今日は信じられないようなニュースを目にしました。以下のニュースです。

送り火用被災松からセシウム 一転使用中止 京都市発表 朝日新聞8月12日
京都の「五山送り火」で、東日本大震災の津波になぎ倒された岩手県陸前高田市の松でできた薪(まき)を燃やす計画で、京都市は12日、市が取り寄せた薪500本について放射能検査をした結果、放射性セシウムが検出されたと発表した。市は記者会見で「科学的根拠に基づき、誠に残念だが断念せざるを得ない」と説明。16日の五山送り火で燃やすことを中止するという。 市によると、薪の表皮から1キログラムあたりセシウム137が588ベクレル、セシウム134が542ベクレルの放射性セシウムがそれぞれ検出されたという。 この問題では、放射能への不安の声が一部の市民から寄せられ、大文字保存会が被災松の受け入れをいったん中止。そこで市が別の薪を取り寄せ、大文字をはじめとする五山の各保存会が送り火で燃やすことを了承していた。


僕は京都市の非科学的で、それでいて被災地の人々のこころを踏みにじるような行動に唖然としました。これが同じ日本人のやることとはとうてい思えません。

薪の表皮の部分だけで、セシウム137とセシウム147で合計1130Bq/kgです。表皮の部分だけなのでkg当たりにすると、薪全体ではこれよりはるかに少ないと思います。海水中には豊富なミネラルといっしょに数々の放射性物質も含まれているので、海藻には割りとたくさんの放射能があります。たとえば京都料理でよく使う、干し昆布は2000Bq/kgで、すでにこの薪の表皮よりも多量の放射性物質を含んでいることになります。京都市は、京都料理で昆布の使用を禁止でもするのでしょうか? しかも昆布は子供も含めて人間が食べるもので、遠くで燃やす薪とはまるで危険度が違います。言ってみれば、この薪を燃やすのは、昆布を燃やすよりも危険性は少ないのです。

さて、市が取り寄せた500本の薪にはどれぐらいの放射能があるのでしょうか? 薪一本あたりに表皮の部分が100g程度あると考えれば、1130x0.1x500=56500Bqになります。人体には、カリウム40、炭素14、ルビジウム87など、自然の食品から放射性物質が取り込まれるので、体重が60kgの人の場合、7000Bqほど体内に放射能を抱えています。そうするとこの薪500本分の放射能は死んだ人を7人程度火葬するだけで出てくることになります。京都市は、これから火葬はすべて他県にでも依頼するのでしょうか?

ちなみに放射線で癌細胞を殺す放射線治療では、たとえば甲状腺癌の患者に、ヨウ素131をカプセルにいれて飲んでもらいます。ヨウ素131は実は癌の治療にも使われているのです。このときにひとりの患者が飲み込む量は、3.7〜7.4GBqです。つまり、3,700,000,000〜7,400,000,000Bqです。これはこの薪の何倍でしょうか?

それでは1万歩譲って、絶対に有り得ませんが、この薪の表皮を煎じてお茶にでもして飲む人がいるとしましょう。毎日10g程度煎じて一年間飲み続けます。セシウム137の経口摂取による内部被曝のSv/Bq換算係数が1.3×10^-8、セシウム134が1.9×10^-8です。

 588x0.01x1.3x10^-8x365 + 542x0.01x1.9x10^-8x365 = 0.065 mSv / 年

つまりこの薪の表皮を毎日毎日一年間も煎じて飲み続けても、自然放射線の2.4mSv/年に比べて、たったの0.065mSvの被曝量しかないのです。これは自然にある放射線量の2.7%です。ちなみに鉱物の影響で、東日本より西日本のほうが放射線量が多いので、京都の人は引越しを強いられるかもしれません。

この薪の放射性セシウムは直接1年間食べ続けても安全なレベルで、遠くで燃やす分には完全に安全だといえます。

京都市の決定がどれほど非科学的か明白でしょう。実は、我々の身の周りには発がん性のある化学物質が充満しているのです。しかしそれらはあまりにも微量なので現代の科学では検出することができません。しかし放射性物質だけはめちゃくちゃな微量でも検出できるのです。なぜならば放射性物質は放射線という強烈な光を放っているので簡単に検出できるからです。中国で核実験をしても、日本で簡単に検出できます。福島第一原発の事故により放出された極めて微量な放射性物質は、カリフォルニアでも検出されました。これこそが原子トレーサーとも呼ばれる放射性物質の性質なのです。バイオの研究では、生体内部の分子の動きを観測するためにマーカーとして放射性物質が使われます。検出される=危険ではないのです。

今回の京都市の決定では、一部のモンスター・クレイマーに屈して最初の中止の決定を行ったと報道されていますが、僕は、それは違うと思います。ある程度大きなイベントではモンスター・クレイマーというのは、放射能に限らず必ずいるもので、それが理由とは思えません。やはり意思決定を行う人物の中に、放射能や被災地に対する偏見を持った人物がいて、彼らが逆にクレイマーを利用したと考えるほうが自然です。そして中止したところ、全国から苦情が殺到したので、業者を使って何度も検査をして、自らの最初の決定を正当化する検査結果を何とか取得した、というのが真実ではないでしょうか。

いずれにしても、五山送り火、そして京都市の権威は地に落ちた、と言っても過言ではないでしょう。政府は調査委員会を早急に開き、この被災地の心を踏みにじる決定をした背景を徹底的に調査するべきです。

参考資料
放射線のひみつ、中川恵一
人は放射線になぜ弱いか、近藤宗平