昨日配信したメルマガの目次です。
なんと、本日、『ぼく愛』がAmazonのKindle日替わりセールに選ばれ、50%オフでさらに20%ポイント還元です!
まだ、買っていない人は、この機会にぜひ!



ぼく愛』コミックの第1話が、無料で読めます!

ぼく愛コミックタイトル

『ぼくは愛を証明しようと思う。』漫画 井雲くす、原作 藤沢数希
http://www.moae.jp/comic/bokuaishomei/1

メルマガ主要バックナンバー
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52021876.html

==============================
// 週刊金融日記
// 2016年1月6日 第195号
// 金と愛の隠れた真実
// 反転しはじめたアベノミクス
// プラチナ通りで生パスタ
// レーシックとコンタクト
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。
 そろそろお正月休みも終わりで、みなさん働きはじめていますね。僕は、新年早々、すこし志の高い記事を書きました。無料会員登録しないと読めないようですが、興味があったら読んでみてください。

●歴史の悲劇から学び、偏見のない正義と平等の社会の実現に向けて
http://www.gentosha.jp/articles/-/4732

 今年は、とうとう相場関係の情報を充実させようと、他の仕事を片付けているところです。とりあえず、2月末ぐらいまでに株価指数と為替の方向を当てる簡単なモデルを作って、僕も実際にお金を入れて、文字通りのポジション・トークでもするコーナーにしようかと思っています。楽しみにしていてください。

 年末年始も、読者から面白い投稿が多数ありました。

—ナンパ友だちができて人生が好転しはじめました
—花粉症対策について
—レストランでの女性のエスコート方法やマナー
—角膜内皮細胞が死ぬためコンタクトを使い続けることはできない
—ゲットばかりではなくリリースの恋愛工学を
—彼の特別であることだけは決して譲れません

 それでは、新年あけまして、おめでとうございます!
 今年も、よろしくお願いします。

1.金と愛の隠れた真実

 外資系の金融機関で働いていたとき、有給休暇は2週間連続で取ることができた。外資系企業では、ひとりの社員が抜けても仕事が回る体制になっていることを確かめるため、また、万が一に社員が不正行為をしていた場合にそれを見つけ出す機会を作るために、1年に1回は2週間以上の連続した休暇(ブロックリーブ)を取ることを義務付けていることが多い。逆にいえば、新人がまとまった休暇を取れるのは、こうした義務があるときだけである。
 入社して1年目か2年目だったと思う。僕はこのブロックリーブを使って海外旅行をするためのプランを入念に立てていた。その頃、額面では僕の年収は新人とは思えないほど高かったけど、税金やなんやかんやで、残っているお金は大したことはなかった。そして、僕はそのブロックリーブのうちの1日か2日を使って、しばらく会っていなかった親戚を訪ねた。僕は熾烈な競争を勝ち抜いてキャリアを築いており、これから唸るような金を稼ぎだすことになるエリートだと思っていた。
 親戚の家には、僕よりすこし年下の・・・

・・・

 ところがである。僕がようやく手に入れた海外旅行を、彼は3ヶ月に1回は楽しんでいた。上司に気兼ねすることなく。オフシーズンの平日に格安航空券で行けばひとり10万円もしない。それどころか、たまに京都の料亭にご飯を食べに行ったりしていた。暇なときは、デイトレをして、勝ったり負けたりして遊んでいた。仕事はまるでプレッシャーが無さそうだった。
 客観的に見れば、彼は明らかに僕より豊かな暮らしをしているように見えた。

 高校のときにものすごく成績が良かった同級生は、大学病院の勤務医となり、安月給でボロボロになるまで働いていた。東大に行って官僚になった同級生は、もっと酷い暮らしをしていた。しかし、彼らはずっとマシだった。なぜならば、それでも安定した仕事があったからだ。勉強が好きで大学院に進み、博士号を取った、学校の中での勝者たちは、2年契約のポスドクを転々としながらいつも失業の恐怖に怯えていた。僕は研究者を辞めて、外資系の証券会社に転職していたので、若くしてそこそこは金で報われるという点で、昔の同級生たちよりは恵まれていた。

 受験勉強をがんばっていい大学に行き、大企業に就職したり、難関資格を取っても、まとまった金を稼げないのはもちろん、まったくゆとりのある生活を送れないということだ。金に関する隠れた真実は、みんなと同じことをやって競争し、ちょっとばかり勝ったからといっても報われないということだった。そして、もらえる金は、需要と供給で決まるのだ。いい大学の学生で、こういう世間体のいい仕事に就きたい人は毎年、文字通りにごまんといる。だったら、雇う方は買い叩くだけだ。なんせ替えはいくらでもいるのだから。
 需要があるのに、自分しか供給・・・

・・・

 僕が経験した、あるいは身近な人がやっているからよく知っている職業について、コストパフォーマンスを分析すると次のようになる。株式投資でも、RoIC(Return on Invested Capital, 投下資本利益率)が重要なように、職業別に平均的なRoICを計算した。ただし、投下資本は、ここでは「努力×才能」で、利益は税引き後の年収である。

