金融日記

藤沢数希が運営するブログ。
金融・経済、Web関連ビジネス、書評、科学、恋愛工学などについて。

第407号の目次です。

●週刊金融日記 重要バックナンバー(夜間飛行)
http://yakan-hiko.com/PU14

●週刊金融日記 重要バックナンバー(まぐまぐ)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52160749.html

●週刊金融日記 重要バックナンバー(note)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52021876.html

==============================
// 週刊金融日記
// 2020年2月17日 第407号
// 手のひら返しと一貫性について
// 未だ株式市場だけ新型コロナウイルス禍を織り込まず
// 感染防止のため今週は休止
// マスクの買い占めは悪ですか
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。
 ご存知のように、週末は日本でも次々と(中国渡航歴のない)新型コロナウイルスの感染者が見つかり、危機管理としてはフェーズが変わりました。

●新型コロナウイルス(COVID-19)の次の感染爆発の地は東京になりそうだ
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52168377.html

 個人でできることですが、マスクは予防効果はそれほど期待できないようです。また、不足していて医療機関など必要としている人に行き渡らないため、国によっては症状がない人が付けることは推奨されておりません。いくつかの研究によると、一番の感染源は自分の手のようです。いろいろなところに付着しているウイルスが手に付き、その手が口や鼻の粘膜に接触し、ウイルスが体に入り込みます。よって、個人ができる一番の予防策は、頻繁に手を洗うことです。あとはうがいです。ちなみに、うがいによる予防効果ですが、イソジンとふつうの水道水だけを比べたところ、以外にもふつうの水道水だけのほうが風邪の予防効果は高いようです。これはイソジンが有用な常在菌まで殺してしまったり、粘膜を傷つけるためと考えられます。意外とイソジンは万能じゃないようです。ひょっとしたら、ちょっとヤバそうな女とやってしまったとき、事後的にイソジンでうがいしたり、あそこを必死こいて洗ったりしても、じつは逆効果なのかもしれません……。

★WHO事務局長のテドロス博士も言うように、手を綺麗にすることが一番の感染予防です。

●K. Satomura, et al., "Prevention of Upper Respiratory Tract Infectionsby Gargling: A Randomized Trial," Am J Prev Med 2005; 29.
http://www.hazamaiin.com/ebm/pdf/gargling_prevention.pdf

 もちろん、最強の予防法は誰にも会わず、人に近づかないことです。戦略的引きこもりですね。まあ、サラリーマンは会社に行ったり、つきあいなどで、そうも言ってられませんので、そういう場合はあきらめましょう。経済的な利益のためにリスクを取るということです。そして、現状のリスクなら、その価値は十分にあると思います。
 まだ、死亡者の詳しいブレークダウンに関して詳細はよくわかっておりませんし、もちろん正確な致死率もよくわかっていませんが、ざっくり言うと、感染者の1割程度が重症化して、そのうち1割、つまり感染者の1%ぐらいが死んでしまう感じで、その1割は高齢者や持病がある人に偏っているようです。若く健康な人でも死んでいる人もいるので、もちろん例外もあるでしょうが、健康でしっかりと免疫が機能していれば生き残れる確率はかなり高そうです。よく睡眠を取って、あまりストレスを溜めないことが大切ですね。

 ということで、家で英語の勉強でもしているのが得策です。以前紹介した発音矯正アプリのELSAがバレンタインのセールということで安くなっています。バレンタインデーは過ぎましたが、次のサイトからまだセール価格で買えます。この機会に是非。

●ELSA: Special Discount
https://www.elsaspeak.com/kinyuunikki

週刊金融日記 第319号 無料動画が役に立つのはエロではなく語学学習だ
週刊金融日記 第329号 英語学習のためのいまどきのツールを解説

 今週も読者から興味深い投稿がいくつもあります。見どころは以下のとおりです。

- マスクの買い占めは悪ですか
- 既婚ですが昔のセフレと飲みに行っても「うちはダメ」と断られ続けています
- 金融資産5億円の既婚経営者ですが東出事件の影響で女子大生に不倫の関係を終わらせたいと言われています
- セックスの相性以外完璧な彼女と結婚すべきか
- 経営者と勤め人ではリスクの観点からどちらを選ぶべきでしょうか
- インド人はすでに自分たちが世界の主役だと思っています

