第202号の目次です。

メルマガ主要バックナンバー
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52021876.html

==============================
// 週刊金融日記
// 2016年2月23日 第202号
// 早期教育の効果と副作用
// 日経平均株価のPERは民主党時代に戻った
// 麻布十番で天然トラフグ
// ピルの副作用で病気になり性交渉に拒否反応
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。
 もうそろそろ、花粉の季節がやってきますね。抗アレルギー剤を飲みはじめた人も多いのではないでしょうか。僕も、そろそろ処方してもらってきます。

 さて、世間のスキャンダルへの反応を見ていると、考えさせられるものがあります。清原氏のように違法薬物を長年使用していても、世間の人はむしろセカンドチャンスを、などとやさしい言葉をかけているのに、何の犯罪もしていない、ベッキーさんや本当に素晴らしい政治家であった宮崎けんすけ議員たちが、たかだか結婚している人と、あるいは結婚しているにもかかわらず、セックスしたというだけで、社会的に抹殺されようとしています。
 恋愛工学を実践していく上で、今後もコンプライアンスを徹底しなければいけないのは言うまでもありませんが、我々はいつでも蜜壺自警団やチンポ騎士団の連中に後ろから刺されないように気をつけなければいけないということです。

「沈黙は金なり」

 いま一度、この言葉を噛みしめていきましょう。そして、真実は、このメルマガなどの秘密のスペースで、選ばれた人たちだけで語り合えばいいのです。世間がどうであれ、我々はいつも励まし合って、お互いに助け合いながら、がんばっていきましょう。

 今週も、多くの素晴らしい読者の投稿がありました。

―科挙とは特権階級を作るシステムです
―大企業orベンチャー論争について
―沈みゆく日本と海外移住について
―朝食不要論
―ピルの副作用で病気になり性交渉に拒否反応

 さて、今週は国公立大学の入学試験があります。
 受験とは、孤独な戦いです。最後は自分ひとりで答案用紙に向き合わないといけません。
 しかし、苦しいときに励まし合ったり、わからないことを教え合ったりする仲間がいれば、受験勉強はずいぶんと違ったものになるでしょう。いくつかの名門高校が、素晴らしい進学実績を残し続けているのは、入り口の偏差値が高かったり、授業がいいだけではありません。こうした、皆で助け合い、学校全体でいい実績を出そうと一丸となってがんばると文化があるからです。同級生は、蹴落とさなければいけないライバルではなく、受験をいっしょにがんばる仲間なのです。受験は個人戦ではなく、団体戦です。
 恋愛も同じでしょう。受験生が最後には、ひとりで答案用紙に向き合わなければいけないように、恋愛でも最後には1対1のアポに向きあわなければいけません。そういう意味で、恋愛は個人戦です。しかし、こうしてみんなで励まし合いながら、これまで切磋琢磨してきたからこそ、僕たちは最後にはいい結果を出せるのです。だから、僕は言いたいのです。

「恋愛は、団体戦だ」

 それでは今週もよろしくお願いします。

1.早期教育の効果と副作用

 現代受験工学の最前線の中編として、今回は、このテーマを考えてみたい。早期教育の効果と副作用について書こうと思う。
 まず、議論の前提として、早期教育の定義を書いておこう。ある意味では、小学4年生ぐらいから本格的な勉強がはじまる中学受験は、早期教育とも言える。また、いまでは私立の中高一貫校はどこも文科省の高校指導要領を高2までに終わらせて、高3は大学入試のための演習としている。これも、ある意味では早期教育だ。
 しかし、本稿では、こうしたことは早期教育とは呼ばないことにする。あまりにも一般的になっているからだ。本稿では、物心ついた頃から、将来のエリートを目指して行われる本格的な一連の英才教育を早期教育と呼ぶことにする。フラッシュカード(幼児の目前でカードを高速で裏から表にめくって大量に見せることで膨大な漢字や英単語などを暗記させる方法)などによる幼児教育や、幼稚園からはじめる公文教育、難関小学校に入学するためのいわゆるお受験のための教育などの一連の知的訓練、過度な先取り学習を、本稿では早期教育と呼ぶことにする。
 ところで、書店に行って、慶應義塾幼稚舎、聖心女子学院初等科、雙葉小学校、白百合学園小学校などの入試問題を見ると、かなり本格的な知的パズルになっていることがわかると思う。中学受験と同様に、これらの筆記試験も、幼稚園児に本格的なトレーニングを受けさせなければ突破することは不可能であり、そういった塾の月謝は月に10万円を超えることもめずらしくない。

