分でわかるイスラム国の歴史

(以下の文章は週刊金融日記 第147号「恋愛工学で読み解くイスラム国」の一部抜粋です。)

 「イスラム国」に日本人ふたりが誘拐され、日本国政府やヨルダン政府の努力も虚しく、殺害されてしまった。後藤さんは、信念のあるジャーナリストで、日本中が彼の功績を称え、彼が亡くなってしまったことを深く惜しんでいる。オバマ大統領は、後藤さんを殺害する動画がYouTubeにアップされると、異例の早さでコメントを出した。

"Through his reporting, Mr. Goto courageously sought to convey the plight of the Syrian people to the outside world. Our thoughts are with Mr. Goto's family and loved ones, and we stand today in solidarity with Prime Minister Abe and the Japanese people in denouncing this barbaric act."
(後藤さんは勇気をもってシリアの国民の置かれた苦しい状況を世界に伝えてきた。我々の心は後藤氏の家族や彼を愛する人々と共にあり、米国は今日、こうした野蛮な行為を糾弾することで、安倍首相、そして日本国民と共に結束する。)

 テロリストたちが行った今回の蛮行は、もちろん決して許されないことだ。その点で、安倍首相が「テロリストたちを絶対に許さない。その罪を償わせるために国際社会と連携する」と声明を出したのは当然である。(残念なことに「罪を償わせる」という言葉が、一部の欧米メディアで"Revenge"(復讐)と訳されてしまったが、"Bring them to justice"(司法に裁かせる)ぐらいにするべきだっただろう。同時に英語の声明も発表するべきだった。)
 いま、日本国民は、この「イスラム国」に大いに関心を持っており、メディアでは、アラブ諸国やイスラム教に詳しい国際政治や安全保障問題の多くの専門家が「イスラム国」について解説している。
 世間では、「イスラム国」は単なるテロ集団であり、正式な国家と誤解させるような呼称は改めるべきだ、という議論が盛り上がっているが、現実的には国家の形相を示している。シリアとイラクの広範な地域を実効支配しており、すでに2万〜3万人ほどの戦闘員を有する軍隊を持ち、行政を司る官僚組織まで持っている。2014年11月には独自の通貨を発行することまで発表した。国際社会からは決して認められないこの集団を、本メルマガでは、「イスラム国」と括弧付きで表現することにする。
 詳細は専門家に譲るとして、「イスラム国」の歴史を簡単におさらいしておこう。

 イラクやシリアは元々はオスマン帝国の一部であり国民は平和に暮らしていた。しかし、1914年に第一次世界大戦が勃発し、状況が一変する。戦勝国のイギリス・フランス・ロシアがオスマン帝国の領土を分割し、これを分けあったのだ。こうして部族や宗派への配慮もなく、主にイギリスとフランスの利権の都合で、無理矢理に国境が引かれることになった。以後、石油が出るこれらの中東地域は、列強の覇権争いを火種にして、大小様々な戦争を繰り返していくことになる。
 イラクはイギリスにより人工的に作られた国家だったが、1968年にバアス党が起こしたクーデターで独立国家になった。このバアス党で出世して指導者になったのがサダム・フセインである。一方のシリアはフランスに統治されていたが、第二次世界大戦の後にシリア共和国として独立している。
 バアス党は「欧米列強に切り裂かれたアラブ諸国を再び統一し、かつては世界に冠たる文明を誇ったアラブの栄光を取り戻す」という目標をかかげ、多くの若者から熱烈な支持を得た。フセインは彼らのヒーローだったのである。しかし、フセインは典型的な独裁者となった。秘密警察を組織して国民を監視し、自分たちを批判する者や権力を脅かしそうな人物は次々と処刑した。一方で、シリアもアサド政権が、やはり秘密警察で国民を監視し、恐怖政治で治安を維持していた。

 サダム・フセインのイラクだが、じつはアメリカと仲が良かった。となりのイランで1979年に革命が起き、反米国家になってしまったからだ。アラブ諸国のパワーバランスを取るために、アメリカはイラクを支援した。こうして力を付けたイラクは、1980年には、早くもイラン・イラク戦争を引き起こす。この戦争で、イラクの軍隊は国際法に違反する化学兵器を使用したが、反米国家のイランを弱体化させるために、国際社会はこれを放置した。アメリカはフセインの軍隊を訓練し、最新の兵器を与えることにより、8年にも及ぶこの戦争で、イラクを支援し続けた。こうしてイラクは化学兵器、戦車、戦闘機などを保有する強大な軍事力を持つことになる。
 1990年8月、イラン・イラク戦争でクウェートから金を借りていたフセインは、戦争が終わると、自分たちは血を流すことなく、金を返せと執拗に迫る隣国のクウェートにブチ切れて、侵攻を開始した。これにアメリカがブチ切れて、1991年1月、アメリカ軍と多国籍軍は湾岸戦争を開始したのだ。多国籍軍は、ハイテク兵器を使った徹底的な空爆で1ヶ月足らずで勝利する。ここでブッシュ大統領(父)は、フセインを殺すこともできたのだが、あえて生かしておいた。しかし、唯一の超大国となったアメリカはここで力を誇示して、サダム・フセインを処刑し、アメリカの力でイラクに民主的な政権を作るべきだ、と考える人たちも多くいた。彼らは「ネオコン」と呼ばれている人たちだ。

