金融日記

藤沢数希が運営するブログ。
金融・経済、Web関連ビジネス、書評、科学、恋愛工学などについて。

TOPIX: 1702.77, +2.2% (1w), +14.0% (YTD)
Nikkei225: 23391.87, +2.4% (1w), +16.9% (YTD)
S&P500: 3093.08, +0.9% (1w), +23.4% (YTD)
USD/JPY: 109.23, +1.0% (1w), -0.3% (YTD)
EUR/JPY: 120.38, -0.3% (1w), -4.2% (YTD)
Oil(WTI Futures): 57.24, +1.9% (1w), +25.0% (YTD)

 米中通商交渉への楽観やドルの長期金利が上昇傾向で円安に推移し、日本の株式市場は上昇している。FRBをはじめ世界の中央銀行が金融政策の正常化をあきらめ、超金融緩和を継続するとの思惑がある。来年11月の米大統領選挙まであと1年、トランプ大統領はなりふりかまわず株価を吊り上げてくるだろう。日銀による日経平均ETFの直接購入など、事情は安倍政権も同じである。こうした株価対策がどこまで保つのか。あるいは、本当に景気がよく、それが持続するのだろうか。
 バブルの兆候について専門家が警鐘を鳴らしても、そこからまだ数年上がり続けるということは大きなバブル相場ではよくある。また、日経平均株価のPERは予想ベースで14倍程度で、ファンダメンタルズ的にはまったくバブルというほど割高にはなっていないというのも事実だ。

●トランプ大統領、中国は米国との合意望む 貿易協議が進展
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-11-10/Q0Q6JKDWLU6G01

●来週はドル110円を試すか、米中交渉を巡る思惑と金利動向が鍵
https://jp.reuters.com/article/tokyo-frx-wklyoutlook-idJPKBN1XI0OR

●外為17時 円、反落し109円台前半 米金利上昇でドル買い
https://www.nikkei.com/article/DGXLASS0IMF06_Y9A101C1000000/

●トランプ氏再選へ逆風も=経済政策、正念場に−米大統領選
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019110200371

●世界株、最高値まで1% 「適温相場再び」危うい楽観
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52000740Z01C19A1EA2000/

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

日本株
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
出所: 日経新聞社

サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス(2019/11/1-11/8)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 東証、日経新聞社、セクター指数はTOPIX17業種

個別銘柄の週間パフォーマンス(2019/11/1-11/8)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 会社四季報、Yahoo!ファイナンス

FX
直近1年のドル円とユーロ円の推移
直近1年のドル円とユーロ円の推移
出所: セントラル短資

イールドカーブ(2019/11/8)
イールドカーブ
出所: Bloomberg.com

主要通貨の週間パフォーマンス(2019/11/1-11/8)
主要通貨の週間パフォーマンス
出所: セントラル短資

外国株とコモディティ
直近1年のS&P500と原油価格(WTI原油先物)の推移[USD]
直近1年のS&P500と原油価格(WTI原油先物)の推移[USD]
出所: Yahoo!ファイナンス、Bloomberg.com

地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD](2019/11/1-11/8)
地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD]
出所: iShares: MSCI Japan (EWJ), MSCI Kokusai (TOK)、MSCI Core Europe (IEUR), MSCI All Country Asia Pacific ex Japan (AAXJ), MSCI Emerging Markets (EEM), GLOBAL REIT ETF (REET). Bloomberg.com: Oil WTI Futures (CL1), Gold Futures (GC1)

今週のマーケット・イベント
11月11日(月)
日9月機械受注
日9月経常収支
日10月景気ウォッチャー調査
日銀金融政策決定会合の主な意見(10/30-31開催分)
休場:米(ベテランズ・デー)
決算:東急、博報堂DY、他

11月12日(火)
日10月マネーストック
決算:日産自、鹿島、清水建、富士フイルム、JFE、セイコー、ソニーFH、住友不、他

11月13日(水)
日10月企業物価指数
米10月消費者物価指数
パウエルFRB議長 米議会上下両院合同経済委員会証言
決算:三菱UFJ、三井住友、東芝、近鉄、東映、リクルート、新生銀、京急、ヤマハ発、他