-------------------------------
■職種別RoIC

(1) 平凡な人(公立中高を卒業し、すこしだけ勉強したら入れる大学や、高卒、専門学校卒。仕事は中小企業、あるいは大企業の派遣社員。娯楽はテレビとスマホ)

 税引き後年収 /(努力×才能)= 1.0

(2) 日本の大企業サラリーマン

 税引き後年収 /(努力×才能)= 0.3

(3) キャリア官僚

 税引き後年収 /(努力×才能)= 0.2

(4) 医師、弁護士

 税引き後年収 /(努力×才能)= 0.5

(5) 外資系証券会社フロント職

 税引き後年収 /(努力×才能)= 2.0

(6) アカデミックな学者、研究者

 税引き後年収 /(努力×才能)= 0.1

(7) 売れてる作家

 税引き後年収 /(努力×才能)= 1.5

(8) その他大勢のライター

 税引き後年収 /(努力×才能)= 0.05

(9) 売れてる芸能人

 税引き後年収 /(努力×才能)= 3.0

(10) その他大勢の芸能人

 税引き後年収 /(努力×才能)= 0.1

(11) 貧乏な男と結婚したノースキル女子

 税引き後年収 /(努力×才能)= 0.1

(12) 金持ちな男と結婚したノースキル女子

 税引き後年収 /(努力×才能)= 3.0

(13) 成功した経営者

 税引き後年収 /(努力×才能)= 18

(14) 成功した投資家

 税引き後年収 /(努力×才能)= 20

出所:金融日記総合キャリア研究所
-------------------------------

・・・

続きはメルマガを購読 → noteまぐまぐブロゴス夜間飛行ブロマガ

2.今週のマーケット

※ 2015年12月25日-2016年1月1日の週間パフォーマンス

TOPIX : 1547.30 (週間 +2.1%, 年初来 +0.0%)
日経225: 19033.71 (週間 +1.4%, 年初来 +0.0%)
S&P500 : 2043.94 (週間 -0.8%, 年初来 +0.0%)
FTSE100: 6242.32 (週間 -0.2%, 年初来 +0.0%)
USDJPY : 120.25 (週間 -0.1%, 年初来 +0.0%)
EURJPY : 130.57 (週間 -1.2%, 年初来 +0.0%)

●金融日記 Weekly 2015/12/25-2016/1/1
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52070392.html

 12月30日の大納会は、日経平均株価が・・・
・・・
続きはメルマガを購読 → noteまぐまぐブロゴス夜間飛行ブロマガ

3.ブログではいえないお店 #195

―プラチナ通りで生パスタ

 白金のプラチナ通りにあるこぢんまりとしたイタリアンを紹介しましょう。場所は目黒通りからプラチナ通りに入って歩いてすぐのところにあるのですが、地下一階にあるためぜんぜん目立ちません。オープンキッチンのカウンターとテーブル席で合計22席あります。・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → noteまぐまぐブロゴス夜間飛行ブロマガ

4 .藤沢数希の身もフタもない人生相談

―彼の特別であることだけは決して譲れません

第193号の「複数の女性との恋愛で序列をなくすことはできないでしょうか」を読んで思うところがあり投稿します。
このメルマガには恋人となるような女性がたくさんいる恵まれた男性も少なくないでしょう。
複数の女性と恋愛を楽しむのは全くおかしなことではありません。
その女性たちに平等に接するというのはとても賢いことだと思います。
しかし、私は思います。
平等っていうのはみんな同じに見ているだけなんじゃないでしょうか。
人はみな違います。
それ故に順位がついてしまうのが必然です。
"好きになった女性"というくくりで見れば平等に接することができるでしょう。
しかし、それは表面的に接しているだけのような気がしてなりません。
男性のみなさんは機械ではありません。
個性のある者同士がしっかりと向き合えば、自ずと一番が生まれるはずなんです。
特別な人もいれば、特別になれない人もいます。
人は誰かの特別でありたいと願うものではないでしょうか。
特別になれない人はやはり悲しい思いをするでしょう。
じつは私は、事実婚をしている男性とおつきあいしています。
彼と結婚できないことくらい我慢できます。
彼は事実婚をしている女性との間に子どもがいるので、家族で会うのもしかたがないことだと思っています。
また、彼のことなので、他の女性と浮気をしても許してしまうと思います。
しかし、私が彼の特別であることだけは決して譲れません。
平等のような扱いなんて決して受け入れません。
特別ということに形はなくても女性は見抜きます。
私が特別になるということは、事実婚の女性や浮気相手の女性を悲しい思いにさせてしまうことになるかもしれません。
それでも私は自分が大事なので彼を選び、彼に選ばれたいです。
複数の女性との恋愛で上手くいっている人は、たくさんの女性を幸せにしていると勘違いしていると思います。
平等に女性と接することは本当の意味での愛ではなく、特別な女性ができればその陰で悲しい思いをする女性ができるのです。
私は、そう上手くはいかないのだと思います。

・・・

続きはメルマガを購読 → noteまぐまぐブロゴス夜間飛行ブロマガ