日本の大問題が面白いほど解ける本、高橋洋一

本ブログでも何度も取り上げている高橋洋一氏の新刊です。
やはり数学科卒の元大蔵官僚だけあって、日本の政策問題を官僚の世界のカラクリまで含めて非常にわかりやすく解説する彼の能力は天下一品ですね。

本書は日本の財政、社会保障、税制など、経済を考える上でとても大切な事柄をシンプルかつロジカルに論じています。
日本郵政の電撃人事の裏話など、この本にしか書いていないようなこともあり、大変面白かったです。
高橋氏はどうも日銀が大嫌いなようで、いつも日銀批判にかなりのページを割くのですが、この本はそうでもなかったです。
むしろ、為替相場や国際貿易、金融政策の基本をわかりやすく解説していました。

新書で薄いのもサラっと読めていいですね。