 ネオコンの人々が一気に息を吹き返すときが来たのが、2001年9月11日のアメリカ同時多発テロである。あの民間航空機をニューヨークの高層ビルに複数突っ込ませるという、前代未聞のテロを企画して実行したのは、アルカーイダというテロ組織である。アルカーイダは、オサマ・ビンラディンが中心になって起ち上げた、フランチャイズ形式の民間テロ組織で、主に反米思想の富裕層からの寄付金が収入源であった。
 世の中には、様々な理由で強烈な反米感情を持っている人がいる。産油国などのこうした富裕層が、アメリカを攻撃してくれる民間テロ組織を支援しているのだ。アルカーイダのビジネスモデルは、環境保護団体のグリーンピースと同じだと考えれば、よくわかる。グリーンピースは、欧米の富裕層からの寄付金で運営されている。こうした富裕層は、メディアなどで紹介される活動を見て、自分が好きな団体に寄付する。グリーンピースが、クジラ漁をする漁船に体当りしたり過激な行動をするのは、こうした富裕層へのアピールなのだ。あの同時多発テロを成功させたアルカーイダは、この分野で圧倒的なトップブランドに躍り出たのだ。

 アルカーイダの主要メンバーは、1979年から1989年まで約10年に及んだアフガニスタン紛争で、ソ連に対抗するためにアメリカの支援を受けていた義勇兵たちであり、ビンラディンもサウジアラビアからこの戦いに加わり、英雄となっていた。
 アフガニスタンでの戦闘が終わると、こうした兵士たちは再就職しないといけない。ところが彼らは高校生ぐらいのときから戦争しかしたことがない。会社の面接に行って「ワープロ打てますか?」と聞かれても、「バズーカ砲なら撃てます」としか答えようがないのである。アルカーイダのような民間テロ組織は、こうした失業した兵士たちの受け皿となったのだ。

 911の世界同時多発テロの後に、ネオコンの人たちはイラクに戦争を仕掛けることを切望する。イラクとアルカーイダは直接的には何の関係もないが、イラクが保有する「大量破壊兵器」がこうした民間テロ組織の手に渡れば大変なことになる、として戦争を正当化したのだ。そして、2003年3月には、アメリカ軍とイギリス軍がイラクに戦争を仕掛ける。
 イラク戦争では、プレデターなどの無人航空機やトマホークなどの巡航ミサイルによる「ピンポイント」爆撃などで、アメリカ軍は圧倒的な力を見せつけた。湾岸戦争からさらに進化したハイテク兵器が惜しげもなく投入され、さながら兵器ショーとなった。ブッシュ大統領(息子)は、5月にひとまずの大規模な戦闘が終了したことを宣言した。ほどなくしてフセインは処刑され、イラクの「民主化」に成功したのだ。

 アメリカは、まずはフセイン独裁体制を支えたバアス党を解体した。イラクでは高い教育を受け、専門的な職業に就くにはバアス党に所属している必要があり、軍人、エンジニア、医師、裁判官などの専門知識を持った人はバアス党の関係者だった。彼らはアメリカの政策で失業してしまい、即席で作られた政府は素人ばかりになった。
 残念ながら、イラクの民主化はブッシュ大統領(息子)たちが思っていたほど上手く行かず、それまでバアス党に虐げられていた人々が、今度は逆に元バアス党員を迫害するなど、内乱状態となった。アルカーイダや旧バアス党員などが、駐留するアメリカ軍に立ち向かう武装集団になっていった。彼ら反政府武装集団は、アメリカ駐留軍を奇襲したり、ときには自爆テロをしかけた。皮肉なことに、アルカーイダの戦闘員も、バアス党の軍人たちも、元はといえばアメリカが支援して育てたのだ。
 そして、アルカーイダとして活動していたアブー・バクル・アル=バグダディの武装集団が「イスラム国」のルーツとなる。バグダディたちは、イラクの特定の宗派や部族を虐殺して、その様子をYouTubeにアップするなど、残虐性を人々に見せつける広報活動が際立っていた。アルカーイダとしても目に余る存在だった。そして、とうとう「イスラム国」は、911以降は大きな仕事をしておらずブランド力を落としていたアルカーイダからスピンオフして、独自のテロのブランドとして世界に売り出すことにしたのだ。

