第196号の目次です。

メルマガ主要バックナンバー
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52021876.html

==============================
// 週刊金融日記
// 2016年1月13日 第196号
// 僕たちは野蛮な人たちと戦わないといけない
// 大暴落ではじまった2016年の株式市場
// 六本木の熟成鮨
// 眼科医からレーシックとコンタクトに関してコメント
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。
 金融市場は年初から大変なことになっていますが、恋愛市場にも激震が走りましたね。ベッキーさんと川谷絵音さんの不倫疑惑です。そして、僕たちはいつだって差別や偏見を許さず、謂れのない罪で虐げられている人たちを助けます。
 今週はこの話題を冒頭で論じたいと思います。

『週刊文春 1月14日号』 http://amzn.to/1mUCELA

 僕たちのコミュニティの素晴らしいところは、医師や弁護士をはじめ、さまざまな分野のエキスパートが集っていることだと思います。今週も、読者から多くの有用な情報が寄せられました。

―眼科医からレーシックとコンタクトに関してコメント
―セフレが本命彼女の妹の同僚であることが発覚しました
―妻の不倫が発覚しましたが子供のことを考えて離婚を踏みとどまっています
―低スペック女子ですが高スペック男性とおつきあいしています
―彼がガンになってしまいました

 僕は今週は、別の仕事で忙殺されてしまい、ちょっと配信が遅れてしまいましたが、ようやく仕事が片付き、再来週ぐらいからさらにパワーアップしたメルマガをお届けできそうです。いまサイト開発と連動して、有用なコンテンツを提供できる体制を整えています。しばらく、お待ちください。

 それでは、今週もよろしくお願いします!

1.僕たちは野蛮な人たちと戦わないといけない

 先週は、サウジアラビアとイランとの緊張関係が高まり中東に新たな火種が生まれた。そして、息をつく間もなく、中国株の暴落、北朝鮮での水爆実験と重大な事件が立て続けに起こり、慌ただし新年となった。しかし、日本社会が、注目したニュースは、これらではなかった。世間の注目を集めたのは、タレントのベッキーとロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷絵音(えのん)との不倫報道であった。
 日本社会は、北朝鮮の水爆実験などすっかり無視して、この話題で持ちきりであった。週刊文春1月14日号が、ベッキーと川谷絵音との不倫関係をほのめかす生々しいLINE会話を発表したのである。
 
『週刊文春 1月14日号』 http://amzn.to/1mUCELA

 どこからLINEの記録が漏れたのかはいまだに解明されていない大問題だが、いずれにしてもLINE会話から、ベッキーが離婚を迫り、ふたりの間で離婚届のことを「卒論」と隠語で呼び、それを提出できる日が来ることをふたりで待ちわびているという、生々しい様子が白日の下に晒されてしまった。

・・・

続きはメルマガを購読 → noteまぐまぐブロゴス夜間飛行ブロマガ

2.今週のマーケット

※ 2016年1月1日-1月8日の週間パフォーマンス

TOPIX : 1447.32 (週間 -6.5%, 年初来 -6.5%)
日経225: 17697.96 (週間 -7.0%, 年初来 -7.0%)
S&P500 : 1922.03 (週間 -6.0%, 年初来 -6.0%)
FTSE100: 5912.44 (週間 -5.3%, 年初来 -5.3%)
USDJPY : 117.50 (週間 -2.3%, 年初来 -2.3%)
EURJPY : 128.29 (週間 -1.7%, 年初来 -1.7%)

●金融日記 Weekly 2016/1/1-1/8
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52070392.html

 2016年の最初の週は、大暴落ではじまってしまった。2日に、イスラム教スンニ派の・・・
・・・
続きはメルマガを購読 → noteまぐまぐブロゴス夜間飛行ブロマガ

3.ブログではいえないお店 #196

―六本木の熟成鮨

 食通には当たり前のことですが、魚は新鮮なら美味しいというものではありません。最近は、熟成肉がブームですが、魚も熟成させることによって、また、違った美味しさが出ます。
 この辺の熟成によるタンパク質やさまざまな物質の化学変化は、たいへん面白いのですが、それを話し出すと長くなるので、興味のある方はググッて、いろいろと読んで見てください。

●魚はとれたてが本当にうまいのか
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDJ26019_W3A320C1000000/

 タイやヒラメなどは・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → noteまぐまぐブロゴス夜間飛行ブロマガ

4 .藤沢数希の身もフタもない人生相談

―彼がガンになってしまいました

藤沢先生、ちょっと普通とは系統の違う相談です。
私(女)の恋人(男)が、20代中盤にしてガンになってしまいました。
1ヶ月前に病院に行ったら、その日から緊急入院→翌日に緊急手術、患部は摘出したものの、既に他の部位に転移しており、最低でも4ヶ月はかかると医者から言われている苦しい抗ガン剤治療を、来週から始める予定です。
ちょっとした違和感(当該部位のしこり?)は5ヶ月程度前から感じていたそうですが、痛くも痒くもなく、日常生活も普通に送り、食欲も旺盛で、ジムにも毎日行っていたことに加え、彼は海外の僻地に駐在していたこともあり、次に日本に一時帰国した際に病院に行ってみよう、といったぐらいの態度が、発見を遅らせてしまいました。
ステージ2だそうです。
これだけ聞くと、割と早期に聞こえますが…。
彼は、生きることができるなら、いかに治療が長く苦しくとも耐えることができると言っています。
ですが、医者からは、5年後の生存率が70%程度と言われており、半分よりは高いものの、それでも30%という数字に、彼共々、恐れ慄いている毎日です。
藤沢先生なら、第163号であった様に、現代医学を信じて頑張りましょう、と仰ると思いますが、それがわかっていてもなお、何か激励の言葉を頂きたいと思ってメール差し上げました。
何でもいいので、何かお願いします。
非科学的ではありますが、病は気からとも言いますので、そういった激励の一言一言が、快方に向かう原動力となると思っております。

―藤沢数希の回答

70%も生きているなら大丈夫ですよ。
病気をきっかけに偉大な人物になることはよくあります。
毎日、自分に「今日が人生最後だとしたら、今日やることは本当にやりたいことだろうか」と自然と問えるようになるからだと思います。
毎日を悔いのないように生きましょう。

・・・

続きはメルマガを購読 → noteまぐまぐブロゴス夜間飛行ブロマガ