 それでは今週もよろしくお願いします。

1.手のひら返しと一貫性について

 僕はもともと物理の研究者をしていて、その次はクオンツをして、それからずっとトレーダーをしていたのだけれど、ひとつ明らかに一般人と違う特性が身についている。それは、朝改暮変というか手のひら返しというか、分析してよく考えたり新しいニュースがあったりして、当初の考えが変わったら、何の躊躇もなく一瞬でそれまでの持論をひっくり返すことである。上司でも同僚でも間違っていることは間違っていると言う。なぜ研究者やトレーダーにそういう資質が必要かと言うと、当然だが、神が創った自然も、神が創った人間が作った市場も、人間組織の派閥の論理だとか、偉い人のメンツだとか、そういうものは一切気にしないからである。そういう人間社会の力学とはまったく独立した力学がそこにある。また、それらは人間の都合など気にしないというだけではない。学術研究でもトレーディングでも、むしろ偉い人の言うことを否定した方が、時により多くの報酬が与えられるのだ。科学の世界では、偉い人たちが作ってきたこれまでの定説を何らかのデータで覆すような研究が非常に高く評価される。市場でも多くの人が信じているコンセンサスが間違っていることにいち早く気づいた少数のトレーダーが最も多くの利益を得る。
 たとえば、僕はビットコインのブームにはずいぶんと遅れて参加したのだけれど、きっかけはビットコインとブロックチェーンの可能性に魅せられ、その夢を滔々と語る起業家の何人かと会ったことだった。それなら僕も買ってみるか、と始めてみた。最初は、僕も確かに彼らの言う通り、これが未来のお金だよ、とワイワイやっていたし、実際にそのようなことをこのメルマガでも書いていたのだが、自分でポジションを持っていろいろ研究していると、これはバブルで弾けるのも時間の問題、各国が規制しはじめてしばらく厳しいだろう、と考えが変わり、アービトラージポジションとたまにショートという戦略に変え、ブログでも、こりゃバブル弾けるわ!と書きはじめた。そして、ちょっとばかりの小銭を稼がせてもらった。

『外資系金融の終わり』 https://amzn.to/2HzJ9QF
週刊金融日記 第311号 五公五民トレーディング戦略PL公開!今年のビットコイン市場を振り返る

 新型コロナウイルスにしても、最初はパッと感染者数なんかの数字を見て、こんなん他の交通事故なんかの死因と比べて大したことないじゃないか、と高をくくっていたのだが・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

2.今週のマーケット

※ 2020年2月7日-2020年2月14日の週間パフォーマンス

TOPIX: 1702.87, -1.7% (1w), -1.1% (YTD)
Nikkei225: 23687.59, -0.6% (1w), +0.1% (YTD)
S&P500: 3380.16, +1.6% (1w), +4.6% (YTD)
USD/JPY: 109.77, +0.0% (1w), +1.0% (YTD)
EUR/JPY: 118.91, -1.1% (1w), -2.4% (YTD)
Oil(WTI Fut): 52.05, +3.4% (1w), -15.0% (YTD)

●新型コロナウイルス禍、未だ株式市場だけ織り込まず(金融日記 Weekly 2020/2/7-2020/2/14)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52168471.html

 武漢での封鎖を潜り抜けた新型コロナウイルスがその勢力を世界各地に広げようとしている。まずは・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

3.ブログではいえないお店

 新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、現在、不要不急の外出や会食を控えることが好ましいと思われます。そのため今週はこのコーナーをお休みします。

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

4.藤沢数希の身もフタもない人生相談

- マスクの買い占めは悪ですか

コロナウイルスの影響でマスクの買い占めが起こり、メルカリやヤフオクなどで10倍以上の価格で転売されていると報じられました。
私自身は、やりすぎだと思いますし、実際転売しておりません。
しかし、資本主義世界の商売の原則は、

・需要があるものを提供すれば売れる。
・需要>提供 であれば、値段は上がる。(逆は値段が下がる)

であると理解しています。
このような騒動は、品不足があった際には毎回起きていますが、一概に悪いこととは言い切れないと感じます。
なぜなら前述のとおり商売の原則だからです。
藤沢様のお考えはどのようなものでしょうか。

