金融日記

藤沢数希が運営するブログ。
金融・経済、Web関連ビジネス、書評、科学、恋愛工学などについて。

第378号の目次です。

メルマガ主要バックナンバー: 恋愛工学(〜第177号)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52021876.html

メルマガ主要バックナンバー: 恋愛工学(第178号〜)、教育工学、他
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52121885.html

==============================
// 週刊金融日記
// 2019年7月23日 第378号
// 日本人男性はまだアジアでモテるいまのうちにアジア進出すべき
// 参院選は自民・公明が過半数獲得で消費税10%決定
// 第121号〜第130号の中でいまでもオススメのお店
// 彼女が自身の浮気情報を得意気にSNSに書き込んでいました
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。
 今週は梅雨が明けて暑くなると思ったんですが、まだ雨模様で、そして、とても涼しいですね。週末は参院選が行われました。僕も投票してきましたよ!

★どこに投票したかは秘密です(笑)。

 僕ひとりが投票に行ったところで結果が変わる可能性は限りなくゼロに近いため、労力を考えると無視するのが経済合理的ですが、これは、みなが合理的に行動して利益団体に属してない人が誰も選挙に行かないと、利益団体などの固定票を持っている候補だけが当選してしまうという、なんとも困った制度なんですね。まあ、だから、いまの日本の投票の制度は、経済学的には完全に間違っていて、オーストラリアやベルギーみたいに、選挙に行かなかったら罰金で、さらにインターネットなんかで投票できるようにしないといけないんですよね。

●義務投票制
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%A9%E5%8B%99%E6%8A%95%E7%A5%A8%E5%88%B6

 今回は、どうせ安倍政権の自民・公明の与党が圧勝するだろう、とみんな思っていたようで、それこそ俺が行っても結果は変わらない、という気持ちが強かったのか、投票率は低調だったようです。消費税が10%に上がるかどうかの瀬戸際だったのですが、まあ、結果的にはこうして消費税アップに関して、国民の信を得たことになりました。景気が下折れする心配もありますが、それ以前に、軽減税率とかいろいろ複雑で、10月までにシステム対応が間に合うんでしょうか。ただでさえ人手不足の中で現場のエンジニアの人たちは阿鼻叫喚とならないのか、心配です。
 低調な投票率の中で、政見放送でひたすら「不倫・路上・カーセックス」と連呼し続けた「NHKから国民を守る党」の立花孝志氏が当選しました。彼は年に約3000万円の報酬をこれから6年間、合計1億8000万円ゲットです! おめでとうございます……。あと、反原発で名前を売った山本太郎氏率いるれいわ新選党も2議席ゲットです。自身を戦略的にれいわ新選党の比例3位にしていたため惜しくも落選でしたが、99万票を獲得して、落選者としては過去最高得票数です。次の衆院選では、山本氏や他のれいわ新選組の候補が議席を取るかもしれません。僕は山本氏の政策にはまったく賛同しませんが、カリスマ性があるので、ひょっとしたらこれから政界のトリックスターになるのかもしれません。恋愛工学的に見ると、喋り方とか、ルックスとか、おっさんカテゴリーの中ではなかなかモテそうな感じですね(笑)。

●NHKをぶっ壊す!全国比例区・政見放送 NHKから国民を守る党(立花孝志、他3名)


●“NHKから国民を守る党”が1議席獲得「お金と候補者は全部YouTubeで集めた」選挙戦略を明かす
https://www.buzzfeed.com/jp/saoriibuki/nkoku-abema

★これもひとつの民主主義の結果で、真摯に受け止めたいですね。

●落選のれいわ・山本氏、全候補で最多の99万票
https://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/20190722-OYT1T50342/

●立憲、躍進れいわ警戒 左派票・議員流出も懸念
https://www.sankei.com/politics/news/190722/plt1907220204-n1.html