【早期教育に対する僕の個人的な意見】

 まず、僕は、早期教育の効果については否定的だったことを述べておこう。それは個人的な体験による。
 僕は公立のふつうの小学校に通っていたのだが、教育ママの子がクラスにいて、彼女は、僕たちがファミコンをしている間もずっと習いごとをしていた。確かに成績も良かったのだが、僕は・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → noteまぐまぐブロゴス夜間飛行ブロマガ

2.今週のマーケット

●金融日記 Weekly 2016/2/12-2/19
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52074373.html

 前週末の欧米株の下落や原油安にもかかわらず、22日月曜日の日経平均株価は約0.9%上昇し、1万6111円05銭で引けた。やはり1万6000円を下回る水準では、日本株の割安感から押し目買いが入りやすい。本日火曜日は、0.4%下落し、1万6052円05銭だった。ドル円相場が1ドル=112円前半まで進んでおり、株価も下落した。原油価格や中国株も安定してきたが、日本株をさらに買い増す理由も乏しい。26〜27日に開催される20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を控え、市場は様子見ムードである。
 しばらくは、為替は介入警戒の1ドル=110円辺りを下値にした、狭いレンジ相場になりそうだ。日経平均株価のボラティリティも急低下している。
 マイナス金利政策に関しては、以下の記事がよくまとまっている。

●マイナス金利、20の疑問(上)=河野龍太郎氏
http://jp.reuters.com/article/column-forexforum-ryutaro-kono-idJPKCN0VP0F2?sp=true

●マイナス金利、20の疑問(下)=河野龍太郎氏
http://jp.reuters.com/article/column-forexforum-ryutaro-kono-boj-idJPKCN0VQ07O?sp=true

・・・

続きはメルマガを購読 → noteまぐまぐブロゴス夜間飛行ブロマガ

3.ブログではいえないお店 #202

―麻布十番で天然トラフグ

 天然トラフグの旬は、12月〜2月頃です。しかし、最近では、養殖技術が進み、年間を通して美味しいトラフグが食べられるようになりました。
 もうすぐ天然トラフグの季節が終わってしまうので、麻布十番のお店をひとつ紹介しましょう。XXXXです。

 さて、ふぐ料理ですが、どこのお店に行っても、メニューは同じです。煮こごり、てっさ(刺し身)、唐揚げ、てっちり(ふぐ鍋)、雑炊、です。
 まず、お店の格、そして、天然物か養殖物か、希少な白子を付けるかどうかで、お値段が変わってきます。銀座の高級店ですと、天然物だと、ひとり4万円行きます(笑)。まあ、しかし、天然物のトラフグは、本当に仕入れ値が一匹2万円とかするので、ぼったくりではありません。
 ちなみに、僕レベルの美食家になっても、最近の養殖技術はすごいので、トラフグは天然物か養殖物かの区別は付きません。
 ここのお店は、養殖物なら、ひとり・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → noteまぐまぐブロゴス夜間飛行ブロマガ

4 .藤沢数希の身もフタもない人生相談

―科挙とは特権階級を作るシステムです

こんにちは、第197号「破られないLINEのパスコード」で取り上げていただいた関西の文系大学生です。
実は、私は大学で中国古典学を専攻しているので科挙について少し書こうかと思います。
科挙とは官僚選抜試験です。
科挙を受ける資格を得るための学校に入るのに3回試験があります。
ここからが本番で、官僚を選抜する試験が6回もあります。
つまり合計で9回の試験に受からないと官僚になれない訳です。
これに比べたら日本の受験なんてぬるいですね(笑)。

科挙は1300年ほど続きましたが、その間に学校教育は形骸化し名前だけになりました。
実際の教育(というより試験勉強)は、全て家庭や民間で行われていたようです。
第201号で、公教育に関わらない方がより効率的に受験勉強できるという指摘はまさにその通りで、藤沢先生は科挙の本質を見抜いていると思います。
びっくりしました。
日本では明治維新の時に受験制度を始めてまだ100年ちょっとですが、今後公教育が形骸化するのは中国の歴史を見れば明らかだと思います。

科挙の問題はそもそも選抜が目的であって、教育が目的ではないということです。
そして選抜されると特権階級のような意識を持ってしまい、競争が起きにくくなるという問題が起こります。
まあ、ざっくりいうと、科挙は選抜試験によって特権階級を作り、人民を支配するシステムなんですよね(笑)。
本当はこういう議論を教育学者がするべきなのですが、建設的な議論をする人は少ないですね。
藤沢先生の文系disや大学の文系教員の削減のニュースを見ると少し悲しいですが、まあ仕方ないと思います。・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → noteまぐまぐブロゴス夜間飛行ブロマガ