- 藤沢数希の回答

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

TOPIX: 1702.87, -1.7% (1w), -1.1% (YTD)
Nikkei225: 23687.59, -0.6% (1w), +0.1% (YTD)
S&P500: 3380.16, +1.6% (1w), +4.6% (YTD)
USD/JPY: 109.77, +0.0% (1w), +1.0% (YTD)
EUR/JPY: 118.91, -1.1% (1w), -2.4% (YTD)
Oil(WTI Futures): 52.05, +3.4% (1w), -15.0% (YTD)

 武漢での封鎖を潜り抜けた新型コロナウイルスがその勢力を世界各地に広げようとしている。まずは、東京で感染が広がりそうである。感染者数は倍々ゲームで増えていき、こうした指数関数的な増加は最初はゆっくりだが、ある程度の数に達すると一気に加速していき、あっという間に爆発していく。いま、武漢以外でそれほど感染者数も死亡者数も多くないのは、この指数関数の立ち上がりの時期であり、武漢の状況を数週間遅れて追うことになるだろう、というのが筆者の見立てだ。

●新型コロナウイルス(COVID-19)の次の感染爆発の地は東京になりそうだ
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52168377.html

 中国政府の過酷な都市封鎖や国民に自宅待機を命じるなどの荒療治により、中国の他の大都市での感染拡大のスピードを抑えこめているが、経済をストップさせるというその副作用も強烈である。今週は1月の訪日外客数などが発表され、副作用の過酷さを市場が確認しはじめることになりそうだ。
 原油先物や銅先物など、景気の先行指標とされているものは軒並み落ち込んでいるが、なぜか株式市場だけは新型コロナウイルスの広がり、そして、中国経済の落ち込みを織り込んでいない。とりわけ米国株は史上最高値を再び更新し、ほとんど無視している状況だ。
 株式市場がウイルス禍の影響を織り込みにいくのか注目したい。

★2月1日にマカオを訪れたときホテルはガラガラであった。感染者が数人見つかったため、その後、マカオ政府はカジノの閉鎖を決定した。いまだ再開の目処が立っていない。


メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

日本株
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
出所: 日経新聞社

サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス(2020/2/7-2020/2/14)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 東証、日経新聞社、セクター指数はTOPIX17業種

個別銘柄の週間パフォーマンス(2020/2/7-2020/2/14)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 会社四季報、Yahoo!ファイナンス

FX
直近1年のドル円とユーロ円の推移
直近1年のドル円とユーロ円の推移
出所: セントラル短資

イールドカーブ(2020/2/14)
イールドカーブ
出所: Bloomberg.com

主要通貨の週間パフォーマンス(2020/2/7-2020/2/14)
主要通貨の週間パフォーマンス
出所: セントラル短資

外国株とコモディティ
直近1年のS&P500と原油価格(WTI原油先物)の推移[USD]
直近1年のS&P500と原油価格(WTI原油先物)の推移[USD]
出所: Yahoo!ファイナンス、Bloomberg.com

地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD](2020/2/7-2020/2/14)
地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD]
出所: iShares: MSCI Japan (EWJ), MSCI Kokusai (TOK)、MSCI Core Europe (IEUR), MSCI All Country Asia Pacific ex Japan (AAXJ), MSCI Emerging Markets (EEM), GLOBAL REIT ETF (REET). Bloomberg.com: Oil WTI Futures (CL1), Gold Futures (GC1)

今週のマーケット・イベント
2月17日(月)
日10-12月期GDP
休場:米国(ワシントン誕生記念日)

2月18日(火)
米2月ニューヨーク連銀景気指数
米12月対米証券投資
決算:Walmart、他

2月19日(水)
日12月機械受注
日1月貿易収支
日1月訪日外客数
米1月生産者物価指数
米1月建設許可・住宅着工件数
FOMC議事録(1/28-29開催分)

2月20日(木)
米2月フィラデルフィア連銀景気指数
米1月景気先行指数
ユーロ圏2月企業景況感・消費者信頼感

2月21日(金)
日1月全国消費者物価指数
米1月中古住宅販売
ユーロ圏2月製造業・サービス業PMI(速報)
ユーロ圏1月HICP

2月22日(土)

2月23日(日)

