最近、僕はとうとうiPadを手に入れました。
世界中のメディアが狂ったように報道し、数多のカリスマ・ブロガーが絶賛するこのiPadを一刻も早く手に入れようと僕は焦っていました。
というのも僕はiPad人気を甘くみていて、5月に予約受付がはじまった時にはすぐに予約しなかったのです。
わざわざ予約するために行列していた熱狂的なAppleファンもいました。
それで僕も予約しようと思って有楽町のビックカメラに足を運んだのですが、その時はすでに予約が締め切られていました。
ようやくAppleから予約受付が開始されたのは、発売日の5月28日を過ぎて、少し蒸し暑くなりだした6月に入ってからでした。
僕はちょっと遅めの予約をして、幸運にもその数日後、つまり先週の日曜日に無事にiPadを受け取りました。
以上の経緯から明らかなように、僕はiPadをとても楽しみにしていました。
胸が高鳴っていました。
Appleから発売されたこの魔法のようなデバイスを待ち焦がれていたのです。

しかし、実際にiPadを使ってみて、僕はがっかりさせられました。
ひとことでいってiPadというのはとても残念なタブレットPCなのです。
期待が大きかっただけに、その落胆もまた大きなものになりました。
以下、どうして僕がiPadを残念な製品だと思ったのかを説明します。

iTunesがイントールされたPCがないとびくりとも動かない

これは僕が勝手に頂いていたイメージなのかもしれませんが、iPadというのは今までぜんぜんPCを使ったことがない人でも直感的に使える新しいタイプのハンドヘルドだと思っていました。
だから、僕は買ってきたiPadに電源を入れたとき、真っ黒な、全てを吸い込んでしまいそうなあの宇宙の暗黒のようなiPadの画面の中に、無機質で驚くほど無粋な、そしてクールなAppleのイメージとは程遠い文字で"iTunes"と表示されたときには、いったい何が起こっているのか全く理解できませんでした。
僕はただただ何をすればいいのかわからず、その場で立ちすくむしかなかったのです。
あの時の恐ろしい焦燥感は今でも鮮明に覚えています。
そして、僕はとうとう恥を忍んでツイッターに助けを求めざるを得なかったのです。
大変ありがたいことにすぐに何人かの親切な人達が僕に教えてくれました。
そこでわかったのは、iPadというのは最初にアクティベイトする必要があり、それはiTunesが正しくイントールされたPCが必要だということです。
「正しく」というのは今にもiTunesで買い物ができて、iTunesから楽曲などのさまざまな有料コンテンツをAppleからダウンロードできる状態だということです。

これは、なんという自己矛盾!
iPadというのはPCを使ったことがない人でも使えるコンピュータではなく、PC、それもiTunesというAppleの集金マシーンがインストールされたPCがないと起ち上げることさえできないのです。

無線ルータの設定はかなりハードルが高い

さて、なんとかiPadのアクティベイトが終わったのですが、そこでまた僕は大きな壁にぶつかりました。
よく知られているようにiPadにはLANケーブルのソケットがない。
iPadは無線LANでインターネットにつなげることが前提のデバイスなのです。
そこで無線LANにつなげようとしたのですが、僕は家の無線LANのパスワードが何なのかさっぱり思い出せません。
さすがにこれはツイッターに聞くわけにもいきません。
これが会社ならITサポートに電話して「ビジネスが遅れたらどうするんだ。( ゚д゚)ゴラァ」と一言怒鳴っておけばすぐに解決するのですが、自宅ではそういうわけにもいきません。
詳細は省略しますが、僕はここで数時間も無線LANの設定に手こずることになります。

つまり、ここまでで何がいいたかったかというと、PCに触ったこともない子供や高齢者にiPadをプレゼントしても、それを自分で設定して使える状態にするのは絶望的だということです。
iPadとはかなり敷居が高いコンピュータなのです。

帯に短し、たすきに長し

しかし、それでも僕はなんとかiPadを使える状態にすることができました。
僕は昔はプログラマーの仕事をしていましたし、また、大学では大規模シミュレーションの研究でスーパーコンピュータに関わりPhDまで取得していたので、なんとか自分でiPadの設定ができたのだと思います。
また、僕のツイッターには2万人のフォロワーがいて、そのうちのコンピュータ・サイエンスの専門家が懇切丁寧にiPadの起ち上げ方を教えてくれました。

そして、とうとうiPadをはじめて使ってみたのですが、最初に思ったことはこれはただの大きいiPhoneじゃないかということです。
iPadとともに一週間過ごした今でも、全くその印象は変わっていません。

iPadを表計算ソフトやワープロなどの本格的なビジネスユースに使おうと思っている人はそれほど多くないと思われるので、この点に関してiPadが貧弱なことは特に問題ではありません。
それではエンターテイメント・マシンとしてはどうでしょうか?
無論、iPadにはiPodの機能が全て内包されているのですが、これほど重くて、価格的にも高価なiPadなど買わなくても、音楽を聞きたいのなら最初からiPod nanoを買うべきでしょう。
iPod機能ならiPhoneでも完全にカバーされています。

