金融日記

藤沢数希が運営するブログ。
金融・経済、Web関連ビジネス、書評、科学、恋愛工学などについて。

第636号の目次です。

●週刊金融日記 重要バックナンバー(夜間飛行)
http://yakan-hiko.com/PU14

●週刊金融日記 重要バックナンバー(まぐまぐ)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52160749.html

●週刊金融日記 重要バックナンバー(note)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52021876.html

==============================
// 週刊金融日記
// 2024年7月23日 第636号
// 生成AIは年間100兆円売り上げないとペイしないがまだ稼げるビジネスモデルなし
// クラウドストライク世界中のWindowsをストライク
// 香港で高級な北京ダックを食べてきた
// 気力や体力を回復させる方法
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。
 聞くところによると東京はめちゃくちゃ暑くなってきたようですね。香港は最近はそこまで暑くないんですが、雨が多いのがうざいです。早くいろんな仕事を片付けて、いろいろ旅行とかしたいですわ。年間100兆円投資される生成AIがもっと賢ければ、助かるんですけど、あまり期待できませんね。とほほ。
 世界の政治について、いろいろニュースがありました。

★まず、バイデンさんがとうとう大統領選をあきらめたみたいで、副大統領のハリスさんが出馬する意向のようです。
https://twitter.com/kazu_fujisawa/status/1815563235854360846

★もはや勝ち確と言われている(まあ選挙は何が起こるかわかりませんが)トランプさんが、なぜ副大統領候補にヴァンスさんを選んだのかは、こんな感じらしいです。どこまで本当か知りませんが。
https://twitter.com/kazu_fujisawa/status/1815350213479211300

★ウクライナの外務大臣とロシアの高官が北京に来ておりますね。戦争終結は近そうですね。
https://twitter.com/kazu_fujisawa/status/1815592378100789710

 今週も読者から興味深い投稿がいくつもあります。見どころは以下のとおりです。

-NISA枠のAI関連も一度売りたくなりました
-藤巻健史氏の円の破綻論についてどう思われますか
-藤沢先生はAIブーム等メルマガのテーマの選定はどのようにされてますか
-海外旅行でのスマホのsimカードの手配はどうされてますか
-20代サラリーマンですが気力や体力が湧いてくる方法をご教示ください

 それでは今週もよろしくお願いします。

1.生成AIは年間100兆円売り上げないとペイしないがまだ稼げるビジネスモデルなし

 僕はこの世間のAI騒動と、株式市場のAIバブルが、どれほどバカげているのか、ということについて、最近いろいろ書いたんですが、特に誰かのレポートとか意見とかに影響されたわけではありません。自分で生成AIをずっと使っていて、株価とか見ていて、そのような結論になっただけです。それで、メルマガにいろいろ書いていたわけですけど、他の人の面白いレポートをいくつか見つけたので、それらも読んで、今週号では紹介したいと思います。AIバブル崩壊を数字を使って説明しよう、と。
 そもそも僕自身がAIフィーバーに非常にいいタイミングで乗ったわけですね。生成AIで自分で美女画像を作って、おお、これは将来的にすごいポルノができるだろうな!と期待を膨らませました。ChatGPT使って、おお、これで僕も(あまり技術的には得意ではない)小説の執筆とか捗るだろうな! 印税が儲かるわ、ガハハ、と皮算用しておりましたし、当時は下落していて、だいぶ安かったMicrosoftとかGoogleとかの株を、こいつらの時代はこれから10年は続くんだ!加速するわ!!と実際に僕の株式ポートフォリオのトップウエイトにしたわけです。
 それで、自分でChatGPTを課金して使い込んでいくうちに、生成AIの背後のアルゴリズムとか、その限界とかわかって、あれ、めちゃ期待外れじゃん……でも、ほとんどの投資家とかアナリストとか、ぜんぜんそのことに気づいてないことに僕は気づいたわけですね。生成AIがかなりしょぼいのに、まだまだこんなにすごいバブルになっているぞ、とメルマガにAI関連の記事を書きました。