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

中国の1000万都市である武漢で猛威を振るっている新型コロナウイルスであるが、中国政府による強烈な都市封鎖が実施されており、いまのところ武漢以外で次々に犠牲者が出ているという状況ではない。この原稿を書いている時点で、確認された新型コロナウイルスの感染者数はおおよそ65,000人、死亡者数は約1,400人である。そのほとんどが武漢と周辺の都市である。中国本土外では2位が横浜に停泊して乗客が隔離されているダイヤモンドプリンセス号での200人以上の感染者と合わせ、約300人に達した日本、次がシンガポールと香港でそれぞれ約60人である。これだけ見ると、武漢への封じ込めが上手く行っているように見える。しかし、それは大きな間違いであり、いま世界の大都市、とりわけ東京や大阪で水面下で新型コロナウイルスが広がっている、というのが筆者の見立てである。そして、筆者を含め、多くの識者がこのウイルス禍を過小評価していたと思われる。その過小評価が起こってしまった理由と、これから何が起こるかの筆者の現時点での予想をここに書いておく。

【人間は指数関数的増加関数を過小評価する】

ウイルス感染のような現象は1人が2人に感染させ、その2人が4人に、4人が8人に……、というように指数関数的な挙動を示す。そして、人間はこの増加ぶりをほとんどいつも過小評価する。たとえば、2週間前にTwitterで識者たちが新型コロナウイルスについてワイワイと議論していたときの感染者数と死者数を覚えているだろうか? 最初に書いたようにいまや感染者数は7万人に迫っている。筆者のTweetを見返すと、答えは約6000人だ。死者数も130人ほどである。わずか2週間前、その数は10分の1以下であったのだ。

★わずか2週間で感染者数も死亡者数も10倍以上に増えているのだ。

もっとも、注意してほしいのは、この正式に確認された感染者数はそれほど意味はないということだ。なぜならばこれは病院が検査に回す診断基準や検査キャパシティによるからだ。たとえば、野戦病院と化してしまった武漢の病院では重症患者を優先して診断・治療している。ここに現れる数は、WHO事務局長のテドロス氏の言葉を借りれば氷山の一角である。実際の感染者数はこれよりはるかに多いはずだ。

【見えてきた凄まじい感染力】

初期の頃の調査結果からかなりの感染力であったことはデータ上はわかっていたが、実際に感染経路を割り出した最近の身近なニュースなどを見ると、その意味するところはなかなか深刻だ。ひとつの都市に封じ込めるなどということがどれほど困難なのか考えると、絶望感さえある。香港では中華圏ではおなじみの火鍋を親戚19人で集まって食べていたところ、そのうち9人に感染してしまった。また、ダイヤモンドプリンセス号から患者を搬送しただけの消防署職員も感染している。言うまでもなく、ダイヤモンドプリンセス号での感染者数の増え方は驚異的だ。

●「火鍋」で新型ウイルス感染、1月に大家族で会食−香港で関連株下落
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-10/Q5H21TDWX2Q501

●横浜市消防局職員も感染、クルーズ船から患者搬送
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3905815.html

【知識層は日本の原発事故の教訓を過学習していた】

今回のウイルス禍の前の類似のグローバルなクライシスと言えば、東日本大震災と原発事故である。そして、筆者を含めて、日本の知識層はこの事故から過学習をしてしまったと言わざるをえない。このとき、マスコミは放射能汚染を散々に煽ったが、そのほとんどがデマであった。また、今回のように、各国政府が早々に日本から自国民を退避させるなどの行動を取ったが、それらも後から考えれば過剰なことであった。日本で放射線レベルが健康被害を与えるほど高くなることはまったくなかったからである。こうした事実関係を正しく認識している知識層は、マスコミが危機を煽ったり、外国政府が特定地域からの入国拒否などの措置を取っても、それを過剰反応と見てしまうクセがついてしまっていた。

『反原発の不都合な真実』 https://amzn.to/38oswDv

また、この中国の武漢のウイルス禍について最初に騒いでいたのが右の反中国イデオロギーの人たち(彼らはひたすら中国人を入国拒否しろと合唱していた)であり、次に騒いだのが左の反安倍イデオロギーの人たち(彼らは今回のウイルス禍への安倍首相の対応をいつものように批判)であり、両者ともまともな知識層からは信頼されていないグループで、これも逆に新型コロナウイルスなどそれほど騒ぐことのほどではないという安心感を与えてしまった。