11月14日(木)
日7-9月期GDP
米10月生産者物価指数
ユーロ圏7-9月GDP
中国10月固定資産投資
中国10月鉱工業生産
中国10月小売売上高
決算:みずほ、日本郵政、ゆうちょ、かんぽ、電通、出光興産、あおぞら、第一生命、米Walmart、米Nvidia、他

11月15日(金)
米10月小売売上高
米10月鉱工業生産
米11月ニューヨーク連銀景気指数
ユーロ圏10月消費者物価指数

11月16日(土)

11月17日(日)

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

第393号の目次です。

メルマガ主要バックナンバー: 恋愛工学(〜第177号)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52021876.html

メルマガ主要バックナンバー: 恋愛工学(第178号〜)、教育工学、他
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52121885.html

==============================
// 週刊金融日記
// 2019年11月5日 第393号
// 社会規範に対する親や学校の先生の洗脳は意外と超強力
// 米国株史上最高値更新でトランプ大統領が勝利宣言
// 浜松町の高級鮨から白金のカウンターイタリアンまで
// SNSの普及で浮気が格段にバレやすくなった現代社会
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。
 日本は三連休でしたね。僕はまた香港です。HKエクスプレスなんかのLCCだと往復2万円ぐらいなんで、香港旅行はいまがチャンスです。みんな学校や仕事があるのでデモはほとんど週末に行われます。警察に許可されていない違法なデモだと、すぐに道路が封鎖され、催涙弾が飛び交い、Twitterなんかでよく見るドンパチがはじまりますが、そうしたことを除けば香港はいたって平和です。これだけ大騒ぎになっても、いまだに自殺や事故以外の直接の死者は出ていないのですから、統計的にはどれだけ平和なんでしょうか。アメリカなんかだと、ちょっと怪しい動きをした市民はすぐに銃殺されますから、香港はやはり治安がいいんだなぁ、警察が市民に信頼されているからあんだけデモできるんだなぁ、と逆に感心するところです。
 政治・経済の仕組みとしては、資本主義・市場経済はいまだに世界で絶好調ですが、日本でもイギリスでも民主主義のほうは衆愚の様相を呈していて、だんだんとダメな政治体制になっているように思います。アメリカは強いリーダーシップを発揮するトランプ大統領の独裁性が強くなっていて、金持ち優遇批判をものともせずアメリカの大企業の法人税を大胆にカットして、アメリカ経済は絶好調になりました。株価を見ても、アメリカの大企業の一人勝ちです。そして、アメリカと対等な力を持つ国は、もはや人口が14億人もいる中国だけでしょう。香港は独裁の中国共産党が統治しながらも、世界で最も自由な市場経済や報道の自由が維持され、これからも発展していくのかもしれませんし、そうでないかもしれません。一方で、アメリカでは、かつてあれほど嫌われた社会主義が人気になっており、次の大統領選挙でウォーレン氏が勝つようなことになれば、アメリカ経済は資本主義体制の中国の後塵を拝しながら、一気に負け組へと転落していくでしょう。
 未来のことは誰もわかりません。

●平和なデモは無意味 破壊に走る香港「勇武派」(毎日新聞)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191103-00000012-mai-int

●ウォーレン氏が勝てばS&P500種25%下落 チューダー・ジョーンズ氏
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-10-29/Q03W6ZT0AFB701

 WindowsのデスクトップPCですが、IntelのNUCを買って自分で組み立てました。手のひらサイズで、めちゃ小さいです。いまのところ使い心地はとてもいいです。僕みたいなビジネスユースで、データはクラウドに置いておくし、動画の収集などまったくやっていないので大きなハードディスクなど不要な人にとっては、デスクトップPCはもうこれで決まりだと思いました。ついつい他の古いPCを置き換えるために、追加で2個もおかわりしてしまいました(笑)。

●Intel NUC 組み立て方 (NUC8i7INH)
http://blog.livedoor.jp/splus_r/archives/52035162.html