●山本太郎氏の驚くべきビジネスモデル
https://www.fnn.jp/posts/00047333HDK

 吉本興業所属のタレントが、事務所を通さずに反社会的勢力の宴会に出席し、高額のギャラをもらっていた事件で、一部のタレントがトカゲのしっぽ切りのように解雇されました。そして、そうした処分に不服のタレントが記者会見を開き反撃する、という一連の騒動が起き、ネットでは喧々諤々の議論が戦わされていました。
 まあ、正直、ネットの盛り上がりに対して、僕はあんまり関心がありませんでした。理由はふたつあって、そもそも解雇というか、クビが大変重い処分のように受け取られることにとても違和感があるのです。僕のいまの職業は、敢えて言えば、ライター&投資家、という感じですが、世間ではフリーランスで活躍している人や、それこそ自分の会社の経営者なんか、どこにも雇われていないわけでして、そもそも最初からクビになってるんですよね(笑)。で、僕たちと同じステータスになるのが、そんな悲劇なのか、と思うとなんか虚しい気持ちになります。組織はもっとカジュアルにクビにしていいんだよ、と常々思っているし、クビにされたしまった人も、クビぐらいちょっとした失恋程度のもので、別にどうってことないよ、と。

★ところで、ライター、投資家、コンサルタントって、なかなか胡散臭い職業ですよね。悲しいです(笑)。

 ふたつ目の理由ですが、日本のお笑いって、まあ、なんというか当たり前なんですが、日本のある種の文化が濃縮されていて、僕はぜんぜん面白いと思わないんですわ。暗黙の上下関係とか、そういうところの内輪のノリで笑わせたり、あとは、マイノリティというか、ちょっと仲間外れっぽい人をディスって笑いを取るみたいな、見方によってはいじめっぽいし。ちっとも知的じゃない。まあ、これは単に僕の好みなんで、別に日本のお笑い大好きな人を非難しようとか、欧米流のシニカルな知的コメディが上とか、そんな意図はまったくございません。というわけで、吉本興業のお家騒動は、ぜんぜん関心がなかった次第でありますが、反社認定って、世間ではどんなデータ使って、誰がどう判断してるのか、というのはけっこう気になりますね。
 聞くところによると、犯罪歴なんかの警察のデータベースにアクセスできる警察OBなんかが、この辺のデータベースを使って商売してるそうなんですが、まあ、よくわからんですね。反社認定されると、銀行口座を作れなくなったりしますから、そこに載っちゃうと人生めちゃ大変になりますよね。うーん、よくわかりませんというか、こっちの反社名簿の作成プロセスは闇ですね。

★反社リストって、どうやって作られるんでしょうか?

 今週も興味深い投稿がいくつもあります。注目トピックは以下のとおりです。

- ハゲ対策について
- 彼女が自身の浮気情報を得意気にSNSに書き込んでいました
- 1回目アポでシュートを打つべきか問題について
- 合コンで出会ったキラキラ系Aクラスにゴール

 それでは今週もよろしくお願いします。

1.日本人男性はまだアジアでモテるいまのうちにアジア進出すべき

 日本人男性は、かつての経済大国であった時代のブランドは失いましたが、落ちぶれたとは言っても、世界の大半の国がもっと酷い国なので、東南アジアなんかに行くとまだまだかなりモテます。本当です。
 この日本人男性が少なくともアジア諸国でモテるのがあとどれぐらい続くのか、正直わかりませんが、まあ、あと5年ぐらいは大丈夫というのが僕の見方です。日本でやれハイスペだ、やれ恋愛工学だ、と粋がってみたところで、少子高齢化で若い女は相対的な人口比率で希少になりレートが吊り上がってしまっているため、厳しい戦いを強いられます。こうした厳しい恋愛市場でせこせことがんばるより、市場そのものを変えるほうがはるかにいい戦略だな、というのは僕は常々思っております。僕自身は、幸いなことに、東京の港区などという、たいへんに(男性から見て)競争が厳しい恋愛市場の中でも、割と楽しくやっているんですが、いわゆるふつうのサラリーマン的なスペックの男性が東京の恋愛市場で戦っていくのは大変だろうな、というのは感じます。東京の若い女子たちは、小金持ちのおっさんたちがあの手、この手でチヤホヤするもんだから、本当に調子に乗っていますからね。
 ところで、少子高齢化で女性有利・男性不利の恋愛市場になることに関して、ずいぶん昔にブログに論文を書いていますので、まだの人は読んでおきましょう。

●人口ピラミッドと若い女のプレミアム
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/51950018.html