週刊金融日記 第568号 AI革命によって米巨大IT企業の時代は10年延長
週刊金融日記 第630号 AIブームは大山鳴動して鼠一匹!これから生成AIの大がっかりイヤーが始まります
週刊金融日記 第634号 AIバブル崩壊前夜:ChatGPT(Microsoft)もGemini(Google)もクソ!生成AIトップはまさかのあいつだった
週刊金融日記 第635号 実用レベルのポルノが作れなかった生成AI

 さて、まず、話題になっていたゴールドマンサックスのレポートを読んでみました。

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

2.今週のマーケット

●クラウドストライクが世界中のWindowsをストライクして阿鼻叫喚、米政府に怒られて東エレとASML急落(金融日記 Weekly 2024/7/12-2024/7/19)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52234528.html

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

3.ブログではいえないお店

-香港で高級な北京ダックを食べてきた

 中華にもいろいろ種類があって、香港とか広州とかは広東料理のエリアですね。しかし、香港はもちろん他の中華もいくらでもあります。北京ダックの名店ももちろんいろいろあり、和食はもちろんフレンチとかも東京より高いんですけど、高級中華は東京と同じぐらいの価格か、むしろ安くて、美味しいですね。
 北京ダックは、僕は香港だと広東風になっていてちゃんと身も一緒に食べる第605号で紹介したちょっとカジュアルなセントラルのお店が好きなんですが、先日、正統派の高級北京中華のお店に行ってきました。ミシュランの星付きのお店です。

週刊金融日記 第605号 香港ソーホー路地裏の北京ダックが美味しいお店

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

4.藤沢数希の身もフタもない人生相談

-NISA枠のAI関連も一度売りたくなりました

いつも楽しく拝見しております。
第634号の記載を見て売りたくなりました。

「ちなみに、MicrosoftとかGoogleとかの株は、僕はトップウエイトだったのですが、昨日ぜんぶ売りました。」
-- 週刊金融日記 第634号 AIバブル崩壊前夜

売りたい口座の中には、積立NISAやiDeCo口座で買ってあるものもあります。
上記の口座はあくまで超長期の積立ですから、AIバブルが弾けても粛々と積立を続けるのが王道とは理解しておりますが、短期的なビットコインの値動きや、長期的な米国株の先行き不安から、一度売却して買い直したいとの考えがあります。
仮に、余裕資金は現在上記口座にあるのみで、新しく始まった新NISAの枠に空きがあるケースでは、一度売って買い直してもいいんじゃないかと思います(年間の非課税投資額には限りがありますが)がいかがでしょうか。

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

TOPIX: 2860.83, -1.2% (1w), +20.9% (YTD)
Nikkei225: 40063.79, -2.7% (1w), +19.7% (YTD)
S&P500: 5505.00, -2.0% (1w), +15.4% (YTD)
USD/JPY: 157.15, -0.7% (1w), +11.1% (YTD)
EUR/JPY: 171.32, -0.4% (1w), +9.4% (YTD)
Oil(WTI Futures): 80.13, -2.5% (1w), +11.8% (YTD)

 アメリカ政府は強硬に中国封じ込めをやっており(オフィシャルには敵国ではないのでこんなことは言わないが)、特に先端半導体を中国が作れないように厳しい輸出規制をしている。しかし、企業にとっては(同盟国にとっても)当然に迷惑な話なので、日本の東京エレクトロンやオランダのASMLなどの先端半導体製造装置メーカーは、米国に規制されていない範囲でガンガンと中国企業に売っており、アメリカ政府はこうした同盟国に警告する、との報道がなされた。これにより半導体株が急落した。

●米、対中半導体規制で最も厳格な措置検討と同盟国に警告
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2024-07-17/SGR111T0AFB400

★世界経済はアメリカによる中国封じ込め戦略でずいぶんと不安定になってしまったようだ。
https://x.com/kazu_fujisawa/status/1814177731447488788

 そして、金曜日には世界中のWindowsがクラッシュした。原因は、アンチウイルスソフトの業界大手クラウドストライク社のプログラムに不具合があったからで、Windowsシステムが起動できなくなった。特に航空業界で、クラウドストライク社が人気だったようで、世界中の空港のシステムが止まり、一時的に全米の空から飛行機が消えるほどの被害となった。おそらく、人類のIT史上で最悪のシステム障害であろう。
 コンピュータウイルスやハッカーから守るために導入されたシステムが、おそらくそれらから想定される被害よりも遥かに甚大なダメージを自らが与えたのは、非常に皮肉な結末である。

