TOPIX: 1366.05, +1.6% (1w), -11.7% (YTD)
Nikkei225: 17002.75, +1.7% (1w), -10.7% (YTD)
S&P500: 2035.94, -0.7% (1w), -0.4% (YTD)
USD/JPY: 113.13, +1.4% (1w), -5.9% (YTD)
EUR/JPY: 126.3, +0.4% (1w), -3.3% (YTD)
Oil(WTI Futures): 39.46, +0.1% (1w), +6.5% (YTD)

 3月第4週の日経平均株価は週間で1.7%高の1万7002円75銭で引け、3週ぶりの反発となった。円高ドル安の流れが止まり、前の週に下げていた輸出関連企業の株価が切り返した。また、配当取りを目的とした買いも入り、連休明けの火曜日には300円以上上昇した。明日月曜日は配当の権利付き最終日だが、日経平均株価の配当落ち分は130円程度となっている。
 創業以来初の通期最終赤字に転落する見通しとなった三井物産など大手商社が大幅に業績下方修正を発表したが、これらはすでに織り込まれており、株価の下げは限定的だった。商社株は、PBRが0.6倍程度で恒常的に低いバリュエーションで取引されていたが、会計上の利益がこうした低評価に追いついた。こうした流動性のない資産の評価は、多分に恣意的なので、まだ損失は出しきっておらず、会計上の利益や資産は必ずしも正確に現状を表しているわけではない。

●三井物産が創業来初の赤字、資源下落などで減損2600億円計上へ
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-03-23/O4HAFT6K50XZ01

●三菱商事が初の最終赤字に転落へ 1千億円超、海外資源安の減損処理で
http://www.sankei.com/economy/news/160324/ecn1603240028-n1.html

●総合商社「資源頼み」曲がり角 5社減損1兆円
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGD24H58_U6A320C1EA2000/

 商社が軒並み大きな赤字を計上し、東芝などが1兆円近い最終赤字を出すと見られているため、日本株全体のPERは上昇している。日経平均のPERは14倍を切る水準まで低下していたが、現在では予想ベースで15倍を超えている。また、今後は円高傾向が続き、これまで好調だった輸出関連企業の業績が低下すれば、現状の1万7000円程度の株価は割安とは言えないかもしれない。配当落ち分を考えると、来週1万7000円台をキープするためのハードルは高い。

●日経平均株価のPERとPBRの推移
http://nikkei225jp.com/data/per.html

 ベルギーのブリュッセル国際空港と欧州連合(EU)本部などがある官庁街の地下鉄駅で「イスラム国」による爆弾テロが行われた。少なくとも計34人が死亡、約200人が負傷した。世界的に地政学リスクが高まっている。また、こうしたテロリストやアメリカへの移民に対して以前から過激な発言を繰り返してきたドナルド・トランプの人気が高まり、米大統領選も大きなリスク要因になっている。

●ベルギー同時テロまとめ…市民らが犠牲者追悼
http://www.yomiuri.co.jp/matome/20160323-OYT8T50010.html

●ベルギーのテロ、市場はトランプ・リスクを懸念
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO98749490T20C16A3000000/

 25日に米10-12月期GDPの確報値が発表され、年率換算で前期比1.4%増と上方修正された。グッドフライデーで金曜日の米国株式市場は休場だったため、織り込まれるのは週明けの月曜日になるが、米国景気の減速は警戒されていたほどではなかったことが示された。

●第4四半期米GDP1.4%増に上方修正、企業利益は7年ぶり大幅減
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-03-25/O4LMW4SYF01U01

 1日金曜日の米雇用統計を控え、株式市場も為替相場も硬直状態が続くかもしれない。国内では夏の参院選を控え、消費税増税先送りや財政出動への期待が高まる。日経平均株価が配当落ち分を吸収できるのか注目されよう。

メルマガを購読 → noteブロゴス夜間飛行ブロマガまぐまぐ

日本株
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
出所: 日経新聞社

サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス(2016/3/18-3/25)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 東証、日経新聞社、セクター指数はTOPIX17業種

個別銘柄の週間パフォーマンス(2016/3/18-3/25)
Chart20151114_Core30
出所: 会社四季報、Yahoo!ファイナンス

FX
直近1年のドル円とユーロ円の推移
直近1年のドル円とユーロ円の推移
出所: セントラル短資

イールドカーブ(2016/3/25)
イールドカーブ
出所: Bloomberg.com

主要通貨の週間パフォーマンス(2016/3/18-3/25)
主要通貨の週間パフォーマンス
出所: セントラル短資

外国株とコモディティ
直近1年のS&P500と原油価格(WTI原油先物)の推移[USD]
直近1年のS&P500と原油価格(WTI原油先物)の推移[USD]
出所: Yahoo!ファイナンス、Bloomberg.com

地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD](2016/3/18-3/25)
地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD]
出所: iShares: MSCI Japan (EWJ), MSCI Kokusai (TOK)、MSCI Core Europe (IEUR), MSCI All Country Asia Pacific ex Japan (AAXJ), MSCI Emerging Markets (EEM), GLOBAL REIT ETF (REET). Bloomberg.com: Oil WTI Futures (CL1), Gold Futures (GC1)

メルマガを購読 → noteブロゴス夜間飛行ブロマガまぐまぐ

今週のマーケット・イベント
3月28日(月)
日3月末配当権利付き最終日
米2月個人所得・個人支出
米2月中古住宅販売仮契約
休場:欧州各国、豪、香港、NZなど(イースター)
決算:ニトリ、他

3月29日(火)
日2月労働力調査・有効求人倍率
日2月家計調査
ユーロ2月マネーサプライ
米1月S&Pケース・シラー住宅価格指数
米3月消費者信頼感指数
イエレンFRB議長講演

3月30日(水)
日2月鉱工業生産(速報)
ユーロ圏3月企業景況感・消費者信頼感
米3月ADP雇用統計

3月31日(木)
日2月住宅着工件数
英10-12月期GDP(確報)
ユーロ圏3月消費者物価
米3月シカゴ購買部協会景気指数

4月1日(金)
日銀短観3月調査
中国3月製造業PMI
中国3月財新PMI
ユーロ圏2月失業率
ユーロ圏3月PMI
米3月雇用統計
米3月ISM製造業景況指数
米3月ミシガン大消費者センチメント

4月2日(土)

4月3日(日)

メルマガを購読 → noteブロゴス夜間飛行ブロマガまぐまぐ