 さて、まずは読者からの投稿を紹介しましょう。

=============================
- メンヘラや顔がCクラスのくせにタカビーな日本人女子さようなら

藤沢所長、こんにちは。
いつも役に立つメルマガありがとうございます。

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

2.今週のマーケット

※ 2019年7月12日-2019年7月19日の週間パフォーマンス

TOPIX: 1563.96, -0.8% (1w), +4.7% (YTD)
Nikkei225: 21466.99, -1.0% (1w), +7.3% (YTD)
S&P500: 2976.61, -1.2% (1w), +18.7% (YTD)
USD/JPY: 107.73, -0.1% (1w), -1.7% (YTD)
EUR/JPY: 120.84, -0.6% (1w), -3.8% (YTD)
Oil(WTI Fut): 55.63, -7.6% (1w), +21.4% (YTD)

●参院選は自民・公明が過半数獲得で消費税10%決定(金融日記 Weekly 2019/7/12-7/19)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52156778.html

 21日日曜日は第25回参院選の投票日・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

3.ブログではいえないお店

- 第121号〜第130号の中でいまでもオススメのお店

 それでは今週も一気にレストランを紹介しましょう。今週は高くて美味しい高級な和食店が並んでいますね。

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

4.藤沢数希の身もフタもない人生相談

- 彼女が自身の浮気情報を得意気にSNSに書き込んでいました

はじめまして、藤沢所長。
6月よりメルマガ購読を始めさせて頂き、毎週楽しく拝読させていただいております。
大変勉強になっております。
購読を始めさせて頂いた理由は、彼女に浮気されたことからでございます。
『ぼく愛』 https://amzn.to/2VgJZLF の「俺たちは商品だからこそ、絶対に自分を安売りしない」という言葉にとても救われました。
さて、本題ですが、その浮気の発覚は・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

TOPIX: 1563.96, -0.8% (1w), +4.7% (YTD)
Nikkei225: 21466.99, -1.0% (1w), +7.3% (YTD)
S&P500: 2976.61, -1.2% (1w), +18.7% (YTD)
USD/JPY: 107.73, -0.1% (1w), -1.7% (YTD)
EUR/JPY: 120.84, -0.6% (1w), -3.8% (YTD)
Oil(WTI Futures): 55.63, -7.6% (1w), +21.4% (YTD)

 21日日曜日は第25回参院選の投票日であった。予想通り、与党の自民・公明が改選過半数の63議席以上を上回った。これで10月に消費税率が10%へアップすることがほぼ確実となる。そして、野党は、自民・公明が増税という選挙に不利な公約を掲げていたにもかかわらず、振るわなかった。しかし、与党も安倍首相の憲法改正を支持する改憲勢力で国会発議に必要な参院の3分の2の議席を確保することはできなかった。

●与党が改選過半数 改憲勢力3分の2割れ確実
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47601570S9A720C1PP8000/

 消費税率引き上げであるが、「酒類・外食を除く飲食料品」と「定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞」に対する税率はアップせず、非常に複雑な税制となる。すでに現在7月下旬であるが、10月までにシステム等が対応するのは困難と思われ、大きな混乱が予想されそうだ。
 新聞に軽減税率が適用されるなら、筆者が主宰する有料メルマガにも適用してもらいたいものだ。

●消費税の軽減税率制度(政府広報オンライン)
https://www.gov-online.go.jp/tokusyu/keigen_zeiritsu/

●消費税の軽減税率制度について(国税庁)
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/index.htm

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

日本株
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
出所: 日経新聞社

サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス(2019/7/12-7/19)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 東証、日経新聞社、セクター指数はTOPIX17業種

個別銘柄の週間パフォーマンス(2019/7/12-7/19)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 会社四季報、Yahoo!ファイナンス

FX
直近1年のドル円とユーロ円の推移
直近1年のドル円とユーロ円の推移
出所: セントラル短資

イールドカーブ(2019/7/19)
イールドカーブ
出所: Bloomberg.com

主要通貨の週間パフォーマンス(2019/7/12-7/19)
主要通貨の週間パフォーマンス
出所: セントラル短資

外国株とコモディティ
直近1年のS&P500と原油価格(WTI原油先物)の推移[USD]
直近1年のS&P500と原油価格(WTI原油先物)の推移[USD]
出所: Yahoo!ファイナンス、Bloomberg.com

地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD](2019/7/12-7/19)
地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD]
出所: iShares: MSCI Japan (EWJ), MSCI Kokusai (TOK)、MSCI Core Europe (IEUR), MSCI All Country Asia Pacific ex Japan (AAXJ), MSCI Emerging Markets (EEM), GLOBAL REIT ETF (REET). Bloomberg.com: Oil WTI Futures (CL1), Gold Futures (GC1)

