金融日記

藤沢数希が運営するブログ。
金融・経済、Web関連ビジネス、書評、科学、恋愛工学などについて。

TOPIX: 1984.98, -2.9% (1w), +11.6% (YTD)
Nikkei225: 28751.62, -3.3% (1w), +7.9% (YTD)
S&P500: 4594.62, -2.2% (1w), +24.1% (YTD)
USD/JPY: 113.2, -0.7% (1w), +9.6% (YTD)
EUR/JPY: 128.16, -0.4% (1w), +1.6% (YTD)
Oil(WTI Futures): 68.15, -10.4% (1w), +40.7% (YTD)

 南アフリカでデルタを淘汰するほどの感染力を示す新たな変異株「オミクロン」が見つかり、世界を震撼させている。ワクチンの普及により、ある程度の死者を許容して経済再開をしていたイギリスが、オミクロンが確認されているアフリカ6ヶ国からの渡航をすぐさま制限した。続いて、イスラエルも全世界からの外国人の入国を禁止した。これまでにないほどの変異が見られ、既存のワクチンが効かない可能性が示唆されている。
 すでにデルタ株の感染爆発で、経済のリオープンに暗雲が出てきたアメリカやヨーロッパにとって、さらなる脅威となる。日本にも、遅かれ早かれ国内に入ってくるだろう。

●コロナ新変異型「オミクロン」とは何か
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC2710L0X21C21A1000000/

●イギリス、アフリカ6カ国に渡航制限 新たな変異株を懸念
https://www.bbc.com/japanese/59425973

 インフレ懸念からFRBが早期に金利を引き上げるとの見通しから、グロース株が売られていたが、オミクロンにより旅行関係などのリオープン銘柄も暴落した。一方で、死亡確率を大きく減らせる新薬を開発しつつあるファイザーなどが買われる展開となった。
 米バイデン大統領はインフレを抑えることを最優先と考えており、また、すでに目一杯緩和されているので金融政策の余地は残されておらず、オミクロンにより経済再開ができなくとも、米金融当局は、テーパリング、利上げと進まざるをえない。

●バイデン氏、米金融当局とインフレについて協議 今後の人事にも言及
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-11-27/R37PERT1UM0W01

 インフレとオミクロン変異株により、株式市場は一段と不安定さを増しそうである。

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

日本株
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
出所: 日経新聞社

サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス(2021/11/19-2021/11/26)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 東証、日経新聞社、セクター指数はTOPIX17業種

個別銘柄の週間パフォーマンス(2021/11/19-2021/11/26)
個別銘柄の週間パフォーマンス
出所: 会社四季報、Yahoo!ファイナンス

直近1年のドル円とユーロ円の推移
直近1年のドル円とユーロ円の推移
出所: セントラル短資

イールドカーブ(2021/11/26)
イールドカーブ
出所: Bloomberg.com

主要通貨の週間パフォーマンス(2021/11/19-2021/11/26)
主要通貨の週間パフォーマンス
出所: セントラル短資

外国株とコモディティ
外国株とコモディティ
出所: Yahoo!ファイナンス、Bloomberg.com

地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD](2021/11/19-2021/11/26)
地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD]
出所: iShares: MSCI Japan (EWJ), MSCI Kokusai (TOK)、MSCI Core Europe (IEUR), MSCI All Country Asia Pacific ex Japan (AAXJ), MSCI Emerging Markets (EEM), GLOBAL REIT ETF (REET). Bloomberg.com: Oil WTI Futures (CL1), Gold Futures (GC1)

今週のマーケット・イベント
11月29日(月)
米サイバーマンデー
ユーロ圏11月消費者信頼感指数

11月30日(火)
日10月失業率・有効求人倍率
日10月鉱工業生産
日10月住宅着件数
米9月S&Pケース・シラー住宅価格指数
米11月消費者信頼感指数
ユーロ圏11月消費者物価指数
中国11月製造業PMI
決算:米Salesforce、他