 ソフトウェア環境の整備ですが、これもあとでブログ記事にしますが、まずはGoogleのChromeをインストール。ChromeはGoogleアカウントで管理できるので、様々なサイトのIDとパスワードの自動入力やブックマークなどが複数のPCで共有できるので大変便利です。そして、次はGoogleの日本語入力をインストール。日本語入力をインストールしたら、Mac風にスペースキーの両脇に「英数」と「かな」ボタンを実装します。ここまで来たら、僕は次はDropboxをインストールです。保存されているデータをダウンロードするのに時間がかかるので(もちろんどれだけあるかによりますが、僕はもう何年も使っているので)、寝る前にやっておくのがいいです。それから、僕はOffice365を買っているので、最新のOfficeをインストール。月額課金のOfficeはこういうときに便利だと思いました。あとは、Javaのインストールなんかですね。僕は秀丸、R、Pythonなんかもインストールします。まあ、こんな感じでしょうか。このように僕が使うアプリは極めて限られています。
 いろいろやっていて気づいた課題ですが、まず、Google日本語入力はGoogleアカウントに紐付いておらず設定は共有されないので、複数のPCで同じ環境にするためにはファイルをエクスポートしてインポートするみたいなことが必要で、この辺のいいやり方を模索中です。Office365にはOne Driveというクラウドストレージが付いているのですが、これをぜんぜん使っておらず活用してみたいです。あと、Windowsにログインすると、なんとかTeamsみたいなやつがいつもで出てくるんですが、こいつは何なのかよくわかっていません。前述したように、ブログにWindows PCの環境設定編を書いているので、この辺は研究して皆さんに報告したいです。

 今週も興味深い投稿がいくつもあります。

- 定年を迎えるまでに八つの趣味を持つことについて
- なぜ日本人は顔認証やマイナンバーを嫌うのですか
- 日本以外の女性は結婚教に入っているのでしょうか
- バチェラー3はご覧になりましたか
- 妻の浮気を子供から告げられました

 それでは今週もよろしくお願いします。

1.社会規範に対する親や学校の先生の洗脳は意外と超強力

 生物は自分の遺伝子の拡散競争をしているという進化生物学の基本原理に基づき、女性が求めるのはGood DadかGood Genesの男性であると考えるといろいろ辻褄が合う。こうした恋愛感情を理解するための進化生物学的モデルは、言うまでもなく恋愛工学の基本であり、これまで多くの有用な実践的恋愛戦略を生み出してきた。また、男の欲望も金とセックスで大半が説明できる。進化生物学的には、前者は生存欲求と強く結びついており、後者は繁殖そのものである。進化生物学は人間の感情や行動を説明するのに極めて強力である。
 しかし、進化生物学的な人間の行動モデルは、人類は環境が良くなればなるほど子供の数が減る、という根源的な矛盾を抱えている。どこの豊かな先進国も程度の差こそあれ少子化が進行している。また、ミクロな視点でも、多くの女性が自ら進んで中絶することや、多くの男性が自殺することなど、進化生物学的には説明しづらいことが多々ある。これらもいろいろ理屈を捏ねて進化生物学の枠組みで説明することは可能ではあるが。たとえば環境が良くなればなるほど子供の数が減るという人間だけに見られる現象に対して、僕も次のような仮説を提示している。
 人間の繁殖は、他の動物と同様に異性と交尾をしたいという欲望で実装されており、子供が欲しいというものではない。動物では交尾欲=繁殖欲になるが、人間は本能が理解できない避妊具や中絶などを手に入れてしまったため、本来は繁殖のために進化してきた自らの感情や欲求をハックして、快楽だけを抽出できるようになってしまい、過渡期的に避妊具がある種の中世のペストのような人口減少装置として機能してしまっている。一方で途上国では、避妊具は(大衆の所得からは)高価なため、交尾欲が旺盛な若者は毎回使うことに躊躇するため、どんどん繁殖している。これが、進化生物学最大のパズルに対する僕の仮説である。

