ドラゴンボールはもちろん世界的なスーパー大ヒット漫画なのだが、作品に対する批判も多い。
最もよく聞く批判が戦闘力のハイパーインフレーションに関するものだろう。
地球に侵入したサイヤ人やナメック星でフリーザ一味が持っていたスカウターという片メガネ型の装置で戦士の強さを計量的に計測していて、このときに強さを表す指標が「戦闘力」と呼ばれていた。

ドラゴンボール―完全版 (14) (ジャンプ・コミックス) ドラゴンボール―完全版 (19) (ジャンプ・コミックス) ドラゴンボール―完全版 (20) (ジャンプ・コミックス)

ドラゴンボールのストーリーは基本的に、強い敵が現われる→最初はやられる→修行して強くなる→敵を倒す→もっと強い敵が現われる、というループ構造をしているのだが、この際に主人公や敵の戦闘力が際限なく上がっていく。
孫悟空が子供の頃の天下一武道会などでは戦闘力がせいぜい数百同士の戦いだったし、サイヤ人が地球に侵攻してきた時でも戦闘力は数千から2万程度だ。
しかし、ナメック星でのフリーザの戦闘力は50万に達し、フリーザがどんどん変身していくと戦闘力は1億(スカウターでは既に計測不能なので推定)を超えてしまった。
また、瀕死の状態から復活すると戦闘力が劇的にアップするというサイヤ人の性質から、孫悟空は最終的にはフリーザの戦闘力を上回ってしまう。
舞台は数億の戦闘力を持った者同士の戦いになったわけだ。
孫悟空の最初の戦闘力が100だとして、フリーザを倒した時の孫悟空の戦闘力を2億だと推計すると、実に強さが2百万倍に膨れ上がったことになる。
このころになるとカメハメ波などの気功波は地球に向けて撃つと地球が消滅してしまうほどの威力になっていた。
だから戦闘では気功波のたぐいは宇宙にそれていくようにコントロールして撃たなければいけなくなった。
さらにフリーザの後にはセルとか魔人ブゥとかが出てきて、戦闘力は数百億、数千億のオーダーに突入していき(スカウターを誰も使わなくなったので全て推計値)、サイヤ人と地球人の混血児である孫悟空の子供が10歳そこそこでそんな戦闘力をあっさり超えてしまう。
この辺の非現実感が一部の評論家に酷評されているのだろう。

しかし、実は僕はこの戦闘力のハイパーインフレーションこそが今の現実の社会でまさに起こっていることではないかと思っている。
「戦闘力」を科学技術、個人が持つ資産、個人が動かすマネー、個人の影響力、などに置き換えれば、それは現代社会にすっぽりと当てはまる。

たとえば核兵器の開発競争を考えてみよう。
最初に長崎と広島に落とされた原子爆弾、リトルボーイとファットマンはその圧倒的な破壊力で、原爆の悲惨さと将来起こりえる核戦争の恐怖を世界中の人々に否応なしに知らしめた。
しかし、それから10年もたたない内に、アメリカではリトルボーイやファットマンの数千倍の威力がある新方式の核兵器、水素爆弾を開発し実験を成功させている。
そこでは長崎と広島に落とされた原爆は、より強力な核反応を誘発するための起爆装置程度の役割しか担っていない。
せいぜい都市ひとつを破壊する程度の原爆が、わずかな時間で地球を丸ごと吹き飛ばすほどの威力にまで到達してしまったのである。
こういった核兵器の開発をしているのは、極めて少数の優秀な科学者なのである。
核兵器の性能の上昇を見ていると、最初は家が壊れるぐらいだった威力の孫悟空のカメハメ波が、ストーリー中盤では簡単に惑星をひとつ吹き飛ばすほどになってしまったこととそっくりであることに気がつく。

コンピュータの進歩を見ても、技術革新のハイパーインフレーションは明らかである。
量子力学とブーリアン代数(0と1だけで全ての演算を可能にする数学の一分野)の産物であるコンピュータは、電子工学分野の技術革新とともに毎年毎年すさまじいスピードで性能をあげている。
今我々の使っている掌に収まる携帯電話内部のCPUは、一昔前のスーパーコンピュータの性能を超えている。
数年でどんどんケタが上がっていくコンピュータの性能の上昇速度は、ドラゴンボールの登場人物の戦闘力のインフレ速度を超えている。

また、個人が稼ぐ金額、所有する金額、動かす金額も毎年毎年恐ろしいスピードで増殖している。
ウォーレン・バフェットやビル・ゲーツが所有している財産は数兆円のオーダーを上回り、これはすでに多くの国の国家予算を上回る。
まだ30代のグーグルの創業者もやはり数兆円オーダーの財産を非常に短期間で作り出した。
スポーツ選手やハリウッドのスターも同様に天文学的な報酬を受け取る。

