こんにちは。藤沢Kazuです。
今日も税金の話です。

個人が払う税金の場合、その考え方は驚くほど簡単です。
まず、年間の収入の合計を計算します。
年間と言うのは1月1日から12月31日までの一年間です。
会社員だったら給料だし、僕みたいなひとだったら、給料に加えて印税などの雑所得が加わります。
売上ですね。

そこから、その収入を稼ぐのに必要だった経費を差し引きます。

 収入(売上)- 経費 = 所得

この所得に所得税率をかけると、あなたが納めるべき所得税が計算できます。

ところが、専業主婦やニートと言う名前の不良債権を抱えていたり、生保のおばちゃんに騙されてしょぼい保険商品をハメこまれたりとか、そう言った不憫なひとからも同じように所得税を取ると、可哀相なので、いろいろな控除が用意されています。
結局のところ、

 所得 - 各所控除 = 課税所得

で、所得税率をかけるべき課税所得が計算されます。

ちなみに、日本の大多数のサラリーマンはこう言ったことは全部、会社がやってくれるので自分ではやる必要がありませんし、やりたいと言ってもやらしてもらえません。

サラリーマンでも年収が2000万円以上だったり、印税とかアフィリエイト等の雑所得が20万円以上あったりすると、自分で課税所得を計算して、納税額を確定して、税務署に申告する必要があります。
これが確定申告です。
毎年2月から3月の決められた時期にやらないと怒られます。
そして、確定申告した税金を自分で収める必要があるのです。

しかし、そんなめんどくさいことまでしてわざわざ余分に税金を納めようなんて愛国心に溢れている日本人はもちろんいないので、給料や印税を払うときに前もって税金を余分に徴収しているのです。
これを源泉徴収と言います。
夏休みの宿題ですら満足に期日までに提出できない日本国民を信頼するほど、日本国政府は馬鹿じゃないのです。

よって、たいていのひとは、確定申告して収めすぎの税金を取り戻すことができます。
そして、毎年この時期になると、ひーこらひーこらみんな確定申告の書き方を勉強すると言うわけです。

サラリーマンの場合、余分に納めすぎた税金は会社がやる年末調整で戻ってきます。
よって、ほとんどのサラリーマンは自分が税金を納めていることすら知らずに、ゆっくりと搾り取られていきます。