 ところが、それでも進化生物学的にはどうしても理解しづらいことがたくさんある。戦時中の日本の特攻隊などは有名だが、戦争に駆り出されていた女生徒などが米兵に捉えられて捕虜になりそうになると、親や先生たちの教えを守り自死を選んだ。これらは利己的な遺伝子論とは、完全に矛盾している。
 第374号に沖縄旅行に行った際に立ち寄ったひめゆり平和祈念資料館のことを書いた。日本軍は高校生も戦地に向かわせていたのだが、沖縄師範学校女子部と沖縄県立第一高等女学校の女子生徒たちも、負傷した兵士たちを看護するために戦地の病院に向かわせた。戦局が悪くなっていくと、こうした女子高生たちの食料も尽き、どうしようもなくなった日本軍から、最後は各々が自分で生き延びよ、と指令が出て戦地に取り残されることになった。空爆などで次々と死んでいくのだが、彼女たちは米兵に捕まると死ぬよりもはるかに苦しい生き地獄が待っているし、何より「恥」と教えられていたので、捕虜になりそうになると隠し持っていた手榴弾で自爆したり、米兵から逃げて崖から飛び降りて自殺した。そして、生き残って家族を持ち、いまでは孫に囲まれている当時の女子高生たちは、言うまでもなく米兵の捕虜になった子たちであった。名門校でしっかりとした教育を受けていた彼女たちはとても聡明であった。しかし、こういう洗脳を信じ、自ら死を選んだ。あるいは、聡明であった子ほどそういう「規範的な」行動を取ったのかもしれない。

●ひめゆり平和祈念資料館
http://www.himeyuri.or.jp/JP/top.html

 今週は、こういうある種の洗脳はいまでも形を変えて健在だし、見えにくい形で現代社会でもたびたび顔を出す、ということを論じたいと思う。まずは、読者からの相談を掲載しよう。

=============================
- 日本以外の女性は結婚教に入っているのでしょうか

お世話になっております。
takuと申します。
質問がありまして「日本の女性は結婚教に入っているのが諸外国に比べて多いのか?」という内容です。
メルマガで藤沢さんは「日本の女性は結婚教に入っている」様な内容を記載されていました。

週刊金融日記 第144号 女の人の結婚に対する情熱を考える
週刊金融日記 第149号 結婚という宗教を考える
週刊金融日記 第189号 なぜそれでも人は結婚するのか
週刊金融日記 第192号 ハーレムを夢見る男と金持ち男性と結婚してやりたい放題を夢見る女
週刊金融日記 第228号 女の恋愛・結婚戦略 金と子供の視点から
週刊金融日記 第374号 日本人女性は結婚しないと言うと割と簡単に中絶する
週刊金融日記 第376号 子供は欲しいが法的結婚はしたくない人のための戦略論

他の国では・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

2.今週のマーケット

※ 2019年10月25日-2019年11月1日の週間パフォーマンス

TOPIX: 1666.5, +1.1% (1w), +11.5% (YTD)
Nikkei225: 22850.77, +0.2% (1w), +14.2% (YTD)
S&P500: 3066.91, +1.5% (1w), +22.3% (YTD)
USD/JPY: 108.17, -0.5% (1w), -1.3% (YTD)
EUR/JPY: 120.76, +0.3% (1w), -3.9% (YTD)
Oil(WTI Fut): 56.20, -0.8% (1w), +22.7% (YTD)

●米国株史上最高値更新でトランプ大統領が勝利宣言(金融日記 Weekly 2019/10/25-11/1)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52163186.html

 Twitterでは金融関係者や自称玄人の投資家たちが・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

3.ブログではいえないお店

- 浜松町の高級鮨から白金のカウンターイタリアンまで

 それでは今週も再レビューです。第219号から第227号まで進みました。それにしても、筋トレしていると、たまに会食やデートでがっつり食べても、本当に太らなくなったな、と思う今日このごろです。朝ごはんはほぼプロテインを豆乳とコーヒーでシェイクしたもので、昼と夜は高タンパクなものを野菜たくさんで、という感じなんで、そこに週に2、3回フルコースのディナーが入ったところで、ぜんぜんどうってことないんですよね。お酒もほとんど飲まないし。