金融機関が取り扱うリスク量もこの10数年の間にどんどんケタが上がっている。
1996年にロシア危機がきっかけで破綻してしまった巨大ヘッジファンドのLTCMによりいくつかの金融機関が莫大な損失を出し金融危機に陥るのだが、あの時問題になっていた金額は全体で数千億円の損失で、銀行一行当たり数百億円の損失だった。
こんなの今だったらブルームバーグ・ニュースにちょろっと記事がでて、誰も気にしないレベルの話だ。
2008年のサブライム危機をきっかけにして引き起こされた信用危機はリーマンブラザーズの破綻で頂点を迎えるが、このとき問題になっていた金額は100兆円のオーダーで一行当たり数兆円以上の規模だった。
金融危機の規模もたったの10年ちょっとの間に数十倍以上に膨れ上がっているのである。
いうまでもなくこれは大きなレバレッジのためであり、つまり各金融機関が界王拳を限界を超えて使っていたのである。
そして、こういう金融機関やヘッジファンドで莫大な金額を動かしているのは極めて少数のトレーダーで、その多くが20代、30代の若者である。
15歳で大学を卒業したような少年が、そのまま巨額の資金を運用するヘッジファンドに雇われ、とてつもない金額を動かし、時に巨額の報酬を手にしていることもある。
こういったヘッジファンドのトップの年収は1000億円を越えるオーダーになる。
世界中に工場を持ち何万人、何十万人と雇用する巨大企業以上の利益を、たったひとりの個人が稼いでしまうのである。
ドラゴンボールでは、孫悟空の息子の悟飯やベジータの息子のトランクスが10代のうちから地球や全宇宙の命運を左右する戦闘に駆り出され重要な役割を演じるが、それは世界を駆け巡るマネーゲームの世界で、実際に起こっていることと相似形だ。

またメディアの世界もIT革命によって大きな地殻変動を引き起こしているように思う。
たったひとりの個人が巨大メディア企業以上の力を持ちつつあるのである。
たとえば、ツイッターのフォロー数を見てみればそのことがよくわかる。
ホリエモンの戦闘力は既に大手新聞社を上回っているし、勝間和代もたったひとりですでに多くの雑誌メディアの力を凌駕している。

ツイッターのフォロー数ランキング

つい最近、ホリエモン宅の強制執行の件で、大手テレビ局が偏向報道を行い、それに対してホリエモン自身のブログや様々な個人メディアがテレビ局の姿勢を批判した。
僕も、今週末にチラっと報道をみたが、確かにテレビの偏向報道には驚いた。
しかし、まだまだホリエモンの個人メディアといえども、大手キー局の前ではあまりにも無力のようである。
フジテレビやTBS、日テレ、テレ朝といったキー局の名も無きアナウンサーのつぶやきは1000万人の日本国民に届くが、ホリエモンがツイッターでつぶやいても数十万人にしか届かない。
さすがのホリエモンといえども、大手キー局が相手では、戦闘力が数十倍から100倍程度の開きがある。
しかし、これもドラゴンボールの文脈で見ればすんなりと理解できるし、また、将来も予言できるのである。
あのお決まりのパターンなのである。
強い敵が現われる→最初はやられる(ホリエモン今ココ)→修行して強くなる→敵を倒す→もっと強い敵が現われる、というストーリー展開の序盤だということである。
これまでの世界の様々な分野のハイパーインフレーションの構造を理解していれば、戦闘力の100倍の差などすでに射程圏内に入っているということが容易に理解できてしまう。

現在、司法の場で検察と係争中のライブドアの粉飾事件では、最高裁の判決次第ではホリエモンは実刑になる。
無論、僕個人としては、ライブドア事件はライブドアの経営者に対して非常にアンフェアで不当なものだったし、メディアの報道もひどいものだったと思っている。
これは結果論だが、そもそも東京地検特捜部が、上場していて永続性に何の問題もない生きた会社をあのような形で強制捜査したことが最大の間違いだった。
しかし、僕のような一介の地球人がこのような意見をいったところで何の影響力もないし、つい最近まで世界には社会主義国家がたくさんあって、そういった国々では明らかに間違っている政府の批判をした市民が警察に連れて行かれて公開処刑されていたのである。
そのことを思えば、まだまだ社会主義国家の日本で、そのような理不尽な国家権力の行使が行われたとしても、それほど不思議なことではないのかもしれない。

ところがドラゴンボールの文脈から考えれば、これはまたとないチャンスとなる。
なぜなら実刑判決とは、すなわちホリエモンがあの「精神と時の部屋」に入ることを意味しているからである。
精神と時の部屋とは、神様の神殿にある修行のための部屋である。
ここでの1年間は、外の世界の1日である。
つまり、たった1日で1年分の修行ができるのである。
この部屋は、真っ白で広大な空間で、重力が地球の10倍、気温も−40度から+40度まで激しく変わる、まさに壮絶な修行のための空間なのだ。
孫悟空、悟飯親子、ベジータ、トランクス親子は、この部屋で一日修行して、スーパーサイヤ人の壁を超え、圧倒的な力の差を見せ付けていたドクター・ゲロの狂気のバイオテクノロジーにより生み出された超生命体のセルを見事に撃退する。

精神と時の部屋

このように、今、一部の個人は、ひとりで小国の国家予算ほどの金を持ち、巨大メディア以上の影響力を持ちつつある。
彼らをスーパー・クリエイティブ・クラスと呼ぼう。
今、世界は、こういったスーパー・クリエイティブ・クラスの大きな影響下にあるといえる。
そして、日本の国家権力の中枢は、こういったスーパー・クリエイティブ・クラスの出現をひどく恐れているようにみえる。

今、20年以上前に描かれたドラゴンボールを読み返すと、携帯電話やテレビが驚くほど大きく、そして洗練されていないことに驚かされる。
鳥山明は、携帯電話や薄型液晶テレビの技術革新がこれほど急速だとはまったく想像できなかったようだが、戦闘力のハイパーインフレーションによって20年後の世界の構造を見事に予言していたのだ。
鳥山明の慧眼には驚くばかりだ。

ドラゴンボールで描かれる未来のテレビ