12月1日(水)
米11月ADP全米雇用リポート
米11月ISM製造業景気指数
米ベージュブック
ユーロ圏11月製造業PMI
中国11月財新製造業PMI

12月2日(木)
日11月マネタリーベース
ユーロ圏10月雇用統計
OPECプラス会合

12月3日(金)
米11月雇用統計
米11月ISM非製造業指数
米10月製造業受注
ユーロ圏11月非製造業PMI

12月4日(土)

12月5日(日)

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

第498号の目次です。

●週刊金融日記 重要バックナンバー(夜間飛行)
http://yakan-hiko.com/PU14

●週刊金融日記 重要バックナンバー(まぐまぐ)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52160749.html

●週刊金融日記 重要バックナンバー(note)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52021876.html

==============================
// 週刊金融日記
// 2021年11月22日 第498号
// 日本は市民の感染対策とワクチン接種と厳しい水際対策でゼロコロナを実現しつつある
// 電気自動車バブル
// 香港セントラルの安くてオシャレな中華とフレンチ
// 資産6億ですが娘に中学受験させるべきでしょうか
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。
 すっかり冬になってきましたね。香港は沖縄より南なんですが、肌寒い日が増えてきました。早く日本に帰って、虎河豚や毛蟹を堪能したい気持ちでいっぱいです。

 さて、僕はGACKTさんとは直接面識はありませんが、恋愛工学的にも注目すべき人物であったので、たまに動向をチェックしておりました。僕は香港に移住したのですが、彼はマレーシアに移住しております。そこで、彼がなぜ移住先としてマレーシアを選んだのか語っている動画を見つけたのですが、そこで食べ物の話をしていて、とても共感したことを覚えています。彼は、食べ物が美味しいかどうかで、値段がとても重要だ、と言っていて、僕も思わず膝を打ちました。
 どういうことかというと、レストランで美味しいご飯を食べても、帰りのお会計で割高な料金を請求されると、一気に満足感がなくなる、と言うのです。逆に、値段が思ったより安いと、えっ、こんな美味しいものをこの値段で食べられたのか、ととても幸福感に満たされます。もちろんGACKTさんは金持ちなのですが、金持ちだからといって何でもかんでも割高な値段を払って気持ちいいなんてことはないわけです。僕もまったく同じ感覚を持っているので、とても共感したわけです。
 だから、語学が得意なGACKTさんですが、移住先として、まずヨーロッパはないな、となったそうです。パリでフレンチをふたりで食べて、最後のお会計で700ユーロとか請求されるわけですね。また、ヨーロッパの給仕は愛想が悪いことも多いです。こんだけ金取るなら、もっとがんばれよ、とGACKTさんは思うそうです。シンガポールもその点、物価が高くていまいちですね。しかし、マレーシアは、世界中の美味しいものを食べることができて、最後のお会計のときに、いつも幸せに包まれるそうです。ちなみに、GACKTさんは、一日一食だけなので、その一食のレストランがとてつもなく重要だそうです。プチファスティングであの体型を維持しているのも参考になりますね。

週刊金融日記 第375号 会食やデートでどれだけ食べても太らないたったひとつの冴えたやりかた

 さて、そんなGACKTさんですが、Instagramで知り合った人妻とオフパコしていたことが、文春に報じられました。

●「GACKTは私の妻と不倫していた」夫が告発
https://bunshun.jp/articles/-/50115

 内容はInstagramでGACKTさんに近づいてきたエロそうな人妻に、ついつい連絡を取ってしまい、オフパコに発展した、というものです。我々庶民とやってることがまったく同じで、ぐっと親近感がわきますね。こうした庶民感覚も、彼の魅力の一部なのでしょう。
 現在、病気で療養中だそうですが、早く芸能活動に復帰してもらいたいです。

週刊金融日記 第190号 Twitterオフパコ論
週刊金融日記 第280号 Instagramで女子と自然とつながる方法
週刊金融日記 第316号 Twitterオフパコ論の再考察とTOKIO山口メンバーはおっさんになったらモテなくなったのか

