赤字国債を発行して政府が借金を増やすとすぐに財政破綻、財政破綻と騒ぐ人がいますが、自国通貨による国債発行では国が倒産することは絶対にありません。
国債と言うのを借金だと考えると、これが増えすぎて返せなくなると会社と同じように倒産しそうな感じがします。
しかし、国債と言うのは確かに期日が決まっていて国が借りたお金を金利と一緒に返すので形式的には借金そのものですが、国は返すお金を自分で発行することができますから根本的に普通の借金とは違います。
このことを考えると、国債と言うのは借金ではなくて、実は国が発行する株式だと言うことが分かります。

それでは、たとえば日本国政府が1000兆円の国債を発行している場合を考えましょう。
この1000兆円のうち、民間が900兆円持っていて、日銀が100兆円持っているとしましょう。
現在では、中央銀行がお金を刷って市場に流通するお金の量を増やす主な手段は、市場に出回っている国債を買うことです。
政府が発行する国債を直接日銀が買うことはあまりにも財政規律を損なうと言うことで、(一部の例外を除いて)法律で禁止されていますが、民間の銀行などに出回っている国債を買うことは全く問題ありません。
民間から国債を買うと、その対価として民間に現金が渡されます。
つまり、お金が刷られて世の中のお金の量が増えます。

と言うことは、日銀のバランスシートを見ると、この場合は負債の側に100兆円の日銀券、つまりお金があり、資産の側に100兆円分の国債があることがわかります。
日銀の発行するお金、つまり日銀券は会計上は日銀の借金と言うことになります。
そして、その借金で買ったものが資産になっていて、金本位制の時代でしたら金の延べ棒がそうでしたし、現在のようなお金はどこまで言ってもただの紙切れでお金はお金ゆえにお金であると言う論法に支えられている仕組みでは、日銀が借金して買ったものは主に国債と言うことになります。
つまり、日銀券の価値と日本国債の価値はここでリンクしているのです。
もっと言うと日銀券の価値は、国債の価値そのものなのです。
この簡単な想定では、日銀券100兆円分の価値=日本国債100兆円分の価値です。

国のバランスシートはどうなっているかと言うと、負債の側に国債1000兆円があります。
今の簡単な想定では、このうちの100兆円を日銀が持っていて、900兆円を民間が持っていますね。
それでは国の資産とはなんでしょうか?

その前に会社のバランスシートを考えましょう。
会社のバランスシートは負債が社債などの借金で、資本が株主からもらったお金です。
株主は資本金を提供して、将来の利益の見返りをもらう権利証書である株券をもらいますね。
会社は借金と株主のお金を使って事業をして、儲かったお金で借金した人に金利を払って、残ったお金を全部株主に分配する、と言うのが株式会社の仕組みですね。
会社のバランスシートの資産はお金を儲けるために買ったものです。
それは工場のような目に見えるものから、特許のようなものまでいろいろあるでしょう。
こう言った会社の資産から生み出される売上げと資産を維持するのにかかるコストの差が利益で、この利益に株券の価値がリンクされているのです。
会社の事業が儲かりそうだったら、とうぜん株主にたくさん利益が分配されますから、その分配請求証書である株券の価格、つまり株価もどんどんあがります。
逆に、事業がもうだめでつぶれそうだったら、株価もただ同然になります。

さて、国の資産はなんでしょうか?
それは一言で言えば徴税権です。
国家権力で税金を納めない人間から無理やり金を奪い取ることができます。
国は徴税権を使って、会社と同じように利益を稼ぎ出します。
将来の税収から公共事業費や国防費や社会福祉費用などの支出を引いた国の利益みたいなものが、国債の価値を担保しているのです。
税収からこう言った国のコストを引いたものをプライマリーサープラスと言います。
このプライマリーサープラスをトヨタ自動車みたいな会社の利益と考えれば、国債はまさに国が発行する株式ですね。

しかし、この国債の価値とお金の価値は、中央銀行のバランスシートを通じてお互いに完全につながっていますから、プライマリーサープラスの将来予測が暗くなれば、国債の価値が下がるので、つまりお金の価値もいっしょに下がることが分かります。
さて、ここでモノやサービスなどの実態経済を基準にしてものごとを考えましょう。
たとえばビッグマックという単位を考えてもいい。
高給メロン1個は10ビッグマックです。
福沢諭吉が印刷してある日銀が刷った紙切れ1枚の価値は30ビッグマックです。
ビッグマックから見れば、プライマリーサープラスの将来予測によって国債の価値はまるで株価のように上がったり下がったりすることが分かるでしょう。
ビッグマックから見れば国債はまさに株式です。
株式なら、いくらたくさん発行しても会社がつぶれることはありませんね。