●システム障害で世界の航空便5000以上欠航、スタバや病院も…マスク氏「史上最大のITの失敗」
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20240720-OYT1T50079/

●Windowsの大規模障害が、空港や航空会社に大混乱をもたらした理由
https://wired.jp/article/crowdstrike-windows-outage-airport-travel-delays/

★アンチウイルスソフトというのは経営者に安心を売っているが、それ自体が脆弱性となりうる。
https://x.com/kazu_fujisawa/status/1814842855590146063

米個別銘柄の週間パフォーマンス(2024/07/12-2024/07/19)
米個別銘柄の週間パフォーマンス
出所: Google Finance, Yahoo!Finance

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

日本株
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
出所: 日経新聞社

サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス(2024/07/12-2024/07/19)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 東証、日経新聞社、セクター指数はTOPIX17業種

個別銘柄の週間パフォーマンス(2024/07/12-2024/07/19)
個別銘柄の週間パフォーマンス
出所: 会社四季報、Yahoo!ファイナンス

直近1年のドル円とユーロ円の推移
直近1年のドル円とユーロ円の推移
出所: セントラル短資

イールドカーブ(2024/07/19)
イールドカーブ
出所: Bloomberg.com

主要通貨の週間パフォーマンス(2024/07/12-2024/07/19)
主要通貨の週間パフォーマンス
出所: セントラル短資

外国株とコモディティ
外国株とコモディティ
出所: Yahoo!ファイナンス、Bloomberg.com

地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD](2024/07/12-2024/07/19)
地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD]
出所: iShares: MSCI Japan (EWJ), MSCI Kokusai (TOK)、MSCI Core Europe (IEUR), MSCI All Country Asia Pacific ex Japan (AAXJ), MSCI Emerging Markets (EEM), GLOBAL REIT ETF (REET). Bloomberg.com: Oil WTI Futures (CL1), Gold Futures (GC1)

今週のマーケット・イベント

7月22日(月)
日6月首都圏マンション発売

7月23日(火)
米6月中古住宅販売件数
決算:米Alphabet、米Tesla、米General Motors、米Lockheed Martin、他

7月24日(水)
米7月製造業購買担当者景気指数(PMI)
米6月新築住宅販売件数
決算:米Ford Motor、米AT&T、他

7月25日(木)
日6月企業サービス価格指数
日6月百貨店売上高
米4-6月期GDP
独7月Ifo企業景況感指数
G20財務大臣・中央銀行総裁会議(-7/26 リオデジャネイロ)
決算:中外薬、ルネサス、キヤノン、NRI、日産自、富士電機、野村不、他

7月26日(金)
日7月都区部消費者物価指数(CPI)
米6月個人所得・消費支出
パリ・オリンピック(-8/11)
決算:キーエンス、信越化、日東電、他

7月27日(土)

7月28日(日)

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

第634号の目次です。

●週刊金融日記 重要バックナンバー(夜間飛行)
http://yakan-hiko.com/PU14

●週刊金融日記 重要バックナンバー(まぐまぐ)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52160749.html

●週刊金融日記 重要バックナンバー(note)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52021876.html

==============================
// 週刊金融日記
// 2024年7月16日 第635号
// アメリカでさえ凶悪犯罪は減っており不法移民の方が犯罪率が低いがなぜ移民反対派が人気なのか
// トランプ暗殺回避で勝ち確と副大統領候補バンスについて
// 中国メインランド2年フリーパスと香港の飲茶の美味しいお店
// 実用レベルのポルノが作れなかった生成AI
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。
 週末はまた深センに行って、いろいろ見てきました。これもまたメルマガに書きたいと思います。

★深センのCostcoに行ってきました。大きな倉庫に商品がドカッと陳列してあり大迫力でした。
https://x.com/kazu_fujisawa/status/1812076407956390216

 深セン旅行から帰ってきたら、トランプ大統領候補が暗殺されそうになっていて、大騒動でした。

★それにしても、すごい写真です。世間では、これでもうトランプが勝ち確だと言われてますね。
https://x.com/kazu_fujisawa/status/1812382835581350043