★大切なのは一週間ぐらいの単位でカロリー収支がちゃんと合ってるかどうかなんですよね。

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

4.藤沢数希の身もフタもない人生相談

- 妻の浮気を子供から告げられました

初めて投稿します。
XXXXXXと申します。
長年楽しくROMしていた自分がまさかここで相談することになるとは……。
人生何が起こるかわからないものですね。
本日・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

TOPIX: 1666.5, +1.1% (1w), +11.5% (YTD)
Nikkei225: 22850.77, +0.2% (1w), +14.2% (YTD)
S&P500: 3066.91, +1.5% (1w), +22.3% (YTD)
USD/JPY: 108.17, -0.5% (1w), -1.3% (YTD)
EUR/JPY: 120.76, +0.3% (1w), -3.9% (YTD)
Oil(WTI Futures): 56.2, -0.8% (1w), +22.7% (YTD)

 Twitterでは金融関係者や自称玄人の投資家たちが、世界同時金融危機のあと10年以上も続いた上げ相場がそろそろ終焉を迎える、などとだいぶ昔からつぶやいているが、米国株は史上最高値を更新し、トランプ大統領が高らかに勝利宣言をTwitterに投稿した。

★The S&P just hit an ALL TIME HIGH!

 米中関係の急速な悪化、それによる中国経済の成長鈍化、イギリスのEU離脱、香港と中国政府の対立、北朝鮮問題、ソフトバンクグループによるWeWork投資の巨大損失……、とこの長期の上げ相場を終わらせる要因はいくらでも考えられるが、株式市場は依然として強い。また、株価が史上最高値を更新し続ける一方、各国の失業率は歴史的低水準に引き続きとどまっている。

●米雇用者、予想上回る12.8万人増−スト克服、利下げ休止説裏付け
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-11-01/Q0AIQKDWX2QJ01

●米国株、反発 ダウ301ドル高で3カ月ぶり高値、雇用統計を好感
https://www.nikkei.com/article/DGXLASB7IAA05_S9A101C1000000/

 しかし、中国経済の減速は日本の製造業に大きな影響を与えており、決算では下方修正が相次いだ。日本株はここまで大きく上昇してきたが、そろそろ利益確定売りが出やすい位置に来ている。

●製造業の下方修正、7年ぶり高水準 非製造業と明暗 20年3月期、海外低迷が重荷
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51758840S9A101C1EA5000/

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

日本株
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
出所: 日経新聞社

サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス(2019/10/25-11/1)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 東証、日経新聞社、セクター指数はTOPIX17業種

個別銘柄の週間パフォーマンス(2019/10/25-11/1)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 会社四季報、Yahoo!ファイナンス

FX
直近1年のドル円とユーロ円の推移
直近1年のドル円とユーロ円の推移
出所: セントラル短資

イールドカーブ(2019/11/1)
イールドカーブ
出所: Bloomberg.com

主要通貨の週間パフォーマンス(2019/10/25-11/1)
主要通貨の週間パフォーマンス
出所: セントラル短資

外国株とコモディティ
直近1年のS&P500と原油価格(WTI原油先物)の推移[USD]
直近1年のS&P500と原油価格(WTI原油先物)の推移[USD]
出所: Yahoo!ファイナンス、Bloomberg.com

地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD](2019/10/25-11/1)
地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD]
出所: iShares: MSCI Japan (EWJ), MSCI Kokusai (TOK)、MSCI Core Europe (IEUR), MSCI All Country Asia Pacific ex Japan (AAXJ), MSCI Emerging Markets (EEM), GLOBAL REIT ETF (REET). Bloomberg.com: Oil WTI Futures (CL1), Gold Futures (GC1)

今週のマーケット・イベント
11月4日(月)
米9月製造業受注
ユーロ圏10月製造業購買担当者景気指数
休場:日本(文化の日振替)

11月5日(火)
日10月マネタリーベース
米9月貿易収支
米10月ISM非製造業指数
決算:NTT、ソフトバンク、スズキ、アサヒ、サントリーBF、丸紅、王子、マルハニチロ、ニチレイ、古河電、横河電、東建物、京王、JR九州、ベネッセ、他