今週のマーケット・イベント
7月22日(月)

7月23日(火)
米6月中古住宅販売
ユーロ圏7月消費者信頼感
決算:Coca Cola、Lockheed Martin、他

7月24日(水)
米6月新築住宅販売
ユーロ圏7月製造業・サービス業PMI
決算:サイバエージ、キヤノン、三菱自、AT&T、Boeing、Ford、Facebook、Caterpillar、他

7月25日(木)
日6月企業サービス価格指数
米6月耐久財受注
決算:アサヒ、アサヒ、日産自、富士通、Amazon、Alphabet、Intel、他

7月26日(金)
米4-6月期GDP(速報)
決算:ドコモ、日テレ、関西電、McDonald、Twitter、他

7月27日(土)

7月28日(日)

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

第377号の目次です。

メルマガ主要バックナンバー: 恋愛工学(〜第177号)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52021876.html

メルマガ主要バックナンバー: 恋愛工学(第178号〜)、教育工学、他
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52121885.html

==============================
// 週刊金融日記
// 2019年7月16日 第377号
// 4月下旬からの筋トレしながら9kg減のダイエット記録
// 米国株は史上最高値をさらに更新
// 名古屋の美味しいチェーン店から銀座の高級和食までダイジェスト
// セックスや臓器移植の市場化の是非
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。
 日本は海の日で連休でした。今日が連休明けで会社出勤だった人も多いでしょう。お天気のほうは、もうすぐ夏かな、と思ったら梅雨で雨が続いています。気温が涼しいのはいいのですけどね。この雨が終わると一気に暑くなりそうです。

●関東は今週も気温が上がらないが週末は梅雨明けか?
https://news.yahoo.co.jp/byline/nyomurayo/20190714-00130471/

 日本の芸能界で圧倒的な成功を続けてきたジャニーズ事務所創業者であるジャニーさんが死去したとのことです。日本では、大学生や20代なんかの恋愛市場では、中性的な男性が好まれる傾向にあり、これは欧米の恋愛市場とぜんぜん違うのですよね。欧米だと悲しいほどモテない。だから、僕は留学していたとき、急に筋トレはじめたわけなんですが……。
 それで、女性は他の女性が好きな男が好き、という恋愛工学ではよく知られた性質がありますから、ジャニーズの男性タレントに美少年系が多いというのが、じつは日本人女性の好みまで変えたんじゃないか、というのが僕の仮説です。ジャニーさんの少年性愛はすでに日本の司法の場でも事実認定されているのですが(ジャニーズ事務所は強大なのでそのことを報じる大手メディアはありません)、ジャニーさんが好きなタイプの男性たちが芸能界で成功し続け、モテにモテたために、日本人女性の好みが実際にモテているジャニーズ系の男性に寄った、という壮大な話だったのかもしれません。

★ひょっとしたら、日本人女性全体の好みまで変えてしまうほど、ジャニーズ事務所のタレントたちの活躍は凄まじかったのかもしれません。

 先月にメイ首相が与党の党首を辞任したので、イギリスの次期首相が誰になるのか注目されていますが、絵に描いたような典型的な時間差一夫多妻のアメリカのトランプ大統領と同様に、こちらも時間差一夫多妻、さらに、新聞社時代に不倫してインターン生を孕ませ婚外子までいるジョンソン前外相が最有力のようです。こうした人物が先進国の政治リーダーになるのは、政策の方はよく知りませんが、まあ、とても「リベラル=自由主義」でいいんじゃないでしょうか。

週刊金融日記 第376号 子供は欲しいが法的結婚はしたくない人のための戦略論

★次の英首相の最有力候補のジョンソンさんも時間差一夫多妻で、さらに婚外子もあり。

 またもや、クイズ番組で人気になり、タレント化していたイケメン東大生(理三)の水上さんが、交際していた女子大生から「中絶させられた」と週刊誌に売られてしまいました。まあ、タレント活動をしていたのでこうして表に出てしまっただけで、以前に書いたように、大学生の中絶は特段に珍しいことではないと思います。
 これにめげず、今後もがんばってほしいですね。

●“東大王”水上颯は妊娠していた私に「楽しくない。帰ってくれないか」女子大生恋人が中絶トラブルを告白
https://bunshun.jp/articles/-/12727