 今週も読者から興味深い投稿がいくつもあります。見どころは以下のとおりです。

- レバレッジナスダックやTQQQについてどうお考えですか
- 購入した記事『週刊金融日記 第56号 男がセックス以外に考えていること』の本文が中が抜けて白紙で表示されております
- 不倫相手を妊娠中絶させたゴールデンボンバー歌広場淳氏や不倫相手に売られたイクメン議員の山崎真之輔氏は復帰できるのか
- やり甲斐があって稼げない仕事とやり甲斐がなくて稼げる仕事はどちらがいいですか
- 資産6億ですが娘に中学受験させるべきでしょうか

 それでは今週もよろしくお願いします。

1.日本は市民の感染対策とワクチン接種と厳しい水際対策でゼロコロナを実現しつつある

 僕はいま日本帰国準備をしているのだが、いろいろ調べていて、日本の水際対策が大きく変わっていることに気がついた。当初は、水際対策と言っても蔓延国からの帰国者に対して簡単な抗原検査をするだけで、あまり実効性がないものであった。政治的ポーズでやっているふりだけしたかったのだろう。実際、1年前に日本に帰ったときは、僕はほぼそのままふつうに入国でき、見ていると、ふつうにスーツケースを持って成田空港の京成スカイライナーに乗っている人がたくさんいた(公共の交通機関は使ったらダメ、ということになっている)。
 その後、どんどん厳しくなっていった、ということは聞いていたが、それも科学的と言うより、政治的なものなのか、と思っていた。PCR検査陰性証明が必要だが、その書類に不備があり、成田空港から出発国にそのまま強制送還された日本人のニュースなどが流れ、日本人を日本国政府が追い返すとは、ずいぶんとおかしなことをするもんだ、と思った。
 そして、ほぼ1年ぶりに日本に帰ることになったのだが、水際対策が文字通りに水際対策として機能するものに変わっているのである。以下、解説しよう。

●水際対策に係る新たな措置について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html

●検疫所が確保する宿泊施設での待機・誓約書の提出について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00249.html

●(JAL)日本へご出発のお客さまへ(2021年11月8日更新)
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/inter/201227/

 そもそも、こうしためんどくさいことがたくさんあり、また、今日まで事実上外国人を入国拒否しているため(岸田首相は受け入れ方針を表明したが、実際は遅々として進んでいないようだ)、日本に海外から来る人数はコロナ前と比べると99%減になっている。そして、その1%に対して、厳しい水際対策が行われているのだ。・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

2.今週のマーケット

●欧州再びコロナでロックダウン、EVなら何でも買われる電気自動車バブル(金融日記 Weekly 2021/11/12-2021/11/19)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52195877.html

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

3.ブログではいえないお店

- 香港セントラルの安くてオシャレな中華とフレンチ

 先週はリーズナブルな値段でオシャレなセントラルの居酒屋を紹介しましたが、同じプロデューサーの中華とフレンチもなかなかいいです。
 XXXXXXも同じやり方です。唐揚げやシナチクサラダなど、安い食材をオシャレに盛っています。店員もホスピタリティがあって、なかなかいいですね。

★シナチクサラダ、チキンのロースト、アサリ、唐揚げ……、と庶民的な食材もオシャレな店内で食べると盛り上がります。
https://www.instagram.com/p/CQ3YwyFD1P7/

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

4.藤沢数希の身もフタもない人生相談

- レバレッジナスダックやTQQQについてどうお考えですか

藤沢さんは、Twitterの米国株クラスタ等で話題のレバレッジナスダック(レバナス)やTQQQ(レバレッジ3倍のナスダック)などの、インデックス投資にレバレッジをかけた投資商品についてはどうお考えでしょうか?