11月6日(水)
日銀金融政策決定会合議事要旨(9/18-9/19開催分)
ユーロ圏10月サービス業購買担当者景気指数
決算:ソフトバンクG、ダイキン、三菱商、オリンパス、SUBARU、国際帝石、旭化成、三井化学、味の素、東急建設、参天薬、ツムラ、三菱自、他

11月7日(木)
決算:トヨタ、三井不、菱地所、資生堂、キリン、バンナム、楽天、東レ、リンナイ、日清紡、日清食、森永乳、メルカリ、フジ、ゼンショー、ニコン、丸井、西武、TBS、日テレ、スクエニ、他

11月8日(金)
日9月家計調査
米11月ミシガン大消費者センチメント
中国10月貿易収支
決算:ホンダ、セブン銀行、石油資源、大成建、長谷工、明治、マクドナルド、ダスキン、いすゞ、テレ朝、名鉄、東急不、りそな、他

11月9日(土)
中国10月消費者・生産者物価指数

11月10日(日)

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

第392号の目次です。

メルマガ主要バックナンバー: 恋愛工学(〜第177号)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52021876.html

メルマガ主要バックナンバー: 恋愛工学(第178号〜)、教育工学、他
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52121885.html

==============================
// 週刊金融日記
// 2019年10月28日 第392号
// すぐに「ひとこと」言えるかどうかでその後の関係性は決まる
// イスラム国トップ暗殺成功
// 日比谷ミッドタウンで上海蟹
// 3Pに笑いは必要ない
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。
 すこしずつ寒くなってきましたが、10月は食べ物も美味しく、日本はとても過ごしやすいですね。それで、僕はまた今週末に香港に行く予定です。上海蟹でも食べてこようと思いますが、上海蟹は中国で食べても高いですね。揚子江のモズクガニがブランドがあって高いんですが、単なる繁殖力旺盛なモズクガニなんで、もっと安く出回らないのかな、と思っているんですが、なぜ出回らないんでしょうかね。

 ところで、CPUメーカーのIntelが出している、NUCというミニPCキットを買いました。これはIntelのMac miniのようなものですが、ちょっと使って見たところ、やはりなかなかいいです。うちの古いパソコンもこれに置き換えよう、と追加発注してしまいました。ということで、PCやラップトップ買うなら、AppleのMacかIntelのNUCかMicrosoftのSurfaceを買うのがいい、というのが僕の結論でして、なんだか弱肉強食資本主義ジャングル、勝てば官軍、勝者総取りみたいな感じで、殺伐としていますが、もうクソのようなコンピュータを掴む余裕はないので、これからも僕は勝者からモノを買うことにします。
 いまNUCについてレビューを書いているので、ちょっとお待ちください。どれを買えばいいのか、組み立てには何が必要か、けっこうややこしいです。

●Intel NUC
https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/products/boards-kits/nuc.html

 ビジネス経済誌の週刊SPA!で連載している映画評ですが、今回は男子高校生と女教師の甘く切ない青春ロードムービーを紹介しました。この映画の大切なポイントは、甘く切ない片思いしている男より、会ってすぐに「とりあえず」ベッドに誘う不倫おっさんのほうが、どんだけ恋愛で報われるか、美味しい思いをしているか、ということなんですね。非モテコミット、ダメ。ゼッタイ。

●不器用な男子高校生が女性教師に向ける、淡く切ない恋心の行方は
https://nikkan-spa.jp/1615259

 あと、こちらはマスコミ向け試写会ではなく、話題になっていた映画なので、自分で映画館に行って見てきたんですが、あらすじ読むと、不遇な心優しい男性が、だんだんとダークサイドに堕ちていき、威張ってるエリート証券マンを銃殺したりして、だんだん悪のヒーローになっていく、とか書いてあるんで、まあ、殺される側の元証券マンの僕は共感しない、ぜんぜんダメな映画なんだろうな、と思って見ました。いろいろ評価を見ていると、好みが真っ二つに分かれていて、ああ、僕はきっとダメな方なんだろうな、と。
 そしたら、意外にも、僕はかなり好きな映画でした。面白かったです! あと、不遇な男性(=そんな人はいまの社会にたくさんいる、というかもう半分近くそうでしょう)が殺人などの犯罪に手を染めて、ヒャッハー!となる映画なんで、当初から影響されてしまう人が出るんではないか、と危惧されていました。日本でも、さっそく困った人が出てきているようです。しかし、「表現の自由」というのは近代国家では大変に重要なことなので、そうした場合にも製作者には何の罪もない、というのがお約束ですね。

★ジョーカー、面白かった!

