TOPIX: 1617.25, -0.9% (1w), +6.5% (YTD)
Nikkei225: 19729.74, -1.1% (1w), +3.2% (YTD)
S&P500: 2441.32, -1.4% (1w), +9.0% (YTD)
USD/JPY: 109.15, -1.4% (1w), -6.7% (YTD)
EUR/JPY: 129.06, -1.0% (1w), +4.9% (YTD)
Oil(WTI Futures): 48.82, -1.5% (1w), -9.1% (YTD)

 8月第2週(8/7-8/10)の日経平均株価は週間で1.1%安の1万9729円74銭で引け続落した。米国株も下落している。為替相場では円が買われ、1ドル=109円台前半まで円高が進んだ。背景には、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長が米国を核兵器で挑発し続け、いよいよトランプ大統領もシビレを切らしていることがある。北朝鮮は、7月に大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験を繰り返したため、トランプ大統領は「世界が見たこともないような炎と激怒(Fire and Fury)」で対抗すると発言した。これを受けて、北朝鮮はグアムの米軍基地をミサイル攻撃すると発表した。
 こうして米朝開戦のリスクが急激に高まる中で、教科書通りに安全資産の円が買われ、株価が下落した。東日本大震災やリーマン・ショックなど、日本に大きな危機が迫ると、円が買われるのは常識である。

●北朝鮮、グアム攻撃計画「8月半ばまでに用意」
http://www.bbc.com/japanese/40883698

●北朝鮮危機「炎と激怒」の後はどこへ行くのか P・J・クローリー元米国務次官補
http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-40872348

●ドルはなぜ下落を続けているのか=佐々木融氏
https://jp.reuters.com/article/column-forexforum-tohru-sasaki-idJPKBN1AN11N?sp=true

 堅調だった日米主要企業の決算が相場を下支えする中で、来週は、地政学リスクがさらに高まるのか、あるいは、沈静化し、マーケットの関心が米国の経済指標や金融政策に移っていくのだろうか。

●上場企業 最高益見通し 前期比7.3%増 18年3月期
https://mainichi.jp/articles/20170808/ddm/008/020/079000c

 暗号通貨ビットコインの勢いが止まらない。上昇の理由は、北朝鮮情勢の緊迫化で、投資家が資産を逃避させているからではないだろうが、連日、いや連時間、史上最高値を更新し続けている。いまや暗号通貨市場の時価総額は15兆円程度まで膨張している。

●CryptoCurrency Market Capitalizations
https://coinmarketcap.com/

bitflyer-btcjpy-8月13日-2017-18-16-27
出所:bitFlyer

 欧米投資家は夏休み休暇中であり、日本もお盆休みでなる。市場の商いが薄くなり、ボラティリティが低下する中で、ブラックスワンが忍び寄ってきているのかもしれない。

メルマガを購読 → noteブロゴス夜間飛行ブロマガまぐまぐ

日本株
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
出所: 日経新聞社

サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス(2017/8/4-8/11)
Chart20151114_Core30
出所: 東証、日経新聞社、セクター指数はTOPIX17業種

個別銘柄の週間パフォーマンス(2017/8/4-8/11)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 会社四季報、Yahoo!ファイナンス

FX
直近1年のドル円とユーロ円の推移
直近1年のドル円とユーロ円の推移
出所: セントラル短資

イールドカーブ(2017/8/11)
イールドカーブ
出所: Bloomberg.com

主要通貨の週間パフォーマンス(2017/8/4-8/11)
主要通貨の週間パフォーマンス
出所: セントラル短資

外国株とコモディティ
直近1年のS&P500と原油価格(WTI原油先物)の推移[USD]
直近1年のS&P500と原油価格(WTI原油先物)の推移[USD]
出所: Yahoo!ファイナンス、Bloomberg.com

地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD](2017/8/4-8/11)
地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD]
出所: iShares: MSCI Japan (EWJ), MSCI Kokusai (TOK)、MSCI Core Europe (IEUR), MSCI All Country Asia Pacific ex Japan (AAXJ), MSCI Emerging Markets (EEM), GLOBAL REIT ETF (REET). Bloomberg.com: Oil WTI Futures (CL1), Gold Futures (GC1)

メルマガを購読 → noteブロゴス夜間飛行ブロマガまぐまぐ

今週のマーケット・イベント
8月14日(月)
日4-6月期GDP
中国7月鉱工業生産
中国7月小売売上高
中国7月都市部固定資産投資
決算:富士フイルム、出光興産、他

8月15日(火)
日6月鉱工業生産
米8月NY連銀製造業景気指数
米7月小売売上高
米6月企業在庫
米6月対米証券投資

8月16日(水)
日7月訪日外客数
ユーロ圏4-6月期GDP(速報)
米7月住宅着工件数
米7月建設許可件数
FOMC議事録(7月25・26日開催分)
NAFTA(北米自由貿易協定)再交渉の初会合

8月17日(木)
日7月貿易統計
ユーロ圏7月HICP(確報)
米8月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数
米7月鉱工業生産・設備稼働率
米7月CB景気先行総合指数
決算:米Walmart Stores、他

8月18日(金)
米8月ミシガン大学消費者信頼感指数

8月19日(土)

8月20日(日)

メルマガを購読 → noteブロゴス夜間飛行ブロマガまぐまぐ