●NASDAQ100×レバレッジ2倍
https://www.daiwa-am.co.jp/ifree_series/leverage/nasdaq100.html

●【徹底解説】TQQQとは?取扱証券会社とメリット、購入方法を紹介!
https://fisco.jp/media/tqqq-etf/

レバ2倍のレバナスでも、20年で10倍、20倍になるようで、なかなか夢があるな、と。
レバ3倍のTQQQは開始から10年で200倍近くになってますし。
アーリーリタイアしたい社会人とかで、給料を全てレバナス等に突っ込んでいる人もいるようです。

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

TOPIX: 2044.53, +0.2% (1w), +15.0% (YTD)
Nikkei225: 29745.87, +0.5% (1w), +11.6% (YTD)
S&P500: 4697.96, +0.3% (1w), +26.9% (YTD)
USD/JPY: 114.03, +0.1% (1w), +10.4% (YTD)
EUR/JPY: 128.67, -1.3% (1w), +2.0% (YTD)
Oil(WTI Futures): 76.1, -5.8% (1w), +57.2% (YTD)

 国民のワクチン接種をひとつの区切りとして、新型コロナウイルス感染によってある程度の死者が出ることは割り切ることができる、と思われていたヨーロッパであるが、オーストリアなどで再びロックダウンがはじまった。感染者が急増しているドイツもロックダウンに追い込まれると見られ、金融市場に動揺が走っている。コロナ禍は終わらない。しかし、コロナ禍が終わらなければ、株式市場のコロナバブルも終わらない、と期待できるため、株式市場は上昇を続けている。

●欧州の都市封鎖で金融市場が動揺、独追随の観測も
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-europe-idJPKBN2I4238

 米国株式市場では利益を出していない新興EVメーカーのリビアンがIPOでいきなり時価総額10兆円を超えるなど、次のテスラ株を探そうと投資家がEV株に殺到している。さながら、ドットコムと社名に付けば、何でも株価が上昇したドットコムバブルのようである。EVならなんでも買われている。売っているのは、テスラ社CEOのイーロン・マスクぐらいだ。

●EVの新星リビアンをイーロン・マスクが批判、「試練はこれから」
https://forbesjapan.com/articles/detail/44368

●EVメーカー株が活況 「バブル」に警戒感も 米市場
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021111300423

 米バイデン政権が日本や中国などに石油備蓄の放出を要請した、と報道されたことから、高騰していた原油価格が下落に転じた。また、欧州などが再びコロナ禍に見舞われ、需要が減るとの思惑もある。

●NY原油市場 先物価格一時75ドル台に下落 備蓄放出要請受け
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211120/k10013355491000.html

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

日本株
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
出所: 日経新聞社

サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス(2021/11/12-2021/11/19)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 東証、日経新聞社、セクター指数はTOPIX17業種

個別銘柄の週間パフォーマンス(2021/11/12-2021/11/19)
個別銘柄の週間パフォーマンス
出所: 会社四季報、Yahoo!ファイナンス

直近1年のドル円とユーロ円の推移
直近1年のドル円とユーロ円の推移
出所: セントラル短資

イールドカーブ(2021/11/19)
イールドカーブ
出所: Bloomberg.com

主要通貨の週間パフォーマンス(2021/11/12-2021/11/19)
主要通貨の週間パフォーマンス
出所: セントラル短資

外国株とコモディティ
外国株とコモディティ
出所: Yahoo!ファイナンス、Bloomberg.com

地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD](2021/11/12-2021/11/19)
地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD]
出所: iShares: MSCI Japan (EWJ), MSCI Kokusai (TOK)、MSCI Core Europe (IEUR), MSCI All Country Asia Pacific ex Japan (AAXJ), MSCI Emerging Markets (EEM), GLOBAL REIT ETF (REET). Bloomberg.com: Oil WTI Futures (CL1), Gold Futures (GC1)

今週のマーケット・イベント

11月22日(月)
米10月中古住宅販売

11月23日(火)
ユーロ圏11月消費者信頼感指数
ユーロ圏11月製造業・非製造業PMI(購買担当者景気指数)
休場:日本(勤労感謝の日)

11月24日(水)
米7-9月GDP(改定値)
米10月耐久財受注

11月25日(木)
米10月耐久財受注
米10月個人消費支出・個人所得
FOMC議事録(11/2-11/3開催分)
米11月ミシガン大学消費者信頼感指数(確報値)
休場:米国(感謝祭)

