第204号の目次です。

メルマガ主要バックナンバー
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52021876.html

==============================
// 週刊金融日記
// 2016年3月8日 第204号
// 人生で大切なことは苦労しないこと
// トランプ大統領が現実的に
// 六本木の路地裏のスペイン料理
// 海外のエリート教育事情
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。
 寒い冬は、しっぽりと温泉旅行にでも行きたいですね。僕は思うんですが、いくら富や名声を得ても、可愛い女の子と温泉にでも行って美味いもの食べたり、家族団らんとか、そういう田舎のマイルドヤンキーの幸せというものには勝てない気がするんですよね。そういう意味では、アンナ・カレーニナの冒頭「幸せな家族はどれもみな同じように見えるが、不幸な家族にはそれぞれの不幸の形がある」というのは、なかなか真理を突いていると思います。
 前号までの教育関係の話は、それでは実際の子育てへのインプリメンテーションとして、各家庭の指針(どうしても医者にしたいのか、ビジネスマンにしたいのか、など)に応じて具体的にどういうコースがいいのか? コストパフォーマンスはどうなのか? リスクは? と、どんどん話がつながっていきます。また、機会があったら、続きを書きましょう。
 やはり、これはいずれ本にするべき内容ですね。というのも、教育というのは、多くの日本人がどうやって作られるのかの根幹部分であり、ここを理解すると、日本社会のさまざまな問題点がすべてつながってくるのですよ。

 さて、教育というと、じつはアメリカの大統領選のドナルド・トランプ氏につながります。彼はこれまでに3回結婚し(全員モデルか女優です)、5人の子供を作っています。そして、彼の子供たちは、ただの金持ちのバカ息子だったり、パリス・ヒルトンみたいな娘ではありません。子供たちはみな、素晴らしい学歴とキャリアを持ち、ビジネスでも成功しているのです。自身はビジネスで巨万の富を築き、恋愛でも当然のように美人にモテモテで、そして、子育てでも大成功しているわけですね。
 こうして見ると、多くの識者が一斉に非難しているような、単なる頭のおかしいおっさんではないことは明らかです。ひょっとしたら、トランプ大統領もアリなのかもしれません。

●ドナルド・トランプの娘が超美人な件
http://www.akb48matomemory.com/archives/1052038364.html

 さて、今週も面白い読者からの投稿が相次ぎました。主な見どころは以下のとおりです。

―海外のエリート教育事情
―アラサー女子ですが彼氏が身体を求めてきません
―涌井投手と押切もえさんの熱愛発覚について
―既婚子持ちの30歳ですが恋愛工学のおかげで成果が出ました
―マスオさん生活レポート
―妻の浮気が発覚したので離婚しようとしたら自分の浮気がばれました
―恋愛工学を使って人生初の彼女ができましたがこれからどうすればいいでしょうか
―ひとりで楽しめるおすすめの東京観光
―大手証券会社に就職しますが証券営業の意義を教えてください

 それでは今週もよろしくお願いします。

1.人生で大切なことは苦労しないこと

「若いときの苦労は買ってでもしろ」

 よく聞く言葉ですが、僕には多くの人が苦労したことが原因で人生の判断を誤っていることが多いように思えます。そして、その判断を誤っている人たちというのは、まさにこの言葉が伝えたいことを体現した人たちで、若いときに苦労して努力を重ねてきたからこそ、いまは立派な職に就いているような人たちなのです。
 このことを考えさせられる読者からの投稿がありましたので、紹介しましょう。

===============================
―ハイスペ婚活男子が婚活女子の稼ぎにこだわるワケ

お世話になっております。
初期からメルマガを購読しております、匿名社長です。
週刊金融日記とはじめて出会ったとき「世の中にはじめて自分の仲間を見つけた!」と感激したことをいまでも鮮明に思い出します。
それまではずっと、自分だけが異常なんだ、自分だけがキチガイなんだ、と本気で思っていましたから。
見つけて以来ずっとファンで、落ち込んだときなどは、メルマガのバックナンバーを読み返すなどして、いつも元気をもらってきました。
本当にありがとうございます。
今回が初投稿です。
最近人生が次のステージに移った感覚があり、すこし感傷的になっているかもしれません。
コメントいただければ幸いです。