 また、チュニジアで2010年に独裁政権に対する民主化を要求する大規模なデモが起こった。これが次々とアラブ世界に波及し、翌年にはシリアでも民主化運動が起こり、独裁政権の基盤が揺らいでいった。このときに、民衆がFacebookやTwitterを使って、デモに参加することを呼びかけ、連携したことから、こうした民主化運動は世界のジャーナリストたちからインターネット革命ともてはやされた。アラブの春である。
 ところが、民衆により独裁者たちが追放されはじめると、アラブ諸国は平和な民主国家とは程遠い混沌とした世界となった。民衆に銃を向ける独裁政権、次の権力の座を奪い取ろうとする大小様々な反政府武装集団、そして、こうした武装集団同士もまた、内戦を繰り広げていった。
 「イスラム国」は、こうしたシリアの内戦に参加し、他の反政府武装集団たちと連携を深め、シリア国内にネットワークを築いていった。アルカーイダは、アメリカの「テロとの戦争」に対向するため、「組織なき組織」と呼ばれる分散型のネットワーク構造に変貌を遂げていた。アルカーイダの流れを組む「イスラム国」も、そうしたネットワークにより、シリアとイラクの広範な地域で連携したのだ。

 2014年6月に、この反政府武装集団のネットワークが、イラク第二の都市モースルを電光石火で制圧したのである。このとき、イラクの正規軍は27万人もいた。それに対して「イスラム国」の軍勢は、せいぜい1万人程度だった。こうして世界は「イスラム国」の存在に驚いたのだ。
 なぜこのようなことが可能だったのか? それはイラク政府の正規軍が、アメリカ主導の「民主化」により作られた素人集団であり、フセイン体制で鍛えられた元バアス党のプロの軍人たちが、「イスラム国」に雇われていたからだ。また、シリアでは、アサド政権が、反政府武装集団同士を戦わせて疲弊させるために、「イスラム国」を放置していた。こうして「イスラム国」の兵士たちは、シリアで多数の実戦を経験しながら、鍛えられていた。また、「イスラム国」の残虐性が知れわたっており、イラクの正規軍はそれを恐れて逃げ惑う他なかったのだ。
 兵力の劣る「イスラム国」は破竹の快進撃を続け、イラクとシリアの広範な地域を制圧することになる。
 バグダディは、自らが預言者ムハンマド(イスラム教の開祖)の後継者である「カリフ」であると宣言し、2014年6月29日に「国家樹立」を宣言する。

 「イスラム国」は、シリアの内戦で鍛えられた戦闘員とイラク政府から収奪したアメリカ製の強力な兵器を持っている。そして、かつてのナチスのように統一されたファッションや、グローバル・ジハードの思想を掲げ、YouTubeやTwitterを使って、世界中で戦闘員のリクルートをしている。実際に、ヨーロッパやアジア、オーストラリアの若者が千人単位で「イスラム国」に加わっている。
 国家の行政は、かつてフセインに雇われていた専門家たちが担っている。そして、アルカーイダのように、グローバル・ジハードの理念でつながる分散型のネットワーク構造になっており、指導者のバグダディを暗殺したからといって崩壊する組織でもない。

 さて、長くなったが、以上が国際政治や宗教の文脈で見た「イスラム国」の歴史である。欧米列強の植民地政策が生み出した悲劇、イスラム教とキリスト教の対立、イスラム教の中での宗派や部族の対立など、さまざまな切り口があろう。
 しかし、この問題を恋愛工学で読み解くと、やはり非常に重要な本質がわかってくる。

 まず、はじめにひとつの矛盾を紹介しよう。イラクでは駐留するアメリカ軍と戦うための反乱軍が生まれたのだが、アメリカのシンクタンクのブルッキングス研究所などの調査によると、こうした反乱軍はアメリカ人の10倍近くのイラク人を殺害しているのだ。また、「イスラム国」は、グローバル・ジハードでユダヤ十字軍を殲滅するという高潔な目標を掲げながら、実際のところ外国人の数百倍以上のイスラム教徒を殺害している。
 先進国の国民に犠牲者が出ると、大きく報道されることから、「イスラム国」はイスラム教徒の同胞を守り、外国の異教徒と戦っているような印象を持つが、実際のところ圧倒的に同じイスラム教徒を殺しているのだ。
 こうした矛盾に、政治学者や宗教学者は答えることができない。

 しかし、恋愛工学を使えば、「イスラム国」の戦闘員たちの行動は、とてもわかりやすい。彼らは・・・

・・・

参考文献
『イスラーム国の衝撃』池内恵
『イスラム国の野望』高橋和夫
"Iraq Index: Tracking Reconstruction and Security in Post-Saddam Iraq," Brookings Institutes

続きはメルマガを購読 → noteまぐまぐブロゴス夜間飛行ブロマガ