【東京ではすでに水面下で感染が広がっていた】

日本が検査基準を緩和し医師の判断である程度検査できるようになったため(以前は武漢に渡航歴があったり感染者との濃厚接触があることが条件だった)、14日には日本で中国に渡航歴などがない感染者が次々と見つかった。日本では水面下ですでに感染がかなり広がっていることの強い証拠である。

●新たな段階に入っている新型コロナウイルスと人類の戦い
https://www.med.tohoku.ac.jp/feature/pages/topics_215.html

●感染症専門家「いつどこで感染起きてもおかしくない状態」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200215/k10012286581000.html

しかし、筆者自身は武漢での封じ込めが上手く行かず、かなり漏れ出てしまっていること、そして、その当然の帰結として、他の都市でも感染が拡大していくであろうことは、じつはかなり早い段階で予想できていた。

●新型コロナウイルスと中国政府との戦争は敗戦濃厚
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52168053.html

週刊金融日記 第406号 最近まで知らなかったことを10年前から知っていたかのように語る技術 その2

すでに一週間以上前の記事に、筆者は武漢封じ込めが上手くいくと最初は思っていたが、その後、あの中国政府の総力戦でさえ封じ込めは失敗しそうだ、と考えを改めたことを書いた。そして、じつはその時点ですでに、東京でも新型コロナウイルスの感染が広がることも、その結果としてどれぐらいの人が犠牲になるかということもだいたい予想していて、それはいまでも変わっていない。しかし、なお過小評価していたことがある。その意味である。

チャーター便で武漢から帰国した日本人の感染率から当時の武漢の感染率は約1.5%ほどと推定される。武漢で最初の犠牲者が見つかってからわずか1ヶ月ほどでここまで感染が広がっている。武漢で起こったことを1ヶ月ほど遅れて何も対策をしていない東京が追っているとすると、いまちょうど東京は武漢で原因不明の肺炎患者がポツポツ見つかりだしたころである。指数関数的にここから一気に感染者数が増えていくので、瞬く間に武漢は手のつけられない状態になった。

それを見て、中国政府は、あれほどの経済的な犠牲を払ってまで、徹底的な封じ込め作戦を決行し、武漢から住民が他の都市に移動できないように交通網を分断した。上海や北京などは学校は休みになり、多くの人が集まる集会は禁止され、企業にも従業員を通勤させないように命令された。さらに、香港・マカオという中国政府と一番繋がっている政府が、ディズニーランドもカジノもぜんぶ閉めてしまい、学校まで休みにしている。これでめちゃくちゃな経済損失が出ることは彼らが一番わかっている。

筆者はこうした中国の反応を、福島の原発事故で反核世論が盛り上がり、事故とは関係ない原発まですべて止めてしまった愚かな日本政府になぞらえていた。つまり、世論に阿った失政である。しかし、である。むしろ、言論統制ができ、世論に阿らないのが中国政府ではないか。その中国政府が、1000万都市を封鎖する他なかった、ということの重みをよく理解できていなかったのかもしれない。そう考えると、世論を気にしないといけない日本で、これから次々と犠牲者が出てきた場合、本当に経済への影響を避けるためにこれまでのように何もしない、などということができるのだろうか。

仮に東京圏の約3000万人の2%が感染するとしたら、その数は約60万人である。このうちの一部が重症化し、致死率はまだ正確なところはよくわからないが1%弱といったところであろう。つまり、約6,000人が死亡する。これは交通事故を上回るし、毎年のインフルエンザによる死亡者数も上回るかもしれない。この手のクライシスとしては非常に大きな数字であるが、それでも我々が社会で許容しているレベルの犠牲者数には落ち着きそうである。もっとも、最初に述べたように指数関数的な現象の予想は桁がひとつかふたつブレるのがふつうで、見積もり自体にあまり意味はないし、無理でもあるが……。

