クラウド・オフィスにハマっている今日この頃ですが、以前から気になっていたスキャナーを最近買いました。

FUJITSU ScanSnap S1500 Acrobat X 標準添付 FI-S1500-A




ホリエモン・ブログ
池田信夫ブログ磯ログなどで賞賛されていたので、僕もついに購入しました。

結論からいうと、なんでもっとはやく買わなかったのだろうと後悔するほどいいです。
両面スキャンできるから、書類とかまとめて入れるとスルスルッとどんどん読み取ってくれます。
2枚同時に吸い込まれるとか、斜めになるとか、ほとんど全くありません。
それで自動的にPDFファイルがポンっとできます。
まさにスルスルポンです。

僕はこれは自炊(自分で紙の本を電子化すること)のためには使っていませんが、ふつうに書類を電子化するだけで非常に便利です。
A4一枚でもフラット・スキャナよりはるかに快適です。

ところで僕はなぜ自炊をしないかというと、そんな捨てるような本、多分二度と読まないからです。
それに大量の文字情報の媒体として、やはり紙の本が最高だと思っています。

そして何よりあの断裁機は怖すぎです。
トレーディングで何百億円なくしても会社を首になるだけですが、あんなので指を怪我したら大変なことになります。
たとえ世界同時金融危機で、世界中が大恐慌になろうとも、自分の小指の傷の方がより重要な問題であることは事実です。
痛いのは絶対に嫌ですから。

富士通のScanSnapはクラウド・オフィスを作るには必須アイテムですね。

普通の人がクラウド・コンピューティングをフル活用するための本5冊
私的なことがらを記録しますが今週、紙の本を大量に捨てました、アゴラ
私的なことがらを記録しますが今週、紙の書類を大量に捨てました、アゴラ

追記(2010年06月06日12:05)
Macintoshユーザーはこちらを買わないといけないみたいです。
同梱されているドライバが違うだけのようですが。
富士通公式サイト

FUJITSU ScanSnap S1500M Mac専用 Acrobat 9 Pro標準添付 FI-S1500M-A




ところで富士通オリジナルのファイル管理ソフトが同梱されていてちょっと高めのパッケージもあるようですが、どう考えても(ry

追記(2012年03月25日)

新モデルが出ているので、リンクを更新しました。