それでは動画はどうでしょうか?
いうまでもなくiPadはDVDプレイヤーがついていないし、USBソケットもついていないので、DVDプレイヤーとしては使えません。
確かにYouTubeなどは画面が大きい分、iPhoneよりは見やすいですが、だから何だというのでしょうか?
YouTubeを見たかったら、デスクトップやノートパソコンの方がよほど快適です。
そもそも動画を見たかったら、テレビや映画館などに敵うはずはないのです。
そしてiPadが既存のデバイスより唯一優れている、No.1となりうる可能性を秘めているのがウェブ・ブラウザの分野です。
iPadのタッチパネルのインターフェイスは、ウェブ・サーフィンに関しては、過去何十年も続いてきたマウスという難攻不落の牙城を打ち崩すかもしれないというポテンシャルを感じるのです。
それほどまでにページを指でスクロールさせていく感覚はなかなか快感なのです。

ウェブ・サーフィン用のマシンとしては致命的な欠陥を抱えている

しかし、iPadには致命的な欠陥があります。
Adobe社のフラッシュが使えないということです。
フラッシュは現在、ダイナミックに動くサイトを作るときに標準的な技術です。
フラッシュが使えないのはiPhoneでも同じなのですが、iPhoneの時はあまり気になりませんでした。
iPhoneというのはあくまで携帯電話で、外出中のスキマ時間にニュースやブログをチェックできるという素晴らしい体験を提供してくれます。
だからフラッシュが見れないぐらいは大した問題ではないのです。
他の携帯電話に比べて、iPhoneは携帯電話としては圧倒的にすぐれたウェブ・ブラウジング環境を提供していることには変りないからです。
しかし、iPadはその大きさや重量からいって、比較されるのはネットブックなどの小型ノートになります。
ましてやウェブ・サーフィンはタッチパネルというインターフェイスの特徴を最大限に活用できる分野のひとつで、iPadにとっては心臓部です。
だからフラッシュのサイトが見れないというのは、あまりにも大きな欠陥に思えます。

フラッシュが使えないのは、Apple社がiTunesストアなどを通して有料コンテンツの流通を完全に支配したいがための仕様で、ユーザーの利益には大きく反しています。

iPhoneと同時に持ち運ぶ意味がないし、iPhoneの母艦にもならない

iPhoneというのは世界的に大ヒットした大変すぐれた携帯電話で、僕も毎日使っています。
しかし、iPhoneのポテンシャルをフル活用するには母艦となるPCが必要です。
ところがiPadはこの役目を演じることは絶対にできません。
なぜならばiPadというのはiPhoneと同じOSが使われており、要するに機能的には全くもって大きなiPhoneなのです。
だからiPadとiPhoneというのはお互いに補完しあうというよりは、むしろお互いに競合するのです。
現代人の多くがiPhoneを常に身につけていなければいけないことを考えると、そのパートナーとしてiPadはむしろ邪魔なのです。
iPadはなんだか、妾に産ませた、決して本家とは相容れない不幸な私生児のような感じがします。

結局のところ機能だけ考えればあらゆる点でネットブックに劣る

フラッシュ・サイトが見れないiPadは、ウェブ・サーフィンを含め機能面ではあらゆる点でネットブックに劣ります。
たとえば、僕は外出先で原稿を書かなければいけない時でもネットブックでは何の問題もなく書けますが、iPadのソフトウェア・キーボードで長文を書くのは大変困難です。
また、iPhoneとiPadの組み合わせは不毛で、iPhoneが必需品だとしたら、そのパートナーは必然的にネットブックにならざるを得ないのです。

こうやってふと冷静になってみると、iPadを熱狂的に宣伝していた人たちがどういう人達だったかわかります。
それはiPadというプラットフォームでビジネスをしたい人と、莫大な広告収入を受け取っていたマスコミです。
それによく考えると、iPadというのは実際のところ大して売れていません。
まだ、世界で200万台程度しか売れておらず、これは任天堂DSの1億3000万台や、ネットブックの数億台、そしてなによりiPhoneの5000万台に比べれば全く微々たるものです。
マスコミが騒ぐほどは売れていないのです。

なるほど魔法のようだったのはiPadではなく、スティーブ・ジョブズソフトバンクの孫さんのマーケティング戦略やプレゼンテーションの方だったのかもしれませんね。



iPadはとても残念なプロダクトでした。