しかし、想像して見てほしい。あの中国政府でさえ都市封鎖という前代未聞の極端なことをやってしまったほどのウイルス禍である。今後、次々と重症の肺炎患者が病院に運ばれ、そして、メディアで犠牲者の数が報じられたとき、果たして日本社会は平静でいられるのだろうか。感染爆発による犠牲者を減らせないまま、ある種の社会の免疫反応、そして、強烈なアレルギー反応により、無為な策を後手後手に講じて経済にもダメージを与えるようなことにはならないだろうか。そうなれば、命も経済も両方とも救えない、というなんとも救えない結果になってしまう。

以上が、現段階で筆者が予想していることである。何とも絶望的な予想である。筆者が時として予想を間違えてきたように、この予想が大きく外れることを心から願っている。

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

第406号の目次です。

●週刊金融日記 重要バックナンバー(夜間飛行)
http://yakan-hiko.com/PU14

●週刊金融日記 重要バックナンバー(まぐまぐ)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52160749.html

●週刊金融日記 重要バックナンバー(note)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52021876.html

==============================
// 週刊金融日記
// 2020年2月11日 第406号
// 最近まで知らなかったことを10年前から知っていたかのように語る技術 その2
// 新型コロナウイルスとの戦争は人類の敗北濃厚
// セブのジンベイザメと銀座の蟹と日比谷駅
// 資産家の旦那との仮面夫婦を継続するべきか
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。
 今週のマーケットのコーナーに書きましたが、香港は8日から中国本土からの入境者は2週間の強制隔離などという物物しいことをはじめましたが、まあ、自宅待機して外に出るな、出たら刑事罰もあるぞ、というもので、そんなに大したものではないかもしれません。知らんけど。庶民レベルでは、もうさすがにみんな飽きてきて、週末はバーやクラブが集中しているランカイフォンなんかはいつものように酒飲みながらどんちゃん騒ぎをしていて、もうまったく新型コロナウイルスが拡散し放題だな、という気がします。
 まだまだわからないことも多いですが、中国国外のデータを見ると、病院のキャパシティの問題から重症患者だけを検査をしている武漢の病院のデータと違い、致死率もそんなに高くなく酷いインフルエンザぐらいかな、という感じです。個人的には、もはや気にしてもしょうがないのかな、と。ふつうの風邪ウイルスと同じように、世界に広がっていくことはもはや不可避だと思います。

★僕はいろいろ勉強したり、よく考えてみたら当たり前だったんですが、じつは風邪みたいな感染力があるウイルスを今日日ひとつの都市に封じ込めるって不可能なんですよね。それで過去がどうだったのか調べたら、こういうことでした(笑)。

 こう考えると、世界中でいろいろと入国制限とかやっているのも、まあ、壮大な茶番劇という可能性が高いわけで、政治というのは面白いな、と思ったりするわけですね。そして、中国は独裁だから合理的な政策が取りやすい、と思っていたのですが、ここにきてウイルス戦争の落とし所をどうするんか、というので意外とこっちはこっちでリーダーのメンツとか、日本の官僚みたいに無謬性(常に正しい、正しくないといけない)の問題があって、最初に決めたことの方向転換しにくいなど、こちらも合理的政策が取れない別の問題もあるんだな、といろいろ考えさせられました。
 今回の世界的な騒動で、僕はウイルスの生物学とか疫病の歴史とかの文献を読みふけっていて、大変に知的な生活を楽しんでいました。おかげで、いろいろ税務関係でやらないといけない仕事があったんですが、ぜんぶ手がついておりません。中学生とか高校生とかのときに定期試験の前に北斗の拳を全巻読み直しちゃうアレですね。トホホ。

 今週も読者から興味深い投稿がいくつもあります。見どころは以下のとおりです。

- 英語の勉強法のバックナンバー
- 留学予定がある欧州の恋愛市場での戦い方について
- 韓国へのフッ化水素の輸出制限に制裁の効果はありますか
- 23歳精神病持ちの妹の婚活戦略
- 47歳開業医妻ですが資産5億の夫との仮面夫婦を継続するか迷っています