日本国政府がどんどん国債を発行して、将来の国の財政にみんなが悲観的になれば、株価のように国債の価格が暴落して、日本円の価値も暴落するだけです。
苦し紛れに増資しまくる会社の株価がどんどん下がるように、国債を日銀がじゃんじゃん買って日銀券をどんどん刷れば、同じように国債の価格もビッグマック単位でみれば暴落していくのです。
そして、日本円が紙くず同然になれば、日本国政府の借金も紙くず同然になるので簡単に借金を返せますし、そもそも新しく国債と言う名前の日本の株式を日銀にハメこんでしまえばいいので借金を返す必要もありません。
そう言う意味で、日本がどれだけ国債を発行しても、会社が借金を返せなくて倒産すると言うことは起きないのです。
ダメ経営でも借金のない会社は、株価が低迷してもつぶれないのと一緒です。

もし、外国通貨で日本が借金をしていれば、会社が倒産するのと同じように、国も倒産してしまいます。
なぜなら税収の見通しが立たずに自国通貨が下落してくと、外国通貨建ての借金はどんどん膨らんでしまうからです。
自国通貨の価値が下落すると、それにともない借金も軽くなっていく自国通貨建ての国債とは全く違います。
南米の国がたまにデフォルトしたりしますよね。
そうやって借金を踏み倒すと、踏み倒された国が軍艦を送って植民地にするのがちょっと前では普通でしたが、最近ではIMFが乗り込んできて紳士的に解決します。
ちょっとばかり返済期限を延ばしたり、社会福祉などの無駄遣いをカットして、すこしでも借金返済に当てるようにIMFが指導します。
つまり、外国通貨建ての国債は会社で言えば社債で、自国通貨建ての国債が会社で言えば株式だということです。
日本の場合はほぼ全てが自国通貨建てなので倒産することはありえないわけです。
そのかわり今は福沢諭吉が印刷してある日銀券が30ビックマックだけど、これが5ビッグマックとかに暴落するだけです。

ところで、こう言う形で国債が暴落すると、誰が大損ぶっこくのでしょうか?
それは当然、国債を持っている人であり、国債と一蓮托生の運命にある日銀券、つまり日本のお金をたくさん持っている人達です。
まさに文字通りのお金持ちの人たちです。
へんちくりんな会社の株を買った人が大損ぶっこくのとまったく同じではないでしょうか?

逆に企業が利益を出すためにどんどん努力すれば株価が回復するように、日本国政府がどんどん努力したらどうなるでしょうか?
つまり売上げを増やして、コストを減らすことです。
国の売上げとはつまり税金をアップすると言うことです。
コストを減らすとは社会福祉などの支出を減らすことです。
正直、国民としてはたまったものではありませんね。

我々の日本国政府は田舎にへんちくりんな空港を作ったり、官僚の天下り先や政治家の利権のための半官半民のヌエみたいなへんちくりんな会社をたくさん作ったりして、莫大な無駄遣いをしていますから、それを削減してちょっとでも将来の財政を明るいものにすることが大切なことは言うまでもありませんが、財政を立て直すための増税と言うのも、どうなんでしょうか。
そんなことしたら子や孫の代まで、ふつうの労働者は、公務員や政治家に官僚、そして日銀券をたくさん持っている老人のために奴隷になれと言っているようなものです。

こんなに財政状況を悪化させたつけを、若者や現役の労働者に押し付けずに、国債を刷って、それを日銀が買いまくればいいじゃないか、というのがリフレ派と称するグループの隠れた狙いです。
ダメ会社の株価が暴落するように、こんなダメ会社の株券、つまり日銀券をたくさん抱えたお金持ちが財産をぶっ飛ばして、いっしょに政府の借金もぶっ飛ばして欲しいのでしょう。
老人の社会福祉の負担は、他の老人の溜め込んだ日銀券で面倒をみればいいわけです。

もちろん、財政が破綻したら、単にインフレが起こるだけではなく、金融システムの崩壊という形で、とんでもない激震が走るでしょうけどね…。

日本国政府と日銀のバランスシート

参考資料
貨幣の経済学―インフレ、デフレ、そして貨幣の未来、岩村充
貨幣論、岩井克人