 今週も読者から興味深い投稿がいくつもあります。見どころは以下のとおりです。

-観光客に水を浴びせるスペイン人はバカですか
-インフレヘッジの資産として金ETFはどうでしょうか
-生成AIのボトルネックが良質なデータということをオナニーのおかずについて考え納得しました

 それでは今週もよろしくお願いします。

1.アメリカでさえ凶悪犯罪は減っており不法移民でさえ犯罪率が低いがなぜ移民反対派が人気なのか

 ソーシャルメディアを見ていると、日本でも欧米でも、移民の増加に反対するナショナリズム的な傾向の言説が非常に多くなってきたように思います。
 とはいえ、こうした移民反対派の言説を唱える人は非常にポスト数が多く(最近は日本でも欧米でもますます増えているように見えます)、賛成派の人たちはじっと黙っているのがふつうで、実際にはソーシャルメディアで受ける印象よりは、移民政策賛成派が増えているのかもしれません。実際に、日本では、さまざまな世論調査で移民賛成派が増えてきました。
 日本ではこのように国民の間でじつはサイレント賛成派が増えていますし、産業界は昔からなし崩し移民政策を推進していますが(人口減でやっていけないので当たり前)、欧州ではナショナリズムを唱える極右政党が選挙で勝ったり、アメリカでもトランプ人気だったり、と実際に移民反対派が増えているようにも見えます。
 そこで、今週号では、いくつかファクトをチェックをしておこうと思います。

●外国人労働者受け入れ「賛成」62%、高齢層で大幅増 朝日世論調査
https://www.asahi.com/articles/ASS4Q2J5ZS4QUZPS01BM.html

●特定技能の外国人 受け入れ増に賛成49% 反対の40%を上回る 日経世論調査
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA240FV0U4A320C2000000/

週刊金融日記 第634号 先進国の国民が移民の増加に反対する理由について

 日本でも欧米でも、移民反対派が多用するナラティブに、欧米社会は移民の増加により凶悪犯罪が増えた、というものがありますが、まずはこれはどうなのか統計などを見てみましょう。

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

2.今週のマーケット

●トランプ奇跡的に暗殺逃れ市場はトランプ織り込み加速か(金融日記 Weekly 2024/7/5-2024/7/12)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52234279.html

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

3.ブログではいえないお店

-チャイナメインランド2年フリーパスと香港の飲茶の美味しいお店

 岸田首相はアメリカ政府の方針に非常に忠実で、良くも悪くも、中国と敵対する外交方針を明確に打ち出していますから、かつては中国本土の観光は日本人はビザが必要なかったんですが、このビザ免除を停止されてしまっています。これもそろそろ解除されんかな、と期待していたんですが、なかなか厳しそうですね。
 しかし、香港で働いている外国人は、申請すれば2年間何回でも中国本土に行けるビザが昨年の暮れぐらいにはじまり、重い腰を上げて、これを申請してきました。日本人のビザ免除の再開を待っていても仕方ありませんからね。

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

4.藤沢数希の身もフタもない人生相談

-観光客に水を浴びせるスペイン人はバカですか

スペインって観光業ぐらいしかまともな産業がないと思うのですが、こんなことしてスペイン人はバカなのでしょうか?

「押し寄せる外国人観光客に反逆をはじめたスペインの住民たち。水鉄砲で武装し観光客を銃撃。日本語訳がついたな。」
-- https://twitter.com/kazu_fujisawa/status/1810566020433838283

-藤沢数希の回答

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

TOPIX: 2894.56, +0.4% (1w), +22.3% (YTD)
Nikkei225: 41190.68, +0.7% (1w), +23.1% (YTD)
S&P500: 5615.35, +0.9% (1w), +17.7% (YTD)
USD/JPY: 158.20, -1.6% (1w), +11.9% (YTD)
EUR/JPY: 172.01, -1.3% (1w), +9.9% (YTD)
Oil(WTI Futures): 82.21, -1.1% (1w), +14.7% (YTD)