★影響されて犯罪しちゃうやつは当然出てくるが、表現の自由は非常に大切。

 今週も興味深い投稿がいくつもあります。

- 日系コンサル会社勤務ですが将来の高所得のために5年は我慢するべきか
- 韓国パイプカットツアーについてどう思われますか
- 離婚することになった嫁さんへの罪悪感が拭いきれません
- 愛していた彼女に彼氏ができてしまった既婚プレイヤーGさんの投稿に共感しました
- Tinder経由でスペイン版アン・ハサウェイをシンガポールでゲット!
- 3Pに笑いは必要ない

 それでは今週もよろしくお願いします。

1.とりあえず「ひとこと」言えるかどうかでその後の関係性は決まる

 これは本当に何度も繰り返し書いてきたことなのだが、男の恋愛にとって、早い段階で「ひとこと」言うことがどれほど大切なのか、としみじみと思うことが最近あったので、また書いておこうと思う。

●結局、モテるかどうかは「ひとこと」が言えるかどうか
https://blogos.com/article/261591/

 僕は今年の4月ごろからダイエットと筋トレにハマり出した。そして、筋トレほど素晴らしい趣味はない、と言ってきたのだが、残念ながら他のあらゆるものと同様に、そこには払わないといけない犠牲がある。本当にダイエットを成功させ、筋トレというルーティーンを軌道に乗せたいなら、何かを捨てないといけない。あきらめないといけない。僕にとって、その犠牲とは復数の女性と頻繁に会ったりすることだった。ジムに行く時間、自炊する時間を捻出し、ダラダラとワインや高カロリーの食事をしないために、それまでに関係のあった素敵な女性たちとはあえて疎遠になった。それは僕が選んだことで、ベンチプレスやデッドリフトを生活の一部にするために僕自身が支払った代償だ。残念なことだが、筋トレは甘いものではなく、毎日いろんな人と飲み歩きたい、週に5回は女とデートしたい、好きな物をたくさん食べたい……、などということとは両立しない。何かを手に入れるには、何かをあきらめないといけない。

週刊金融日記 第157号 肉体改造計画
週刊金融日記 第375号 会食やデートでどれだけ食べても太らないたったひとつの冴えたやりかた
週刊金融日記 第377号 4月下旬からの筋トレしながら9kg減のダイエット記録
週刊金融日記 第379号 筋トレは減量の10倍は難しいがとても楽しい
週刊金融日記 第381号 筋トレの効果を最大限に高める方法
週刊金融日記 第383号 科学的に正しい筋トレ前のウォームアップと怪我リスク
週刊金融日記 第386号 自炊のすゝめ
週刊金融日記 第389号 筋トレ初級者を阻むフリーウエイトの壁
週刊金融日記 第391号 筋トレ習慣化のコツ

 しかし、最近、筋トレも一段落して、それほど多くの時間や精神力を使わなくても、日常生活の一部として回りはじめた。第一宇宙速度を突破し、周回軌道に乗ったのだ。・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

2.今週のマーケット

※ 2019年10月18日-2019年10月25日の週間パフォーマンス

TOPIX: 1648.44, +1.6% (1w), +10.3% (YTD)
Nikkei225: 22799.81, +1.4% (1w), +13.9% (YTD)
S&P500: 3022.55, +1.2% (1w), +20.6% (YTD)
USD/JPY: 108.68, +0.2% (1w), -0.8% (YTD)
EUR/JPY: 120.40, -0.5% (1w), -4.2% (YTD)
Oil(WTI Fut): 56.66, +5.4% (1w), +23.7% (YTD)