11月26日(金)
米ブラックフライデー

11月27日(土)

11月28日(日)

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

第497号の目次です。

●週刊金融日記 重要バックナンバー(夜間飛行)
http://yakan-hiko.com/PU14

●週刊金融日記 重要バックナンバー(まぐまぐ)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52160749.html

●週刊金融日記 重要バックナンバー(note)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52021876.html

==============================
// 週刊金融日記
// 2021年11月16日 第497号
// ほとんどの海外在住日本人がいずれ日本に帰りたい理由
// とうとうインフレがやってきた
// 香港のデートで使える安くて美味しい多国籍居酒屋
// 妻が反ワクチン派で子供のワクチン接種で困っています
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。
 日本では、ロイヤルファミリーの眞子さまと小室圭さんがアメリカに旅立ったことが話題ですね。NHKなどで毎日報道されています。ちまたでは、妹の佳子内親王のほうが可愛いいなどと言われておりますが、NHKの動画を見ると、黒髪ロングでマスクをすると眞子さんも芸能人並みの美人ですね。先月の来日の際には、歴史的なビートルズ来日公演以上に注目されていた小室圭さんですが、出国時も眞子さまを連れ威風堂々としており、立派です。やはり、身振り手振りと言うか、雰囲気がアルファ感を醸し出しております。アルファ感、とても大事です。

●眞子さんと小室圭さん アメリカに向けて日本を出発
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211114/k10013347351000.html

●眞子さんと小室圭さん アメリカに到着
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211115/k10013348021000.html

 日本経済の方は、第3四半期はコロナ蔓延期でしたので、再び日本のGDPが大きく落ち込みました。いまはコロナが収まり、いわゆるハンマー&ダンス戦略のダンスタイムとなっております。第4四半期は経済が持ち直すといいですね。僕もそろそろ帰国準備をしているので、僕が日本に滞在している間は、なんとかダンスタイムが続いてもらいたいです。

●経済回復、米欧に出遅れ 日本のGDP7-9月は再びマイナス 年率3.0%減
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO77593300V11C21A1EA2000/

 フェイスブックのマーク・ザッカーバーグは本気でメタバースが来る、と思っているようですね。欧米のIT評論家などは、にわかにメタバース、メタバースと言い始めたんですが、任天堂とかスクエアエニックスとか、そういうのは日本のゲーム会社が昔からやっているわけで、さらにフェイスブックが急ごしらえした変なバーチャル会議なんかよりよほどよくできています。フェイスブック社は、InstagramやWhatsAppなど、買収した企業がとんでもない企業価値を生み出している会社です。そういうフェイスブック社の歴史からすると、メタバースとか、じゃあ、いい企業買っちゃけばいいじゃん、という話になりそうで、そうなったら任天堂とか時価総額がたった6兆円しかないんで、簡単に買おうと思ったら買えちゃいますね。いまは社名変更してメタ社なんですが、メタ社の時価総額は100兆円超えてますからね。スクエアエニックスなんて、時価総額たったの8000億円です。よく言われているように、日本は株主の利益を軽視しており、そのせいか株価はなかなか上がりません。さらにいまは歴史的な円安なんで、ますます日本の会社は安くなっています。
 任天堂やスクエアエニックスが、マーク・ザッカーバーグに買われる未来などを想像するとなかなか面白いですね。

●仮想空間「メタバース」テク大手が狙う次の宝箱
https://jp.wsj.com/articles/big-tech-seeks-its-next-fortune-in-the-metaverse-11636513816

