ついにと言うか、とうとうと言うか、鳩山大臣は辞任しましたね。
なんかテレビの偏向報道のおかげで何も分かっていない国民の世論が鳩山さんの方に傾いていたので、これでポピュリズムで西川さんが首なんて話になったら、そろそろ日本の政治も本格的にヤバイ領域になると思っていたので、ひとまず安心ですね。

しかし、このブログも気付いたらポッポ大臣をネタにしてけっこういっぱい記事を書きましたね。

さて、鳩山さんも原口さんとその仲間達も、かんぽの宿が不当に安値で売られそうになったと怒っている分けですから、ちょいとその不当に安い値段で買ってくれませんかねー?
そうすると赤字を垂れ流している事業が片付いて国民負担がへってかなり助かるのですけど。

鳩山さんが100億ぐらい出して、原口さんといっしょに刑事告発した議員の方々がひとり1、2億ぐらい出せば120億ぐらいは用意できると思うんですけどね。
原口さんとか他の議員は、自分と奥さんとか連帯保証人にすれば、三井住友銀行とかメガバンクは今、政府が企業、特に中小企業に金貸せ金貸せとプレッシャーかけられてるから、ひとり1、2億ぐらいは引っ張ってこれると思うんですよね。

それでかんぽの宿の従業員の雇用を守って、地域社会にも役立ちながら、経営を立て直してほしいですね。

うまく行ったら莫大な儲けになりますね!

失敗したら全財産なくなりますけど(笑)。

まあ、そのときは破産申請すれば、かんぽの宿が競売にかけられてオリックス不動産あたりがまた落札してくれるかもしれませんよ♪

↓田原さん、また政局予想おおハズレだけどかんぽの宿問題はこういうことなんじゃないかと僕も思います。
田原総一朗の政財界「ここだけの話」:ポスト麻生の「鳩=鳩」対決へと導く「かんぽの宿」問題



政治による郵政への干渉を許してはならない、竹中平蔵@ポリシーウォッチ
鳩山総務大臣の一連のパフォーマンスの裏の権力闘争の歴史に関してマジレスしてみる
日本経済新聞の社説も鳩山邦夫総務相を痛烈に批判しています。
竹中平蔵のポリシーウォッチが面白い
鳩山大臣と原口先生達は不動産ファンドを作ってみるのはどうだろうか?
国民は日本郵政の西川善文社長をサポートしないといけない
郵便割引不正事件と鳩山大臣と障害者福祉
ねぇねぇねぇ、鳩山さんってかんぽの宿の責任とってやめるんじゃないの?