週刊金融日記 第373号 3つの中絶事件から女性の非合理的意思決定を考える
週刊金融日記 第374号 日本人女性は結婚しないと言うと割と簡単に中絶する

 先日、ビジネス経済誌の週刊SPA!の企画で、自身で転職を繰り返し、その転職に関するノウハウをブログに書いていたところ、Googleのトップページに表示されるようになり、単価が非常に高い転職エージェントのアフィリエイトで何千万円も稼ぐようになったmotoさんと対談してきました。
 僕はアフィリエイトは、まあ、ビットコインが流行っていたときはそれなりに儲かったんですが(バブル崩壊と同時にアフィリエイトは儲からなくなるという次元ではなく取引所がみんなアフィリエイトプログラム自体を廃止しました笑)、この暗号通貨交換所のアフィリエイトとAmazonアソシエイト以外はさっぱりでした。で、結論は、対象に対して愛がないとなかなか儲からない、ということです。僕は、ある意味で本に愛があるので、書評ブログでそれなりの金になっていたんですよね。ビットコインのトレーディングも然りです。motoさんも、ある意味で「転職」に愛がある、と。

●老後2000万円問題に向けたサバイブ術
https://nikkan-spa.jp/1587362

『転職と副業のかけ算』moto https://amzn.to/2lnlf3n

週刊金融日記 第164号 ネットでコンテンツを売る方法 その1
週刊金融日記 第199号 ネットでコンテンツを売る方法 その2
週刊金融日記 第247号 ネットでコンテンツを売る方法 その3

 今週も興味深い投稿がいくつもあります。注目トピックは以下のとおりです。

- 金銭で取引することを合法化すればセックスも臓器移植も圧倒的にコストが下がり人々は幸せになる
- アダルト動画販売でずっとやってきましたがスーパーマーケットでアルバイトすることになりました
- これからの時代プログラミングの学習は必要不可欠ですか
- ナレッジをオープンソース化したくクソテスト回答集を作成しました
- 恋愛工学実践4ヶ月目で初ゴール!メルマガに書いてあったとおりじゃねーか!!

 それでは今週もよろしくお願いします。

1.4月下旬からの筋トレしながら9kg減のダイエット記録

 冒頭で、moto氏との対談記事を紹介したのですが、たいへん恥ずかしながら、顔は隠れているのですが、私の上半身の写真が写っています。このときは、たしか71kgぐらいでした。いまは69kgです。それで、データをちゃんとは取っていなかったのですが、いったいどれぐらいのペースで減量と筋トレが進んでいったのか、LINEの会話履歴などからデータを復元して、それらを紹介したいと思います。
 僕はこれまで冬の間に体重増えて76kgぐらいになる。春になって気分がよくなってダイエット開始!で夏・秋は72kgぐらい、という感じだったのですが、2017年ぐらいからレストラン取材とか、あと私生活とか仕事とかで予定入り過ぎてて、徐々に太っていき、79kg台に届きそうな勢いでした。米国株は史上最高値を更新していますが、僕の体重も過去最高に到達していました。そして、一番脂が乗っていたのがことしの3月ぐらいでした。そして、4月に、とある女友達と3年ぶりぐらいに再開したんですが、彼女も仕事に忙殺されていてすっかり太っていました。

★この日・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

2.今週のマーケット

※ 2019年7月5日-2019年7月12日の週間パフォーマンス

TOPIX: 1576.31, -1.0% (1w), +5.5% (YTD)
Nikkei225: 21685.90, -0.3% (1w), +8.3% (YTD)
S&P500: 3013.77, +0.8% (1w), +20.2% (YTD)
USD/JPY: 107.89, -0.6% (1w), -1.6% (YTD)
EUR/JPY: 121.59, -0.2% (1w), -3.2% (YTD)
Oil(WTI Fut): 60.21, +4.7% (1w), +31.4% (YTD)

●米国株は史上最高値をさらに更新(金融日記 Weekly 2019/7/5-7/12)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52156465.html