週刊金融日記 第495号 Facebook社はメタに社名変更 人類は辛いリアル社会を離れ仮想世界に引きこもる

 今週も読者から興味深い投稿がいくつもあります。見どころは以下のとおりです。

- アメリカ人男性と結婚しアメリカ在住で子供3人ですが海外を含めた教育工学について相談です
- イギリスやドイツのように日本のコロナ感染者はこれから増えていきますか
- 妻が反ワクチン派で子供のワクチン接種で困っています
- 転職したのですが雑用を押し付けてくる同僚に困っています
- 『ぼく愛』を読んだ彼女から「女の方が恋愛相手を分散させたほうがいいのでは」と言われました
- 営業利益1億円弱のオーナー社長ですが結婚を控え財産分与や婚費費用対策について相談

 それでは今週もよろしくお願いします。

1.ほとんどの海外在住日本人がいずれ日本に帰りたい理由

 国際金融都市であり、中国と世界をつなぐ貿易拠点である香港は、世界でも日本人駐在員が多い都市のひとつです。日本人駐在員のためだけに、ビザなんかどう考えても怪しい、社会的にだらしない若い日本人女子だけを集めたキャバクラまであります。日本人、どれだけ日本が好きなんだ、という話ですね。金融機関のアジア拠点になっていますので、金融関係でも多くの日本人が香港に駐在しています。

★日本の大企業の海外駐在員は日本社会の中にあって、最上級日本国民の一角を占めています。
https://twitter.com/kazu_fujisawa/status/1460214634531545093

 日本人は日本が大好きですが、海外、とりわけ欧米に対する憧れを強く持っているのも特徴です。だから、留学したり、海外駐在したりしたいわけです。しかし、それは究極的には、同じ日本人社会の中でより上級の日本国民になるためのステップであり、そのままずっと海外で生活したい、という人はとても少ないように思います。いずれ日本に帰る前提での海外生活なわけです。
 日本経済は少子高齢化などにより、どんどん衰退しているにもかかわらず、今日でも、これほど多くの海外在住の日本人が日本に帰りたいと思っている、というのはなぜでしょうか。今日はその辺のことについて解説したいと思います。
 まずは読者の方の相談です。

=============================
- アメリカ人男性と結婚しアメリカ在住で子供3人ですが海外を含めた教育工学について相談です

いつもメルマガ楽しく拝見しております。
先日の配信で「妻の両親がアメリカ在住で子供ができたらアメリカに留学させることを考えています」(第496号)という質問があったかと思います。

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

2.今週のマーケット

●有言即実行!イーロン・マスクがテスラ株売却開始、とうとうインフレがやってきた(金融日記 Weekly 2021/11/5-2021/11/12)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52195877.html

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

3.ブログではいえないお店

- 香港のデートで使える安くて美味しい多国籍居酒屋

 僕もそろそろ日本に帰る準備をしているので、その前に香港在住者のためにいくつか使えるレストランを紹介したいと思います。
 日本でもどこでもそうですが、レストランで重要な要素は(場所以外で)3つあります。雰囲気、味、値段です。値段の上限(=予算制約)を決めると、オシャレな雰囲気と味とはトレードオフになります。新規顧客とのアポは雰囲気重視、既存顧客とのアポは味重視でレストランを選ぶことになります。味というのは、プロの料理人が調理すれば、技術にそんな差があるわけでもないので、結局は材料ということになり、いい材料を使えばどうしても値段が上がります。
 さて、香港女子と知り合って、最初のアポです。ところで、出会い系アプリで知り合った場合・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

4.藤沢数希の身もフタもない人生相談

- イギリスやドイツのように日本のコロナ感染者はこれから増えていきますか

いつも有益なメルマガありがとうございます。
イギリスやドイツなどでコロナ感染者が急増しています。
日本と同じように、ロックダウン解除して飲食店や酒場やクラブに人々が集まり騒いでいました。
今は毎日数万人の感染者が出ています。
日本もこれら同様に、感染者はこれから増えて行くと思いますか?
ウィルスも、生き延びるため必死です。
日本の中小の飲食店は緊急事態宣言が解除されていても、もし第6波が来て忘年会の稼ぎが当てにならないのであれば、給付金が出なければ閉店するかどうか判断のタイミングです。
中小の飲食店は、無理せず撤退したほうが無難でしょうか。
よろしくお願いいたします。

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

↑このページのトップヘ