さて、今回の議題は、ハイスペ婚活男子が婚活女子の稼ぎについて、異常なほどこだわるのはなぜか、ということです。
もちろん結婚という法契約上、経済合理的に考えると、これは当然ではあります。
しかし、じつはもうひとつ、もっと感情的な理由があるのでは、と思うようになりました。
彼らハイスペ男子はこれまで、

 幼少期からの塾通い
 お受験
 大学受験
 就活
 新卒入社から会社での下っ端としての生活
 毎日の残業
 中間管理職で部下と上司から板挟み
  :
  :

・・・

続きはメルマガを購読 → noteまぐまぐブロゴス夜間飛行ブロマガ

2.今週のマーケット

※ 2016年2月26日-3月4日の週間パフォーマンス

TOPIX : 1375.35 (週間 +4.9%, 年初来 -11.1%)
日経225: 17014.78 (週間 +5.1%, 年初来 -10.6%)
S&P500 : 1999.99 (週間 +2.7%, 年初来 -2.2%)
FTSE100: 6199.43 (週間 +1.7%, 年初来 -0.7%)
USDJPY : 113.91 (週間 +0.0%, 年初来 -5.3%)
EURJPY : 125.32 (週間 +0.6%, 年初来 -4.0%)

●日経平均1万7000円台を固めるか(金融日記 Weekly 2016/2/26-3/4)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52075512.html

 3月第1週の日経平均株価は週間で5.1%高と大幅に上昇し・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → noteまぐまぐブロゴス夜間飛行ブロマガ

3.ブログではいえないお店 #204

―六本木の路地裏のスペイン料理

 先日行った、六本木の裏路地にあるスペイン料理が美味しかったので紹介しましょう。白ワインやオリーブオイル、生ハムが好きな僕は、スペインバルは割と好きなのですが、たまにめちゃくちゃ量が少ないところがあります。えっ、アヒージョ、ふた口分だけ!?みたいな。その点、このXXXXXはボリュームがちょうどいいです。スペインバルというよりは、スペイン料理のお店ですね。
 店内はあまり飾り気がなく、カジュアルです。テーブルがふたつかみっつぐらいと、オープンキッチンの前のカウンター席がある小さなお店ですね。スペイン人と日本人のコックが調理していました。
 プレフィックスのコースもありますが、この日は、アラカルトで好きな料理を注文しました。
 お通しはイカスミのライスコロッケで、なかなか美味でした。白ワインと、とても合います。

★アンチョビと半熟卵をトッピングした有機野菜のサラダに、生ハムの盛り合わせ。イベリコ豚は美味しいですね。
https://twitter.com/kazu_fujisawa/status/704632838029598720

・・・

続きはメルマガを購読 → noteまぐまぐブロゴス夜間飛行ブロマガ

4 .藤沢数希の身もフタもない人生相談

―海外のエリート教育事情

40代勤務医です。
第201号、202号、203号と、3回に渡る教育に関する充実した記事や私の相談に答えていただき、ありがとうございます。
しかし、受験工学には、まだ追求すべき部分が残っていると思われます。

>第201号で示唆したように、究極的には学校に行かないことさえ可能だ。日本人の親は、我が子に他人を出し抜いて欲しいと願う一方で、他人と同じことをして欲しいという相反する欲望を持っているので、学校に行かせないという選択肢が選ばれることは、まずないのだが。

ここですね。
日本国憲法第26条に、親が子どもに普通教育を受けさせる義務が定められているとはいえ、子どもを小中高に通わせなくても、親に罰則はありません。
一切、通学しなくても、高認試験だけ通れば、日本国内では高卒で扱われます。
結局、「他人を出し抜きたい一方で、他人と同じでありたい」というダブルバインドが、子どもの教育を辛いものにしていると思います。
差別化したくて、私立小中高に行かせる親が多いですが、学習指導要領に従う義務がある限り、私立も公立も、やっていることは大差ないそうです。
海外ではどうなんでしょうか?
公教育を無視して、エリート教育を施す親がいてもいいように思います。

―藤沢数希の回答

海外と言ってもいろいろあると思うのですが、アメリカやヨーロッパの西側先進国の話をすると、そもそも日本のように、大学入試での合計点という単一の指標がありませんので、そう簡単に・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → noteまぐまぐブロゴス夜間飛行ブロマガ