●WeWorkでやらかし中のソフトバンクG下落、イスラム国トップの暗殺成功(金融日記 Weekly 2019/10/18-10/25)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52162840.html

 米中貿易戦争がガチなのかトランプ大統領が得意なある種のプロレスなのかはわからないが・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

3.ブログではいえないお店

- 日比谷ミッドタウンで上海蟹

 今年も上海蟹の季節ですね。ちなみに、僕は上海蟹はコスパが悪いと思っています。あんなに小さいのが一匹5000円以上、東京の高級中華だと7000円以上です。しかし、コスパが悪いのがある種の人々にとってはステータス誇示に役立つので、この季節になると、よくインスタなどにアップされます。上海蟹が食べられるのは9月下旬から12月上旬ぐらいまでで、11月上旬までは産卵前のメスが美味しく、11月上旬辺りから精巣が大きくなるオスが美味しくなると言われています。
 淡水生の蟹でもっとわかりやすい名前は中国モクズガニです。川や湖に生息していて、親ガニは産卵のために汽水域まで下りてきて、幼生は海で育ち、河口付近の汽水域にも生息します。揚子江の西にある陽澄湖(ようちょうこ)の天然の上海蟹が最高級品とされています。繁殖力が旺盛で、日本で放すと生態系を崩すという理由で、生きた蟹を直接売ることができず、免許を持っているレストランしか調理できません。
 というような話は、以下のバックナンバーにもっとくわしく書いてあるので、読んでください。

週刊金融日記 第83号 HIV感染リスクを考える、米雇用統計上振れ、六本木の高級中華で上海蟹、ボーイフレンド・クラッシャー、小悪魔戦略再考、他

 前述のように、コスパで言ったら、上海蟹より毛蟹なんですが、あのねっとりとした卵と精巣は一度は食べてみる価値はありますね。過去にいろいろなお店を紹介しています。これもバックナンバーを読んでいただけたら、と思います。

週刊金融日記 第134号 プランB できる男の恋愛戦略、黒田バズーカ炸裂、東麻布の高級中華で上海蟹、ハロウィーンパーティー、他
週刊金融日記 第135号 サルでもわかるGPIFの運用方針見直しと黒田バズーカ2、株高円安が続く、安く上海蟹が食べれる神楽坂の中華、アラサーコンビの天下一武道会参戦レポート、他
週刊金融日記 第138号 C→Sフェーズシフト時のパワープレイ(マインド編)、アベノミクス第二幕へ、皇居の隣の高級中華、英会話講師にまんまとトリガー引かれました、他
週刊金融日記 第290号 女はセックスしても何も失わないが男には大きなリスクが降りかかる、メガバンク3.2万人人員削減で株価はさらに上昇か、新宿御苑で上海蟹、処女の彼女に入らない問題について、他
週刊金融日記 第339号 恋愛工学的視点からアジアの移住先候補を考える 暫定版、世界同時株安は一時的な調整か、香港島中環周辺の美味しい中華を3軒ほど、オススメのクレカをご教示ください、他

 それで、僕もステータスを誇示したいインスタグラマーの端くれとして・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

4.藤沢数希の身もフタもない人生相談

- スキャルピングやテクニカル分析に関するオススメの本を教えてください

仮想通貨のスキャルピングに興味を持ちました。
そのため、基本的なことを学びたいです。
しかし、スキャルピングやテクニカル分析について素人で、基本書や名著・古典と呼ばれるものを知りません。
ネットで紹介されてる本はアフィリエイト目的に見えてしまい、いまいち信用できずにいます。
そこで、藤沢さんに本を紹介してもらいたく連絡しました。
よろしくお願いします。

- 藤沢数希の回答

まあ、正直、こういう質問をすること自体、根本的にトレーディングを理解しておらず、情報商材屋とかのカモでしかないわけですね。
以下の本を熟読してください。
話はそれからですね。

『なぜ投資のプロはサルに負けるのか?』 http://amzn.to/2ixi3QH
『日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門』 http://amzn.to/2nOOsBx
『外資系金融の終わり』 http://amzn.to/2ixif2n

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

↑このページのトップヘ