 それでは今週もよろしくお願いします。

1.最近まで知らなかったことを10年前から知っていたかのように語る技術 その2

 個人的なことで恐縮だが、新型コロナウイルスの騒動に僕はえらく知的好奇心を掻き立てられた。それは生物学と経済学の境界領域で、さらに実際のマーケットやビジネスが刻々と新しい情報に反応して動いていく。そして、何よりSNSのインフルエンサーがどう情報を発信して、さまざまなクラスタを形成し、お互いに影響し合いながら世論が形成していくのか、といったインターネットの中でのクラスタ間での論争のダイナミクスを垣間見ることができた。また、僕自身、カジノが閉鎖されて、香港への入国制限が行なわれる直前にマカオに行ったし、いまは中国本土からの入境者は2週間隔離とかいうことまでやっている香港にいることもあり、大変に興味深い経験をした。
 その過程はまさに専門家レベルのことをいかに速習するか、ということの生きた教材になった。また、先日のメタゲームの話ともつながっている。今回は、そのことをすこし解説したいと思う。

週刊金融日記 第102号 最近まで知らなかったことを10年前から知っていたかのように語る技術
週刊金融日記 第405号 高度な意思決定に必要なものは小学4年生が習う算数の割り算だけ

 まず情報のメタゲーム的な話をすると、事実があって、その事実を正しく理解することが重要なのだが、もっと重要なのがその事実を人々はどう誤解しているのかを正しく理解することである。誤解の仕方は人それぞれなのだけれど、ある程度グループに分けてラベリングできる。それぞれのグループの誤解の特徴をよく理解していく、というのがマーケットなら優れたトレーダーがやっていることである。正直、事実を正しく理解することが一番簡単なのだが、世の中の9割の人がそれすらできない。事実を正しく理解できるのは1割で、さらに他の人がどう事実を誤解しているかも正しく理解することができると、ようやくトップ3%ぐらいに入ってくる。トレーディングとは97%の人がただコインを投げていて、まともな人は3%もいなくて、この3%の人同士の戦いなのである。プロの麻雀やポーカープレイヤーしかり、あるいはビジネスだとトップレベルのマーケターの多くがこの領域に達している。止まっている知識を覚える受験勉強とは違い、次々と動いていく情報のダイナミクスを重層的に把握していくことが、ビジネスでは重要なのだ。

週刊金融日記 第327号 世の中のほとんどのものはPerception(=認知、認識、人がどう感じたか)のゲーム
週刊金融日記 第334号 ビジネスも恋愛もパーセプションのゲーム
週刊金融日記 第395号 成功し続けられるかどうかは目的合理性とメタゲームと全体最適だと思った
週刊金融日記 第404号 東出唐田不倫事件と東大生ナンパ氏強姦事件からメタゲーム的考察の重要性を学ぼう

 もう一度整理しよう。まず事実がそこにある。その事実に対して人々がどう認識しているかである。そして、認識の仕方は人それぞれ違うが、ある程度グループ化できる。事実の周りにいろいろな信条を持っているクラスタがあり、それぞれが影響し合っているのだ。そして、あなたはそれらを俯瞰的に見て、その情報の流れを見通していないといけない。

 具体的にどういうことなのかを・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

2.今週のマーケット

※ 2020年1月31日-2020年2月7日の週間パフォーマンス

TOPIX: 1732.14, +2.8% (1w), +0.6% (YTD)
Nikkei225: 23827.98, +2.7% (1w), +0.7% (YTD)
S&P500: 3327.71, +3.2% (1w), +3.0% (YTD)
USD/JPY: 109.79, +1.3% (1w), +1.1% (YTD)
EUR/JPY: 120.17, +0.0% (1w), -1.4% (YTD)
Oil(WTI Fut): 50.32, -2.4% (1w), -17.8% (YTD)

●新型コロナウイルスと中国政府との戦争は敗戦濃厚(金融日記 Weekly 2020/1/31-2020/2/7)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52168053.html

 新型コロナウイルスの感染拡大が報じられると市場は大きく下げたが、その後は楽観的な見通しが広がり・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

3.ブログではいえないお店

- セブのジンベイザメと銀座の蟹と日比谷駅

 今週もいろいろスクリーニングして再紹介しましょう。

セブのオスロブでジンベイザメと泳ぐ(Google画像検索)
https://bit.ly/2w1uXO6

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

4.藤沢数希の身もフタもない人生相談

- 英語の勉強法のバックナンバー

今大学生なんですが、英語の勉強法についてのバックナンバーを教えてください。

- 藤沢数希の回答

まあ、単語覚えたりリーディングに関しては・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

↑このページのトップヘ