 今週は筆者・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

3.ブログではいえないお店

- 名古屋の美味しいチェーン店から銀座の高級和食までダイジェスト

 会食などが続く週になったため、いろいろなお店を回りました。そこで今週のこのコーナーは、某堀江さんメルマガのように行ったお店をダイジェストで紹介したいと思います。

★名古屋で美味しい和食を食べたかったらXXXXに行っておけばOKです。


・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

4.藤沢数希の身もフタもない人生相談

- 金銭で取引することを合法化すればXXXXXXXXXXXXX

XXXXX医師です。
ZOZO前澤友作社長が、心臓病の子供の海外移植に資金協力をしたことで、批判の声が上がっています。
海外で臓器を買い集めることは移植業界では非難されているのに、それを助長するのは何事かという話です。

●海外で臓器移植は美談か? ZOZO前澤友作社長と坂上忍氏の「心臓病男児支援」に反論する
https://bunshun.jp/articles/-/12724

日本国内での臓器移植は・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

TOPIX: 1576.31, -1.0% (1w), +5.5% (YTD)
Nikkei225: 21685.9, -0.3% (1w), +8.3% (YTD)
S&P500: 3013.77, +0.8% (1w), +20.2% (YTD)
USD/JPY: 107.89, -0.6% (1w), -1.6% (YTD)
EUR/JPY: 121.59, -0.2% (1w), -3.2% (YTD)
Oil(WTI Futures): 60.21, +4.7% (1w), +31.4% (YTD)

 今週は筆者が出張中のためデータの更新のみ。
 米国株はさらに史上最高値を更新し、勢いが止まっていない。トランプ米大統領の娘のイヴァンカも思わずツイートしていた。月末のFOMCでの利下げがほぼ確実視されており、金融緩和への期待が株価を押し上げている。

★ダウ平均株価が2万7千ドルを超え、イヴァンカさんも思わずツイート。

●【米国株】S&P500種とダウ、史上最高値
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-07-11/PUHW6Z6TTDS101

●NY株最高値、初の2万7000ドル台 利下げに期待
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47271590S9A710C1000000/

●米株高は最後の宴か 長短金利逆転下、金融相場は過熱
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO4728177012072019SHA000

●米中貿易交渉、仕切り直しだが合意は「まずない」
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/07/post-12517.php

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

日本株
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
出所: 日経新聞社

サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス(2019/7/5-7/12)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 東証、日経新聞社、セクター指数はTOPIX17業種

個別銘柄の週間パフォーマンス(2019/7/5-7/12)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 会社四季報、Yahoo!ファイナンス

FX
直近1年のドル円とユーロ円の推移
直近1年のドル円とユーロ円の推移
出所: セントラル短資

イールドカーブ(2019/7/12)
イールドカーブ
出所: Bloomberg.com

主要通貨の週間パフォーマンス(2019/7/5-7/12)
主要通貨の週間パフォーマンス
出所: セントラル短資

外国株とコモディティ
直近1年のS&P500と原油価格(WTI原油先物)の推移[USD]
直近1年のS&P500と原油価格(WTI原油先物)の推移[USD]
出所: Yahoo!ファイナンス、Bloomberg.com

地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD](2019/7/5-7/12)
地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD]
出所: iShares: MSCI Japan (EWJ), MSCI Kokusai (TOK)、MSCI Core Europe (IEUR), MSCI All Country Asia Pacific ex Japan (AAXJ), MSCI Emerging Markets (EEM), GLOBAL REIT ETF (REET). Bloomberg.com: Oil WTI Futures (CL1), Gold Futures (GC1)

今週のマーケット・イベント
7月15日(月)
米7月ニューヨーク連銀景気指数
中国4-6月期GDP
中国6月固定資産投資
中国6月鉱工業生産
中国6月小売売上高
休場:日本(海の日)
決算:Citigroup、他

7月16日(火)
米6月小売売上高
米6月鉱工業生産
米5月企業在庫
米5月対米証券投資
決算:Johnson & Johnson、JPMorgan Chase、Goldman Sachs、Wells Fargo、他

7月17日(水)
日6月訪日外客数
米6月住宅着工件数・建設許可件数
米ベージュブック
ユーロ圏6月HICP
G7財務大臣・中央銀行総裁会議(〜7/18 フランス)
決算:Bank of America、他

7月18日(木)
日6月貿易収支
米7月フィラデルフィア連銀サーベイ
米6月景気先行指数
決算:Morgan Stanley、Microsoft、他
休場:米国(独立記念日)

7月19日(金)
日6月消費者物価指数
日5月全産業活動指数
米7月ミシガン大消費者センチメント

7月20日(土)

7月21日(日)

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

↑このページのトップヘ