 7月第2週は、都知事選挙での石丸氏の意外な得票数の日本政治への影響、米CPI発表をスナイパーのように狙っていた日本の通貨当局が円売り介入したことなどが話題であったが、週末のトランプ大統領候補の暗殺未遂事件で、すべて吹き飛んだ。
 13日、ペンシルベニア州での集会で演説をしていたトランプ氏を、20代の白人男性がライフルで狙撃した。トランプ大統領候補をかすめた銃弾が観衆のひとりに当たり死亡、また、暗殺をくわだてた犯人も射殺された。動機などは依然として不明だが、流血しながらも立ち上がるトランプ大統領候補があまりにも絵になっており、現在でもトランプ優位というのが大方の見方だが、さらにダメ押しになった。
 市場はさらにトランプ大統領の再選を織り込んでいくと見られる。減税や利下げからインフレ再燃により長期金利の上昇、個別銘柄では再生可能エネルギーなどのエコ関連銘柄に逆風、テック企業よりも国内製造業、ビットコインETFやクリプト関連銘柄に追い風……などが考えられる。
 それにしても、トランプは豪運の持ち主のようだ。

●円急騰、政府が為替介入か 神田財務官「コメントする立場でない」
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024071101182

●円一時157円台、不意打ち介入観測 米利下げ期待便乗か
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN11EJV0R10C24A7000000/

●「石丸ショック」与野党に広がる 既成政党へ不信が露呈
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA070CA0X00C24A7000000/

トランプ立ち上がる
★狙撃手から放たれた銃弾がかすめ流血しながらも立ち上がるトランプ大統領候補の歴史的瞬間を、AP通信のEvan Vucciカメラマンがとらえていた。これで今年の大統領選挙は決まった、という声が囁かれている。
https://x.com/kazu_fujisawa/status/1812382835581350043

●トランプ氏、銃撃され負傷 集会で演説中、命に別条なし 暗殺未遂で捜査・米大統領選に影響も
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024071400112

米個別銘柄の週間パフォーマンス(2024/07/05-2024/07/12)
米個別銘柄の週間パフォーマンス
出所: Google Finance, Yahoo!Finance

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

日本株
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
出所: 日経新聞社

サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス(2024/07/05-2024/07/12)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 東証、日経新聞社、セクター指数はTOPIX17業種

個別銘柄の週間パフォーマンス(2024/07/05-2024/07/12)
個別銘柄の週間パフォーマンス
出所: 会社四季報、Yahoo!ファイナンス

直近1年のドル円とユーロ円の推移
直近1年のドル円とユーロ円の推移
出所: セントラル短資

イールドカーブ(2024/07/12)
イールドカーブ
出所: Bloomberg.com

主要通貨の週間パフォーマンス(2024/07/05-2024/07/12)
主要通貨の週間パフォーマンス
出所: セントラル短資

外国株とコモディティ
外国株とコモディティ
出所: Yahoo!ファイナンス、Bloomberg.com

地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD](2024/07/05-2024/07/12)
地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD]
出所: iShares: MSCI Japan (EWJ), MSCI Kokusai (TOK)、MSCI Core Europe (IEUR), MSCI All Country Asia Pacific ex Japan (AAXJ), MSCI Emerging Markets (EEM), GLOBAL REIT ETF (REET). Bloomberg.com: Oil WTI Futures (CL1), Gold Futures (GC1)

今週のマーケット・イベント

7月15日(月)
米7月ニューヨーク連銀製造業景気指数
中国4-6月期GDP
中国6月鉱工業生産
中国6月小売売上高
中国6月固定資産投資
休場:日本(海の日)、他
決算:米Goldman Sachs、米BlackRock、他

7月16日(火)
米6月小売売上高
米6月輸出・輸入物価指数
決算:米Morgan Stanley、米UnitedHealth、他

7月17日(水)
米6月住宅着工件数
米6月鉱工業生産指数
米6月設備稼働率
米地区連銀経済報告(ベージュブック)
決算:蘭ASML、他

7月18日(木)
日6月貿易統計
米7月フィラデルフィア連銀製造業景気指数
米5月対米証券投資
ECB定例理事会(ラガルド総裁会見)
決算:米Netflix、台湾TSMC、他

7月19日(金)
日6月全国消費者物価指数(CPI)

7月20日(土)

7月21日(日)

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

↑このページのトップヘ